★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122 > 546.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
やはり小沢氏に沈みゆく日本を救ってもらうしかない。小沢氏はネット社会に自立の萌芽を見ている。(かっちの言い分) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/546.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 21 日 00:22:53: igsppGRN/E9PQ
 

やはり小沢氏に沈みゆく日本を救ってもらうしかない。小沢氏はネット社会に自立の萌芽を見ている。
http://31634308.at.webry.info/201111/article_20.html
2011/11/20 21:15  かっちの言い分


昨夜、ニコニコ生放送で、小沢氏が田原氏のインタビューを受けて、かなり本音を述べた。この中で、印象に残った部分を述べる。

最初に、本ブログで何回も小沢氏が新党を作らない限り、小沢氏を支持する議員も落選し、犬死すると書いている。この感情は、小沢氏と同じ党に、菅、岡田、仙石、前原、枝野、安住、玄葉、蓮舫、小宮山などが混じっていること自体に、生理的な嫌悪を感ずるからだ。小沢氏が、菅政権に協力すると言い、菅氏自身もノーサイドと言いながら、悉く小沢氏の力を封印し、それにも飽き足らず党員資格停止までして、座敷牢に押し込めた。

私が小沢氏の立場ならもうとっくにケツをまくって党を出ているが、田原氏が新党結成の可能性に関して聞いた時は「後から民主党に合流したが、先頭に立って政権交代を実現した。できれば民主党が本来の原点に立ち戻って、国民の信用をもう一度回復できるようにしたい」と述べた。この言葉は、自分が幹事長として民主党を与党にしたという思いがあり、まだ自分が先頭に立てば復活出来ると考えていると推測せざるを得ない。ネットのインタビュー画面に「小沢氏はやさしい」と出ていたが、客観的に見て楽観的過ぎる。

オリジナル民主党は、小沢氏が与党から飛び出して新党を作ったような理念は持ちわせていなかったことが明らかになった。今はマニュフェストもボロボロになり反故同然となった。このような連中を内蔵したままでも民主党が大事という。

田原氏からばら撒きの象徴として批判された子供手当について聞かれたとき、若いお母さんに聞けば、きっと賛成しているはずと述べた。日本は出生率が1.3であるのに、フランスでは出生率が2人を超えていることから自分(小沢氏)は絶対に必要と述べたことは、私も同様の考えである。

 田原氏から、石川議員らの裁判でトンデモ登石裁判長が推認に推認を重ね有罪を出したことに対して感想を聞かれたとき、裁判において証拠が何もない中、推認で判決が出ることは「民主主義の危機」と述べた。田原氏が霞が関の官僚機構に手を出したので、陸山会事件が起こったのではないかと聞いたが、あながち否定しなかった。それに関係して、官僚以上の既得権を持っているのはマスコミと述べた。新聞の再販制、一度放送権を取れば何十年も権利を保有できる(入札制が無い)、新聞とテレビを持つことが出来る(クロスオーナーシップ)など痛烈に批判した。ここでは官僚機構、裁判所、マスコミの全てに改めて宣戦布告した。

 普天間基地移転については、このままでは移転出来ないと明言し、自分なら出来ると断言した。その条件は米軍にグアムに引いてもらい、その手薄となったところは自分の領土は自分で守るべきと述べた。この考えも小沢氏と同感である。現在、一番危険なところは米国に依存し、自分たちは安全地帯でお金だけを出すからバカにされ、米国の言うがままになっているという考えである。ここまではっきり言える政治家は小沢氏しかいないだろう。小沢氏が首相になれば、必ず野党がこの発言を引き合いに出して責めると思われるが、これは小沢氏の信念でありブレない考えある。日本がいつまでも米国に従属している関係を断ち切るには、上記の決断が必要と考える。これは軍国主義の考えだと、どこからか聞こえてきそうだが、決してそうではない。

 最後に田原氏が一番気になっていることは何かと聞いたら、即座に「原発事故」と答えた。これを封じ込めないと日本の未来はないとまで述べている。福島には途轍もない原発核廃棄物があり、これを完全に封じ込めないと日本の将来はないと述べた。細野大臣が冷温停止で安全になったというようなことを言っているが、小沢氏は全然信じていない。現在は東電にやらせているが、国が前面に立ち、何十兆円掛ろうがやらなければならないと話した。これもこんな話をする政治家はいない。全て説得性がある。

 日本にとって今が危機で、野田内閣のお子ちゃま政治でどんどん沈んでいる。したがって、与党だ、野党だと言っている状況ではない。民主主義を率先して守るはずの検察、裁判所が、それぞれ、証拠を改竄し、証拠もなしで推認で有罪にする。日本の民主主義の危機である。明日は我が身である。

 小沢氏はそれを阻止するには国民の意識だと熱く語った。国民の意識の程度以上の政治家は出てこないと言い、国民がマスコミなどに影響されないで自立して考えなければ、、本当の民主主義は育たないと述べている。小沢氏もネット社会にはその萌芽を見ている。個人の声は小さいが、小沢氏を首相にするまで声を出して行かなければならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月21日 00:46:49: OaavFHkpnM
>私が小沢氏の立場ならもうとっくにケツをまくって党を出ているが、
>田原氏が新党結成の可能性に関して聞いた時は
>「後から民主党に合流したが、先頭に立って政権交代を実現した。
>できれば民主党が本来の原点に立ち戻って、国民の信用をもう一度回復できるようにしたい」と述べた。
>この言葉は、自分が幹事長として民主党を与党にしたという思いがあり、
>まだ自分が先頭に立てば復活出来ると考えていると推測せざるを得ない。
>ネットのインタビュー画面に「小沢氏はやさしい」と出ていたが、
>客観的に見て楽観的過ぎる。

私は、かっちさんより、小沢氏のほうが正しい考え方であると思います。
私が小沢氏の立場なら小沢氏同様、党は絶対に出ません。

「信念」を貫けば、何かかっこいいと思われがちだが、
政治の世界は宗教の世界とは違う。
「政治は数。数は力」の世界であり、多数派を形成できなければ、
無力なのだ。
小沢氏が数にこだわるのはそういう現実を踏まえているからであろう。
小沢派の内閣不信任案賛成を阻止した亀井氏もその現実をよくわかっている政治家だと思う。
つまり、党を出ても、公約実現のための議会内多数派形成への見込みないならば、
出るべきではないということです。

>個人の声は小さいが、小沢氏を首相にするまで声を出して行かなければならない。

それは賛成だが、ただ、それを小沢支持者が言うだけでなく、
成立させるための条件とは何かって話に持ち込まないと、
膠着が続くだけなんじゃないかな。

私は条件として二つあると思う。
(1)来年4月、必ず無罪判決を勝ち取ること。
(2)来年9月までにある代表選に勝利すること。

これ以外、小沢氏が総理になれる現実的な方法はないでしょう。

たとえば、新党をつくっても総理にはなれない。
自民党は、小沢氏に証人喚問や議員辞職を求めており、
小沢氏を総理に担ぐ気はさらさらない。
それどころか、子ども手当てをはじめ小沢マニフェストを全否定しているからだ。


02. 2011年11月21日 00:58:02: pwAFz85QEE
早く完全雇用を実現すればいい。

03. 2011年11月21日 01:58:46: pphEUA8yso
小沢さんの存在を否定した田原総一郎が何でしゃしゃり出て小沢氏対談と相成った訳?経緯が分らん。

04. 2011年11月21日 03:18:07: jayH3JDYMI
小沢氏、ぶれてませんね。

+++++++++++++++(転載開始)+++++++++++++++
>【民族】移民1000万人受け入れ 自民議連【浄化】★2
http://unkar.org/r/ms/1213785317

607 :可愛い奥様[sage]:2008/07/12(土) 03:38:23 ID:AtdwySyl0
■民主・小沢代表 夕刊フジ直撃インタビュー
■「国民のため政権奪取」宣言 発展途上国からの単純労働者受け入れには反対
−−通常国会の評価は
「参院で野党陣営が過半数を得たことで、行政の腐敗が次々に明るみに出た。
これまでは行政と与党が結託して『臭い物にフタ』を続けてきたが、氷山の一角であってもメスを入れることができた。
これは大きな成果だ。ガソリン税の暫定税率期限切れも大きい。参院選の1票で一時的にでもガソリン代が下がった。
選挙で生活を変えられることを実感してもらえた」
−−首相は消費税率アップに言及した
「とんでもない話だ。行政の腐敗やムダはまだまだある。
国民から預かった年金保険料をいい加減に扱っていた厚労省、道路特定財源を自分たちの財布にしていた国交省。
その他の省庁にもメスを入れるべきだ」
「食料品など生活必需品の高騰が続いている。日本は今まさにインフレと景気後退が同時に発生するスタグフレーションの一歩手前。
とても消費税増税ができる状況ではない。増税を強行したら格差社会はさらに深刻になる。首相は国民生活が分かっていない」
−−労働力不足をめぐっては、自民党と財界の一部に「移民受け入れ」を検討する動きがある
「まったくダメだ。現在でも『奴隷労働』といわれる非正規労働者の問題が深刻なのに。
発展途上国から単純労働者を受け入れることは、一種の奴隷制度ではないか。
治安問題を心配する声もあるが、それ以前に、そういう形での移民受け入れは人間の尊厳に対する冒涜であり、人道的にとても認められない」
−−日本はどうすべきか
「自民党を中心とする政官業癒着の権力構造は内部から腐敗し、機能不全状態に陥っている。もはや政権を代えるしかない。
民主党が政権を取れば、官僚主導から国民が選んだ政治家による政治に転換する。
格差社会を是正し、国民生活を第一に考える政治に変える。
50年以上、ほぼ1党が政権を独占するなど異常。政権交代が実現して初めて日本はまともな民主主義国家になる」
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_06/t2008062334_all.html
+++++++++++++++(転載終わり)+++++++++++++++

この当時、まさか小沢氏本人が強制起訴されるなんて思いもしなかったでしょう。
民主党内でまともな政治を行おうとしたら、まともでない同じ党内の連中に党員資格停止を
強引に決められてしまった。

そんな様子を同じ板で、とても2008年に投稿したとは思えない投稿がありますので紹介します。
この当時は自民党が与党です。

+++++++++++++++(転載開始)+++++++++++++++
216 :可愛い奥様[sage]:2008/06/23(月) 15:45:33 ID:b+G+QFco0
<民主党を小沢でなくせば政権交代がなくなる>
○民主党のトップを小沢一郎でなくしたい。
選挙で怖いのは小沢一郎だけ。歴史上唯一、野党政権を実現させたことのある人物は、小沢一郎ただ一人だけ。
そして何度も小泉政権以降、選挙を行ったがはじめて自民が負け始めたのが、小沢党首になってから。前原党首だったときは、民主党は歴史上の大敗をして解党寸前だった。
<前原新党<CHANGE>を準備>
→現在,前原前代表を、代表とする改革新党<CHANGE>を小泉チルドレンと合流させることで準備中。

<口実が必要>
ただ、民主党から割って出るためには、「口実」が必要。そのため、「枝野が、民主党代表選挙に出る」ということで現在調整中。

<枝野代表で自民党がサポート>
枝野が「出馬」すれば、大量の偽装民主党(本当は自民党)サポーター票が
枝野に投票される。
枝野が代表選で選出される。

<政権交代はなくなる>
これで民主党は政権交代できなくなるはず。

<そして、枝野が選ばれなければ
「民主主義的でない」と不満を表明。>

「やむにやまれず」枝野と前原が新党結成。
前原が政党の党首。
枝野は、法務大臣。として自民党と連立する。
+++++++++++++++(転載終了)+++++++++++++++
民主党が政権を取ってしまったのと、前原氏では役不足だったので菅直人に置き換わったみたいですね。


05. 2011年11月21日 20:32:39: YfRqsTPNUg
>やはり小沢氏に沈みゆく日本を救ってもらうしかない。

救ってもらうには、国民はまず、国民自身で人口を3割削減しなければ
ならない。団塊をなくさねばならない。


06. 2011年11月21日 22:35:58: VFj0GJYsZs
>救ってもらうには、国民はまず、国民自身で人口を3割削減しなければ
ならない。団塊をなくさねばならない。

おまえ 馬鹿か


07. 2011年11月21日 22:58:24: kig1uczb2w
05です

すいません。勝間 和代さんが日本は人口多すぎると言ったもんで。
以下に訂正します。

「人口を2割削減しなければならない。団塊を減らさなければならない」


08. 2011年11月22日 00:42:44: apx8Sjyy7A
確かに売国奴が政治、経済、マスコミを占拠している日本の現状を見ると、この国が滅亡寸前の緊急事態に陥った危機を脱却、再生させる真の実力者の出現が緊急に必要だと言える。
しかし残念ながら今の政府には売国奴しか見あたらない。
野党も同じで、最悪の現状であるが、ただ、売国奴たちに嫌われている唯一の愛国
政治家が小沢一郎だろう。
だが、国賊と化した彼等は、引き続き小沢一郎の抹殺に狂奔し、連動する米国の情報筋は、小沢一郎の政治生命を奪うことが、米国の利益になると信じている。

09. 2011年11月22日 07:56:04: YVTG2WGJqg
日本は米国が利益になって、そのおこぼれが回ってくる程度。

TPP反対論者は米国が利益になれば日本は損失をこうむると
いう論理のようだが、これは先物取引の世界で、当てはまらない。



10. 2011年11月22日 08:17:45: fA4Y0siG0s
01. 2011年11月21日 00:46:49: OaavFHkpnM さんのご意見に同感です。
こんな民主に誰がした?
耐えがたきを耐え、じっと我慢している小澤氏の姿にサムライの姿を見ています。
自戒を込めて自民党の奴隷外交路線を批判し、話せば解るという米国に対する尊敬の念、さらに官僚たちの事なかれ主義。そして責任取るのは大臣という図式を明確に言ってのける。すべてが正論です。自立という意味。なかなか難しい言葉で、体感するまで時間が掛かる。しかし今こそこれが独立国日本の姿であり、国を愛するが故の行動形態。売国奴と国民から罵られる野田奴隷外交の荒唐無稽な浅墓さ。政治のイロハを知らぬ政治家たちの真の政治学を感じさせる小澤氏の言論に、大いに共鳴しています。いまそこにある危機。ユーロの崩壊。アメロなんてうまくいくはずがない。日本が世界を救うことの出来る具体的なアクションプランもこれから浮き彫りにされると期待している。
福島を救おう。日本を救おう。見栄や体裁だけで総理になりたがる軽重浮薄な政治家たちに国民を守る、本当の政治とやらを教えてやろう。
pphEUA8yso 氏の言う
小沢さんの存在を否定した田原総一郎が何でしゃしゃり出て小沢氏対談と相成った訳?経緯が分らん。
という能天気なことではだめである。田原氏が冒頭に述べた言葉に答えがある。
「政治を知りたければ小澤に聞け」である。
もっとも怖い政治家と本音で聞いたプライドの塊である田原氏までもが、この堕落した日本の指針を小澤に聞け、彼の哲学よろしく聞きにいったのが今回の図式。
03の、pppならぬpphEUA8yso氏のご意見にはそう答えておこう。
田原氏は決して小澤を否定してはいなかったという証である。



11. 2011年11月22日 08:57:59: lGQ9x4NIUs
> やはり小沢氏に沈みゆく日本を救ってもらうしかない。

沈みゆく日本を救うには、やはり小沢氏に退陣してもらうしかない。

> 小沢氏はネット社会に自立の萌芽を見ている。

 小沢氏はネット社会で、小沢擁護の書き込みをさせているが、それには成功の萌芽も見えない。

>>08. 2011年11月22日 00:42:44: apx8Sjyy7A
> しかし残念ながら今の政府には売国奴しか見あたらない。

その通り!

> 野党も同じで、最悪の現状であるが、ただ、売国奴たちに嫌われている唯一の愛国
政治家が小沢一郎だろう。

野党も同じで、最悪の現状であるが、ただ、国民に最も嫌われている売国奴は憲法違反の外国人参政権付与を主張する小沢一郎だろう。

> だが、国賊と化した彼等は、引き続き小沢一郎の抹殺に狂奔し、連動する米国の情報筋は、小沢一郎の政治生命を奪うことが、米国の利益になると信じている。

だが、国賊と化した小沢一郎は、引き続き国家の根幹である検察庁や裁判所の抹殺に狂奔し、連動する韓国・北朝鮮の情報筋は、小沢一郎の政治生命を維持することが、韓国・北朝鮮の利益になると信じている。

>>10. 2011年11月22日 08:17:45: fA4Y0siG0s
> こんな民主に誰がした?

小沢一郎です。

> 耐えがたきを耐え、じっと我慢している小澤氏の姿にサムライの姿を見ています。

耐えがたきを耐えず、検察庁や裁判所批判を繰り返えしている小澤氏の姿に哀れな刑事被告人の姿を見ています。

> 「政治を知りたければ小澤に聞け」である。
> もっとも怖い政治家と本音で聞いたプライドの塊である田原氏までもが、この堕落した日本の指針を小澤に聞け、彼の哲学よろしく聞きにいったのが今回の図式。

つまり、小澤に聞くとヤミ献金の集め方、それをばらまいて派閥を大きくし、日本の政治を堕落させる方法が分かる、彼の哲学よろしく聞きにいったのが今回の図式。

> 田原氏は決して小澤を否定してはいなかったという証である。

田原氏は決して小澤の闇将軍としての力を否定してはいなかったという証である。


12. 2011年11月22日 12:49:27: IFGvqe6pOU
>11.lGQ9x4NIUs

いつも必死ですね。
あなたとマスゴミが変わることが出来れば、日本も変われるかもしれません。
まるで断末魔の叫びのようで哀れです。


13. 2011年11月22日 13:34:29: ERwIJEbR7l
日本を真剣に救おうとするなら私利私欲・利権まみれの既得権者を徹底的に葬らなければならない。
奴らは国の行く末も国民の命も何とも思っちゃいない。
国民無視で勝手に原発再開、増税、TPP、全て国民の利益とは程遠い愚行であって彼ら既得権者の利益にしかならない。
3.11以降にそれがよくわっかった。

それから、今の日本企業の体質も経済の衰退に拍車をかけている。
オリンパスや読売の問題を見ていても日本企業の脳硬直体質がよくわかる。
トップに意見具申や反論や問題提起は出来ない、事なかれ主義の空気は大企業になればなるほど如実だ。
現在の日本の組織において上司と部下の関係はまやかしの協調性が求められる。常に穏便な関係が重視されていて下は上にあるいは上は下に迎合しなければならない。これでは新しいアイデアや画期的な物など世に生まれてくるわけがない。
極端な社員尊重主義によって社外や対外関係は排他的だ。転職してキャリアアップするような人間などはまずいないしまたしようにも硬直化した企業ばかりで出来ない。社会経済が活性化するのは絶望的だ。

既得権者は利権保守に走り、大企業は社全体の成長や社会貢献よりも個々人の立場や利益だけにひたすら固執する。
明治維新時代や戦後の高度成長期に見られた型破りな経営者や自己犠牲的な尖った社員はもうどこを探してもいない。
中小・零細企業のオヤジが平然と元請会社に食ってかかるような活気のあったかつての時代はもう来ないだろう。

原発事故でこれだけの広範囲な汚染被害にあい社会的・経済的ダメージを食らおうが市民意識は低くデモはせいぜい数万人。
原発は勝手に再稼動。
公務員改革や天下りの問題はそのままに増税が推し進む。
TPPは国内基盤の整備や対外戦略の無いまま既に既成事実化されたも同然だ。

いっそ日本はTPPなりで壊滅的な経済的焼け野原になって二度目の敗戦を経験し、もう一度新たな出発をした方が良いのかもしれない。

そのくらい今の日本社会は自らの力で国をより良く変えていこうとするパワーに欠けている。


14. 2011年11月22日 16:42:47: FHVyh15Kso
田原総一郎は「小泉・竹中」時代になる前は、小沢シンパ。
小泉・竹中路線と小沢が対立する立場になった時点で、小泉・竹中側に付いたという事。

小沢グループが仮に民主党を離脱し新党を設立しても、小沢が長年かけて築いてきた、
連合などのパイプは民主党執行部によって断たれるから、ほとんどの議員は当選できない。
だから、執行部は「党員資格停止処分」で兵糧攻めをして「小沢の周囲を焚きつけて離党を促そうとしている」訳だ。
小沢新党なんて愚の骨頂。



15. 2011年11月22日 17:26:42: v3yEA6BnWw
「強行するなら党運営厳しくなる」 野田首相意欲の消費税増税で小沢氏が牽制
2011.11.22 14:39

 民主党の小沢一郎元代表は22日、国会内で開かれた支持グループ「一新会」の会合に出席し、野田佳彦首相が意欲を示す消費税増税について「世論の理解を得られない。強行するなら党運営は厳しくなる」と強い表現で牽制した。

 同時に「野党に攻撃の種を与える。衆院解散・総選挙につながったら、何のための政権交代だったのか」と述べ、政局の混乱につながりかねないとの懸念を示した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111122/stt11112214400006-n1.htm


16. 2011年11月22日 17:32:34: XieKscuOqk

田原総一郎さんは、週刊誌で「小沢は終わった」と
書いていたような気がする。

終わった人といいつつ、ネットや「週刊朝日」「サンデー毎日」
「日刊ゲンダイ」「週刊ポスト」は小沢さんを変なバイアスをかけないで、
報じていて好評だ。

それが田原氏の、電波芸人の瞬間おもねり術なのか?


17. 2011年11月22日 23:35:41: i6JnsInA32
大震災とTPP参加をめぐる過程。
国家の根源を揺るがす2つの危機のときに空気のような存在であった。
国民の生活を脅かす重大危機のときに動かずしていつ動くのだ。
党執行部が売国奴一色なら引きずり下ろせよ。
沈黙しているだけの小沢のどこが「剛腕」なのか?
政治資金については完全無罪なことはわかっているが、本業の政治
もイマイチとなれば支援者は離れる。すでに離れつつある。

18. 2011年11月23日 01:11:59: M3kDLY153E
小沢はバカを騙すのがうまい
小沢を支持する奴はバカだが
バカだから自分がバカと気が付かない

かと言ってバカを批判するつもりはない

政治に興味ない人が初めて小沢の話を聞くと
小沢の巧みな話術によって騙されるのは仕方がない

そして一旦騙されたら二度と小沢を疑えない人になってしまう
それが小沢の能力だ


19. 2011年11月23日 02:55:56: TwD20Z9kC6
>>18

ということは、お前は「救いようのないスーパーウルトラマックスバカ」

なんだねw


20. 2011年11月23日 08:22:16: HN9ymZUNxg
>>18

この男のおつむの程度が解る。小澤を知らない男がどこかの雑誌や小澤を恐れる馬鹿なコメントを真に受けて書いている。普通のことをいい、当たり前のことを言っているだけで、誰もが平等、奴隷ではないということ。この男こそが奴隷願望男といえるだろう。この日和見主義がもっとも性質が悪い。


21. 2011年11月23日 10:17:44: NAcfgUjfZ6
01さんよく言ってくれた。

「信念」を貫けば、何かかっこいいと思われがちだが、
政治の世界は宗教の世界とは違う。
「政治は数。数は力」の世界であり、多数派を形成できなければ、
無力なのだ。

個人の声は小さいが、小沢氏を首相にするまで声を出して行かなければならない。
又、それを成立させるための条件

(1)来年4月、必ず無罪判決を勝ち取ること。
(2)来年9月までにある代表選に勝利すること。

これ以外、小沢氏が総理になれる現実的な方法はないでしょう。

・・・・同感です。

但し、(1)来年4月、必ず無罪判決を勝ち取ること。・・・の後、一気に解散総選挙政界再編の可能性も視野に入れて小沢さんは、戦略を考えているはず。

やはり、今われわれが出来る事、やるべき事は、

個人の声は小さいが、小沢氏を首相にするまで声を出して行く事!
と同時に、小沢支持のジャーナリストをはじめとする多くの小沢支持者の後方支援
(出版物の購入、講演会への参加、デモ参加等)

これしかない!!!


22. 2011年11月23日 10:19:37: 5mLzBGNdZw
>>。ヨ後から民主党に合流したが、先頭に立って政権交代を実現した。できれば民主党が本来の原点に立ち戻って、国民の信用をもう一度回復できるようにしたい」と述べた。・・・ネットのインタビュー画面に「小沢氏はやさしい」と出ていたが、客観的に見て楽観的過ぎる。

“楽観的過ぎる”
というのは当たっていない。

新党を作っても政権をとらなくては意味がない。
そのためには自民党や公明党の一部を合流させなければ政権は実現しない。
しかし、
自民党や公明党には小沢改革の理念を共有できる強烈なキーマン(リーダー)がいない。
つまり、
今の国会議員は、“右を向いても左を見ても莫迦と阿呆の絡み合い。どこに小沢の夢がある”・・・である。

それならば、
今の民主党で代表に選ばれることが年齢を加味すればベストチョイスと思われる。

そのためには、
検察審査会の裁判に勝利することであり、われわれ小沢応援団はそこに全力注入しなければならない。


23. 2011年11月23日 10:57:39: WPD7aMpxAk
■小沢一郎と落合監督

今朝の東京新聞に落合監督退任会見の記事が載っていた。

村井記者の記事だが落合監督を表する秀逸な一文で記事を終えている。

『落合監督は、プレイボールからゲームセットまでだけの勝負をしてこなかったということ。時間と空間を駆使して、球団史上最高の数字を残したチームをつくりあげた。』(村井博美)

私はこの一文を読んで落合監督に対して抱いていたイメージを初めてすっきりと納得する形で整理することができたのだった。

そして更に、この一文のイメージから自然に小沢一郎さんを思い浮かべたのであった。

小沢さんも巨大な敵と戦っているわけであるが、裁判の中で被告でありながら三権分立に対する司法の干渉を非難し、ニコニコ動画で国民に政策を話し、中国に大議員団を引き連れて訪問し対話をし、自らの政治塾で若手政治家を育て、そして時には地方の農村の片隅でミカン箱に立って辻立ち演説をする。

その背景にあるのは国と国民のための政治の実行であり、歴史観をもって流動する世界を感覚し対応する政治家としての責任感なのである。

まさに村井記者の言葉を借りれば『時間と空間を駆使して』小沢さんは政治に取り組んでいるのである。

そういえば小沢さんも落合監督もマスゴミにすかれていないところまで似ていますかね。


24. 2011年11月23日 11:26:32: WPD7aMpxAk
23

一つ違いがあるとすれば、プロ野球の世界は一年毎の勝負であるが、政治の世界では一生が一つの勝負であることでしょうか。

政治家小沢一郎はまだまだ道半ばにいるのである。


25. 2011年11月23日 13:19:52: hj5sogWyEs
政界をガラガラポンすべきでしょ。
いわゆる媚米新自由主義派と対米自立反新自由主義派に分かれればすっきりする。
もちろん私は後者を選択しますがね。
てめえの国はてめえで守る覚悟が無いから米に好き勝手にされてここまでボロボロになったんだしな。
米国が相対的に国力を落とし、中露印が台頭する現状なら選択肢は多い方が良い。
米中露の狭間で上手く世渡りせんとな。
米国一本槍なら苛め=TPPやら円高やら対日年次改革要望書で沈むのは確実なんだからな。
しかも米の傀儡=半島系カルトやら被差別部落の連中に支配されて奴隷になるのはごめん被りたいしな。

26. 2011年11月23日 16:31:36: 7nGTnQinYI
>>11
>沈みゆく日本を救うには、やはり小沢氏に退陣してもらうしかない。

へ〜?
>>11は驚くべき単細胞だね。小沢氏が退陣すれば日本がどうよくなる?「野だめカンタービレ」や現執行部が日本を救うってか?
どうやって?

根拠を示せない「お前のかあちゃんデベソ」的な意見を発表するのはやめましょう。


27. 2011年11月23日 17:06:52: arIjuafsG6
11,18
見たいな奴がまだいるんだねえ。

洗脳されて脳みそにウジが涌いてんのか、既得権益者かどっちだ?

お前の家族も我々が血税で養ってるのか?


28. 2011年11月23日 17:35:58: 8SBxIwlRbw
11. 2011年11月22日 08:57:59: lGQ9x4NIUs さんは
ねつ造さんです。毎回、必死にねつ造を書き込んでいます。
もうひとり同類のねつ造さんがいますが。
lGQ9x4NIUs さんは、いつも
同じパターンしかねつ造できないところに限界がありますね
それに気が付かずに、毎回、毎回、哀れな人です。

投稿者さんの考えにほぼ賛成なのですが
小沢氏に救ってもらうという考え方よりも
やはり、小沢チームで立て直していかないとと思います。
代表選のとき、やはり西岡氏では高齢で無理だったし、
海江田氏ではやはり人望がないのでだめでしたね。
小沢氏グループに、小沢氏の意をうけつつ
さらに新感覚で活躍できる政治家を育てていくことも大事なことですね。

当面は、インターネット、あるいは対談などで
小沢氏の考えを広く国民に伝えていき、世論を変えていくこと、
一新会など政治の世界では、次世代の政治家を鍛えていくこと、
そして
来年の4月に無実になる(あたりまえの裁判であれば)
来年の9月に代表選で代表になり、、
その代表のもとで、国民生活第一の政治を実現していくことが
最もベストな道でしょう。


29. 2011年11月24日 08:04:44: nWFA96PfEw

小沢さんは、次の選挙では「民主党」のかんばんを背負って戦えない、
と読んでいるみたいです。もちろん若手は苦戦するでしょう。

増税を争点に、新党構想もあるのか?


30. 2011年11月24日 08:38:00: yO1abDvRkY

おい、おい、と言いたくなる。

小沢さんは、菅内閣でも、野田内閣でも仕事させてもらってない。

小沢さんが関与してない与党なのだから、野田内閣も政治主導で
「すばらしい改革ニッポン」の道筋をひらいてもらいたいが、
出てくる政策は「破滅ニッポン」の米国指示の政策ばかりではないか。

小沢さんを追放したら、バラ色のニッポンがやってくるのだろうか?
むしろ小沢さん不在で破滅の日本が設計されてきた。

小沢叩きは「ニッポン叩き」だ。まちがいない!。


31. 2011年11月24日 10:40:12: 44xHsoIwBo
沈み行く大日本帝国の船底にアナをあけたのは米国の魚雷であり、海の藻屑にするのは戦艦大和だけでいいだろう。力をつけては力をそぎ落とす。まんまと引っかかる馬鹿な船長の判断ミス。もうミッドウェー海戦で十分だろう。何を学んできたのか劣性遺伝の極地、野田豚。日本人なら東郷平八郎に学べ。児玉元帥乃木稀典に学べ。この国を売り渡すな。
アホな野田豚を一日でも早く引き釣り下ろそう。左翼政権にはこりごりである。彼らが若い頃から目指してきたのはこんな姿にするためか。所詮、能書きだけの力なしを世に知らしめた。

32. 2011年11月24日 14:37:39: M00GYBkrh6
小沢が今、議員辞職したら、民主党は救われる。(週刊新潮)。小沢を貶めるお約束の記事。

33. 2011年11月24日 17:34:21: IccZDL9ERY
最近阿修羅に糞ウヨが増えてないか?段々某巨大掲示板や酷使様系掲示板と変わらない内容になってきたような・・・・・・・・・・・。

34. 2011年11月24日 19:52:57: apx8Sjyy7A
>>11
国賊はおまえだよ。無知蒙昧、米国属国オタク、恥ずべきアホコメント、かなりのバカ、お粗末な売国奴、うぬぼれ批判、売国奴は排除される。

35. 2011年11月24日 19:57:40: bHwdr2Ujnc
小沢氏が橋下元大阪府知事に擦り寄っている、と毎日新聞にでていた。
本当なら由々しきこと。
庶民の生活を壊し、詭弁と保身だけの橋下に擦り寄って行くなら、国民の生活が第一と言って闘った「代表戦」は何だったのか疑問に感じる。

36. 2011年11月24日 20:42:54: mzzDODKFBM
この機会に議員に頼らず、議会を廃止して、直接民主制にすれば良いだろう。
選挙運動をめぐる腐敗もなくなる。

37. 愚民党 2011年11月24日 22:49:38: ogcGl0q1DMbpk : j6JbuWrZZQ

「登石郁朗裁判官の追訴請求状」運動は進んでいるのか!

おらは鎌倉の乞食で蛇人間だが、11月1日に、衆議院第二会館にある「裁判官追訴委員会」に「登石郁朗裁判官の追訴請求状」を持って行ったぞ!小沢一郎支持者は口先ではなく、行動を起こせ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


38. 2011年11月25日 00:25:45: TUPxsc98ho

>37 小沢一郎支持者は口先ではなく、行動を起こせ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

残念でした。小沢一郎支持者は急速に萎んでます。

行動はもう起こせないでしょ?

なにしろ、国賊で、民主党とともに韓国としっかりと繋がっていることが、
国民にばれてしまいましたものね。

天皇に対する不敬な態度。

天皇の国事行為についての考えを問った記者に対して、

「憲法を読んだか! 憲法を読め!」
「憲法にどう規定されているか、読め!」
「内閣が天皇を動かすと規定されている!」

と怒り狂った形相で記者をどなり散らした小沢。

この形相を国民はしっかりと見ました。

このときから、小沢はもう静かに殺されてるんです。

日本人の大多数は、天皇が憲法で規定されているものだとは思っていませんよ。

私も憲法など読んでません。

国民のほとんども憲法など読んでません。

天皇は、日本国憲法などよりはるか昔、2000年前から日本を統治され、
日本国国民の敬愛とともに存在されてきました。

それが日本です。

日本国憲法が天皇を作り上げたんじゃないんですよ。

韓国人の小沢にはそれが解かっていなかったんですね。

国民の怒りは、今行われている裁判の結果など問題としていません。
法律の問題じゃないんですよ。

小沢はもうすでに死んでいるんですよ。
もう韓国にもどしてお葬式をしてあげるべきですよ。

阿修羅の小沢ファンの皆さん、
阿修羅のなりすまし日本人のみなさん、

気が付いてないんですか?


39. 2011年11月25日 08:03:04: ZA9NtAe9so

★ 韓国人の小沢で、日本は、ほろびる !! ★

小沢の母国韓国でのスピーチ
http://www.youtube.com/watch?v=xyz7pZ7_HP8&feature=related

日本の天皇は、朝鮮人なのだ。

大阪に、仁徳天皇の、大きな墓がある。

墓を発掘すれば、証明できるのだが。

しかし、宮内庁の管轄で、発掘が許可されない。

発掘すれば、すべてが解明されるだろう

著名な歴史学者、えなみ先生が、それを唱えている

あまりいいますと、日本に帰れなくなるので・・・

いいませんが、

「天皇を訪韓させることもできる」

「天皇陛下の行動は、日本政府が自由に決めることが出来ると憲法に規定されている。 」

・韓国人が日本に移り住み、初代天皇になった。
・仁徳天皇陵を発掘したらはっきりするはずである。と著名な先生が唱えている。
・これ以上言うと日本に帰れなくなるが歴史的事実であろう。
・天皇陛下も「桓武天皇の生母は百済の王女だった」と認めている。
・日本人は自立心が足りない国民だ

(小沢氏、韓国でのスピーチ)
http://www.youtube.com/watch?v=xOhxYH9Uyuc (1/5)
http://www.youtube.com/watch?v=YPLj86CyUkQ (2/5)
http://www.youtube.com/watch?v=mDBXwgOTLGg (3/5)
http://www.youtube.com/watch?v=i5wiTy7OsE8 (4/5)
http://www.youtube.com/watch?v=R8T_eSSKPi8 (5/5)


40. 2011年11月25日 11:57:13: rqSDIAxJjw
在日地方参政権付与の問題さえなければ、喜んで小沢を指示するのだけどなあ。

なんで小沢は、あれに賛成なんだろう。

小沢さんは、TPPも明確に反対しなかったし

どうも信用できない。


41. 2011年11月25日 17:26:30: 2E6yTebdP9
>38. 2011年11月25日 00:25:45: TUPxsc98ho
39. 2011年11月25日 08:03:04: ZA9NtAe9so

反小沢の人たちが必ず持ち出す韓国でのスピーチを元にした見事なまでの歪曲コメント。

政治家が国交を結んでいる諸外国に赴き、当地の国民の前で演説をする際に相手国を称える事が何故いけないのでしょうか??

先日我が国へ訪れたブータン国王は、国会の場で日本の国民性を称え我が国に敬意を表明しました。
国王は自分の国に帰ってから「ブータンはほろびる」とか国民から言われるでしょうか?

有能な政治家を謂れのない罪で、強制起訴しその事を良かれと思う国民がいる事に
日本人の民度の低さを感じる。

小沢がいるから日本が終わるのではないと思う。
小沢がいないからこそ今の政治が混迷して機能していないのだ!

くだらない裁判は即刻終わらせて、党員資格停止処分を解除すべきだろう。

小沢を批判する人間は、その仕事振りで評価をすべきだろう。
国民の支持を得た2009年の政権交代は、小沢氏が提唱していた政策なのだから。
本人不在では話にもならん


42. 2011年11月25日 21:16:24: rqSDIAxJjw
>>41
なんで小沢は、在日地方参政権付与に賛成なんだろう。
教えてください。

43. 2011年11月25日 23:16:39: ZA9NtAe9so
>42番へ、回答です

小沢一郎の母親は、韓国人ですから


小沢は、外国人参政権付与推進派

日本の天皇を中国、韓国へ売った

TPPも、賛成している

小沢一郎12月12日 韓国にて  国賊小沢の母国でのスピーチだ

「天皇を訪韓させることもできる」
「天皇陛下の行動は、日本政府が自由に決めることが出来ると憲法に規定されている。 」

・韓国人が日本に移り住み、初代の日本の天皇になった。

 かつて、日本は、韓国の属国だった。

・仁徳天皇陵を発掘したらはっきりするはずである。と著名な先生が唱えてい  る。

・あまり 言うと日本に帰れなくなる、

 日本の天皇の墓を掘り起こせ、そうすれば、証明される

・平安京をつくった「桓武天皇の生母は百済の王女だった

・日本人は自立心が足りない国民だ

http://www.youtube.com/watch?v=xOhxYH9Uyuc (1/5)
http://www.youtube.com/watch?v=YPLj86CyUkQ (2/5)
http://www.youtube.com/watch?v=mDBXwgOTLGg (3/5)
http://www.youtube.com/watch?v=i5wiTy7OsE8 (4/5)
http://www.youtube.com/watch?v=R8T_eSSKPi8 (5/5)

日本に帰ってこなくていいぞ、小沢、韓国にいろよ !



44. 2011年11月25日 23:48:39: TUPxsc98ho
>41さん 

>反小沢の人たちが必ず持ち出す韓国でのスピーチを元にした見事なまでの歪曲コメント。

私は、反小沢ですが、小沢発言そのものを針小棒大にとらえており正確ではない部分もあったことは反省します。しかし解釈した内容は納得できるものと思います。

>政治家が国交を結んでいる諸外国に赴き、当地の国民の前で演説をする際に相手国を称える事が何故いけないのでしょうか??


相手国を讃えることは良いことであり全く問題ありません。
しかし、韓国については、他の国とは特別に異なる事情を考慮しなければなりません。
日本は世界中のほとんどの国と友好関係を結んでいますが、いまだに韓国への天皇陛下の訪問はありません。韓国では、公的な反日教育がおこなわれていますし、天皇が来るならまず最初に天皇は土下座しろ、というような韓国内での声も高く、いまだに天皇の韓国への友好的な訪問はなされていないというのが実情です。
また、韓国には、日本人と仲良くしていたということが密告されますと、財産が没収される「親日罪」という法律さえあります。韓国人が日本人と仲良くするとその韓国人は韓国で仲間外れにされる、石を投げられると言うほど、嫌日感情が強い国柄です。

このような国状の韓国では、韓国人を称えるということは、日本人を貶めることと同等であるといえるようになりました。つまり、「日本人は馬鹿だ」、「日本人より韓国人のほうが偉い」と発言することが、韓国人を満足させ、韓国人を褒め称えることと同等なものになったのです。いびつな慣習ですが、過去において多くの民主党議員等もこの慣習に沿って韓国で発言しているようです。

韓国人同士が日本人を貶める発言をするのは仕方のないこととしても、日本人の政治家がそのように日本人を貶めて韓国人を称えるのであれば、日本の政治家としてふさわしいとは言えません。特に韓国と日本との外交交渉において日本の利益を考えた交渉はできない、と言っても良いのではないでしょうか。
ですから、韓国人の両親を持つ小沢氏の韓国での発言は、針小棒大に歪められたとしても、日本で、それだけセンシティブに耳をそばだてられて聞かれているということなのです。日本の政治家はまず日本の利益を考えなければなりません。当然のことです。


>先日我が国へ訪れたブータン国王は、国会の場で日本の国民性を称え我が国に敬意を表明しました。
国王は自分の国に帰ってから「ブータンはほろびる」とか国民から言われるでしょうか?

韓国とブータンを比較するのは全くの的外れです。
ブータンはとびきりの親日国です。天皇陛下もすでにブータンを表敬訪問されています。日本が国連で提案する議案には、ブータンはすべて右へならえです、すなわち必ず賛成します。片や、韓国はすべて反対すると思います。なぜブータンがそれほどまでに親日なのか、ネットで勉強されるとよろしいでしょう。日本人として誇りがもて、嬉しくなります。
ブータンと日本の関係は、韓国と日本との関係とは異なります。相手を貶めて他方を称えるというような特質はありません。


>有能な政治家を謂れのない罪で、強制起訴しその事を良かれと思う国民がいる事に日本人の民度の低さを感じる。

私は小沢氏は、もう高齢ですし、有能であるとは思いません。むしろ危険であると思います。ただし、国家に対してたぐいまれな貢献をされ全国民から敬愛されているような政治家ですと、高齢であっても素晴らしい政治家であることができます。
小沢氏の場合はそれにはあてはまりません。
どの国でも、政治家の評価は対立するものです。
小沢氏をよりよく知りましょう、としか私はいえません。


>小沢がいるから日本が終わるのではないと思う。
小沢がいないからこそ今の政治が混迷して機能していないのだ!

アメリカの政治だって、今、とても混迷しています。部分的に機能してない点もあり、大変な騒動になっています。北朝鮮、中国、ロシアの政治は、機能しており、混迷していません。機能し、混迷していないのが良いとは一概には言えないのではないでしょうか?

政治が対立する場合、誰だって、敵対する政治家がいなくなれば、すべての問題は片付く、と考えるものです。

>くだらない裁判は即刻終わらせて、党員資格停止処分を解除すべきだろう。

「裁判」の理由も、「党員資格停止処分」の理由も全くくだらないものだと思います。謀略的なものが感ぜられます。しかし、それらが片付いた後も、私は小沢氏にはもう、政治に戻ってきて欲しくないと思います。


>小沢を批判する人間は、その仕事振りで評価をすべきだろう。
国民の支持を得た2009年の政権交代は、小沢氏が提唱していた政策なのだから。本人不在では話にもならん

2009年の選挙に勝ったということはその通りです。しかし、提唱された政策がが国民の支持を得たというのは間違いです。私には賛成できる政策もありますし、賛成できないものもあります。それはどの人にとっても同じです。
時が移れば、賛成であったものが反対になる場合もあります。選挙に勝ったという理由で選挙前に唱えていたことがすべて正当化されてしまうのは困ります。

特に、小沢氏のように、選挙がなされるまではことさらに民主主義を善として標榜し、政権与党になり権力を握ったあかつきには、自分が完全に正当化されたものとして、私は、自立した人間、自分で考え、自分で判断し、自分で責任をもち実行する、というように振る舞われる場合にはとんでもないことになります。皆がそれを恐れて、彼を座敷牢に入れたのではないでしょうか? もっとも、管にしろ、野田にしろ、権力をもつと民主等は似たり寄ったりですね。選挙が終わったとたん、民主党には民主主義がなくなると考えたほうが良さそうです。


45. 2011年11月26日 01:57:47: rqSDIAxJjw
>>44
 あなたのような中立的に小沢を評価する文章を初めて見た。
 阿修羅にはこれまでずっと、極端に親小沢の人(売国奴であるマスコミ・検察・が小沢をいじめているから、きっと小沢は売国奴ではない良い人に違いない、という盲目的な考え方しかできない)か、あるいは極端に反小沢(マスコミに踊らされている無知なB層、か売国奴)の人しか、これまでいなかった。素晴らしいね。

 出来れば、以下の部分をもう少し具体的に説明して頂ければ、もっとよく理解できます。「皆がそれを恐れて」のそれって「自立」ってことですか?
それだと、よくわからない。
 小沢がいう自立とは日本の親分をアメリカから中国の変えるのが狙い、だから恐れている、というならばわかりますが、個々の人間が自立した行動や判断をし責任ある行動を行うことを目指すのは、目標として悪いことではない、ですよね。それなら、あそこまで、検察やマスコミが小沢イジメするとは思えない
それをもう少し説明願えますか?


>特に、小沢氏のように、選挙がなされるまではことさらに民主主義を善として標>榜し、政権与党になり権力を握ったあかつきには、自分が完全に正当化されたも>のとして、私は、自立した人間、自分で考え、自分で判断し、自分で責任をもち>実行する、というように振る舞われる場合にはとんでもないことになります。皆>がそれを恐れて、彼を座敷牢に入れたのではないでしょうか?


46. 2011年11月26日 10:05:52: TUPxsc98ho

>45さん 出来れば、以下の部分をもう少し具体的に説明して頂ければ、もっとよく理解できます。「皆がそれを恐れて」のそれって「自立」ってことですか?
それだと、よくわからない。
それをもう少し説明願えますか?


小沢はいたるところで次のように唱えています。

「日本人は自立していない、自分で考えない」
「日本人は自分で判断しない、自分で責任をもたない」

日本でも韓国でも同様に唱えています
小沢一郎の十八番(オハコ)です。

私は小沢のこの言葉が大嫌いです。怒りを感じます。

訓示的で、啓蒙的な言葉であると思われませんか?

反吐がでませんか?


小沢のほかに誰がこのような言葉を吐くことができるでしょうか?
普通の政治家はこのような言葉は吐きません。

普通の政治家であれば選挙民には「よろしくお願いします」と頭を下げるものです。

普通の政治家は「一緒に戦いましょう」と協力を要請するものです。

天皇陛下だってこのような言葉を日本人に発せられることはありません。

天皇陛下が、「日本人は自立しなさい」だなんて、絶対にありえませんよ。


戦前ですと、天皇陛下の御前で、日本人に対してこのような言葉を吐いたら
日本人に対する侮辱罪、天皇に対する不敬罪です。
〇刑ですよ。本当に!

私はこの言葉に対して次のように問います。

@お前は、一体、何様のつもりなんだ。
A誰に向かって言っているのだ。
Bこの言葉を聞いて誰が喜ぶのだ。
Cこの言葉を聞いて誰が鼓舞されるのだ。
D政治的な目的は何なんだ。

1)「何様のつもりか」

「自立しなさい」という言葉は、絶対的に上位に立っていると自覚しているもののみが配下に属するものを指導する(つもり)の言葉です。

教師が生徒に「自立しなさい」と発します。
親が子供に「自立しなさい」と発します。

小沢は自分が日本人の親、あるいは教師になったつもりであると言っても良いでしょう。

あるいは神になったつもりなのでしょうか?

これが「小沢教組」と呼ばれる所以です。


2)「誰に向かって言っているのか」

日本人および(韓国及び在日)の韓国人に向かって発しています

日本人に対しては日本人を指導するための言葉として発しています。
韓国人に対しては日本人を指導していることを示す言葉として発しています。

3)「誰が喜ぶのか」

もちろん韓国人は喜びます。
韓国人は胸がスカッとすることでしょう。


4)「誰が鼓舞されるのか」

在日の韓国人、朝鮮人が鼓舞されます。

また、日本人には次のように考える善良な人々(日本人)がたくさんいます。

「日本人には足りないところがたくさんある、小沢さんのように日本のこと、そして私たちのことを真摯に考えてくださる方と一緒にもっともっと日本を良くしていかなければならない」

*** 日本人は、このような潜在的な国民意識が外交交渉においても重大な影響を与えるものだということを肝にすえなければなりません *** 


5)「政治的な効果は何か」

多くの善良な日本人が、小沢の「自立しなさい」、「自分で考えなさい」という言葉に感銘を受けます。

しかし、たいていの日本人はこの言葉が自分自身に投げかけられているものとは思いません。

自立してないのは自分ではない。
自立していないのは日本の政治家だ、自分で考える力がないのは小沢を除く日本の政治家だ、
という風に誘導されます。

つまり、小沢が権力を得たあかつきには、
「小沢こそ自立した政治家、小沢こと自分で考えることができる政治家である」、
というふうに日本人の意識が塗り染められてしまいます。

多くの国民の意識が
「小沢こそが日本を立て直すことができる」、
という考えで埋め立てられてしまいます。

そういうことを小沢以外の多くの政治家が恐れると思います。


47. 2011年11月26日 11:45:36: euzmtoZAU6
反小沢の投稿には、必ず”韓国”が出てきます。
小沢氏の両親が朝鮮半島出身、母親の墓が・・・。
小沢氏を敵と叩くなら、少しは相手を調べたらどうですか?
父親の小沢佐重喜氏を調べれば、その父親(一郎氏の祖父)、
佐重喜氏妻(一郎氏母)のことがウィキペディア に載っている。
水沢という地方で、その出自は、誤魔化せません。
10代前の先祖のことまですらすら辿れるのですから。
韓国の事では、強い関心を持っているようですが、対アメリカの
事には、感心がないのですか?
”従属”と言うことでは、まずアメリカでしょうに。
日本人の汗の結晶のカネ、表だっては100兆円上納しているし、
米ドル、米国債という売ることを禁じられている資金はその何倍か?
日本の領土、制空権を持ち、日本の自衛隊は、米軍の傘下にはいっている・・・。
日本の官僚様は、自国の総理をバカにして米国の顔色を見て
この国をコントロール。
ナベツネ様はスパイネームまで持っているし、大マスコミのトップは
CIAの情報提供者?
これを、自立した国、国民と言うのですか?
ちなみに、竹島を韓国領と地図に書き換えさせたのは、ブッシュ大統領
です。(孫崎氏言)
韓国に行く際の土産にしたわけです。
小沢氏は、数十年間、日本を普通の国、自立した国にと
言い続けているのです。
朝鮮半島は、歴史が始まって以来、常に大国に侵略され続けた国です。
何故なら、半島は、良港があるからです。
世界中、半島人は、気性が荒いです。
敵を叩くなら、相手を調べるくらいの知性が欲しいです。

48. 2011年11月26日 14:00:50: TUPxsc98ho
>47さん 
これを、自立した国、国民と言うのですか?

****

「自立しなさい」という言葉は魅惑的な言葉です。
ほとんどの人がそうありたいと願います。

「自立したくないんですか?」と問われると
普通、反論できません。

しかし、国際関係において「自立」、という言葉には気をつけてください。

国際関係では、力関係のバランスを自国に有利に維持するために、
常に合従連衡が行われます。

この意味では、どの国であれ真に自立できる国はありません。

日本が大国の日ロ戦争に勝利したのも日本が自立した国であった国であったからではありません。
歴史を紐解けば解かることです。

今日ではアメリカですら自立することはできません。

アメリカも何らかの連携を他国に求めます。
もちろんアメリカにしろ自国に有利になるような連携を求めるは当然です。

日本が仮に自立したとしましょう。
すると、大国と連携した小さな小国に簡単に蹂躙されてしまいます。

力のバランスが崩れると自立した日本など粕のようなものです。

多くの国々が互いに他国と友好関係を結ぼうとしますが、
単にその国民どうしが仲良くしたいから、と言うばかりではありません。

どの国であれ、対外的な力のバランスを保って仮想敵国から自国を守らなければならないのです。

日本はアジアの多くの国々、アジアを超えての他の国々から絶大な好意を寄せられています。

アジアの国々からはアジアのリーダーとしての役割を果たして欲しいと要請されます。

多くの国々からこのように期待を寄せられるのにもその理由があります。

日本がアメリカと強力な友好関係を維持していることもその理由です。
日本に強力なアメリカの軍事基地があることも当然その理由です。

日本だけの自立した力だけじゃないんですよ。
日本は傲慢になってはいけません。

他の多くの国々の支援があってこそ今の国際的な位置付けがあるのです。

日本に対して「アメリカから自立しなさい」と言う言葉は、
今の国際上の力関係のバランスを変えましょう、というそそのかしであると理解してください。

「自立すべきですよ」と言う言葉は悪魔のささやきであると考えてください。

日本は自立することはできません。

自立するやいなや、アメリカ以外の他の大国の配下に陥るものと考えてください。
今まで黙って日本を憎んでいた小国ですら突然大きな態度にでてくるでしょう。

今まで好意的であった他のアジア諸国も日本から距離をおくようになるでしょう。
それが国際関係の力のバランスです。

小沢が「日本の自立」をぶれることなく言い続けていることに彼の言葉の裏を感じ取ってください。

だから小沢は危険なんですよ。
だから彼を排除しようとする力が日本には存在しているのです。


49. 2011年11月26日 14:50:00: WPD7aMpxAk
■政局が近づいてくるとマスゴミの小沢ネガキャンやネトウヨの板あらしが激しくなります。きっぱりとスルーしましょう。

逐一つきあっていたら相手の思うつぼですよ。

本当に応えなければならないむこうのコメントなんてほとんどない。

マスゴミの見え透いた小沢ネガキャン新聞や雑誌をカネを出して買いますか?

買いませんよね。

同じように、いちいち反応しなくていいコメントはしっかりスルーしましょう。

そうしないと板が腐ってしまう。

貴重な板を清潔に保つことは我々の義務ですから。


50. 2011年11月26日 15:20:28: TUPxsc98ho
>47さん

ちなみに、竹島を韓国領と地図に書き換えさせたのは、ブッシュ大統領
です。(孫崎氏言)
韓国に行く際の土産にしたわけです。

*****

何をおっしゃりたいのかよく分かりませんが、当時、韓国はこの件で大騒ぎしたそうですね。
それで、ブッシュ大統領も根負けしてサービスしたのだとか・・・、
と聞いてます。

そのあと、アメリカ政府の公式見解は、アメリカの立場は中立だとのこと。
韓国、日本のどちら側に立つ者でもないそうです。

アメリカ側の見解としては、古いものですが次の書簡も参考にしてください。


1951年8月10日 国務次官補(ラスク)から韓国大使への回答
ドク島、又は竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人島である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。
この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。
by ラスク書簡

*********


さて、細かい経緯や論点は別にして、私は小沢一郎の見解を聞きたいのですよ。

小沢一郎さん、尖閣諸島について、で中国にズケズケ言ったって得意になってたけど・・・

韓国にも竹島の件ズケズケ言ってよね。

小沢一郎さん、大和魂を見せてくださいよ。


51. 2011年11月26日 16:03:25: TUPxsc98ho
>50

小沢さん、竹島のこと、

韓国と話してくれるのはいいんだけど・・・

尖閣諸島の時みたいに、

「次世代に任せましょう・・・」

なんてことにはしないでね。


52. 無能小沢 2011年11月26日 16:05:21: DdHj7lMmGvlx6 : OgHoKcGNpg

>やはり小沢氏に沈みゆく日本を救ってもらうしかない。

長いこと政局政党の要職をやっても

何一つまともな実績がないカスに?


アホか?おまえは


53. 2011年11月27日 07:28:53: rqSDIAxJjw
>>46さん

これまでの阿修羅にはなかった見解を説明してくださり、勉強になりました。
「日本がアメリカから自立しなければならない」、と小沢がいう狙いについて
参考になりました。

ただ、あなたの説明がそこで終わってしまいますと、日本はこのままアメリカの属国であることを受け入れろ、というように聞こえてしまいます。
TPPに参加し、ISD条項をのむことになってしまいます。
このアメリカの横暴から日本を守る方法がなくなってしまいます。
このままでは、国民皆保険制度が破壊されてしまいますし、食糧自給率がさらに低下し、より一層、日本はアメリカの奴隷になってしまいます。

ですから、アメリカに物言う小沢に皆がついつい期待してしまうのです。
日本人はTPPを拒否したいのです。郵政民営化を拒否したい、巨額の米国債を買うのをやめにしたいのです。

もし、アメリカからの自立をしなくても、日本がTPPを拒否し、郵政民営化を拒否できる新しい戦略があるならば、それにこしたことありません。

小沢、小沢という必要なくなります。
小沢の親が元朝鮮人だろうと、韓国の大学で何を発言しようが、どうでもいいことになります。

現状では、日本がTPPを拒否することが不可能で、国家破壊へと進みそうなので、仮に小沢が毒を含んでいようとも、それには目をつぶって、小沢、小沢となってしまうわけです。

松下政経塾、自民党、公明党が結託して、すすめている日本破壊工作をくい止め、アメリカの奴隷の地位から脱却するには、やはり毒である小沢の力も必要ではないのか?とつい考えてしまうのは、もっともだともいえます
その点、どうお考えですか?


54. 2011年11月27日 18:50:27: TUPxsc98ho
>53さん

まず、日本に誇りを持って欲しいなぁと思います。

日本はアメリカの奴隷ではありません。
アメリカの属国ではないという気持ちを持ったらいかがですか?

日本はアメリカとの戦争に負けてはいなかったと思えばいいんです。

日本軍は本土決戦の準備はできていました。
日本国民も本土決戦の覚悟はできていました。
日本軍は白旗などあげていません。
どの決戦場でも最後まで戦い抜きました。

日本は、天皇陛下の詔書により終戦を迎えたのです。

天皇陛下の詔書のもと日本軍は欧米列強の共同宣言を受け入れ武装解除しました。

日本軍は本土決戦の準備ができていた厚木の航空機の翼を、
泣く泣くすべてもぎ取りました。

マッカーサーが降り立った厚木から東京までの沿道で、
日本軍の兵隊は一斉に沿道に背を向け両手をおろし無抵抗の姿勢を示し、
屹立して米軍の進軍を迎えました。

その映像には驚愕します。
何十人、何百人、何千人なのかわかりません。
日本軍の兵士が沿道に屹立しているのです。
米軍の進軍に背をむけて。両手を下げて。

ゲリラ戦はありませんでした。
敗残兵の襲撃もありませんでした。
マッカーサーもさぞ驚いたでしょうね。

日本は天皇陛下の詔書のもと屹然として終戦を受け入れたのです。


天皇陛下の詔書の最後は次のように結ばれています。

若(もし)夫(それ)情(じょう)の激(げき)する所、濫(みだり)に事端(じたん)を滋(しげ)くし、或は同胞排儕(はいせい)互に時局を乱(みだ)り、為(ため)に大道(たい)どうを誤り、信義を世界に失(うしな)うが如(ごと)きは、朕最(もっと)も之(これ)を戒(いまし)む。

宜(よろし)く挙国(きょこく)一家(いっか)子孫相伝(あいつた)え、確(かた)く神州(しんしゅう)の不滅を信じ、任(にん)重くして道(みち)遠きを念(おも)い、総力を将来の建設に傾け、道義を篤(あつ)くし、志操(しそう)を鞏(かた)くし、誓(ちか)って国体の精華(せいか)を発揚(はつよう)し、世界の進運(しんうん)に後(おく)れざらむことを期(き)すべし。

爾(なんじ)臣民、其(それ)克(よく)朕が意(い)を体(たい)せよ。

****

いかがでしょうか。

日本は天皇陛下とともに歩んできた国なんです。過去2000年以上そうでした。

このような国は日本を除いて他の世界にはありません。

さらに天皇陛下を大元帥とする日本の軍隊は、素晴らしい軍隊でした。

歴史上もっとも世界の平和に貢献した軍隊であったといっても過言ではありません。アジアの諸国はこぞって日本軍を賞賛しています。マレーシア、ミャンマー、インド、インドネシア、フィリッピン、台湾、ベトナム、南洋諸島のフィジー、ナウル、パラオ、ソロモン、ツバル

アジアのほとんどの国々が日本をアジアのリーダーであると思い日本の軍隊を称えています。

なぜでしょうか? 
日本軍の「軍人勅諭」によるものだったと思います。

一(ひとつ)軍人は忠節を尽すを本分とすべし。
一(ひとつ)軍人は礼儀を正しくすべし。
一(ひとつ)軍事は武勇を尚(とうと)ぶべし。
一(ひとつ)軍人は信義を重んすへし。
一(ひとつ)軍人は質素を旨とすへし。

日本軍の兵隊は、天皇陛下のもと、
軍人勅諭をたたきこまれて統率されていました。

このような軍隊が他の国にあるでしょうか?
また、あったでしょうか?

日本は現在アメリカとの条約に基づいて環太平洋の安定に協力しています。
誇らしいことではありませんか。

巨額の米国債? 
いいじゃありませんか。

将来ドルの価値が2〜3倍にでもなれば日本は大変な金持ちになります。
為替は変動するものです。

日本は、アジア諸国だけでなく世界のあらゆる国々から好かれ期待されています。
経済的にも、軍事的にも期待されています。
そのためにも強くならねばなりません。
力で中国に屈するようでは困ります。

軍事力も必要です。
日本の防衛の為だけではありません。
世界の安定のために必要です。

TPPは多くのマイナス面がありますが、
それ以上に、アメリカとの連携を強め、アメリカとともに経済的に、軍事的に、世界の安定に寄与することが日本にとってより重要であると思います。


55. 2011年11月28日 02:13:02: rqSDIAxJjw
>>54
さん
>TPPは多くのマイナス面がありますが、
>それ以上に、アメリカとの連携を強め、アメリカとともに経済的に、
>軍事的に、世界の安定に寄与することが日本にとってより重要であると思います

天皇や軍人のお話それでかまいません。

しかし、京大の中野先生によると
TPPは、完全な不平等条約であり、ISD条項があり。
日本の皆保険が破壊されアメリカの民間保険会社に
月々10万円の医療保険料を払っても、盲腸1回150万円かかる。
食糧自給率は10%まで落ちる。
米国が日本の金の搾取のために計画しているTPP.
あなたの意見のままでは、アメリカとの連携どころか、日本は破壊されます。

>軍事力も必要です

アメリカは、日本が核武装所有するのも独自の戦闘機、空母、軍事兵器の生産も許しません。
現在のアメリカみたいな超格差社会になります。
そしてますます奴隷国家になります。

あなたは、それを受け入れろ、というのでしょうか?



56. 2011年11月28日 09:40:23: TUPxsc98ho

>55さん

>日本の皆保険が破壊されアメリカの民間保険会社に
>月々10万円の医療保険料を払っても、盲腸1回150万円かかる。
>食糧自給率は10%まで落ちる。
>米国が日本の金の搾取のために計画しているTPP.
>あなたの意見のままでは、アメリカとの連携どころか、日本は破壊されます。

>アメリカは、日本が核武装所有するのも独自の戦闘機、
>空母、軍事兵器の生産も許しません。
>現在のアメリカみたいな超格差社会になります。
>そしてますます奴隷国家になります。

おっしゃる通りの恐れは十分あると思います。
ですが、それはすでにTPPなくしても起こっています。

ここ半世紀、地方の農山村、農漁村は衰退の一途です。
多くの山間の村が廃村になりました。

地方では住民も減り、医者はいなくなり、
商店街はシャッター通りになりました。
町はずれにコンビニがぽつんとあるだけのような街が増えました。
地域社会はすでに崩壊しています。

この流れは止まっていません。
TPPなくしても日本はアメリカ型社会を目指して突っ走っています。

経済効率を追求して競争に勝とうとする企業であれば、自由貿易とグローバライゼーションは望むところでしょう。

しかし、日本独自の文化、慣習を維持し、伝統を重んじる地方の企業や社会はこの流れにはついていけないでしょうね。
壊滅させられてしまう恐れがあります。

必要なのは、TPPではなくて、逆TPPなのです。

今のままでは、日本は従来通り、自由貿易、グローバライゼーションにつっぱしるばかりです。

それを止めるにはTPPに参加して逆TPPを考え推し進めるしかないのではないでしょうか。

(無責任に聞こえるかもしれませんが、私は当事者でもなんでもありませんので、それ以上のことは言えません。しかし日本の農山村、農漁村、城下町、伝統的なま街並みは守りたいのは私も同じです。)

アメリカも格差という大変な社会問題を内に抱えています。

日本もアメリカと共にそれを連携して考えるべきではないでしょうか。
日本は、アメリカと連携し、アメリカを支援すべきではないでしょうか。
それができる経済力を持つ国は日本しかないと思います。

アメリカの陰謀に引っかかってしまうと考えるより、日本が世界の経済に活躍する場がそこにあると考える方が楽しいではないですか?

それに相応しい優秀な日本人が登場し、活躍して欲しいですね。

医療制度だって、日本の医療制度がすぐれているのであれば、アメリカを支援して教えればいいんですよ。と私は思うのですが・・・

甘いかな、アメリカに騙されてしまうとしかられそうです。
でも、日本人はそういう気概をもって取り組んで欲しいですね。


格差の問題ですが・・・・

世の中の技術はどんどん革新されていますのでほっておくと人は余ります。

江戸時代にはの職業は「士農工商」に分かれていましたが、人口の90%を占める「農」が残り10%の「士工商」の食料を生産していました。

でも、今では、おもいきり丸めて考えますが、「農」の1%が、「士工商」の従来通りと10%と、無就労者の89%を養っています。

技術革新が進み経済性が追求されて行きますと、生産に必要な人口はこのようにどんどんと少なくなっていきます。

で、所得の分配はどうなっていくかといいますと、自由経済のもとでは、生産の効率向上に関与し貢献した者にお金が分配されます。

ですから、今とりあげているケースの場合、農業生産の向上に関与した11%の人口にしか所得は分配されない、残りの89%の人は無一文でかつ仕事なし、というような所得格差と大失業に陥ります。

これは、経済効率が追求される自由経済の競争社会では避けられないものと思います。

この補正は政治で行います。
所得の分配の仕組みを変えなければなりません。
税金の徴収の仕組みをかえなければなりません。

働かないものにもお金が分配されるようします。
それが年金であり、福祉であり、医療です。

あるいは勝間和代さんがおっしゃるように日本の人口を30%減らす必要がある、
という意見。

団塊の世代が死んでしまうのを待つ、という意見など・・・

自由主義経済の先頭を走ってきたアメリカは今この分配に行きず待ってしまいました。

今、アメリカには政府に分配するお金がないのです。

ですが、お金は富裕層にたっぷりと蓄えられています。

アメリカの貧困層には食料が配給されます。食料がないわけではないんです。
貧困層は見る限り丸々と太っています。食料は余っているのに貧困層はそれを買うお金がない。

農作物も余っているが買う人がいない。アメリカは過剰に生産されている農作物も輸出したい。

アメリカには医療も十分あります。ですが貧困層は医療費を支払うことができません。アメリカの各地で医療の無料奉仕が行われています。歯医者、眼医者、理容などの無料奉仕があり大変な行列ができています。

アメリカにはまだまだ物は豊富なんですね。だけどそれを利用するお金が貧困層に回っていない。そして貧困層がどんどん増えている。お金は1%の富裕層に蓄えられてしまった。

アメリカはこのトロ沼に陥ってしまいましたが、日本もすぐ後ろを追っかけています。もうすでに、アメリカと同じ状況に陥りつつあります。

年金も、医療も、福祉も破たんしつつあるのではないでしょうか、
所得格差も拡大しているのではないでしょうか。

これを食い止めるには、アメリカと日本の二大資本主義国が協力して、TPPの枠組みのなかで非TPPを考える以外ないだろうと思うのです。

我々には知らされないであろう案が検討されるであろうとは思いますが軍事の提携なども係わってくるのではないでしょうか。

日本がアメリカに騙されるとか利用されるとか恐れることはないと思うのですが。
警戒は常に必要ですけどね。
やはり、日本もアメリカも、本音は、互いに連携してどのように中国やロシアに対処するか、ということだと思います。

協力し合うことでアメリカと日本はより信頼しあうことができ、
より緊密で強固な関係を築くことができると思います。

私が日本の政治に期待することは・・・

所得格差を是正すること。(一億総中流を望みます)
誰もが平等に医療をうけることができ、安心して働けること。
日本の伝統文化、慣習を守ること。
地方の生活、文化、伝統的な街並みを守ること。
経済的、軍事的な地位を高め、世界の平和と安定に貢献すること

でしょうか。


57. 2011年11月29日 00:40:37: rqSDIAxJjw
>>56
私もあなたの思いと全く同じです。
そして、あなたがいう日本のアメリカ化(超格差社会化、人口の1%だけへの富の集中、国民の99%が貧困化へ向かう、農村の破壊、日本の伝統文化の破壊)がどんどん推し進められていることへの危機認識も全く同じです。

そして、もうこれらに対する対策、アメリカの横暴に対する対抗手段が思いつかない状態であり、絶望感があります。ここらへんは、あなたも同じようです。

ですが、あなたは、私にはな思いつかない逆TPPという提案をなされています。

>これを食い止めるには、アメリカと日本の二大資本主義国が協力して、
>TPPの枠組みのなかで非TPPを考える以外ないだろうと思うのです。

しかし、唯一ひっかかるのは、「協力して」という言葉です。これほど日本を見下し、日本を奴隷国家として扱っているアメリカ政府には、日本と強力、などという概念は頭にないと思います。

 アメリカは日本の資産の「搾取」「強奪」「略奪」しか頭にないと思うのです。「年次改革要望書」「郵政民営化」「TPP」などの有無を言わせないで進める方法は、協力などという優しい考えは鼻から頭にありません。もし協力が可能なら、アメリカは日本に「金銭的支援してほしい」と土下座まではしなくても、公式に日本国民にお願いするべきでしょう。本来、そうするはずです。

ですので、当初から日本の金を搾取することだけが用意周到で戦略的なアメリカの狙いと推測されているTPPの枠組みの中に日本がわざわざ入ってから、「逆TPPを考える」、と言われてもほとんど理解できません。とえらそうにいいますが、私には対策案が全くないので、その資格はありませんが。

一説では、日本がTPPに参加することの意味は、ヤクザ国家アメリカとその子分の属国集団の中に、日本がわざわざ自らすすんで丸裸になってレイプされにノコノコ入ることと同じ、といわれています。
やつら(アメリカ人の1%の富裕層の連中)の頭の中には、日本を丸裸にしてレイプすることしか頭にないと思われるのです。

皆が毒をもっているとしても小沢に期待してしまうのも、何か対抗策を考えてくれるのではないか?というそういう期待感という心理があると考えられます。
もちろん、小沢はTPPへの有効な対抗策を提言してませんので、正体不明な話なのです。


58. 2011年11月30日 12:40:00: TUPxsc98ho
>57さん

「逆TPP」というのは私の勝手な言葉です。
私は経済学者ではないし経済のことも良く知りません。
当然、TPPについても良く知りません。

ですが、自由貿易もグローバライゼーションも日本は避けては通れないと思います。
そしてISD条項も必要だと思います。

つまり、TPPは賛成です。

日本のこれからの経済発展、軍事力の強化のためにTPPは必須であると思います。
日本はアジアのリーダーでもあらねばなりませんし、
そのために日本は中国を凌駕する力を持たなければなりません。

それが世界の国々から期待されていることです。

ですが、それとともに日本の文化、伝統、慣習、風土、教育、精神を守りたい。
それは、日本古来からのもの、日本人の伝統的な生活様式への郷愁があるから、という理由ももありますが、そういうものが世界に誇れる日本人を作ってきたと思うからでもあります。

自由競争になりますとどの国でも強い産業が残り弱い産業は滅びます。
アメリカとて同じです。

アメリカでも多くの中小の町が衰退し、工場は閉じ、失業者に溢れています。
1600万の子供たち(4人に1人の子供が)貧困層に属しているようです。

伝統ある町の荒廃した様は悲惨です。産業が衰退すると、それとともなって培われてきた、地域の文化、伝統、慣習も滅びます。
しかし、アメリカの経済は縮小していません。GDPは毎年拡大しています。

要する経済が拡大している以上に富裕層がより富裕になっているだけなんですね。

日本も同じ道を歩んでいます。アメリカは一歩進んでいます。

アメリカも日本も同じ問題を抱えています。
要するに、共に、効率的でなくても生きていける道を探さなければならないと思います。

ISD条項の内容は知りませんが、
自由貿易において国際的な規制、調停、罰則は必要です。

公正な商取引のために、特許などの知的所有権の侵害、商標やデザインのの盗作、過酷な労働環境を防がなければなりません。

例えば、日本の青森産りんごの人気にあやかって、中国が中国産のリンゴに「青森」と商標登録してよいのでしょうか?
中国で告訴し中国で裁判すべきでしょうか?

また、韓国のサムソンや現代自動車が、アメリカで家電商品や車を販売するのに富士山や、金閣寺をイメージしたコマーシャルを使って、あたかも日本製品であるかのような宣伝してよいのでしょうか?
韓国で告訴し韓国で裁判すべきでしょうか?

中国の工場が15歳以下の子供を低賃金で日に10時間労働させてよいのでしょうか?

つまり、自由競争といえども、公正な商取引のための種々の規制は必要であり、問題に対処する国際的な仲介が必要です。

そしてこれらの規制はどうしてもその国の文化、慣習、伝統とも絡まるはずです。
その境界は国ごとにあいまいでそれぞれ交渉によらざるをえません。

自由競争、自由貿易といったって何でもかんでも自由であるはずはないのです。

ですから、「逆TPP」と言いましたが、要するに交渉によるTPPの歯止めにすぎません。これは、どの国だって自国を守るために必要なものです。

そして、アメリカだからこそ交渉の相手国足りえると思います。

アメリカだからこそ、日本はTPPで交渉する価値があります。
協力し合い、両国とも経済的にも軍事的にもより強くなるべきです。
中国とはこのようにはいきません。

日本は今、円高なのですから、それを追い風にもっともっとアメリカ製品を買えば良いのではないでしょうか。

アメリカの輸出が増え、アメリカ中間層の購買力が上がれば、当然、日本からアメリカへの輸出も増えます。

私はアメリカを信頼してます。

なぜならアメリカ大統領の演説を生で聴けるからです。
大統領選挙でアメリカ人が何を考え何に感じて大統領を選ぶのかを世界の人が知ることができるからです。

アメリカは人種のるつぼです。
奴隷として扱われていた黒人ですら大統領になりました。
アメリカは偉大です。
アメリカの大統領は世界の大統領であるといえます。

中国はその足元にもおよびません。

アメリカがいかに偉大であるとは言っても凶悪犯も詐欺師もいます。
世界中、悪玉はいたるところにいるものですからTPPで交渉する人は警戒心を怠るべきではないです。
交渉する人をなじるだけでなく、その強固なバックアップ体制を築く必要があるでしょう。

私は日本の経済にも政治にも関係ないただの庶民ですから、政治家と官僚に期待するしかありませんが、民主党内閣にはTPPに携わって欲しくないです。

経済も軍事も、韓国、北朝鮮、中国、ロシアは仮想敵国であることを肝に据えておくことが必要です。

領土問題の解決には、軍事力のバランスが必要です。日本の経済と軍事力が中国を凌駕するものであれば中国は尖閣諸島に近寄りません。韓国が竹島に軍を駐留させることなどもありません。
拉致問題も解決するでしょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧