★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122 > 721.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
前原誠司政調会長は、小沢一郎元代表をコケにして、消費税増税賛成を求めるのは、虫がよすぎる(板垣英憲)
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/721.html
投稿者 元引籠り 日時 2011 年 11 月 25 日 22:54:10: dkOnWN./sADdA
 

◆民主党の前原誠司政調会長が11月22日、誠に手前勝手な都合のいいことを言っている。消費税増税をめぐり、「小沢一郎元代表にも、消費税増税に理解していただいて協力をしてもらうように説得する」という趣旨の発言をしているのだ。
 前原誠司政調会長は、先立ってにワシントンを訪問して、笹川記念財団主催の講演会で演説した後、米国要人たちに「小沢さんは、コロコロ変わる」などと悪口三昧、まるで小沢一郎元代表とは付き合わない方が得策であるかのように吹聴してきたという。こんな話は、日本に直ぐに伝わってくるのだから、わざわざ言いふらすこともないのに、カリカリしやすい性格からか、ついつい口をついて出てくるのを食い止められない。
 もっと言うならば、民主党政権が誕生してわずか半年も経たないころ、カート・キャンベル国務次官補が来日して、当時の幹事長である小沢一郎元代表に国会内幹事長室で会い、「ぜひとも訪米して欲しい」と要請していた。ところが、その後で前原誠司国土交通相を表敬訪問したとき、「小沢さんとは付き合わない方がいい」と言われたといい、これが原因になってか、小沢一郎元代表の訪米は、不発に終わった。このことは、このブログで以前に書いているのだが、前原誠司政調会長は、自分が総理大臣になれなかったのは、小沢一郎元代表が協力してくれなかったためだと思い込み、どうも逆恨みしてきた。
 それにもかかわらず、またまた小沢一郎元代表の協力を得なければ、消費税増税は、実現しない。そうすれば、財務省からの信頼は得られない。これは、野田佳彦首相の動静を見れば、一目瞭然である。いかに外交好きの前原誠司政調会長と言えども、国家権力の根幹である財務権力からの絶大なる支援は欲しいのである。
 しかし、こう言うところが、前原誠司政調会長のプリミティブというか、政治家としてまだまだ幼いところである。これまでの政治的言動を振り返ってみていると、プッシュする相手を根本的に間違っている。肝心要、本命の小沢一郎元代表をコケにしてばかりしていて、どのようにして総理大臣になろうとしているのか。やはり幼いというしか言いようがない。小沢一郎元代表こそ、野田佳彦首相がそうしたように最も頼るべき政治家であるのに、ズレまくっている。
◆その小沢一郎元代表は、いまや前原誠司政調会長には、歯牙も掛けていない、鼻も引っ掛けようとはしていないのである。
 小沢一郎元代表は11月22日、自らを支持している衆院議員の当選2〜4回組の「一新会」メンバーが集まる会合で消費税増税反対論を披瀝している。党員資格停止処分を受けている身とはいえ、 国会議員としての資格を停止されているわけてはない。朝日新聞は11月23日付け朝刊「4面」の囲み記事で小沢一郎元代表発言を、こう報じている。
 「民主党の小沢一郎元代表は22日、自身を支持する議員グループの会合に出席し、野田政権が年末にまとめる消費増税法案について「強行すれば政権運営が不安定になり、党運営も厳しくなる。野党に攻撃の種も与える」として、反対する考えを重ねて示した。消費増税法案をめぐり衆院解散・総選挙に追い込まれる可能性にも触れ、「今、出撃しても何機戻ってこられるかわからない。特攻状態だ。みんなが帰ってこられないのでは困る」として、民主党が惨敗するとの見方を明らかにした。」
 また、読売新聞は11月23日付け朝刊「政治面」(4面)の「消費税増税 綱引き」という見出しのついた記事のなかで、次のように書いている。
 「出席者によると、小沢元代表は「引き上げ幅や時期を決めていくのは、世論の理解を得られない。強行するならば、党内の運営も厳くなる」と強調。「消費増税をきっかけに衆院解散につながったら、何のための政権交代か」と不満をあらわにし、消費税増税を争点とした衆院選が行われた場合、「(民主党候補は)出撃してもみんな(国会に)帰って来られない」との見通しを示した。
 元代表の発言に、党執行部は懸念を強めている。「首相が中央突破して消費増税の中身を大綱に明記した場合、小沢グループの一部などが、離党・新党結成に動く可能性も排除できない」との見方も出ている。
 政界では年末に新党結成の動きが起きやすいことも、執行部が不安を抱く要因だ。政党交付金は1月1日の議員数などを基準とするため年内に新党を結成すれば翌年の政党交付金を受けることができるためだ。」
◆ここで、1つのことが明らかになった。それは、前原誠司政調会長と小沢一郎元代表の目線の違いである。
 前原誠司政調会長は、財務省への「ゴマスリ視線」、つまり、自分が総理大臣になれるか否かという私利私欲、近視眼の視線、これに対して、小沢一郎元代表のそれは、少なくとも「民主党衆参議員の議席」を確保できるか否か、さらに言えば、国民が諸費税増税に耐えられるか否かという視線である。小沢一郎元代表の私利私欲の匂いは、出ていないのである。
 もちろん、小沢一郎元代表に対して、総理大臣待望の声は、依然として根強い。だが、私利私欲の欲望を剥き出しにしないところに、小沢一郎元代表の不気味とも思える政治的な迫力が生まれる。だからこそ、「急ぐな、慌てるな」という息の長い思いが、伝わってきている。前原誠司政調会長をはじめ、経験未熟なる政治家たちはすべからく、時には「慌てる乞食は、もらいが少ない」という言葉をじっくり噛み締めて見るべきである。

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/3f09f239572ba57b72d735647e465799  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月26日 08:45:00: eJcwQUA9aU
前原誠司は舌禍で身を滅ぼす。経験未熟ではなく、人格の問題である。
同じ党の小沢の悪口を米国に告げ口をして米国の信頼を得ようとしたが、
米国は同僚を売るような前原を却って信用しないであろう。
クリントンが前原を子供扱いにするのは、彼を信用していないからである。

02. 2011年11月26日 15:47:57: Q1AShcAlNU
何故、京セラの稲盛会長が前原を後見するのか理解に苦しむ。

前原は言うことなすこと口先ばかりで成功したためしがない。平気で嘘をつく男だ。彼が北海道訪問で、北方領土を眺めながら「政治生命をかけても4島を取り返す」と大壮言を吐いたときには、よくもまあ、こんな嘘を平気でいえるものだと呆れた。

”国民の反対に耳を貸していたら何もできない”という、国民を馬鹿にしている前原の政治理念は、つきつめればアメリカのポチであることを暴露している。


03. 2011年11月26日 19:34:45: LjDUeYansg
未熟者は大成する可能性があるが、
前原は不熟者である、
強いて言うならば、単なる道化者に過ぎない。
彼は仙谷を始めとする悪徳8人衆の一人で、
官僚やアメリカの意図を映す鏡でもある。

04. 2011年11月26日 20:57:59: 6BB2sQsMvc
前原は無能だよ。アメリカの力を頼りに日本の政界でトップを狙う卑怯なやつです。だからアメリカに忠誠を誓っています。完全な犬です。

大体消費税を賛成するような政治家は自分が官僚の下僕であることを認めることです。
官僚は合法的な公金横領システム(特殊法人や天下り財団)作り出した。

もちろん彼らが作った法律があるから犯罪にはなりません。
役人達はひも付き予算でたっぷり太ります。

この法律ずくりの片棒を担がされたのが自民党をはじめとする無能な国会議員たち。
その代わり世界でもビックリの歳費を貰います。官僚からエサこれで共犯関係成立。

消費税とはこのシステム壊さないで温存する意味がある。小沢氏これを壊そうとしている。
だから官僚たちはOBを含めて総力あげて小沢攻撃をしている。これが今の姿。

賛成の議員は自分の無能とあとエサの為に職務を放棄している。
クズ役人の横暴を止められないクズ議員、数はいらない。


05. 2011年11月27日 01:53:23: QsrQdo37W2
 マエハラにも犬HKにも焦りが見える。

 (日本とアメリカの終戦処理を香港返還50年と同様にけじめは必要と思います。)


06. 2011年11月27日 08:05:17: dpp0eXCVak
口先誠司は
『26日日経
「民主前原氏、政府保有米国債売るべきでない」で理由は「売るとドルの信頼に響 き、さらに円高の可能性」。「ドルの信頼性維持」が何より重要。』と発言!

どうしてもアメリカを守りたいようです(笑)
国民は一円でも金に換えられるものは替えた方がいいと思っているんですが!
何ならアメリカ国債を中国に売ったらどうしょうか(笑)


07. 2011年11月27日 17:34:08: sBgF8y4mgw
小沢一郎氏の発言は至極納得です。

二枚舌外交は世界から相手にされないんです。

野田さんのTPP交渉は、ホントに情けない。

このままどこの国からも信用されず、馬鹿にされてる日本国。

ただただお金を出させればいいと・・・

政治家はなぜきずいて発言しないのか?

それにしても情けない・・・

とはいえ、解散しても投票する政党もないんです。トホホです。

小沢新党の出現を切に願います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧