★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122 > 793.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国の行く末を左右する岐路が近づいている 無知・無関心が国家を滅ぼす (世相を斬る あいば達也) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/793.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 27 日 15:12:22: igsppGRN/E9PQ
 

国の行く末を左右する岐路が近づいている 無知・無関心が国家を滅ぼす
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/19575109500a144bd648975996a9eb7e
2011年11月27日  世相を斬る あいば達也


 いま我が国が喫緊に解決していかなければならない課題は何なのだろう。TPP加入、社会保障と税の一体改革だろうか?日米地位協定の見直しだろうか?それらのことも大切だろうが、政治がリーダーシップを発揮し、今立ち向かう国家事業は、大震災で甚大な被害を受けた人々の生活基盤を整えてやる復旧だろう。福島原発の嘘偽りのない終息への道筋と国民の放射能被曝対策の真摯な取り組みではないのか?また、米国発の金融市場主義経済に端を発するサブプライムローンから、ユーロ圏の経済危機、そして再びブーメランで起きそうな米国経済危機。それに関連して起きる為替の円独歩高への対応だろう。

 しかし、野田民主党政権は喫緊の優先課題に必死で取り組むポーズはするが、まったく真摯な議論も、総理大臣が腹を決めて陣頭指揮に立つと云う行動も見せていない。この優先順位の逆転は、政策の失敗、或いは見いだせない解決法を先送りする手法に過ぎな。このような行動原理は、党乃至は内閣としての無策無能を隠ぺいしようとする“目くらまし”なのだろう。普天間問題移転の大きな壁を乗り越えるために、昔から当然であった日米地位協定の見直しを前面に押し出してきたり、やることが全て姑息だ。日々テクニックを弄して、その日暮らしを重ねるだけの政権になっている。

 たいした議論もせず、議論で到達した結論を無視し、経産省・外務省の当初のシナリオ通り、野田総理は動くだけ。TPPとASEANプラス6と云う似て非なる経済連携協定の枠組みを、どちらも参加と云う不節操。アメリカ重視も良いね、アジア重視も良いね。まるで仲裁役に徹している。内閣総理大人と云うものは、仲を取り持つ役目ではなく、上下右左と方向性を明確に表明、国会と対峙し、国民に説明する役職である。

 隷米と市場原理主義に徹した小泉政権以降、安倍、福田、麻生と碌でもない政権が続いたが、小泉の隷米、市場原理主義によって破壊された国家に絆創膏を貼る程度の矜持はあった。政権が民主党に交代して、鳩山は理想を語った。政治行政力があまりにもお粗末で、改革すべき事は何一つ出来なかった。その点で、鳩山由紀夫は総理として無能だった。しかし、野田政権が、優先順位を間違って熱心に行っているTPP、消費税増税問題は、鳩山の「東アジア共同体構想」、「行財政の一体改革」の理念の反動の結果である。つまり、野田政権は民主党が政権交代時に掲げた“公約”のすべてを逆向きに行う政権になっている。

 政権交代時のマニュフェスト(公約)の真逆を行う理由は、諸々あるだろうが、米国の逆襲、世界戦略における日本と云う食材の料理レシピ工作が激しくなったと云う事。それに関連して、政権の維持には、米国戦略への恭順が最優先課題と野田豚彦が肝に銘じた為であろう。肝心の社会保障がどうなるかを具体的に示さず、先ずは増税ありきの態度は明確であり、国民を愚弄しても平気なのだから凄い。放射能による国民の健康への問題も、現状に合わせて暫定基準値を設定し、これ以上なら安全だと抜かし始める。精々、放射能の所為で国民が癌等で死ぬのは、1割程度増えるだけだし、相当因果関係も医学的に証明出るものではない、と云うのが政権や政府の腹なのは決定的だ。TPP乃至はアメリカ通商代表部の具体的要求が判った時点から、震災地の復興策は考えないと、アメリカの怒りを買うと云う配慮なのだろう。復旧とは、米国の命令は、被災地を開発し易い更地にしろと云う命令と考えて間違いがないだろう。

 なにせ、アメリカ様の威光を背負った、外務省・防衛省・経産省・財務省等々を相手にするのだから、何ひとつ出来る政権でもないし、逆らうなど自殺行為と肝に銘じている政権なのだから、失われた20年の始まり時点よりも悪い環境に突き進んでいる。米国主導の金融を中心とするグローバル経済市場原理は、完璧に破綻しているのに、“因幡の白兎”のような行為に奔走する野田政権を直ちに奈落に突き落とす事は、それこそ我が国の喫緊の課題だ。

 ただ、野田政権が、なぜこのような独立国とは到底思えない方向に向かわざるを得ないのか?と云う議論が、我が国に欠けている問題が大きいのだろう。(野田自身は隷米が信条かもしれないが)世界規模というか、地球規模を土台にして、アジアと云う地域に存在する我が国がどうあるべきか、そう云うスケールでの議論を飛ばして、瑣末な日々の現象に対応する政治を繰り返す限り、日本の政治は自民、民主が政権党になろうとも、瑣末なチェンジしか目にすることは出来ない。憲法はある、天皇も存在する、主権は国民にある、れっきとした立憲君主制国家だ。しかし、魂が明らかに抜けている。

 この国家のアイデンティティを魂と云うレベルで国民が考えず、日々を無為に過ごしてきたのが我が国だ。歴史の悪戯がこのような奇妙な民主主義国家を誕生させたのだろうが、生活主義を一旦横において、自分達の国の在り方を、国民一人ひとりが考え、感じる風が世間に吹かない事には、永遠に失われた時代は続くのだろう。勿論、筆者は失ったものが生活や銭金の事を指すものではない。おそらく、その国民的議論の皮きりになるのが、「日米同盟」と云う、軍事同盟である事は明確である。その方向がどうであるか、筆者は敢えて提示しない。どちらに向かうかよりも、「日米同盟」と云うものが、我が国の独立の精神を阻害している事実を認識する事から、すべてが始まる。最終的結論が「日米同盟」でも、それはそれだ。ただ、独立国として、自国の防衛をどのような位置づけでゼロから考えるか、そこの部分を逃げている限り、日和見な日本国家と云うイメージを払拭する事は出来ない。

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月27日 19:44:19: 9Exye5XEB2
新聞とか雑誌とかに載っていない「えーっ?まじっすか?」と驚くような独自のネタはないのですか?健筆なのですが、毎度、既存メディア以上の情報ではないのですよ。

02. 2011年11月27日 22:45:14: g9jLm1zljE
「あいばさんのコラム」が、阿修羅の上位ランキングに上がらない理由が分かりました!

「えーっ?まじっすか?」と驚くような『情報ネタ』じゃなかったからだ!!!ふ〜ん、、、残念ですねえ。

阿修羅の読者は色んな人いますよ。野次馬ばっかりだと、思いたくないな!

事象に対する色んな考え方や見方、思考力、政治的教養を勉強したい人もいますよ。


03. 2011年11月27日 23:19:05: txfDxGOXwI
あいば氏の意見は毎度読む。新聞社の社説を遥かに凌ぐ見識であり、良識を示している。既存メディアでは得られない見識には納得する事が多い。これが購読料無しで読めるのは嬉しい事だ。それを特ダネ度という尺度で測る勘違い人間がいるとはね!!

04. 2011年11月28日 00:21:06: GXXKNE7VKY
あいばさんの意見に同意します。日本は独立しなければならないのです。
政治家が自分の身を守り地位を守り報酬を確保したいならアメリカの言う事を聞いていればよいのです。何も自分で考えることはありません。すべてアメリカが考えてくれて官僚が動きます。
典型的な期近の例は小泉です。小泉の場合は竹中をお目付役に付けられ竹中が政務をしました。市場原理主義を日本で実験したのです。日本でもみごとに失敗しました。彼らの汚いところは失敗したと認めずまだ実験は半ばでありうまく行かないのは努力が足りないからで途中で減速したあなたがたが悪いと責任を自分以外の人に転嫁するひきょう者です。煮ても焼いても食えません。小泉は敵味方善人悪人賛成反対と自分が国民の味方であり善人だと達者な口で国民を洗脳し信じ込ませる事が仕事でした。面白可笑しく毎日漫才をしておれば政治が身近になったと国民は小泉を信じてしまいました。国民はみんな仕事に忙しく何が起こっているのか気が付きませんでした。おばさん連が純ちゃんと騒いでいる間にとんでもないことをしていたのです。権力の怖さ、誰も二人に逆らうことはできませんでした。
野田は無知で勉強をしません。しかし保身は知っています。やっていることは同じでも小泉のように漫才が出来ないし目付役もいないのでばれるのです。野田が最悪なのはアメリカ自身が破綻しようというときにアメリカが自国を守るために日本を踏み台にしようとしていることです。日本も小泉に貧乏国にされて経済立て直して国の構造を進化させないといけない時にかろうじて残っている資産を失うことです。野田が総理を続ければ日本は丸裸になり徳政令は必至です。一日でも早く辞めてもらい自立の道を進まねばなりません。

05. 2011年11月28日 06:58:19: PP5OfobFUU
答えは簡単、官僚の頭の一隅、ないしは無意識の領域には戦前の軍部の印象が強く焼き付いています、彼らにとってアメリカに自衛隊をコントロールして貰うのは
絶対必要なのです。

06. 2011年11月28日 10:38:57: wLzLwQjRoc
公約と真逆な理由は、理念なき連中がポストに執着するからだろう。
理念がないから官僚組織を使えない、ポスト命だから官僚組織に頼り切る。

おまけに、理念があり、ポストを手段とする者に嫉妬し、脅威する。
いつの世にも、どこの国にもこの種イタチもどきが湧くもんだ。


07. 2011年11月29日 08:22:05: NzONd1xEIY
「大震災で甚大な被害を受けた人々の生活基盤を整えてやる復旧だろう。福島原発の嘘偽りのない終息への道筋と国民の放射能被曝対策の真摯な取り組みではないのか?」の前者に大いなる疑問がある。

地震津波は、私も被害者であるが、過去の例にならえば、太平洋沿岸に住むこと自体ナンセンス、そこで受けた被害は、自己の責任、自らの資金で自ら修復すべき中身である。
過去に何回も津波が来て、現地には石碑で、その痕跡位置が至る所に明示されているのに、自然の驚異を忘れて住むは、勝手ではあるが。

ただし、後者放射能被害は、政府の原発推進政策が招いた人災である。
東電の責任追及が多いが、戦後原子炉を導入したのは自民党、それを引き継ぐ現政権に大きな責任が存在する。

現民主党政権は、細野などに任せはせず、全大臣を兼務させ、国家を挙げて、アメリカGE社の技術支援を受け、事故収束を全力で行え。
底の抜けた原子炉へ幾ら水をかけても無意味なこと、理屈にあった処置をし、先ずは放射能を止めよ、除染などその後の仕事である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧