★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122 > 908.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
橋下徹に靡くネット言論の面妖 - 小泉を叩いた者が橋下に肯く(世に倦む日日)
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/908.html
投稿者 元引籠り 日時 2011 年 11 月 30 日 07:38:37: dkOnWN./sADdA
 

ネットを見ていると、橋下徹に対して好意的で肯定的な待望論が目立つ。4年前の府知事選のときは、歯に衣を着せぬ辛辣な言葉で橋下徹を叩いていた諸Blogが、今回は一転して、「改革」を断行する手腕に期待する論調と評価になっている。それは、一般には左派系と目され、過去にはネット右翼から中傷攻撃の標的にされ、そして、小沢信者の筆頭格のようなBlogである。空気が変わった。いわゆる小沢信者系で左派系のBlogは、その言論活動の原点を小泉批判に持ち、小泉改革に対する悪罵を常套句とするのが特徴だが、その彼らが、橋下徹への待望論を公然と言い出していて、何とも面妖であり、昆虫のグロテスクな変態過程を観察させられている心境になる。小泉劇場と呼ばれる郵政選挙は、わずか6年前の出来事だ。それを忘れるには、あまりに時間が経っておらず、市民の記憶に生々しい。ダブル選挙の派手な演出、「抵抗勢力」の擬制と攻撃、公務員への敵意と復讐の扇動、「大阪都」のワンフレーズ。政治の手法も、政策の中身も、まさに小泉純一郎の生き写しではないか。6年前の同じ芝居を違う役者が演じている。台詞は同じ。「独裁の英雄」も同じ。騙されて恍惚となる群衆も同じ。さらに、橋下徹の「教育基本条例」の政治は、小沢信者左派が不倶戴天の敵としていたところの、まさに安倍晋三の反動の再現と再生そのものである。


今回、民主党も支持候補が敗れたわけだが、おそらく、野田佳彦も、前原誠司も、玄葉光一郎も、内心で負けたとは寸毫も思っていないだろう。自分たち(塾生)の応援する同志が勝ったと喜んでいるはずで、橋下徹と「維新の会」の圧勝を歓迎し、爽快な気分に浸っているはずだ。それは、石破茂や石原伸晃も同様だろう。彼らの感想は、私と同じで、これで改憲に一歩近づけたという達成と前進の実感である。橋下徹の「教育基本条例」は、彼ら(右翼)が、全国で展開したい教育行政のモデルだ。彼らにとっての思想的親近感は、平松邦夫よりも橋下徹に対しての方が大きい。平松邦夫が勝つよりも、橋下徹が勝つ方が、彼ら(野田・前原・玄葉・石破・石原)の目指す政策はずっと進めやすい環境ができる。橋下徹のシンボルを利用して、右翼新自由主義の諸政策を正当化できる。今後、マスコミは、何かの政治争点が浮上した折には、橋下徹をテレビ出演させ、世論を操作するようになるだろう。現在、政治マスコミは、消費税の問題で政局が起きると言い、亀井静香と小沢一郎が新党を組み、橋下徹と接触して政界再編する絵を描き、世間一般に妄想を掻き立てさせている。そして、その怪情報に小沢信者が幻惑され、政局待望の心理で小躍りして引き摺られ、小沢一郎の内意を忖度して、先回りして橋下徹支持へと傾いている奇怪な状況がある。

小沢一郎が、消費税を材料に政権を揺さぶっているのは事実だし、消費税増税に国民の反発が強く、財務省のフリーハンドで結論が行き着くかどうかは微妙だが、少なくとも、消費税で橋下徹が小沢一郎や亀井静香と組み、保守新党を立ち上げて政界再編を起こすなどという動きは想定できない。あり得ない幻想だ。消費税に関しても。TPPに関しても、橋下徹の政策思想は、松下政経塾の新自由主義と近いのであり、亀井静香の反ネオリベからは遠いのである。それは常識の範疇だ。今回、小沢一郎は新党について公の場では口を開かず、亀井静香をスポークスマンにしているが、もし、小沢一郎が橋下徹に接近を試みようとしたのが事実なら、むしろ、これは小沢一郎の政策思想の変節の契機として看取するべきで、左派系の小沢信者は、要注意で検証しなくてはならない問題と言えるだろう。今年に入ってからの小沢一郎は、明らかに昨年までとは態度を異にしている。3月の震災に何も対応をしなかったこと。5月の浜岡停止に砂をかけ、脱原発を妨害するように政局騒動に狂奔したこと。秋のTPPの政局で何も動かず、TPP参加を素通りさせたこと。昨年までの小沢一郎なら、震災復興で先頭に立ってよく、脱原発の旗を振ってよく、TPP参加阻止に動いてよかった。今年の小沢一郎は、単に資金問題の保身に汲々としているだけで、国民の期待を裏切り続けている。

昨夜(11/28)は、テレビ報道がずっと大阪都構想の話をしていて、それに付き合う羽目になった。大阪府と大阪市のサイズのバランスを考えると、市を廃止して府と一体化し、二重行政を省いて効率化するという案は、一見して、それなりに合理的で説得的なようにも感じられる。ただ、この構想は橋下徹のオリジナルではなく、20年前から歴代の首長が提示していたアイディアだということで、そう言えば、4年前、橋下徹が府知事選に出たとき、大阪都構想が公約や争点になって話題になった記憶がない。つまり、他人のパクリであり、選挙戦のネタなのだ。山口二郎によれば、大阪都構想そのものがどんどん中身が変わっているのだと言う。マスコミの報道も、橋下徹の大阪都構想については、異口同音に、具体的な中身が明確になっていないと論評、府と市を一つにしたところで、行政経費は削減されたとしても、市民や府民の所得増加に繋がる経済発展の具体像は不明とする懐疑的な見方が多かった。経費を削減した分を何に投資し、どうやって大阪を再生するのか、何が大阪の再生なのかについて、どうやら橋下徹はコミットしていない様子で、単に赤字縮小の財政そのものを短期目標としているように見える。さらに、4年後の市長選には出ないと早々と公言していることから、経費削減をやった時点で、地方自治法の改定は国の責任に預けて、「成果」を持って国政に出る魂胆だろうとも推測される。

大阪都構想に最期まで責任を持つ覚悟はないのだ。「大阪都」が国の法律で制定された時点で、「大阪維新の会」を解散するというのも、何ともテンポラリーで軽々しく、この政党が一過性の道具の要素が濃く、選挙で集票する便宜的装置であることが分かる。本来、制度は手段であり、大阪の再生とか市民の幸福が目的ならば、「大阪都」の器を作った後で、その器に何を盛り込むかが課題だろうし、器の完成は出発点であるはずだ。しかし、それだけ大雑把で曖昧な大阪都構想でも、大阪の市民は支持し、橋下徹の「改革」に期待票を投じた。商売のセンスが日本一である大阪の人間が、こういう詐欺に簡単に引っ掛かるのは、見ていて何とも不思議な感じがするし、小泉純一郎の「改革」に熱狂した失敗と火傷から、一体、何を学んだのだろうかと訝る気分を強くする。理由を探せば、一つには、それだけ、大阪市職の腐敗と退廃というものが大きく、市民の憤懣が積もり重なっている事情があるのだろう。府職だか、市職だか、具体的な事件の中身は忘れたが、大阪の行政の病弊の問題は、久米宏のニュースステーションの時代からよく特集されていた話題で、聞きながら、久米宏と一緒に呆れて首を捻ることが多かった。20年以上前の話だ。大阪の再生。昨夜(11/28)のNHKのNW9は、市内の家族経営の居酒屋で働いている若者が、橋下徹の街頭演説を聞き、期待を託して一票を入れ、大阪を再生して欲しいと言う場面があった。

いかにもNW9らしい狡猾な演出で、橋下徹の勝利の意義を強調する報道だった。橋下徹に批判的な側は、大阪を再生するためには、行政機構の器をいじるのではなく、何より企業の流出を止めることが第一だと言っている。正論だと思う。私は、前に会津遷都論の国土構想を論じたが、その観点から言えば、東京一極集中の流れを止めることができれば、大阪の企業流出の問題も自ずと解決の展望が開けるのである。大阪の地盤沈下という問題は、かなり以前から指摘されていた経済問題だが、特にバブル経済が始まる頃から喧しく言われ始めた。大阪で花博が開催されたのは1990年。バブル経済のピークの時期であり、これを仕掛けたのは(またしても)堺屋太一だが、大阪で花博が開催されるに当たっては、東京への一極集中で大阪の地盤沈下が甚だしく、それに少しでも手当てするという意味があった。バブル経済の時期は、東京への一極集中が猛烈に進み、その弊害が言われ、その反省から対策として遷都論が論壇で起きた時期であり、バブル経済崩壊後に、いわゆる「首都機能移転」が本格的に政策論議されるようになる。私の会津遷都論は、その当時の議論環境の延長線上の提案だが、大阪の再生についても、簡単に言えば、遷都で東京一極集中を排し、地方に人口と産業を移動させ、国土の均衡発展を政策することで、大阪の再生は実現へ方向づけられると確信する。東京一極集中への批判なき大阪再生論は、基本的に意味がなく、実現も不可能だ。

大阪の地盤沈下は東京一極集中とセットの問題である。地盤沈下は、大阪だけの問題ではなく、東京以外の全ての地方都市の現象であり悩みである。心配なのは、これから橋下徹が、道州制と外国人移民の突破口を大阪で策動し始めることである。例えば、大阪市と大阪府を特区にして、外国人労働者の出入りを自由化する規制緩和をせよと言い出す。TPPに先駆けて、大阪で外国人移民を受け入れると言い出す。外国人労働者で地域を活性化し、大阪を再生すると喚き出す。先に自治体で先例を作り、既成事実を作ってくれたら、政府と経団連にとってこれ以上ありがたいことはない。同様に、法人税について、消費税について、税率は大阪が独自に決めると言い、特区にして、法人税率を下げて企業を誘致すると言う。特区という魔法の杖を駆使して、道州制を事実として作ってしまう。住民投票でそれに賛成の民意を作り、あるいは国会議員を立てるぞと脅し、マスコミを使い、世論を煽り、大阪を規制緩和の独立王国にする。当然、既存企業を奪われることを恐れる各県は、法人税率を下げる競争に走り、独自の道州制に走り始める。私が恐れていることは、教育基本条例もあるが、こういうシナリオが現実になることだ。橋下徹が描いているのは、税と社会保障と教育で、大阪だけ全国とは別建ての基準を作り、特区方式で制度の規制緩和を進めることではないか。大阪で先行して試行し、マスコミで宣伝し、それを全国に敷衍させる。その方式を定着させられれば、地方の新自由主義者の首長が政策を決定し、国会や政党の議論を経ずに制度改定が決まって行く。事実上の道州制が下から回り始める。

国会と法律は意味がなくなる。

http://critic5.exblog.jp/17127013/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. ヒゲ-戸田 2011年11月30日 08:02:02: Nk87MbMkz45iQ : WpUnxdtt0c
 そうかなぁ? 「断固として橋下粉砕!」を継続している戸田ですが、「かつては橋下批判だったが、今は橋下に好意的」という「左派ブログ」の具体例を3つか4つくらいは挙げてもらいたく思います。
 私が見ているブログではそういう所はないので、ぜひご教示下さい。

 私は、こういう「思想転向・変節」という重大な問題を批判公表する場合は、具体例を提示する事が必須不可欠なものと考えます。
 極小な2〜3の変節だけを見て全体が変節しているかのように言い立てるならば、それは「デマ宣伝」になってしまいますが、「元引籠り」氏のこの投稿だけでは「妥当な批判」なのか「デマ宣伝」なのか「思い込みによる誤認識」なのか、判別できません。


02. 2011年11月30日 08:12:43: FZ5Us6ScQQ
私は、あなたの意見に賛意を表します。

03. 2011年11月30日 09:03:12: CcEw5d6FiI
この投稿には、肝心な地方一政党がなぜ、大々的なキャンペーンを貼り、マスコミ対策をし、自民民主などより選挙にお金をかける事ができるのか、その財源を知りたい。
 例えば、オバマ大統領はウォール街の傀儡というのはアメリカでは常識で、次はダメと言われているが、相変わらずウォール街はお金を使って担ぎ出そうとしているそうである。もし、オバマが次期も選ばれれば、お金の力とイメージ作りの力を思い知らされる結果となる。

04. 2011年11月30日 09:44:29: CcEw5d6FiI
橋下や孫の反原発キャンペーン。2人ともエエカッコシイであるだけである。
これに賛意をしめして、橋下しかいない。孫しかいない。だから害毒でも支持するキャンペーン。
株主権の行使に賛成というなら、村上ファンドを牢屋から出せの署名運動を起こしなさい。
また、橋下や孫のようなうさんくさい輩に反原発をさせようというのは、おかしくはないか。
自分で署名を集め国会に提出したり、電力会社に手紙でも書いたりしたのか?
ナンとか党員なら議員さんに頼みに行ったのか。手段はいくらでもある。
自分で何とかしようという気がないから他人に頼るのである。そういった人たちが、わけのわからないものをお神輿にのせて騒ぐのである。そして、お神輿の載せたものが鬼である事が判ると逃げ出すのである。
もっと、独立心を持たないと、鬼の子供が笑いますよ。
 



05. 2011年11月30日 10:30:24: CcEw5d6FiI
自分で書いててふと思ったが、自力でなく他力が民主主義の本質なのか。
他力主義が根底にある民主政治(Democracy)を日本では民主主義(Japanese democracy)というのか。
日本の民主主義では個人は自力で政治をしない。ふり返れば、自力の宗教は僧兵があばれ、他力を主とする宗教が、一揆を起こすのも同根かも知れない。大阪は本願寺が秀吉と戦った土地である。他力が強い土地なのか。

democracy は Gk.demos(=people [民衆])+krateein(=to rule [支配する])つまり民衆政治。 

autocracy:独裁(専制)政治
Gk.auto(=self [自身の])+kratia(=power [権力])
plutocracy:金権政治
Gk.ploutos(=wealth [富])+kratia(=power [権力])
theocrat:神権政治家
Gk.theo(=god [神])+kratia(=power [権力])


06. 2011年11月30日 13:02:35: Z4ZqK7H0uw
>>01
僕もそう思います
地上げ屋さんのところをはじめ
主要なところは反橋下

小沢支持でしかも左派、リベラル派が橋下を推す理由は無いです

阿修羅コメント欄の一部は明らかに工作だし
そりゃあ中にはいるでしょうがね

他の部分は全くそのとおりで
もともと橋下を勝たせたかったでしょうね
死活問題の大阪市議、府議以外は

まずは原発問題を見ときましょうか
やりすぎれば本気で潰しにくるのがあの勢力
そうなる前に橋下から擦り寄るはずです
つまり何も出来ないでしょう


07. 2011年11月30日 15:16:41: d4rTFt0TPs
日々坦々と、世川さんは、橋下万歳みたいですね。

08. 2011年11月30日 15:18:48: MBEqiWNf7N
>>少なくとも、消費税で橋下徹が小沢一郎や亀井静香と組み、保守新党を立ち上げて政界再編を起こすなどという動きは想定できない。あり得ない幻想だ。

それはどうかなあ。橋下氏を今までの政治家と同じ範疇で捉えてよいものかね。
もちろん呉越同舟ということはあるだろうが、より優先順位の高い政治目標の為に
その他の違いには目をつむり連携を組むことくらいはできるだけの懐の深さを橋下氏
には感じるけどね。
 今の消費税論議は「社会保障と税の一体改革」という範疇で議論されており、すなわち中央政府の財源としての消費税が前提の議論となっている。
 地方分権、地方自治を強く推し進める立場の橋下氏からみれば、このような前提での消費税アップは到底容認できないと考えても不思議ではない。
 ましてや、公務員制度改革に関しては中央も地方もほとんど手付かずの状態のままで大衆増税を図ろうという勢力には断固とした態度をとるであろう。

>>橋下徹に批判的な側は、大阪を再生するためには、行政機構の器をいじるのではなく、何より企業の流出を止めることが第一だと言っている。正論だと思う。

いや、これはとても正論とは思えないね。
 企業の流出を止めるためには何より行政機構の器から根本的に見直さなきゃ駄目
だろう。
 企業の流出を円高や不景気のせいばかりにして、民間労働者の賃金が20年間下がり続けても自らは何の責任も感じずわが世の春を謳歌してきた公務員貴族階級に
反省を促し、民間が良くならないかぎり自分達も報われることはないのだという気概で、行政サービスを展開できるような仕組みへの変革が何よりも求められている
はずである。これは大きく行政機構の器を変革せよということである。


09. 2011年11月30日 21:41:17: 5nPePzbV5g
>>01
ヒゲー戸田先生

ブログではありませんが

最大多数の最大幸福様が4年前は

反橋下親平松だったのが

今回は迷わず親橋下親大阪維新の会に

迷わず投票したと述べておられます。


「ボク」としては大阪都栄えて

大阪都民貧しいの未来予測しか出来ないのですが。


10. 2011年11月30日 21:52:17: 5nPePzbV5g
>>01

ヒゲ戸田先生、

Ddog先生は反小泉親橋下です。

9年前のあのお方の「天皇はん」に関する見解なのですが、幾つかの用語を

これをインドのヒンドゥー教万教帰一派の庶民にあてはめて脳内変換して

ヒンドゥー教至上主義者ではないと弁明されておられるところと

インドの大統領で検索されると宜しいかと存じ上げますが

そうすると「ボク」にはビタっときました。


インドの大統領制度は(ドイツもですが)非世襲象徴天皇的大統領制度であり

被差別階級出身者・ムスリム・女性と「少数派」が選出されてますので

Ddog先生の立場は、インドの庶民派かつ

進歩派で左翼穏健派と同じだと思うのです。


11. 2011年12月01日 11:26:50: 5gUOArsSvI
小沢一郎はすっかり左派のムードメーカーになってしまっているから、小沢一郎が橋下支持を打ち出したことで、橋下流のえげつない新自由主義路線にはしっかり抵抗してもらわなきゃならなかったはずの左派がなだれをうって橋下支持や賛美に回りはじめて、なんだかお先真っ暗な感じですね。
小沢一郎の根っ子も所詮新自由主義だし、そもそもなんで期待されてたのか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧