★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123 > 138.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自民党と民主党の大連立を強く望む 保守二大政党ではどうしようもないからです 大選挙区制か中選挙区制の導入を
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/138.html
投稿者 matuo 日時 2011 年 12 月 02 日 05:57:38: QaQYEIhGq3FHw
 


自民党に票を入れても 新自由主義

民主党に票を入れても 新自由主義

自民党も民主党も 双子のようなそっくりの保守政党

これじゃ、有権者は選択肢がないじゃないですか

これじゃ、有権者は選択肢がないじゃないですか

これだったら、昔のように

政権党(自民党)と批判党(社会党)のほうがよっぽどマシです

けっきょく、保守二大政党では 国自体が「保守色」の濃さが強くなってしまうからです

アメリカも イギリスも 我が日本国も

だから、

自民党+民主党+公明党+みんなの党 vs 共産党+社民党

こういう図式が好ましいのです

こうなると 朝日や毎日といったネオリベマスコミは

新自由主義推進報道をしにくくなるんですよ

それが一番のメリットなんです

政権党 vs 批判党という図式になれば、

朝日や毎日といったネオリベマスコミは

新自由主義推進報道をしにくくなる

これが最大のメリットなのです

だから、まずは選挙システムを変えるべきなんですよ

大選挙区制か中選挙区制(定員4人以上)にします

とにかく、保守二大政党のもとでは政権交代をしても意味がないわけですから

そうしたほうがいいのです

自民に入れても、民主に入れても 新自由主義なんだから


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. matuo 2011年12月02日 05:58:58: QaQYEIhGq3FHw : v2dC7MIndI

ナベツネが大連立を支持しても 

朝日や毎日が反対したのはそういうことなんですよ



02. 2011年12月02日 06:03:04: v2dC7MIndI

「保守二大政党制」ではどうしようもない

という言い方が正しかったですね



03. 2011年12月02日 06:13:52: v2dC7MIndI

自民党+民主党+公明党+みんなの党 vs 共産党+社民党

こういう図式で、大選挙区制か中選挙区制を導入すると

共産党と社民党の議席が増えるんですよ

つまり、自民と民主の議席が減るんです



04. 2011年12月02日 06:41:57: EK7RsVAC5M
自民は大連立したいだろうな。民主は知らんが。

http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Glossary.htm


05. 2011年12月02日 06:53:58: wEcxf1cND2
この投稿者は底抜けのアホか。

既成政党がこれだけ相手にされていないのに、民主・自民が連立して何ができる。

時代が読めない馬鹿が、投稿などおこがましい。

今度の大阪の選挙は、平成維新の鳥羽伏見の戦いであり、戊辰戦争の始まりであ

る。公武合体(政官合体)した今の朽ち果てた平成之幕府が地方の蜂起で東山道、

東海道の東征軍が東京の中央官僚機構の改革に東上しようとしている。

民主と自民が連立するのは、会津と桑名が連合して抵抗するようなものだ。

たぶんこの投稿者は公務員であろう。

独裁とか政治とカネという古びた煽り用語は官僚が政治をけん制するときの枕詞

だ。議会や選挙のチェックを受ける今の民主主義の体制に、独裁など存在するわけ

がない。それを百も承知で選挙民を馬鹿にして攻撃したことにアホ公務員グル-プ

は敗れた。

橋下は、すべての税収入を全部公務員の人件費に消える今の官僚が絶対にやらない

公務員身分制度、公務員改革をみんなの党と協力して西から東へ、東から北へ改革

を進めるだろう。

出来るなら自民・民主が大連立を組んで見ろ、自民・民主の半分は党を出ていく。

大阪維新の会は今回の選挙を明治維新の鳥羽伏見の戦いと位置付けている強烈な意

識がある。維新の会の知恵袋の脱藩官僚の草分け歴史家でもある堺屋太一氏は、信

長時代からの堺・大阪の歴史の中で当然このことを意識している。

選択肢がないから連立だと、ますます選択肢がないじゃないか。

民主・自民大連立、面白いじゃないか、やれるならやってみろ。

コメントにはあり得るが、こんな投稿するとは阿修羅の投稿者とは思えないな。

 


06. 2011年12月02日 07:02:39: v2dC7MIndI
>>05
「大阪維新の会」も保守政党でしょ

「みんなの党」も保守政党ですよ



07. 2011年12月02日 07:08:19: v2dC7MIndI
>>05

右派政党 vs 左派政党

という図式にならないと駄目ですよ

ということです



08. 2011年12月02日 07:35:52: wEcxf1cND2
>06、05さん

>右派政党、左派政党という図式

古いですね、フランス革命のころのイデオロギーの発想です。

いま問われているのは、政党が何をやるかで、左か右ではないと思いますよ、なぜなら大阪市長選では、自民も共産も連合しましたね。公務員の権益を守ると言う一点で左派右派政党が平松を支持しました、いわば大連立どころか総連立でしたが何もできませんでした。連合、自治労、日教組すべて昔流なら左派勢力です。これらが自民党と同じ馬に乗ることは、主義主張など己の利益のためなら屁のようなものであることを示しています。

みんなの党と維新の会はいわゆる政党と諸派という関係で協力関係にはあるでしょうが連立関係ではありません。二大政党同士の連立、ミニ政党の連立は意味が違いますので同一に論ずるべきとは考えません。


09. 2011年12月02日 07:44:27: v2dC7MIndI
>>08

まあ、私が言いたいのは

新自由主義 vs 社会民主主義

こういう図式ですよ

私が言いたいこと わかってるんでしょ(笑)



10. 2011年12月02日 08:32:55: wEcxf1cND2
>09


>新自由主義 vs 社会民主主義

何言っってんだか。

社会民主主義は淘汰され、いまは新自由主義は自由主義の対立概念としたほうが
はるかに選択肢を明示できる。社会民主主義とはマルキシズムを基にした自由主義にたいするもので、古すぎる。社民党や共産党が、自民・民主の相手でないことは分かるだろう。

新自由主義 VS (敢えて言えば古典)自由主義

がいま問われている対立軸だ。分かりやすく言えば

小さな政府 VS 大きい政府 ということもできよう

現在の日本は大きな政府であり、維新の会は小さな政府を指向しているようだ。

アメリカの連邦制は小さな政府の典型だが、日本も地方分権の方向は小さな政府へ

向かっている。

ま、異論もあろうが。


11. 2011年12月02日 10:31:18: VakF4nKSH2
>>10
>社会民主主義は淘汰され

それは違う。

いわゆる社会主義と社会民主主義、つまり社民主義は大きく異なる。
社民主義は、資本主義、自由経済主義で生じる貧困などのひずみを大きな政府で福祉を厚くしてカバーするというイデオロギーだ。

今のヨーロッパに多い。

税金は圧倒的に高く、政府は大きく、福祉は厚い。
問題は福祉が厚いので、仕事に意欲的でなくなる、経済発展が遅れるということ。

そして、個人的には大きな政府に税も含めて束縛されるのは嫌いだ。


12. 2011年12月02日 11:00:01: gzi8V79XJU
>>11
>問題は福祉が厚いので、仕事に意欲的でなくなる、経済発展が遅れるということ。

お言葉ですが、それは違うと思います。

北欧諸国は、経済成長と高福祉を両立させています。

「失われた20年」という長期経済停滞に苦しむ日本とは違う。

■サヨクが発狂しちゃいそうな北欧の政策
サプライサイドにおいてはサヨクが大嫌いな「市場原理主義」的な政策が採られていることも知られていないようだ。
http://ameblo.jp/englandyy/entry-10703626875.html

北欧についてもっと深く知ろう
北欧は福祉が充実していてすばらしい国だ。
アメリカやイギリスのような「新自由主義」のような国とはまったく違う。
というような幻想を抱いている人は多い。
左派が福祉の充実の面だけを宣伝しているからだろう。
以前も書いた(サヨクが発狂しちゃいそうな北欧の政策)が、
その政策は多くの人が思っている以上にサプライサイドにおいては市場機能を重視したものになっている。
(サヨクが言うところの市場原理主義であり、新自由主義的なものだ)
各国の貿易・ビジネス・財政政策・金融政策・労働市場・投資に対する自由度ランキング
というものが発表されているので、今日はこれを見てみよう。
リンクを開いてもらえばわかるが、
日本は20位。
北欧のデンマークは8位、フィンランドは17位、スウェーデンは22位だ。
北欧のデンマーク・フィンランドは日本よりも上位。
スウェーデンも10項目のうち6項目で日本よりも自由度が高い。
財政の自由度と政府支出のGDPに占める割合が多い点が日本よりも大きく劣っており、
そのことが評価を下げているといえそうだ。
オーストラリア・カナダがそれぞれ3位、6位なのも興味深い。
資源があるから経済的にうまくいっているというような単純な説明も多いが、
しっかりと自由経済を取り入れていることが両国の経済の好調の要因といえるだろう。
北欧の福祉の充実面だけでなく、しっかりとサプライサイドに市場機能を取り入れてやっている
ということをもっと多くの人が知るべきだろうし、サヨクは隠すべきではないだろう。
http://news.livedoor.com/article/detail/5948590/
つまり、北欧は、市場原理主義+高福祉なのだ。
競争の敗者が自殺したり、ホームレスになったりしないよう手厚い社会保障があるのだ。
そこが日本と違うところ。

■宮台真司氏
元々の新自由主義と、いわゆるネオリベとは区別しなければいけません。
ネオリベ=市場原理主義は、「小さな政府」&「小さな社会」の枠組みです。
新自由主義の「小さな政府」&「大きな社会」の枠組みとは全く違います。
でも、そうした初歩的な混同は日本に限ったことではありません。
ちなみにぼく(宮台)は、元々の意味での新自由主義者です。
「大きな社会」、すなわち、経済的につまづいたりちょっと法を犯した程度では路頭に迷わずに済む
「社会的包摂」を伴った社会を、グローバル化の流れの中で、どうやってつくり、維持するのか。
むろん道徳的伝統主義のような、かえって「社会的排除」を導く枠組を、頼るわけにはいきません。
 だから、家族の包摂性、地域の包摂性、宗教の包摂性といっても、
かなり強い「社会的排除」を伴う旧来の家族や地域の宗教の、復活や維持を構想するわけにはいきません。
単なるノスタルジー(復古主義)では役立たないということです。
そこで、機能主義的な発想が要求されることになります。
http://blog.goo.ne.jp/mildwoods/e/4613e8b57dd63f84a6e608d5192c921d
北欧は、新自由主義型の高福祉社会といえるかもしれない。
竹中平蔵あたりとは大違い。

■[経済] 小宮隆太郎の60年代後半スウェーデン経済論
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20070127#p2
■[経済] アメリカとは違う経済モデルは可能か?
著名な経済学者オリビィエ・ブランシャールがヨーロッパ型経済モデルについて簡潔な論説を書いていました。
ヨーロッパ型の経済モデルの特徴は、経済的効率性と寛容な社会保険制度を完備していることです。
いまある経済モデル(一番近いのはオランダ経済)の特徴を取り入れながらも、
ブランシャールの理想形態といえるものになっています。
その全体構想は、1)競争的な財市場、2)労働市場における保険制度、3)積極的なマクロ経済政策、から成立しています。
これらの特徴は今日の日本経済のあり方を考える上でも示唆に富むと僕は思います。…
ユーロという「足かせ」を否定しないかぎり、ここでのブランシャールが実現可能だと提起しているヨーロッパ型モデルの要は、
この第三の柱である積極的な財政政策とまた労使間の所得政策ということになるか、と思います。
もちろん日本では、共通通貨制度を採用していないですから、この足かせはフリーのはずですが
(実際には円の足かせがいまも効いています)、財政ならぬ積極的金融政策がキーになるのでしょう。
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20070801#p1

■日本がスウェーデン経済モデルから本当に役立てる二,三のこと
ジェフリー・サックスの論文Revisiting the Nordic Model:. Evidence on Recent Macroeconomic Performanceより、
スウェーデン経済モデルから日本経済への含意。
1 小さな政府イデオロギー(社会福祉関係支出などの政府規模が大きいと経済をダメにしやすい)は、
必ずしも正しくはない(むしろサックス論文の範囲では、積極的な意味でこのイデオロギーは否定される)
2 ハイエク・フリードマン命題(福祉国家は隷従への道)は、北欧諸国の民主化レベルをみると完全に否定される。
3 エスニックな同質性が高ければ高いほど社会福祉は充実する傾向にある
(ひょっとしたら移民増加政策や出生率を増加させるための移民政策は社会福祉の維持よりもその縮小にこそ貢献してしまうかもしれない)

1,2は数値を以下一部列挙したけれども、よほど頑迷なイデオロギーをもたないかぎり、
小さな政府の方がいい、北欧諸国モデルはダメ、とはいいきれないと思う。…
▼社会福祉関連の支出水準
政府受取(税収+そのほか)・GDP比率は、北欧諸国は56%、EC諸国は47%、イギリスなどは38%。日本や米国は30%台前半。
政府支出・GDP比率は、北欧諸国は52%、EC諸国は49%、イギリスなどは38%、米国は30%台前半。
社会福祉関連の対GDP比率は、北欧諸国は20%後半、EC諸国は20%真ん中、イギリスなど10%後半。
北欧諸国は高税収+高社会福祉支出。イギリスなどは低税収+低社会福祉支出の国。
税収と社会福祉支出、それに政府支出の特質は相互に正の相関をもっていることが指摘されている。
▼社会福祉支出の特徴
公共部門の社会福祉支出は1)現金移転(年金など)2)、直接的な政府サービスの供給(育児、障害者へのサービスなど)、
3)積極的な労働市場政策(職業訓練、職業計画に沿った政府雇用)に区分されている。
北欧諸国はこの三点ともに高水準(対GDP比)。北欧諸国は過去20年間政府雇用を積極的に行ってきた。
米国との各項目の数字は、(北欧:米国 14.2:7.9、11.4:6.7、1.2:0.2)である。
米国は公的・私的社会福祉支出を合算しても北欧の水準よりも低い、ことが注目できる。
▼社会福祉関連支出と貧困
北欧の社会福祉制度は貧困を減少するのに貢献している。
貧困率、下位20%の人口が占める可処分所得の割合、ジニ係数を比較してみると、
北欧諸国とアメリカを対比すると、(5.6:17.1、9.7:6.2、24.7:35.7)である。
▼北欧諸国の福祉政策がもたらす労働市場の帰結
高い福祉政策はハイエクのいったように労働者のやる気を失わせるなど雇用に悪影響をもたらすか?
北欧諸国は高い就業率を維持している。これは過去10年あまりの積極的労働市場政策の成果、
さらに政府の公的雇用(高齢者、未熟練労働者、障害者らの雇用)の促進の成果、である。
これらは地方での社会福祉関連のサービスを行う人員として雇用されている。
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20070803#p1

ジェフリー・サックスの論説
グローバル化で政府の役割は教育、公平な税制などで必要性増す。
北欧モデルを勉強すべき。
僕のブログでもサックスの北欧モデルを前紹介した

日本だとなぜか北欧モデルは高福祉だけがクローズアップだが、
同時に昔から日本とは比較ならないほどの競争重視社会。
http://twitter.com/#!/hidetomitanaka/status/119888913291681792

月並みだが、結論は、ヨーロッパ型経済モデルとアメリカ型経済モデルのよいところを取り入れるべきということ。
しかし、その実現を阻んでいるのが、官僚、無能な政治家、大マスコミ、
そして特定の利益団体(経団連、連合、天下り法人、宗教団体、そして業界団体)ということか。

市場原理+高福祉(再分配強化)こそが正解か。

■米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言−内閣府の研究機構
日本は世代間や男女間の公平・平等によってリスクを分かち合う社会民主主義的なスウェーデン型と、
自己破産しても再出発しやすい仕組みのある自由主義的な米国型を折衷した社会を目指すべきだ−。
内閣府所管の財団法人、総合研究開発機構は10日、こうした提言を盛り込んだ報告書を発表した。
報告書によると、日本の現状は家族や企業を中心にした扶助を重視する点でフランス型、
生活保護などによる再分配機能が弱い点で米国型に近い。
しかし、仏に比べ現役・子ども世代への公的支出が著しく少ない一方、
米国より破産時に保有できる資産への制限が厳しいため、
「一部の人に過重なリスク負担を強いる」社会になっている。
今後の方向としては、家族手当や職業訓練、保育サービスなど現役世代への所得再分配を手厚く実施し、
女性労働力を活用しながら世代間の公平を実現しているスウェーデン型を目指すよう求めた。
また、グローバル化の中で規制緩和を進めた上で、
老後を支える多様な金融商品の開発や破産制度の改善などを通じて、
「リスクの社会化」を図るよう提言した。(2010/03/10-19:19)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2010031000864
http://jp.wsj.com/layout/set/print/Japan/Economy/node_40535

■総合研 リスク分散の政策体系提言 米・スウェーデン折衷型を
内閣府所管の財団法人「総合研究開発機構(NIRA)」はこのほど、
日本の政策体系がどうあるべきかを提言した報告書「『市場か、福祉か』を問い直す」をまとめた。
同機構はこの中で、税制による分配を重視する社会民主主義的な「スウェーデン型」と、
市場のメカニズムによる分配を重視する自由主義的な「米国型」を折衷した社会を目指し、
リスクを分散するべきだとの提言を行っている。
報告書では、日本経済の長期停滞により、
(1)生活水準の低下(2)生活・雇用・老後などに対する不安、リスクの増大(3)所得格差の拡大−の
3点が家計に悪影響を及ぼしたと指摘した。
日本社会の現状については、家族や企業を中心にした扶助を重視する点で「フランス型」に、
生活保護などによる再分配機能が弱い点で「米国型」に近いと分析。
だが、フランスに比べ現役・子供世代への公的支出が著しく少なく、
米国のような寛容な破産制度もないため、「一部の人に過重なリスク負担を強いる」構造になっている。
解決策としては、日本はフランス型ではなく、家族手当や職業訓練、保育サービスなど現役世代への所得再分配を手厚く実施し、
世代間の公平を実現したスウェーデン型を目指すことを提言。
また、規制緩和や多様な金融商品の開発、破産制度の改善などを通じて、「リスクの社会化」を図ることも求めた。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100326/mca1003260507008-n1.htm


13. 2011年12月02日 12:07:33: VakF4nKSH2
>>12
>北欧諸国は、経済成長と高福祉を両立させています。

日本と北欧諸国とは条件が非常に異なり、同一比較はできない。

第一に、ノルウェーやデンマークなどは広大な油田があり、石油の輸出が多い。
言い方は悪いかもしれないが、緩い労働でもたんまり儲かる構造だ。
現時点で資源に乏しい日本とは状況が大きく異なる。

もう一つ、北欧が日本と大きく異なるのは、人口が年ごとに継続して増加していることだ。
この点でも労働人口がどんどん減っていく日本とは異なる。

ちなみに、油田の少ないスウェーデンの失業率は8.4%。
今大問題となっている日本の失業率5%よりも遥かに多い。
これでは、決して良い国だとは言えないだろう。

だがスウェーデンがやっていけているのは人口が伸び続けていることと、軍需産業が強いからだ。
人口が1000万人しかいないのに軍需産業での収益ランキングではなんと世界で20位である。(Saab社)


以上説明したように、北欧の一部の国が高福祉でやっていけているのは、油田による少ない労働でガバガバ儲かる産業があるから、そして労働人口が増え続けているからである。

日本にはそのどちらもがなく、大きな政府で高福祉というのは無理な構造なのだ。



14. 2011年12月03日 10:08:27: mw9LgV554o
と、弱小政党は言って昔を懐かしがり、自民党一党時代においしい思いをしたのは
自民党だけではなかったのがよくわかりました。駄々をこね、浪速節で同情をかい
、学校の成績が抜群だった大官僚様の立案どうり、大アメリカ様の仰せのとうりを
上辺だけ反対して実は満足してたのですね。俺は昔の、緊張感のない、ムラの代表
で誰が決めたのか解らない立候補に投票にいくのはいやだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧