★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123 > 435.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢裁判を通して、ますます実態を現す怖い検察の体質 (かっちの言い分) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/435.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 12 月 11 日 00:01:48: igsppGRN/E9PQ
 

小沢裁判を通して、ますます実態を現す怖い検察の体質
http://31634308.at.webry.info/201112/article_11.html
2011/12/10 22:19  かっちの言い分


小沢裁判の池田元秘書の検察側の尋問については、本ブログで『小沢氏裁判に池田証人が立つ。調書は強要の産物だ。』http://31634308.at.webry.info/201112/article_8.htmlに書いた。弁護側の反対尋問の記事が、産経新聞WEB版に出ていた。かなり、長い記事であるが、その中で以下の記事がやはり一番気になった。


「オレをなめくさってるのか!」悔しくて怖くて涙…1時間
前略
 《池田元秘書の担当検事は途中、××検事から△△検事(法廷では実名)に代わった》
 弁護人「交代の理由は」
 証人「突然でしたが聞いていません」
 弁護人「△△検事に調書の訂正を求めましたね」
 証人「はい」
 弁護人「△△検事の反応は?」
 証人「非常に怒りまして××のときは認めたのに突然立場を変えるのかよ。オレをなめくさっているのかと怒られました」
 弁護人「それでも違うと主張したのですね」
 証人「その調子で恫喝(どうかつ)され、悔しくて涙を流す場面もありました」
 弁護人「涙を流したのはどれくらいの長さでしたか」
 証人「1時間くらいでした」
 弁護人「涙の理由は?」
 証人「聞いてもらえないという悔しさと恐ろしさもありました。関西弁でまくし立てるように『ふざけるな』と怒られ、(△△検事は)殺気だった感じや見た目も恐ろしいので、とんでもない人に代わったと、暗い気持ちになりました」
 《うっすらと目をあけた小沢被告は、やりとりに、じっと耳を傾けている》


この記事を読んでいると、なんだかドラマに出てくる昔の特高の取り調べのようだ。相当、肝っ玉の大きい人でなければ持たない。大の大人が1時間も泣くというのは異常である。鈴木宗男氏の実刑判決の基となったヤリマン社長の供述調書もこうしたものであった。後でこの社長が検事の不当な脅しのため供述書にサインしたと上申書を出したが、認められなかった。今回も池田氏には他の石川氏、大久保氏はもう認めたとほのめかして、サインを迫っている。何でもありである。

この取り調べに当たったのは、前田元検事と思ったが、日刊ゲンダイ紙によれば、前田元検事と同じ特捜部の同僚が投入されていた。


『前田受刑者だけじゃない!小沢捜査に投入された2人の「ワル」検事 (2011/5/30)
「ヤバイのは改ざん検事だけじゃなかった。27日の陸山会裁判で、池田元秘書の取り調べ検事2人が別事件で作成し大阪地裁に供述調書の任意性を否定された判決文を、弁護側が証拠要請。これを裁判長が採用し、2人を“札付き検事”と認定したのだ。
すでに公判では、大久保元秘書を取り調べた元大阪地検特捜部の前田恒彦受刑者(43)の奇行がバクロされたが、問題の2人、蜂須賀三紀雄検事(38)と花崎政之検事(48)も相当なタマだ。」


この記事によれば、「××」検事、「△△」検事は、蜂須賀検事、花崎検事と名指しで書かれている。産経新聞は何故、検事の名前を伏せ字にするのか?被告は丸裸に書く癖に、検察から書くなとでも言われているのか?あまりに酷い取り調べを行っているので、書くことを遠慮しているとしか思えない。

大阪地検特捜部は、今、大坪特捜部長、佐賀特捜副部長が被告になって公判中であるが、この上司があり、この部下がいるという様相を帯びている。

今回、上記二人の検事の話をかなりの時間を掛けて、その実態を明らかにしたのは、弘中主任弁護士側の戦略であるが、これでも大善裁判長らがトンデモ登石裁判長のような判決であれば世も末である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月11日 07:36:35: BDDFeQHT6I
長期拘留して密室で取り調べるなどと言うやり方で作成される検面調書などに証拠能力があるほうが異常だろう。
@拘留期限の短縮
A弁護士の立会での取調べ
B取り調べ状況の可視化
最低でも上記3点が調書を証拠と出来る要件だろう。
裁判員裁判を考慮すれば次の4番目も必要となる。
C係争中事案の報道の規制(片方からの取材のみによる報道の禁止)

02. 2011年12月11日 08:47:13: qoVHGfd6sY
日米地位協定が改善されないのは
司法、行政(検察警察)が
日本は後進国であることを
アメリカを熟知していることも
主な要因の一つではある

03. 2011年12月11日 10:59:03: 3pzJyybIjk
江戸機の<お白州>そのもの。

官僚機構が連綿としてつずいている、ということの現象面の一つの証拠だ。
現実に我々の中に残されている<お上>意識。

今頃になって、戦後民主主義、の壮大な嘘、詐欺に気がついてしまった。
戦前からの官僚機構が温存され、明治政府が組み上げた官僚機構が維持されていた。

憲法は、文章は一字一句変わることなくそのままだが、実際は殺されて、今は神棚にあるか、国立歴史博物館に収蔵されているに等しい。

明治期以降の支配者、官僚たちも3世代―4世代の交代の中で閨閥化も進み、かなりコアな塊ができていても、不思議ではないし十分に想像できる。
戦後といっても、彼らがいなくなったわけではないし、コアな部分が宗旨替えしたわけでもない。



04. 2011年12月11日 11:12:57: mp6fw9MOwA
検察は怖い存在との指摘は、検察は正義を貫いているので犯罪人にとっては怖い存在とも取れてしまう。
検察は罪の捏造に脅迫を含めた違法な手法を用いて邁進する組織というべきではないか。
検察は真実を突き止める捜査機関ではなく、黒幕の筋書き通り動く機関であるとの証拠が次々と出てきている。
別件逮捕、訴因変更等の禁じ手を配下の裁判所を使って恥ずかしげも無く実行している。
法と正義に基づき悪と戦うとの基本を捨て去っている。
期ずれは、検察が手掛ける罪状ではなく、罪が実証出来ても修正で済む軽犯罪である。
軽犯罪で大物政治家をターゲットにしている検察が国民の価値観を歪め、揚げ足取りと思われる意味の無い問責決議・大臣辞職が続いている。

05. 2011年12月11日 22:05:06: Oeom75xoFA
>すでに公判では、大久保元秘書を取り調べた元大阪地検特捜部の前田恒彦受刑者(43)の奇行がバクロされたが、問題の2人、蜂須賀三紀雄検事(38)と花崎政之検事(48)も相当なタマだ。


ゾロゾロ出てくるな。

検察性善説・立花隆のオッサンは、これでもまだ検察が善人集団と言い張るのか。

原発安全神話なんぞに毒されたアタマではもはや理解できないのだろうか。


06. 2011年12月11日 23:04:45: iOqV4hOzRc
 もし事実で有ったとしても屁の様な犯罪で、どこにでも転がっているものだ。
 判検共は暴力団以上だ。ヤクザの方が国民の見方なのではないか。
 一日も早く、一刻も早く多くの人に目覚めてもらい、 目覚めた人達は周知行動をゲリラ戦でもなんでも、たとえ半歩づつでも拡散することが不正を暴くことになる。

07. 2011年12月12日 00:23:41: Cq3BK520M2
カスゴミは裁判の前には、狂ったようにこの事件を取り上げていましたが、犬HKも含めて真実が明らかにされようとする裁判は沈黙ですね。これで高給のご身分ですから羨ましい限りです。

08. 2011年12月12日 04:31:27: 5MZ11DrzCE
東京第5検察審議会がそもそもインチキ
しかし 今 闘ってる裁判に勝つしかない
小沢先生が言われてるように
裁判が打ち切りになればベストだが
打ち切りにならないなら 無罪を勝ち取るしかない
小沢先生の弁護団 頑張れ!

09. 2011年12月12日 12:40:53: uZw5CUU5CA
>08

賢治の取り調べがどうあろうと、弁護士がいくら頑張ろうと
クロをシロにすることはできない。


10. 2011年12月12日 12:46:49: tJif2CplTY
権力の暴走です。
これを止める為に一般市民から選出された人で構成される検察審査会の様なものがあるはずです。

これを悪用されたら検察の暴走は止められない。
国会はすぐにも公正なチェック機構を作らなければいけない。

国会も裁判所をきちんとチェックしないと裁判所まで暴走している。
せっかくの法律も司法権力のチェックができないようでは仏作って魂いれずになっている。

三権分立のウソなど学校で教えるのも恥ずかしいだろう。
国会議員も職務怠慢だ。

こういうときに必ず三権分立の建前論が出てくるがこれは権力側からのすり替えだ。
マスコミも腐っているから世論をインチキなほうへ誘導する。


11. 2011年12月12日 14:37:02: JnPHzrqgdE
拷問環境でパワハラプレッシャー。
その相手が法律の専門家検事の国家資格所有者。
法律とは全く厳密なものではない。
その空隙は、信頼で埋めるべきしかないものなのだ。
その空隙、不備法であることしかない宿命の法律は、相互の合意と協力とで共有が初めて可能というものだ。信頼できない人間とは、人の目の届かないところでは豹変するものだ。人の見えないところでもきちんと正しい仕事を遂行する人は自分の内側に正しい根のあるひとだ。つまり、二枚舌ではないということだ。
良い仕事は良い人達の間の中のみで、良い信頼関係の共同の産物として生まれるものだ。人間の仕事は総てが、共同作業だ。たった一人で行える仕事など存在しない。
私は、こんな信頼破壊≠行って反省のかけらもない検察など、先に向こうが信頼を忘却放棄したと言うことで、こちらもこうした検察との信頼を忘却放棄しようと思う。
私は、数で言えば、一番ちいさな単位である個人。つまりひとりだ。その一人だが、私の判断は、この検察は、まったく法律を通して国家の破壊に与しているということだ。この日本の法律の番人という高度な職務から、一番消えて欲しい人々だ。こうまで、不純に陥ったのには、それなりの経緯があるはずだ。
まともな、日本国法に対しての公正な人材との交代を何より希望する。
勝手に越えてはならぬ一線を越え、底知れぬ闇に入り込み、その理論構成は宙をさまよっている。こういう人達は不要だ。

国民の信頼の外に、自分から立ったのだから、国民の信頼の内側からも出て行ってくれ!あなた方が取り調べた人間は、私なのだ。私達国民なのだ。
マスコミも財界も多くの指導者が外資の金と悪意とともに国民の信頼の外の遠いところへ行って欲しい。それぞれの位置には肩身が狭いながら、本来は正しい仕事が評価されるべき人材がいる。その復権をおおいに望むものだ。

外資悪意支配者の法の行使、貨幣価値基準の盲信、秩序の押しつけなど、愚かしい危険行為だ。そこに何もかも繰り込まれて、自分を売り渡すのみならず、国の独立さえ売り渡している。全人類の敵であるこの巨大な悪法行使の支配者らに、正しい批判精神も向けられずに、他の善意の国民にも被害を拡大させる精神の病人達。
日本を思う人々の日本に対する異常の感知は鋭いものだ。ここまでひどくなった日本の病気の原因は、外資悪意者らの生み出した悪法に、正しい抵抗をせずに、簡単に染まってしまった賛同者達の冷酷な社会理解人間理解の考えに基づいた実際の行為によるものだ。本当に国を思う人々と、世界支配の破壊的悪法に繰り込まれて内側の良心の消滅を招いたあさはかな人々との、識別は益々容易になっていくことだろう。
私は一人の日本人に過ぎないが、自分の置かれた場所で、たったひとつの免疫細胞として日本の体内に侵入して日本国を深く蝕む、この悪質な病原菌等と戦う。これは本当に人間を内側から駄目にしてしまう。そんな人間が日本の中枢の要所要所のポイントに配置されている。素知らぬ顔の確信犯が多いに違いない。彼等の思いがすみずみにまで反映したすさんだ国になるはずだ。嘆かわしい。


12. 2011年12月12日 20:24:42: jAgzpm0WRQ
>>09

>賢治の取り調べがどうあろうと、弁護士がいくら頑張ろうと
>クロをシロにすることはできない。

同感だ。
大体が、弘中弁護団の追及は、今だ、検察の違法捜査かどうかの尋問内容に終始
している。
早く、4億の期ずれ処理の正当性と、水谷からの裏金など無かったことの秘書証人に、はっきりと証言させろーーーー

時間がなくなった。小沢氏は、無罪になると真剣に考えているのか?

違法などやってないから、無罪は当然、などと悠長に構えているから、いつもやられるんだ!
もう、小沢戦略など無いのであり真面目一方では愚の骨頂と自覚させなければ、小沢総理など、日本政治史には、あるわけない!!!

元秘書のたちは、水谷から裏金が渡されたという日時の、自分たちの行動メモすらないと言っている。記憶にないとも。

なぜ、記憶にないんだ! 4億の処理について銀行側との折衝や手続きは、詳細に覚えて、証言してるじゃないか。

水谷側がいう受け渡し場所にいなかったとする、君らの日程証明やアリバイが、日本を救うのだ。なぜ、思い出せないのだ。期ずれなどどうでもいいことは、敵方こそ分かっている。全ては、水谷受け渡しの場にいなかった、アリバイ証明だけだろう。

わからん。



13. 2011年12月13日 09:03:32: 3pzJyybIjk
恫喝、みせしめ

権力が笑い、恫喝見せしめをやっている。
まともな議論は、アメリカという裏の権力にぶつかるので
議論は政治とカネ、暴言失言、政治家の資質、で重要課題は議論されない。

何か大きな課題がある時、なぜかオフレコの話題を捻じ曲げた、失言問題が記者たちによってリークされひと騒ぎやる。

小選挙区から有権者の、ほんとの支持ではなく出てきた議員は、目の前の小沢事件に、おとなしく恭順の意を表して、アリバイをつくってから、政治とカネの批判をやる。


14. 2011年12月13日 15:20:58: 5mLzBGNdZw
これは拷問と同じです。
これだけ受入れがたい情報が公開されているのに何で日本国民は怒らないのでしょう?

人様のことだから関係ない?
それとも
正義のために立ち上がる術を忘れた?
それとも、何が正義か分からない?

この場合の正義とは、「私達を精神的・肉体的に極限状態に追い込んで人間の判断能力を取り除いた後に冤罪シナリオにサインをさせる手法=拷問」を私達が許さないことです。

これを黙認していたら、どんなに善良で強い国民も間違いなく犯罪者に仕立てられてしまいます。

一人ぽっちの人間って、そんなに強くはないですからね。


15. 恵也 2011年12月13日 17:27:02: cdRlA.6W79UEw : geqVX5ntX2
>>04 揚げ足取りと思われる意味の無い問責決議・大臣辞職が続いている。

本当に揚げ足取りの「田舎芝居」を延々とマスコミで取り上げててバカらしくなる。
死の町とか素人とか大臣になったら気軽にしゃべることも出来なくなってしまうよ。
日本の民主主義国が、今はもう断末魔なのかね。


16. 2011年12月13日 19:37:24: 0EopofEgjc
検察ってとこは所詮こんなもんだろ。
自供した奴にはやさしい言葉をかけたりするが、否認する奴はとことん追い詰める(警察も一緒だな。だから「完落ち」だの「半落ち」だの「落としの○○」って言葉が出てくる)。
また検挙率何パーセントとか言って騒ぐのも、そう考えれば逆効果にしかなってないな。
もう真実を究明するという本分を忘れ、検挙して有罪を得ることが仕事だと思ってやがる。

17. 2011年12月13日 20:26:35: sgrPE4M4Lg
>今頃になって、戦後民主主義、の壮大な嘘、詐欺に気がついてしまった。
戦前からの官僚機構が温存され、明治政府が組み上げた官僚機構が維持されていた。

 03さん、同意です。明治時代官僚独裁政治が始まり、官僚に都合の良いことだけが、検定教科書に記載され、これが歴史的事実だと幼少の頃から洗脳し続けている。刃向かう者は、容赦なくでっち上げも行い、社会的に抹殺を図る・・でしょう。


18. 2011年12月13日 21:35:39: XUAM5ulpQY
検察に正義があるなら国有地を不法占拠している自民党に強制捜査しろ。


まあどうせ正義なんかないとは思うが。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧