★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123 > 569.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安全保障会議を無視して決定されたF35機種の選定  天木直人 
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/569.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 12 月 15 日 01:40:36: igsppGRN/E9PQ
 

安全保障会議を無視して決定されたF35機種の選定
http://www.amakiblog.com/archives/2011/12/14/
2011年12月14日  天木直人のブログ :天木直人のメールマガジン2011年12月14日第888号


 これは今夜中に発信したい緊急メルマガである。

 私は安全保障会議は形骸そのものであると書いたばかりだ。

 しかし形骸ですらない。

 無視されたのだ。その存在が否定されたのだ。

 きょう夕方7時のNHKのニュースを聞いてわが耳を疑った。

 次期戦闘機の選定がF35機種に決まったと報じていた。

 それを9時のNHKのニュースが繰り返した。
 
 見逃せないのが、その決定の理由を述べる部分だ。

 これまで散々報道されていた理由のほかに何も目新しいものが
ない。

 ということは、とっくの昔に決まっていたということだ。

 それを14日の読売新聞が敢えてスクープ報道した。

 雪崩を打ったように各社が待ちきれずに報道し始めた。

 そしてNHKだ。

 国営放送ともいうべきNHKが堂々と報道した。

 安全保障会議での決定を前にして防衛相が決めた。それを野田
政権が追認すると報じたのだ。

 これをNHKが堂々と報じたのだ。とんでもないことだ。

 果たしてあす12月15日の朝刊各紙はこれをどう報じるか見もの
である。

 安全保障会議は12月16日に開かれると報じられていたのである。

 それにしても、我が国の防衛政策のもっとも重要な部分である装備
について、しかも一機137億円とNHKがはじめて明確に報じた
高額の装備である。

 それこそが安全保障会議の決定事項であるはずなのに、それを事前
に制服組が決め、防衛官僚が認め、それを防衛大臣、野田首相、与党
民主党執行部が追認するなどというような本末転倒が、ここまで当た
り前のように行われたことが
かつてあっただろうか。

 いくら国会が閉会中であると言っても、護憲政党、政治家が一言も
問題視しないということがあっただろうか。

 安全保障会議はもはや形骸ではなく無視だ。不存在のごとくだ。

 これ以上のシビリアンコントロールの逸脱はない。

 その罪を一川防衛大臣が一人かぶることになる。
 
 沖縄軽視発言で袋叩きにあった一川防衛大臣の続投を野田首相が
こだわったわけはすべてこの事にあったのではなかったかと思わせ
られる。

 沖縄や国民の怨嗟の声を一身に受けて、悪役を演じさせられ、国会
が開かれる前に交代させられるとしたら、怒りを通り越して気の毒に
思える。

 野田政権は間違いなくおかしい。

 それを許す護憲政党、政治家は堕落の極みだ。

 野田も輿石も小沢も卑劣な政治家であるということだ。

 私は怒りを禁じえない。
          
       ◇

F35導入を内定 ステルス性能評価 最終的に2個飛行隊分の40機 防衛省
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111214/plc11121423410011-n1.htm
2011.12.14 23:34  産経新聞

 政府は14日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)にF35ライトニング2を選定することを決めた。16日に安全保障会議(議長・野田佳彦首相)を開き正式決定し、平成24年度予算案に4機分の取得費を計上、最終的に約40機(2個飛行隊分)を導入する。F35は性能面で候補となっていたほかの2機種を上回ることを重視したが、機体に亀裂が見つかるなど開発の遅れが不安視され、納入までには曲折もありそうだ。

 防衛省は14日、省内の審査でF35を導入することを内定したと政府・与党幹部に報告した。

 今後の手続きは、空自が(1)性能(2)経費(3)国内企業の参加形態(4)納入後の支援態勢−で、候補機を採点した結果について一川保夫防衛相に上申。省内の「機種選定調整会議」への諮問と政務三役会議を経て一川氏がF35を選定し、安保会議で正式決定した上で閣議了解する。

 米英などが共同開発中のF35のほか、米海軍のFA18E/F、欧州共同開発で英独伊などが採用しているユーロファイターの3機種が候補になっていた。このうちレーダーに捕捉されにくいステルス性の高さが特徴の「第5世代戦闘機」はF35だけだった。

 防衛省の審査では、F35は最新レーダーを備え、僚機などと情報共有する「データリンクシステム」が優れていることも高く評価された。F35は1機あたりの機体価格が最も高く、ほかの2機種に比べ国内防衛産業が製造過程に加わる余地が少ないことがマイナス材料だったが、中国やロシアも第5世代機の開発を進めていることを踏まえ、F35の性能を重視した。

 シファー米国防次官補代理は13日(日本時間14日)、訪米した自民党の石原伸晃幹事長との会談で、F35の納入に関し「予定どおりにやることができる」と伝えた。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月15日 04:03:26: eJcwQUA9aU
野田首相は石原自民党幹事長の訪米に合せて米国へXmasプレゼントを贈ったのである。本当の安全保障会議は米国であり、事前に米国の了承を得ていたことになる。
石原とシファーとの会談がそのことを語っている。

02. 2011年12月15日 05:12:08: ZJrdqRMEkc
コストパフォーマンスを考えればこのF-35でやむを得ない。しかしF-22がダメとなった時点でもっと早く決定できたハズだ。
これがダメならあれ、あれもダメならそれ、と二段三段の策を考えておくのが参謀の役割だ。その意味で防衛省幕僚は落第。

03. 2011年12月15日 05:49:36: qoVHGfd6sY
むしろ欠陥機とわかったので
防衛奸凌が
アメリカ軍産官複合体に助け舟をだした
これで今後増大する開発費は日本の負担だ
さらから作り直したほうが良いくらい
F35の欠陥は致命的と思われる
F22より高い 一機500億でも驚かない

04. 2011年12月15日 07:30:12: oXjyYrHR4I
F−35を調べると、「くず鉄」だと分る。
ステルス性はあるらしいが、戦闘能力には疑問だ。
何より、機体の至る所に「ヒビ」が入り、製造開始が2年間遅れる。
「ユーロファイター」の方が安くて、将来、日本でも改良型を製造できて実践的である。

05. 2011年12月15日 08:32:13: M6THcFcVFk
なににつけてもアメリカの戦争屋の言う通りにするのだから、不思議でもなんで無いだろう。 次にはF35生産に参加するために武器輸出禁止を解除するのに決まっている。 欠陥品のF35を完成するためには、日本企業の技術をただで巻き上げることも必要と言うわけだろう。 ただし思惑通りには進まず、アメリカの財政支出削減で、プロジェクトそのもが縮小されて終いには開発が中止になると思う。 ロッキードの計画したFA22ステルス戦闘機やリットラル戦闘艦が計画中止になっているから、F35も同じ道を歩むと思うね。 金だけ取られてお終い。 日本のメデイアが何を言ったとしても、結果は変わらないだろうよ。 N.T

06. 2011年12月15日 08:44:48: RlZ2sSIzCQ

http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/29ccca663b23645d9044876e57310274

アホ国民をナメ切った日米安保詐欺同盟の「防衛」インチキ予算。
「抑止力」などという寝言にまだ騙されているのか!

3・11松島基地、
津波被害の戦闘機12機処分 残り6機は修理800億円
津波警報から50分、スクランブル出来ないインチキ戦闘機、
購入費1機110億円 修理費1機130億円。
朝霞の公務員住宅はたった100億円でマスコミが大騒ぎ!

http://www.asahi.com/national/update/0915/TKY201109150252.html
「もはや、ユニフォーム(制服組)の同意なしには、防衛政策は何ひとつ決 定できなくなりましたよ」と、国防会議(のちの安全保障会議)事務局長室 で、久保卓也内閣国防会議事務局長が藤井治夫氏(軍事評論家)に述懐したのは、1977 年のことであった。
(藤井著『密約―日米安保大改悪の陰謀』、創史社・ 2000・6月刊)。
翌年の1977年11月27日、旧ガ イドラインが策定され、新ガイドライン強行の布石になった。それ以来、制服組 (軍人)の力が一気に増し国民を国民とも思わぬ強権姿勢を前面に出した防衛庁と軍需産業との癒着が急激に進行したのである。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/senkaku05.htm
今も毎月毎月5000億円もの血税が防衛の名の下に「抑止力」などという寝言を撒き散らしながら盗み出されている。
国家の防衛詐欺システムも日米安保詐欺同盟も、
今回、一人の県民をも守ることが出来なかっただけでなく、福島は核によって占領され国民は家も土地も奪い取られてしまった。
戦後、災害予算に向かうべき数百兆円の血税は、日米安保詐欺同盟のインチキ防衛予算に根こそぎ奪い取られて来た。

http://www.jca.apc.org/~yyoffice/Son%20My/Part2.htm#2.
http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/839.html


07. 2011年12月15日 15:08:46: esmsVHFkrM
安全保障会議が12月16日に予定されていたのだから、たとえそれが茶番だとしても今週中には正式手続きを経て決めることができたのに、その茶番すら無視して急いで決めたのにはわけがある。

今日15日のSydney Morning Herald(オーストラリアの主要紙)は、F35の設計上の欠陥に関する米国国防省の報告書が今週ネット上に漏洩したことを報じている(http://www.smh.com.au/national/cost-blowout-fears-as-design-faults-found-in-new-fighter-20111214-1ousp.html http://www.smh.com.au/national/cost-blowout-fears-as-design-faults-found-in-new-fighter-20111214-1ousp.html#ixzz1gZnWL6BX)。

記事の主要部分は以下の通り(記事中のJSF(Joint Strike Fighter)はF35のこと)。

A LEAKED Pentagon report into the beleaguered Joint Strike Fighter program has called for a slowing in production to fix a suite of design faults, which could cause more cost blowouts.
The report by a Pentagon panel of experts, was published in November and leaked to a US website this week.
The review calls for ''serious reconsideration'' of the JSF's production timetable and could lead to increased costs in the program.

つまり、米国防総省の小委員会は11月に報告書を出し、その中でF35に設計上の欠陥があり(記事の後半で、欠陥は13点あり、そのうちの1点は極秘扱いされているがステルス性能上の欠陥であるとしている)、そのためF35の生産スケジュールの再検討が必要となり、また、コストの上昇も必至だと言うのである。

Sydney Morning Heraldは、当然のことながら、これに続けて、オーストラリアがすでにコミットした14機以上を買うのかどうかについて大きな疑問が生じているとしている。

こんな報告書が、それも米国防総省自身によって出ていたとなれば、各国ともF35など買うかどうか大きな問題となるのは当然である。少なくとも、様子を見て決定は待てとなるはずだ。

ところがわが日本ではそうならない。

むしろ防衛省官僚どもは、この報告書が問題とならないうちに、一刻も早く、即ち、明日に安全保障会議も待てないで、異例の「内定」という既成事実化を急いだのだ。こんな「内定」を日本の大手マスコミがそろって報じてしまっては、もう後戻りはできない。つまり、米国防総省の報告書が日本国内で問題となっても、対米関係上もう取り消しはできないということにしたかったわけだ。

つまり、彼らにとってF35に設計上の欠陥があろうが、導入スケジュールが遅れようが、コストが上昇しようが、関係のない話で、何が何でもF35を買いたいということで、それは、当然彼らの利権だ。日本の官僚どもは、特に防衛省の文官も制服組も国防のことなどはなからまじめに考えていない。頼みの兵器の性能とか信頼性とかコスト効率(いくらものが良くても価格が高くてはたくさんは揃えられないので戦力とならない)など歯牙にもかけていない。彼らが真剣なのは自分たちの利権のことだけだ。

日本のマスゴミはこれに全面協力だ。読売が口火を切ったのはいかにも読売らしい。Sydney Morning Heraldがオーストラリア国内で報じたこの米国防総省の報告書リークについてなどまったく報道しないくせに、重要な次期戦闘機選定の正式手続きを無視した「内定」については大々的に報じて既成事実化に一役買っている。

この努力のかいあってすでにこれは各国で報じられて、見事に既成事実化が完了している。Washington Postは、日本がF35購入を決定したと読売が書いたと報じているようで、その記事の転載が同じ15日付けのSydney Morning Heraldに出ている。さぞかし各国の防衛関係者は日本をあざ笑っているだろう。

日本は芯まで腐っている。官僚利権政府のおかげで、原発はああだし、日本の安全保障はこうだ。

日本のガンは官僚だ。

官僚利権政府を倒さなければ日本は本当にお終いだ。


08. 2011年12月16日 02:12:41: maxkpWHZCo
議員さんたちは国会で追及すると小沢氏はムネオ氏のように
悪ければ友愛されてしまうからだんまりきめこみだな
国士達もごきぶりみたいにおこぼれ頂戴しちゃってんだろうな
偽物右翼 死んでくれ
弱いもん苛める893どもめが

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧