★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123 > 640.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「小沢さんは無罪」 前田元検事「見立て違いの妄想」と捜査批判 (産経新聞) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/640.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 12 月 17 日 01:22:50: igsppGRN/E9PQ
 

「小沢さんは無罪」 前田元検事「見立て違いの妄想」と捜査批判
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111216/trl11121622440023-n1.htm
2011.12.16 22:42 産経新聞


 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の第10回公判が16日、東京地裁(大善文男裁判長)で開かれ、大久保隆規元公設第1秘書(50)=1審有罪、控訴中=の取り調べを担当した前田恒彦元検事(44)=証拠改竄(かいざん)事件で有罪確定=が証人出廷した。

 前田元検事は「当時の捜査には問題があった」と東京地検特捜部の捜査を批判し、「小沢さんは無罪だと思う」と述べた。

 前田元検事は平成22年1月20日、大阪地検特捜部からの応援として陸山会事件の捜査に参加。この際、主任検事から「この件は特捜部と小沢の全面戦争だ。小沢を挙げられなければ、特捜部は負けだ」と言われたと証言した。

 また、4億円の土地原資がゼネコンからの裏献金だと見立てた捜査に対しては「見立て違いの妄想だった。現場は厭戦(えんせん)ムードだった」と述べ、「裏献金問題で小沢さんを立件したいのは特捜部長ら数人だった」と語った。

 一方、自身の取り調べは「問題はなかった」と断言。取り調べに威圧を感じて事実ではない調書に応じたという大久保元秘書の証言については、「でたらめ。あまりに事実と違いすぎる」と語気を強めた。

 大善裁判長は、元秘書3人の供述調書の証拠採否を決める公判期日を来年2月17日に指定した。採否の結果は小沢被告の有罪無罪を左右する可能性があり、注目される。

       ◇

小沢被告も興味津々? 前田元検事、内情を次々暴露
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111216/trl11121622460024-n1.htm
2011.12.16 22:45

 指定弁護士側の証人として出廷した前田恒彦元検事は、ゼネコンからの裏献金に主眼を置いた東京地検の“筋書き”を「妄想」と痛烈に批判し、捜査の内情を次々と暴露した。一方、「取り調べは可視化すべきだ」と持論を展開、供述を引き出す「割り屋」の自信をのぞかせた。

 服役中の前田元検事は、オレンジのフリースに青のジャージー姿で入廷。冒頭、「私は社会的に死んだ身で死人に口なし」と自嘲しながらも、「特捜部の捜査には問題があった。検察の有利不利を問わず証言する」と決意を語った。

 捜査では、ゼネコンへの聴取に重点的に人員が投入されていたと証言。「企業から(献金したという)話が出ず、現場はかなり疲弊していた」と振り返った。

 元秘書の石川知裕衆院議員(38)が中堅ゼネコン「水谷建設」からの裏献金受領を一貫して否定したため、担当副部長が「あいつ、もらってないんじゃないか」と話していたことも暴露。検察の想定と異なる聴取内容は調書ではなくメモにしていたことなどを挙げ、「証拠化していなかったとして「検審にそれが示されれば、水谷建設からの裏献金の信用性も減殺されていたはず」と述べた。

 一方、陸山会事件の捜査応援に選ばれたことには「職人として買われてきた」と説明。「特捜部を愛している」とした上で、「捜査が可視化されれば、私がここに来る必要もなかった」と胸を張った。

 前田元検事は終始、甲高い声でまくしたて、弁護人に「その質問、あまり意味がないかな」と指摘する場面も。小沢一郎被告は時折、興味深そうに見つめていた。

       ◇

「妄想についていけず」 法廷での主なやり取り
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111216/trl11121623000025-n1.htm
2011.12.16 22:59

 東京地裁で16日に開かれた民主党元代表、小沢一郎被告(69)の第10回公判の主なやり取りは次の通り。

 午前10時前、小沢被告に続き、大阪地検特捜部の証拠改竄(かいざん)事件で実刑判決が確定し、服役中の前田恒彦元検事(44)が入廷。前田元検事は、陸山会事件で大久保隆規元秘書(50)の聴取を担当した。検察官役の指定弁護士が尋問した。

 弁護士「あなたが作成した調書は証拠請求を撤回されている。なぜか」

 前田「私は任意性が問題になる取り調べはやっていないが、私自身の事件もあり、色メガネで見られ、信用してもらえないであろうと。陸山会事件の捜査では検察のやり方に問題があったと思っている」

 弁護士「簡単に説明を」

 前田「いろいろあるが、筋が違うんじゃないかと」

 弁護士「それは捜査の方法か、見立てについてか」

 前田「一番は見立てだが、私以外の検事の取り調べがどういうものだったのかについても聞いて知っているので、それにも問題があったと思っている」

 弁護士「あなた自身の聴取に問題があったとは?」

 前田「思っていない」

 弁護士「捜査に関する資料はいつ入手したのか」

 前田「主任検事の部屋で渡された。その際、キャップから『この件は特捜部と小沢の全面戦争だ。小沢をあげられなければ特捜の負けだ』といわれた」

 弁護士「大久保さんが気にしていたのは企業献金だったのか」

 前田「500万円なり200万円なりを、受け取っているのは話していたが、ゼロが一つ少ない。趣旨も小沢一郎ではなく、自分がもらったものだと」

 弁護士「あなたは、ある事件の証拠に手を加え、検察を解雇された。なぜ改竄したのか」

 前田「検察の体面を保つことと自身の保身のため」

 弁護士「主任検事として大きなプレッシャーを感じていたのか」

 前田「はい」

 弁護士「本件もそうか」

 前田「それは全然違う。(改竄した)厚労省の事件では、大阪高検検事長が積極的で、単独犯ではあり得ないという雰囲気があった。本件では、裏献金で小沢先生を立件しようと積極的なのは、特捜部長や主任検事など一部で、現場は厭戦(えんせん)ムードだった」

 弁護士「東京地検の見立てがまずいと思ったのは、企業献金の筋か」

 前田「そうだ。もっと小沢先生周辺や奥様の資金周りを調べるべきだと思ったが、できていなかった。4億円が企業からの献金と『妄想』する人もいたが、正直ついて行けなかった」

 午後からは弁護側の反対尋問が行われた。

 弁護人「午前中の尋問で『他の検事の取り調べにはいろいろ問題があった』と言っていたが、どんな問題があったのか」

 前田「副部長の調べで『(水谷建設から)5千万円を受け取っただろう』と言ったら、石川(知裕衆院議員)さんが否定して『受け取っていない証明として土下座もできる』ということで土下座した。否認していた被疑者が次の日の朝に土下座して『嘘ついてました』というのはあり得るけど、普通はない。いかがなものかと」

 前田「それから当時、石川さんがウナギの養殖業者から賄賂をもらったという話があった。実は贈収賄にはあたらないのだが、それを贈収賄として調書を取って『虚偽記載を認めなければ考えがあるぞ』と。それでも石川さんは頑張った。副部長は『あいつ(5千万円を)受け取っていないんじゃないか』と話していた」


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月17日 02:08:23: eYGw4JvUD6
前田まで犯罪者同盟に入れて貰いたがっているのか。

首になるとこういう見苦しいことを言い始めるのだから、
やはり検事というのは全く腐っている連中ばかりなのですね。(三井もこの口なんだろうが)


02. 2011年12月17日 05:29:09: BOvN3GvC9w
>現場は厭戦(えんせん)ムードだった

さうでせう、さうでせう、もっともです。
検察の腐れ下僕どもも無実の人を冤罪で有罪にすると
いふのは嫌だったでせうな。腐れ外道らめが。

ま、首になるとこういうゴロツキ検察の見苦しいことを
正直に言い始めるのだから、東京痴検のバカどもを一旦
全員解雇、首にして法廷に引きづりだせば、さぞかし
美味しい証言が続々と聞けるだろうよ。

ヤメ検でマトモなのは郷原さんと陰謀でやられた三井さん
不肖前田を塀に入れた大阪地検の現役女性検事くらいだな。

堀田力、河上和雄、若狭勝、大沢孝征など味噌糞だぜ。


03. 2011年12月17日 06:15:37: BIgfJMRMNE
この裁判、もう滅茶苦茶」・・・。

04. 2011年12月17日 07:15:21: Q2keQej9NA
> 服役中の前田元検事は、オレンジのフリースに青のジャージー姿で入廷。冒頭、「私は社会的に死んだ身で死人に口なし」と自嘲しながらも、「特捜部の捜査には問題があった。検察の有利不利を問わず証言する」と決意を語った。

産経新聞としては、犯罪人が何を言おうと、誰も信用しないと思っているのだろうな。前田元検事は世間の脚光を浴びようとしているだけだという印象を与えようとしていることが良く伝わってくる。
特捜部長や主任検事を実名で、いまどうしているかをどんどん追求していって欲しいものだが、そんなことをする新聞ではない。


05. 2011年12月17日 07:26:44: SkuAZ53yWk
前田の方が、検察・裁判所よりずっとまともな意見を言っている。

地位つまり自分の権益を失えばやっとどうにかまともな判断ができるようになる。


06. 2011年12月17日 07:47:15: qoVHGfd6sY
>「小沢さんは無罪」 前田元検事「見立て違いの妄想」と捜査批判
>東京地裁で16日に開かれた民主党元代表、小沢一郎被告(69)の第10回公判の主なやり取りは次の通り。
見出しは前田元検事のことばとしてながら「小沢さん」
本文では依然として「小沢被告」
そろそろ、ゴミも小沢さんが無罪になった時のために
中立であるかに装う為のアリバイ作りを始めた

07. 2011年12月17日 07:55:50: esmsVHFkrM
それにしても、01みたいのが律儀に一番に出てくるものだな。その勤務精勤ぶりには感心する。

でも、逆効果だけれどね。



08. 2011年12月17日 08:47:02: mO1jfnawtQ
>O1
首になって初めて真実に目覚めたんだろう

組織から離れて一人の人間になって

組織を守る必要もなくなり

真摯に証人席に立ち宣言し

喋る言葉にウソはない。


09. 2011年12月17日 09:28:22: 1o3bAFYTGY

前田元検事さん、

最後は、まっとうな人間になって死ぬんだよ。

まず、その前だに、小沢さんに謝罪が先だろう。


10. 2011年12月17日 10:38:57: RrDokj9xls
朝日だけが前田元検事のこの重大発言を報道していない。全くのクズ新聞だ。

11. 2011年12月17日 10:54:49: eYGw4JvUD6
>>08
やはり今の検事というのは基本的にクズがなるものなんじゃないかね。
その心のいやしさは検事をやめたくらいじゃ治らないよ。
昔の中国官吏や日本武士のように、歴史に身をまかせる心が足りない気がする。
(まあ、裁判とは『真実』を明らかにする場所だという信仰から抜け出せないのかもしれないが)

裁判官なんかに選ばれるのはもっと野心のない家畜なんだろうけど。


12. 2011年12月17日 16:27:31: dpp0eXCVak
01(eYGw4JvUD6)よ!
「前田まで犯罪者同盟に入れて貰いたがっているのか。
 首になるとこういう見苦しいことを言い始めるのだから、
 やはり検事というのは全く腐っている連中ばかりなのですね。
 (三井もこの口な んだろうが)」
検察の不正暴露が「見苦しい」のか?
なんだかおかしな了見だねぇ!(笑)

こいつは冤罪請負人だった!
冤罪請負人が犯罪だから捕まって今では犯罪者になっただけ!
まるで01は検察人間のよう(笑)
何があっても検察を守れ!って言っているのでしょうかねぇ?


13. 2011年12月17日 17:00:37: ePzOqOALW6

ムネオ日記より

検察・警察が自分達の仕事に自信と誇りをもっているなら、
堂々と全面可視化をした上で、実力・能力で勝負すればよい話である。

追伸。
前田さん、検事やめたら、人間にもどったんだね。
ぼくらの仲間に近づいたね。日本のために真実語ろうよ〜

でも、検事、特捜やめても、
堀田力、河上和雄、若狭勝、大沢孝征、宗像紀夫などは、
人間にもどっていない。残念ですね。


14. 2011年12月18日 02:49:15 : eYGw4JvUD6
>>12
これは、警察の横領とかの不正慣行を暴いて退職させられてから後も不正を糾弾し続ける人と、
警察で不正がばれて退職させられてから「他の連中も俺同様の悪なのに」と不正の糾弾を始める人くらいの違いがある。

前田はもちろん後者。三井ももちろんそう。

自分に都合がいいことを言う者を何でも歓迎するのは政局的立場としてはありなんだろうが、クズは屑。


15. 2011年12月18日 10:33:45 : zxRwWYtUnA
人間は弱い者だ。内部にいて不正を告発することはなかなかできることではない。

前田氏のように組織から生贄にされてから、事情を話すということでさえ、なかなかできない。むしろ、黙っておればかつての組織がこっそりとほとぼりの覚めたころに仕事を回してくれるのを期待して沈黙を続けるというのは警察組織によくあるはなし。

前田氏はそれでも検察という仕事を愛していると言うからには、検察にまともな組織になってもらいたいという気持ちがあっての暴露であろう。
彼も東大出ではなく地方大出身者。「割り屋」とかいうゲロを無理に吐かせる係りとして腕があるとかなんとかおだてられて汚い仕事を押し付けられて人生を棒に振った。

本当のワルは傷つかずに残っている。角栄が潰され中曽根は逃げ延びた。この前田氏の告発を無駄にせず、小沢政権を実現して霞が関を改革せねばならない。


16. 2011年12月18日 15:24:30 : x0AvuO3loQ
人間、全てを失わないと、目が覚めないと言う事か。

17. 2012年10月20日 01:19:27 : 8nEEaJsXRY
遠隔操作ウィルス事件
【転載はじめ】
パソコン(PC)の遠隔操作事件で三重県警は19日、伊勢神宮の破壊予告事件で逮捕した男性と両親に、誤認逮捕を認めて謝罪した。

一連の犯罪予告事件では、4都府県の警察に逮捕された男性4人が誤認逮捕だった可能性が高まっていたが、正式に謝罪したのは三重が初めて。
【転載おわり】

だそうだけど。
謝ったのは初めてだそうだけど、こんな事したのは初めてじゃないでしょ、今までにもあったんでしょうね〜?

これだもの検察がこれまで小沢氏にしてきたことは推して知るべしだわ。

※前田元検事は「当時の捜査には問題があった」と東京地検特捜部の捜査を批判し、「小沢さんは無罪だと思う」と述べた。

でも前田氏は思ったより正直だわ!
それは国民の非難轟々を覚悟しての言葉だから、重いよね。

        過ちはあらたむるにはばかる事なかれ

間違いだったと認めることのなんと難しいことよ。

しかし人の一生を、しかも国民が総理にと望んだ人をあの時期に濡れ衣を着せて政権交代の直前に代表の座を引き摺り下ろした罪はあがないきれない大罪と言う事を分かっているのだろうか?
ただ誰かに濡れ衣着せてしまって申し訳ないというくらいの軽い気持ちだろうか?
あの時小沢氏が総理になっていたら、もしかしたら自死しなくてもすんだ命も有ったかもしれない。
事故も起きなかったかもしれない。
事故が起きても救える命があったかもしれない。
たとえ同じ事故になったとしても、人の命を最優先にSPEEDIの拡散予想図をいち早く国民に知らせ、被曝せずに住んだ人もいたかもしれない。
そもそも菅総理で無く小沢氏だった爆発しなかったかもしれない。
あぁ返す返すも口惜しい。


それほど影響力のある人物を貶めた共同正犯である。

しかしそれだからこそ、今過ちだったと認めることは、もし本人がそれを自覚しているなら大変なプレッシャーだろうけど、どうかね〜きっとそれに加担した一人ひとりはそれほどの重責は感じてないんだろうね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧