★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123 > 674.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大逆転?! 検察がいよいよ追い詰められてきたようです(八木啓代のひとりごと) {FD改竄事件も記載}
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/674.html
投稿者 メジナ 日時 2011 年 12 月 18 日 09:23:14: uZtzVkuUwtrYs
 

大逆転?! 検察がいよいよ追い詰められてきたようです(八木啓代のひとりごと)
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-608.html
 2011-12-16 :(八木啓代のひとりごと)


 ちょっと検察問題から遠ざかっていましたが、忘れていたわけではございません。

 昨日、12月15日、小沢氏の公判で、田代元特捜検事が虚偽の捜査報告書を作成したことを事実上認めたことによって、検察問題は新たな局面に入りました。

 単なる捜査報告書の信用性の問題ではなく、常識的には行われるはずのない、この起訴後の取り調べは、まさしく、検察が、検察審査会の議論を誤誘導するための報告書を作るためのものとみられ、事実に反する「『11万人以上の有権者に選ばれた国会議員が、やくざの手下が親分を守るようなうそをついてはいけない』と言われたのが効いた」という部分の「作文」こそは、後に問題視もされた、「小沢氏と秘書との関係を、ヤクザの親分子分に例える」という補助弁護士の誘導を招いた部分と考えられるからです。
 実際に田代検事自身、この部分の検察審査会への影響を認めています。

 となれば、検察審査会での「起訴相当議決」の大きな要因であった、この部分の作文を、田代検事がはたして自分の意志で書いたのか......。
 検察審査会は、虚偽の報告書に手もなく騙されて、ありえない結論を出したのか? 
 それとも、検察審査員を誤誘導するという目的で、検察と補助弁護士が動いたのか.....?

 そして、同日、大阪で行われた、FD改竄事件の前田被告の元上司として、証人隠避の罪に問われている大坪・佐賀公判でも、この同じ日、とんでもない事態が勃発していました。
 なーぜーかー新聞報道では触れられていませんが、検察の論告に対して弁護側が「証拠になっていない」と異議。しかも、検察の反論も裁判所が退け、検察も、この論告を削除とあっさり引き下がったのです。
 http://twitter.com/maido_osaka/status/147268423028703234
 
 その、削除した部分とは、「もし、大坪・佐賀氏が真実を報告し、上司が適切に対応していたら、前田検事の証拠隠滅事件に対する捜査・処理が行われ.....最終的には村木事件の公訴を取り消すことも検討されたと思われる」などと述べた部分。


  元特捜部長らに懲役1年6カ月求刑 FD改ざん隠蔽事件
  2011年12月15日12時17分 asahi.com

 大阪地検特捜部のフロッピーディスク(FD)改ざん隠蔽(いんぺい)事件で、犯人隠避罪に問われた元特捜部長の大坪弘道(ひろみち)被告(58)と元副部長の佐賀元明(もとあき)被告(50)の論告求刑公判が15日、大阪地裁であった。検察側は、両被告が主任検事(当時)のFDデータ改ざんを意図的な行為と認識した上で隠したと指摘。両被告に懲役1年6カ月を求刑した。

 検察側は論告で、両被告が昨年1月末〜2月初め、郵便不正事件の捜査主任だった前田恒彦受刑者(44)=証拠隠滅罪で懲役1年6カ月(求刑懲役2年)=が証拠品のFDのデータを改ざんしたことを把握した、と述べた。FDは同事件で逮捕・起訴された厚生労働省元局長・村木厚子氏(無罪判決確定)の部下宅から押収されたもので、改ざんの目的は村木氏が事件に関与したとする特捜部の見立てに合わせるためだった。

 その上で検察側は、証人として出廷した当時の地検トップの検事正や同僚検事らの証言などに基づき、隠蔽工作の経緯を指摘。両被告が共謀し、前田受刑者の改ざん行為を誤って書き換えた「過失」として処理する方針を決め、複数の同僚検事に箝口(かんこう)令を敷いたり、検事正らに「問題ない」と虚偽の報告をしたりして改ざんを隠したと主張した。

 「前田受刑者からは過失との報告を受けており、隠蔽の事実はない」として無罪を主張している両被告の最終弁論は21日と22日にあり、岩倉広修(ひろみち)裁判長は来年3月末に判決を言い渡す見通し。(平賀拓哉)


 弁護側の異義はもっともです。
 つまり、この論告によれば、前田のフロッピー改竄は、そこまでのことをやらなくてはならないほどの大事、つまり、改竄こそが、無罪の村木さんを有罪に陥れるための捏造だったということになるわけですが、そうなると、まさにこの論告は、昨年の12月24日に出た最高検の報告書と矛盾してしまうのです。
 それだけではない。その最高検の報告書と「なぜか」瓜二つの、前田検事の特別公務員職権濫用罪での不起訴(証拠不十分)を検察審査会が補強した、「前田検事の改竄したフロッピーディスクのみが村木さんの有罪の証拠とは認識されていなかった」という「議決理由書」とも矛盾してしまう。
 

郷原信郎 (@nobuogohara)
 今日の夕方の朝日放送の番組「キャスト」でも話したように、今回の大坪・佐賀氏の公判では、故意の改竄を認識していたかどうかばかりが問題にされているが、問題の本質はそこではない。
 もし、仮に、故意の改竄だと認識していたとして、それなら、二人はどうすべきだったか、それによって、村木事件の裁判の展開にどのような影響があったのか。
 この点に関して、今日の検察の論告では、昨年12月の最高検の検証報告書を引用し、「もし、大坪・佐賀氏が真実を報告し、上司が適切に対応していたら、前田検事の証拠隠滅事件に対する捜査・処理が行われ、・・・最終的には村木事件の公訴を取り消すことも検討されたと思われる」などと述べたが、弁護人側から、「証拠に基づかない論告」と異議を出され、撤回した。この点は、この事件の核心と言うべきであろう。
 
 要するに、大坪・佐賀氏が故意の改竄を認識していたかどうかが、村木事件にどのような影響を与えていたのか、検察は立証できなかったのである。証拠の改竄は絶対に許されないこと、と検察は強調するが、では、これまで、検察は、刑事事件で検察側に不利な証拠をすべて開示してきたのか、その点については検察官の裁量が相当程度認められてきたはずだ。
 
 今回の前田検事の証拠改竄行為に、そのような一般的な検察官の捜査・公判対応とは異なった特別の悪性を見出すとれば、「村木氏を無実の罪に陥れる」という意図を持って行ったということしかあり得ない。
 しかし、検察は、前田元検事の特別公務員職権乱用事件を不起訴にし、自ら、そのことを否定しているのである。前田検事の行為が刑事事件の結果に影響しないのであれば、大坪・佐賀両氏が、故意の改竄と認識していたとしても、それを見逃す行為が刑事処罰に値する行為とは思えない。
 
 「組織の思考が止まるとき」などで述べているように、大坪・佐賀両氏の行為は、そもそも犯人隠避の公構成要件に該当しない、という法律上の問題に加えて、検察は、今日の論告で、両氏を刑事処罰する根拠となる可罰性を主張することすらでききなかった。
 
 今後のこの事件の公判の展開は予断を許さない見るべきであろう。

 http://tl.gd/eo4t99 ・ Reply 

 語るに落ちたとはこのことです。
 前田検事の特別公務員職権濫用罪での告発を、「FD改竄以外にも、村木さんを起訴する理由があった」という論理で、不起訴にしてしまった検察には、「上司としての適切な対応もへったくれ」もないし「前田検事の証拠隠滅事件に対する捜査・処理も行いようがない」。
 大坪氏や佐賀氏が、「他に村木さん有罪の証拠はあり、フロッピーディスクが故意に改竄されたのか、間違って書き換えたのかは、追求しなくてはならないほどの重大な問題ではないと考えてしまった」という論理を許すことになるがゆえに、つまり、大坪氏や佐賀氏の罪は、結果に何に変化ももたらさず、したがって、悪質でもなんでもないというわけ。

 さて、そうなってきますと、その矛盾をあらわにした最高検報告書のコピペ同様の、検察審査会の「不起訴相当」議決の理由書の根拠って?

 おりしも、その15日、私はその検察審査会におりました。私が代表をつとめる「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」の出した開示請求書に、2ヶ月も経ってやっと、一部の資料が開示されましたので、それを閲覧+複写に行っていたのでございます。

 なぜかって?
 それは、来る12月22日。まさに、この検察審査会をテーマに、シンポジウムを開催するからなんですよ。
 さあ。なんという強運でしょう。
 まさに、検察審査会がふたたび焦点となってきた、この時に、です。

 またまた濃い面々で、この小沢事件公判・大坪佐賀公判も俎上に、熱く濃厚なディスカッションが炸裂する予定です。
 みなさま、どうぞ、お見逃しなく。

テーマ:「検察、世論、冤罪 III」 〜検察審査会の謎〜

日程:12月22日(木)18時30分

会場:明治大学リバティタワー 1F 1011教室教室
地図:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

※場所は駿河台(最寄り駅:お茶の水または神保町)となります

主催:明治大学大学院情報コミュニケーション研究科

協力:健全な法治国家のために声をあげる市民の会

総合司会: 江下雅之(明治大学情報コミュニケーション学部教授)

司会:   岩上安身(フリージャーナリスト)

パネリスト:郷原信郎(名城大学教授・弁護士・「検察の在り方検討会議」委員)
      山下幸夫(弁護士・元最高検察庁アドバイザー)
      市川 寛(弁護士・元検事)
      山口一臣(週刊朝日前編集長)
      八木啓代(「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表)
    (※:パネリストは変更になる場合があります)

sympo623


ただいま、サプライズゲストを交渉中です。どうぞお楽しみに。

入場無料

一般公開ですので、どなたでもご入場いただけます。途中入場も可能です。

予約はできません。当日先着順のご着席となります。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月18日 09:58:32 : lRYfivAqeo
是非行きたいです!!!!グットタイミングですね。

検察審査会の闇を白日のもとに晒して下さい!!!ゾンビ悪党検察共今頃右往左往
しているだろう。ビビり捲りか???


02. 2011年12月18日 10:11:15 : SkuAZ53yWk
そもそも最高裁も共犯なのだからいずれにしても猿芝居にすぎない。

村木逮捕から石井一に迫ろうとする捜査方針は最高検の会議で承認済。(三井環氏)

最高検を含む検察が捜査方針が間違っていたからと言ってそれを認めて方針を撤回ことなど決してない、無理にでも立件しようとする。無理に調書を作ることなど当たり前、過去の事案すべての事実を見よ!

今回は明確な証拠によりバレたから演技しているにすぎない。大坪、佐賀、前田も組織の掟の中で動いていたにすぎない。

あほらしい芝居はやめて組織を変えなければならない。


03. 2011年12月18日 11:01:42 : oFbvOcZru6
02. 2011年12月18日 10:11:15 : SkuAZ53yWk
そもそも最高裁も共犯なのだからいずれにしても猿芝居にすぎない。に賛成です。

04. 2011年12月18日 12:05:30 : 0BRCobosps
> 今回の大坪・佐賀氏の公判では、故意の改竄を認識していたかどうかばかりが問題にされているが、問題の本質はそこではない。
> 弁護人側から、「証拠に基づかない論告」と異議を出され、撤回した。この点は、この事件の核心と言うべきであろう。

問題の核心は、前田恒彦元検事が何故改竄したフロピーディスクを原告に返却し、原告にその改竄に気付かれないと思ったのか、である。
小学生でも改竄したフロピーディスクを原告に返却すれば、原告にその改竄に気付くと思うはずである。

「改ざんの目的は村木氏が事件に関与したとする特捜部の見立てに合わせるためだった。」としている。

改竄したフロピーディスクを原告に返却しても、改竄したことを原告は気付かないと思った前田恒彦元検事は知恵遅れなのか?

もし、原告が改竄に気がつかないとすれば、原告の方が知恵遅れであるが、原告は直ぐに改竄に気付いた。

それ故、原告は知恵遅れではない。

もう一つの可能性は、前田恒彦元検事は気が狂っていて、自分が何をしているのか分からなかったのか?

しかし、前田恒彦元検事は自身の裁判でまともに受け答えをしており、裁判官も検事も彼の狂気を指摘していない。

そうすると、前田恒彦元検事は知恵遅れの可能性があるがあるが、元段階では前田恒彦元検事が知恵遅れであることは確認されていない。

つまり、前田恒彦元検事は何故改竄したフロピーディスクを原告に返却し、その改竄に気付かれないと思ったのか、その真の理由は解明されていない。

元特捜部長の大坪弘道検事等の裁判でこの点も究明されるべきである。
この点は、この事件の核心と言うべきであろう。

この点が究明されずに、大坪弘道元検事等の罪を論じることは、砂上に楼閣を建てるようなものである。


05. カッサンドラ 2011年12月18日 12:46:43 : Ais6UB4YIFV7c : hXCxTAXRYg
 検察審査会とは「検察の不起訴を審査する会」なはずだ。

なのに検察が相手だと「不起訴相当」が出て、検察が起訴したい相手だと「起訴相当」が都合よく出る。
よく考えれば、摩訶不思議な会だ。


06. 2011年12月18日 14:16:43 : iJQPgdxUcw
聞きたい!
楽しみです。ぜひ記事に。
ゲストは誰かしら??わくわく。

くすくす石川議員は、ヤクザの子分でしたか。
ひどいですね、国会議員に向かって。
『ヤクザの子分』
では、小沢さんが、ヤクザの「親分」ですか。まあ、強面・・ですが。

ヤクザは、検察では?
違いますか?
田代さん、タミノさん、佐久間さん、大鶴サン。

女性秘書への不当な拘束は、ヤクザそのもの。
『検察は怖いところだ』(ヤクザも真っ青、いやヤクザさんに失礼だ)

前田さんだけでなくて、大鶴や・佐久間や・民野や・田代も
ともに収監されるべきです。
不公平でしょう?そうでないと。

特捜部の組織としての犯罪ですよね。
国民は(国会議員は)だまっているの?

国税を使ってこの捜査はないでしょう?
戦前の特高を思わせる、人権侵害捜査です。


07. 2011年12月18日 16:36:49 : qoVHGfd6sY
日本が負け戦をしたのは
お頭のよい軍奸凌が、
オリンパスの例と同様に
責任を認めたくないため
失敗を認めなかったこと
大王の井川と同じで
失敗をごまかせると過信した
検察他厄人たちも
お頭がよいから間違いを認めない
民主もお頭だけがよい
ひ弱な政治屋が国民の生活が第一を
抹殺しようとした
検事総長も民間任命のほうが
今よりずっとましになる
非を認めない人間が上にたつと
国民はとんでもない目になる実例は
奸政権で実証された
もはや、有権者は反既得権益だ
皮噛みは今日はバンキシャでれるのかな
恥じない最低なやつだ
日ごろ偉そうな言動で検察が正義なら
どうどうと番にでて自説を言え!
ウソツキのペテン師ゴロツキめ!

08. 2011年12月18日 20:19:07 : p9B89YgNYw
民主批判が強まっている、
管野田政権は検察財務省政権と言う認識も無い、

もはや手遅れの観がある。

このまま野田に日本潰しをさせるつもりだろうか?

もう民主と言う選択は無いと思う


09. 2011年12月18日 20:49:38 : g5U9vG2cMi
クズの茶坊主によってこの国は滅ぼされる。マスゴミの程度が低すぎた。輝かしい繁栄もこれまでか。

10. 2011年12月18日 21:13:03 : 3c1S9Q6XLM
>>08. 2011年12月18日 20:19:07 : p9B89YgNYw
>>民主批判が強まっている、

…誰もここでは民主批判の話なんかしてないだろうがよっ!
狂った検察の話してんだろうが、この与太郎が!


11. 2011年12月18日 21:53:52 : LjDUeYansg
ことの本質は前田検事が、
大阪地検特捜部長の大坪弘道と、同副部長の佐賀元明の命令で、
当時の村木厚子被告を有罪に持ち込むため、
関係者から村木厚子被告に不利な供述調書を集めたが、
その辻褄を合わせるためにフロッピーディスクを改竄したわけであって、
そもそも、二人の上司の意向に沿って忠実に、部下である前田検事が実行したわけであり、
この事件の主犯である大阪地検特捜部の特捜部長の大坪弘道と、
副部長の佐賀元明がそれを知らないと、罪をまぬがれることは出来ない、
それとも二人は部下にそそのかされて命令したとでも、曲言するつもりであろうか??

12. 2011年12月18日 23:51:01 : mp6fw9MOwA
村木さん、小沢さんの両方とも、検察が民主党に政権がいかない為に引き起こした捏造事件で有る。
しかも罪を捏造するには周到な準備が必要だが、検察が動けば国民は全幅の信頼を寄せているので冤罪に気付かれる事は無いとの慢心により、準備不足での着手で有る。
筋書きは上層部が書いており、部下に指示するだけで、部下からの異論に耳を貸さないで押し付けただけだろう。
押し付けられた仕事には手抜きをするのが部下の性である。
検察全体が手抜きで大物に挑んでしまったのでぼろが出始めた。
一旦ぼろが出ると次々とぼろが出てきており、検察・裁判所のトップ同士での密約までばれてしまった。
小沢さん関連では30億円を掛けた捜査で、ゼネコンからの賄賂を実証しようとしたが刑事被告人の下請けゼネコンからの冤罪を作れる情報を得ただけで、他からは、煙を見る事も出来なかった。
天の声発言で下請けのゼネコンからの収賄というバランス感覚が完全に崩れたインチキな筋書きを作ってしまった。
天の声は工事受注業者に出すもので下請けに出すものではない。
天とは強力な力が有るのに、下請けゼネコンだけに賄賂を要求する事はあり得ない。
他のゼネコン捜査で証拠を見つけられなかった時点で検察内部でさえ敗北を認めているのに登石はその状況を知りながら天の声を認めるという大失態を犯してしまった。(天の声は大手ゼネコンに使う言葉である)
司法関係者のトップは神輿に乗る期間が長く裸の王様になっており、世間の様子が分からなくなっていながら、理不尽な指示を出している状況だ。
小沢裁判も罪が何かも分からない状況であるにもかかわらず有罪にせよとの指示を出し続けているのだろう。
司法の不正を理解出来ないトップはかなり監獄に近づいており収監の時間も迫っている。
現時点で気付いて修正を掛けても罪を免れる事は無いだろうが、退職金無しでの免職程度でとどまるかもしれない。
不正を継続すれば収監は免れないだろう。

13. 2011年12月19日 07:49:26 : dpp0eXCVak
なにせ東京地裁での裁判!
あまり楽観的な考えは禁物です
なにせ野田政権との距離は目と鼻の先!

司法介入などなんとも思っていない
詐欺軍団には仙谷が息をひそめています!

でも裁判所もいまは頭を使って考えないといけない時期!
小沢追い落としで「有罪」などという陰謀に加担すると
その裁判官にも裁判所にも未来はない!ということ
時代は変わっていますよ!


14. 2011年12月19日 08:21:11 : dgYA079HSo
偽造検事面前調書の実行犯・高橋真は東京地検にいた
検察官適格審査会の深い謎
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/111218.jpg.html

15. 2011年12月19日 08:23:56 : PEObLWm0zY
本当に、グッド・タイミングですね。八木さんの熱気が伝わってきます。森ゆう子議員が足枷をはめられ、審査会の追及に齟齬をきたしていると思っていましたら、どっこい、真打登場!かな。会場から溢れるほどの結集を祈念いたします。

16. 2011年12月19日 09:32:23 : 5mLzBGNdZw
>>06:前田さんだけでなくて、大鶴や・佐久間や・民野や・田代も
ともに収監されるべきです。
不公平でしょう?そうでないと。>>


大鶴や・佐久間や・民野や・田代も国民に土下座すれば許してやっても良い。
その代わり、明日からの法廷では、前田と同じように頭を丸坊主にしジャージー姿で仕事をしなさい。



17. 2011年12月19日 09:48:49 : K7Z0LZyAEE
犯罪の巣窟である検察庁と最高裁に巣食う悪人共を逮捕するにはどうしたらよいか真剣に考える時期に来てしまったようです。
国権の最高機関は本来国会のはずで、その国会議員を選ぶのは主権者である国民です。しかし、そんな悠長なことは言っていられない状況です。だから諸外国では暴動や暴力革命が起こるということが身にしみてよく判りました。

18. 2011年12月19日 09:52:35 : Fm9Fvm65ZI
私は、小沢氏は無罪である確信している者の一人です。

小沢氏の様な政治家が、司法の陰謀により、政治生命を断たれる事が

どれほど、民主主義を踏み躙り、日本にとって不幸な事か計りしれない。

しかし、私には結果が見えています。既得権益を失いたくない司法界は

手前の保身のため、躍起となり、小沢氏を有罪にするでしょう。

そして日本は、大政治家を一人失い、民主主義国家から遠のく事になります。

大きな国民運動が起こらない限り、司法界の改革は出来ません。

そしてぬるま湯に浸りきっている国民は、この様なエネルギーを持っていません。

誠に残念です。


19. 2011年12月19日 11:24:32 : p9B89YgNYw
10

司法検察の問題はもっと大きな枠で見ていく必要がある、

どちらにしても、あれだけの人数がいてまるで反論できない民主にはもう期待できないだろう


20. 2011年12月19日 12:04:42 : IFGvqe6pOU
これほどの検察の不正がありながら、権力に対して堂々とものが言えない政治家とはなんなんだろうか。

小沢グループの議員さん達は、いったい何をやっているのですかね。


21. 2011年12月19日 12:40:48 : F15t7VDQfI
日本国民の普通の市民達に、検察が国益に立っていないことを指摘されることが、一番恥ずかしいことだろう?司法試験には合格したが、日本国憲法の内容を理解していないと言うことは、どういうことだ?司法試験制度はいったいどうなっているんだ?こんな連中が検察になれる程度の試験ならやめてしまえよ。無駄遣いの極みだろう。金だすわ、国壊されるわ。

私達は検察のめんつに立っています。めんつ本位司法制度に従事しております=H??

本当は違うね。
福島のおばちゃんの言いかたを借りると、
あなたたちはいったいどこの国の検察なんですか!ということだ。

CIAが怖いので言いなりなんです。日本の国益派議員のみ狙いうちです。部下にはあほのイエスマンのみ使って訓練させます
国益って何ですか?

本音はこんなものだろう。日本の支配層がどれだけ外資エージェントに食い込まれているか想像がつく。


22. 2011年12月19日 18:58:18 : ydPGTZNZ0s
東電がのうのうとしているように、追い詰められてはいないだろう。

面の皮が厚い集団だ。


23. fumifumi923 2011年12月19日 19:47:13 : SkHMOfI8xanDg : UAnIiIHBKk
結局政治家は多かれ少なかれ検察や国税に対してスネに傷があるのだろう。
こんな人間共を国会に送った国民へと跳ね返ってきて今日の無様な日本の姿があるのだろう。

24. 2011年12月19日 20:36:23 : IFGvqe6pOU
小沢氏の存在が、検察の膿を出し切っているようだ。

もはや、無罪であろうが有罪であろうが検察の完全な負けであろう。

仮に、推認でまた有罪にしたところで国民は完全に気づいてしまった。

もし検察が賢明であれば、即刻裁判を中止することだ。
いったい検察・マスコミはいつになったら気が付くのだろうか。
国民はとっくに気が付いている。
しかも、気づきの数はねずみ算式に増えていくのみ。
やはりお天道様はちゃんと見ているのだ。
まさか「裸の王様」という童話が自分の国で実話として体験できるとは思わなかった。


25. 2011年12月19日 22:23:54 : NzONd1xEIY
日本の司法は、完全に特権支配階級側、したがって、それに都合の悪い小沢氏は、状況証拠と推認で、有罪確実。
そうでないなら、証拠が無く検察特捜で起訴出来ないため、検察審査会で闇雲起訴などさせないと考える。

石川氏裁判有罪が、それを如実に物語っている。

どうあっても国民の生活第一標榜の小沢氏は、政治力と国民の強い支持に基づき、直ぐ庶民の人気を盛り返す、そうはさせじとマスコミを使い、小沢悪人像を常にB層にすり込む必要がある、誰でもここまでは良く知っているパターン。

支配階級側の言いなり野田内閣は、「誠司と金」は不問のまま、庶民は負担側、支配者は、使う側と、何の不都合もなく、よって、手下のマスコミも口止め。

今後小沢氏と小沢派は、橋本氏と組んで、A層と共に日本を造り直すであろう。
当然、司法組織、國の行政組織、マスコミ組織、あらゆる部門を一旦解体、造り直しである。
あすの小沢氏、橋本氏の会談が、大きく期待される。

今この段階で、野田内閣の福島冷温停止収束などと言う稚拙さは、日本国土廃墟拡大確実、庶民負担の増税政策、現体制温存などで、庶民の生活は、困窮度を増すばかり。
B層の洗脳切り替え覚醒と、奮起を切に願う。



26. 2011年12月19日 23:56:34 : j4zncUcR8M
世川さんち殻引用

僕の知人に、検察審査会を徹底的に調査している人がいて、
 その彼に、検察審査会の電話番号を教えてもらった。

 皆さん。

「検察審査会は、その実態をもっと国民に透明にすべきだ」
「責任の所在は、どこにあるのか?」
「どんなメンバー構成なのか?」
「実態の不明な組織が、人を刑事告訴できるって何なのか?」
 といった、抗議ではなく、「問い合わせの電話」を、
 「国民」の名において、検察審査会に直接して、
 国民からこれだけ疑義の声が上がっているという事実を残すべきなのです。
 何故なら、
 彼らは国家公務員ですから、電話応対は、必ず記録せねばなりません。
 会話内容も、記載しなければなりません。
 仮に、
 国会で、誰かが、
「検察審査会に、問い合わせ電話はどれくらいあるのか? その内容はどんな内容なのか?」
 と質問をしたら、
 必ず、実際の数や内容を報告しなくてはいけないのです。
 それが放送されれば、国民の受け止め方も、また変わってくるはずです。

 といったことから、
 とりあえずの行動の的をここに絞るべきだ、と僕は思いました。
 そして、僕たちの努力で、
 変化の可能性を感じさせつつある今の流れを、実際に変えるべきなのです。
 それが、支援運動の本来あるべき姿ではないのでしょうか?

 
   第5検察審査会  03−3581−28** ハシモ*局長
   第1検察審査会  03−3581−28** ナガ*局長。テジ*課長


 僕の趣旨に賛同して、一人でも多くの人が、電話をかけてくれるよう、



27. 2011年12月20日 03:03:53 : E5rzdV8DIM
正しい賢明さへの必死のリードVS悪どい愚かさへの必死のリード

良き法律家達の生き残り達の活躍、日本の法曹界全体の正しい賢明路線本線への誘導と、本線の完全走行の達成の成功を願っていますよ。
正しい法こそ正しいアイデンティティです。全国民の分も責任を負う重たい仕事ですが。日本国の進路を正しくガードしてください。正と悪、賢さと愚かさの違いを知る国民は全員あなたたちの味方です。


28. 2011年12月20日 05:51:04 : vZGcx7SvCE
小沢一郎を護ろう

それが日本を護ることに繋がる。


29. 2011年12月20日 13:22:57 : 3gOBcC4A0c
04さん。

同意。フロッピーを返しても問題ない、つまりフロッピーは村木さんを無罪にする目的で、最初から、いざという時の為に作ったと言えないだろうか。


30. 2011年12月20日 13:52:11 : QDOXlxmHrs
検事総長 検事長は天皇の認証ではなく、公選にすべし。

31. 2011年12月20日 15:05:50 : Zc4LsHROVM
大坪、佐賀元検事は本気で検察と戦うべきである。
この際洗いざらい検察の実態をぶちまけるべきである。
そうしなければ検察の再生はない。

32. 2011年12月20日 16:34:59 : sCvb6yCpNA
馬鹿が権力握っていることをお忘れかな?メジナさん。(笑)判決はどうにでも書ける。日本国民の覚醒者が少ない今時しか、鬼奴等は動けまい。メジナさんは、ガス抜きに奔走かな?赤カブ氏ともども?(笑)そんな気がする。
 いよいよ小沢有罪かな?小沢無罪なら、権力継承が代わったのかな?

33. 2011年12月21日 14:43:32 : 3gOBcC4A0c
〉11

小沢さんを追い詰める為には、いかなる嘘を捏造しても許されるだろうが、高級公務員である村木さん、しかもご主人もその上司という人を罪に陥れるというストーリーには、何かしらひっ掛かるものを感じる。

ことの裏には、実は、村木さんを無罪に持って行くストーリーも隠されていたのではないかと、疑念が消えない。あり得ないことだからだ。

高級公務員を巻き込んで有罪にしてまで、いや、犠牲にしてまで捏造すべき内容のあるストーリーではないだろう。


34. 2011年12月21日 15:01:39 : 3gOBcC4A0c
小沢さんに対する風向きが変わりつつあるが、タイのタクシン元首相が、捏造の汚職の罪で最高裁の判決を受け、海外に逃亡を余儀なくされている、という前例もあるので、最後まで気を緩めず、総員参加で司法を追い込もうではないか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧