★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123 > 819.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢起訴相当の検察審査員が後悔/仙波敏郎 〜 街カフェTV藤島利久
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/819.html
投稿者 街カフェTV 日時 2011 年 12 月 22 日 17:48:03: FhSY.VZyAvKpM
 


年末・・・ ブログUPしなければならないことが山積みだ。

先ずは、大阪での活動報告から・・・

*********************

昨日、高知に帰ってきた。。。帰る前に大阪を盛り上げようと、大阪宣言の会の仲間から要請のあった「仙波敏郎氏講演会」を、街カフェTVで 生中継してきた。

大阪討論Barシチズンが盛り上がっている。


  【12月18日 仙波敏郎氏(元愛媛県警・警察裏金問題の専門家)講演会】


仙波敏郎さんとは久しぶりに会った。元気で相変わらず話が面白い。。。おまけに爆弾発言までサービスして盛り上げて頂いた。。。感謝!!


 (動画は元記事にあります)


http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/12/tv_f06c.html


講演会が終わって打ち上げ・・・・

久しぶりに会う仙波さんは上機嫌だった。。。生中継のカメラを止め、みんなでテーブルを囲んでいろんな話をして楽しいひと時を過ごした。

話が陸山会事件のことに移ると・・・

仙波 『小沢さんを起訴した検察審査会に知人がいた。』

一同 『えっ!』

私   『2回目目の?審査員に?』

仙波 『そう・・・ 、今は後悔していると言っている。』

私   『小沢さんを・・・ 起訴相当と判断したことをですか?』

仙波  『そう!』

参加者 『誰?』

私   『そりゃ言えないでしょうが・・・ 幾つの方? 例えば30代とか・・・』

仙波  『40代・・・男性、当時はマスコミ報道を信じていたと・・・ 』

西岡(シチズンマスター)

  『爆弾発言や〜 !!』

・・・ ・・・ 

これ以上は言えない・・・

ギリギリのところまで話してくれた。。。仙波さんに感謝!!

この話の後、東京第5検察審査会を実体としてやっと実感できるようになった。

日本で一番嘘をつかない人・・・ 仙波敏郎さんが言うから本当だ。

いやびっくりした。。。予想しないところから雉(記事)が飛び出して来たような感じだ。一時は、年齢クルクル疑惑から『幽霊審査会では?』と騒がれた東京第5検察審査会・・・その実態はあったのだ。

小沢さんの起訴決定をした検察審査会自体が実在したことは、「一市民が斬る!」のT氏から聞いてはいた。T氏と一緒に検察審査会事務局(東京地裁)に乗り込んだこともあるが、この仙波さんの話を聞いてから、よりリアルにその存在を感じる。

私は小沢さんを起訴した検察審査会の会議の実存が疑わしいと思っていたし、それを否定されてもなかなかストンと呑み込めないでいたのだ。。。しかし、とりあえず、その疑義は晴れた。

やはり、最高裁から派遣された事務局員が、若くどうにでもなる純情な審査員を選定ソフトで恣意的に選抜したうえで「洗脳」したのだ。。。田代検事の「事実を混同した」報告書など、いかがわしい資料を駆使して・・・

本丸は最高裁事務局だ! 狙いは外れていない。

胸のつかえが取れたようだ。

なんだか・・・ 一斉にもの事が動き出した。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月22日 19:05:08 : 6mp0wtFJYz
もしその人が本物の審査員なら、国家権力に騙された被害者なのだから堂々と公の場に出て訴えるべきだ。


週刊ポスト辺りがバックアップし郷原さんからアドバイスを受けながら、審査のやり直しと現在行われている小沢氏の裁判の無効を叫んでほしい!


02. 2011年12月22日 19:15:07 : 5NpvcXehMg
01様に全面的に賛同いたします。

無実の小沢一郎氏に
国家国民のためにどんどん活動してもらわねばなりません。


03. 2011年12月22日 19:16:54 : DX5Ntj9RFs
そりゃ酷ってもんでしょ。その後、検察をはじめとする国家権力を敵に回す覚悟が必要なんだし。特に小沢氏を特に支持していない人間だったら、その人にメリットないんだし。

04. 2011年12月22日 19:31:02 : oGt2NtOuC6

この現在の焦燥感と閉塞感を変えてください。

日本の闇、その一部がまた見えました。これだけ問題が大きいのだから、その検察審査会の一員の人は名乗り出て欲しいです。あなたは、司法の闇を明らかにした人として日本の歴史を変えますよ。その勇気は日本に新たな感動と活力を与えますよ。この現在の焦燥感と閉塞感を変えてください。


05. 2011年12月22日 19:34:40 : gfkWMkeQF6
それじゃあ平均年齢の矛盾は無い、ということ。
審査会の正当性をアピールするための嘘じゃないの。

06. 2011年12月22日 20:01:19 : hLsJc8akkQ
【IWJ・UST】18時半〜シンポジウム『検察、世論、冤罪 III』〜検察審査会〜を中継。司会:岩上安身&パネリスト:郷原信郎氏・山下幸夫氏・市川寛氏・山口一臣氏・八木啓代氏 Ch2→ ( #iwakamiyasumi2 live at http://ustre.am/pPQY)
https://twitter.com/#!/iwakamiyasumi/status/149778848697942016

07. 2011年12月22日 20:20:52 : CDzS4hlHiw
東京第五検察審査会の当該審査員に知り合いがいたって、すごい確立だね

まあ、諸般の事情により検察審査会への審査補助員助言・検察への事情聴取自体に虚偽が有った方が納得できるわなあ


08. 2011年12月22日 20:59:27 : EICbTK24nc
仙波敏郎さんの知り合いということは、親類縁者や学友を除けば、業界関係者ではないか。つまり警察業界の人間ということではないか。

第五検察審査会の審査員の人選は、阿修羅で語られているように、公正なくじ引きではなく、意図的に選んだインチキだったで正解であると思う。

警察関係者、ニセ右翼関係者、マスコミ関係者などを選んだのではないかと考える。


09. 2011年12月22日 21:01:20 : 42WLGuDM8Y
仙波敏郎氏の知人 警察関係の人なんでしょうね。もともと仙波さんは警察官でしょ。もっと詳しく聞いて欲しかったですね。


10. 2011年12月22日 21:20:29 : CDzS4hlHiw
まあ、警察職員は審査会員になれんわなあ

仙波氏もいったん発言したらその人物のでぃてーる位は言及せんとなあ
特定できんほどのボカシ入れてのう


11. 佐助 2011年12月22日 21:44:43 : YZ1JBFFO77mpI : FHT6T6dWVU
裁判所も検察も霞が関官僚も永田町の政権妄想政治指導者も「同じ穴の狢」が明らかじゃないの!  裁判がこのまま,ダラダラと続けても公訴棄却になっても,無罪判決か有罪でも,答えはすべて「同じ穴の狢」「同じ穴の狐」「同じ狸」「一つ穴の狐」となる。わかったことは日本の三権分立は偽装でした。ところで大マスコミは「クロ,クロ,クロだ」を叫び盛んに煽った国民に謝罪してもらわないと納得できない。

12. 2011年12月22日 22:04:49 : FbdGnWDQco
仙波敏郎氏は警察の内部告発をした骨のある人です。

検察審査員が、「当時はマスコミ報道を信じていたと・・・」など言う理由で起訴したのには呆れますね。

証拠に基づかない判断とは。

起訴するしないはムードで決めるのか。

ウソゴミの罪は重い。


13. 2011年12月22日 22:50:47 : JwDwgGy09c
検察審査会制度は戦後すぐにできたもので、本当に有権者名簿からくじで選ばれていたのなら、今までに審査員になった人の体験談などが少しぐらい私たちの身の廻りでも聞かれるはずなのに、あまりにもなさ過ぎる。
各自治体からの「候補者可能名簿」は提出されているのでしょうが、実際にはその名簿からのくじ引きではなく、警察関係者だとか、検察関係者、裁判所関係者など、事務局にとって都合の良い限られたメンバーからのくじ引きで選んでるのでしょう。
だから、警察関係者なら選ばれる可能性は大きいと思います。
悪意を持った人でなくても、報道を信じる人などを集めれば、事務局から十分誘導できると思います。

14. 2011年12月22日 23:09:54 : SkuAZ53yWk
検察審査会なる幽霊組織

そもそも検察官の一方的な話を聞いて議決すること自体が間違いだ。

会議録を公開しないこと自体が間違いだ。

相手を陥れることができる人物が匿名なのも間違いだ。

だれがどこで審査員を選んだのかも公開しないことが間違いだ。

3権の外に位置するとかで情報の公開も、責任の所在もないことが間違いだ。


15. 2011年12月22日 23:21:21 : 78AHwN7ufE
やっぱり事務局(公務員)は信用できんわ
俺らで選定などを立会するようにせないかん


16. 2011年12月22日 23:32:19 : Lnk7WOz8uA
いない審査員の話してどうするの。これまで暴かれた矛盾をもうお忘れか。
ばっかじゃない。

17. 2011年12月23日 05:02:34 : lirXfMdDLc

俺はそれでも存在しないと思うね。

都市伝説を流すことはいい加減にしてもらいたい!!!!!!!!!!!!!


何が感謝ですか?

これが証拠です。と証拠までもらってきてから、←何かの書類のコピー等。

日時までしっかりわかるもの。


公に言うべきでしょう。

この人信頼できる人だったの?都市伝説と区別できないものを言うことで

信頼する気なくしましたけど。


18. 2011年12月23日 05:04:37 : lirXfMdDLc

私の知人に本当にUFOに乗って宇宙人に会えた人がいるんですよ。

よく教えてくれました!ありがとう。なんだか興奮してきました。

やはり宇宙人はいたんですね!!!


あ、場所違いでしたか?(笑)


19. 2011年12月23日 06:04:30 : 8dKCLC0Lxo
05さんに同感。
この話はそのまま信用することはできない。
くだんの人物が、2度審査員になってしまったことを悔やんでいるというのなら信用できるが、単に起訴相当と判断したことを後悔しているといわれても「2度審査員になりました」と告白していないことがそのような違法な事はしていない、という事を含意しているのだとすれば信用できない。
「2度審査員になりました」と告白してはいないが、そのような違法な事をしていないとは言っていないといって、違法行為の自認を留保するのであればまだ信用できる。

そうでなければ100万回に一回の確率を説明できない。


20. 2011年12月23日 06:17:18 : cCko7KYQpg
バカなブログ記事。
いまさら何を言っているか。
藤島も立派な活動をして尊敬しているが、
こんな仙波氏の発言で鬼の首をとったかのように
はしゃぐのは頂けない。

『40代・・・男性、当時はマスコミ報道を信じていたと・・・ 』
そんなこと分かりきっていることだ。だから何なんだ。
藤島、もう少し思慮を持て。


21. 2011年12月23日 07:01:08 : yNslTt374Y

面白おかしく定かでない小沢氏の記事を書き、混乱させる。

売名と飯の種に小沢氏を利用するのはいい加減やめてくれ。


22. 2011年12月23日 07:44:37 : dpp0eXCVak
顔だしで無くてもインビューに答えるべきですね!
後で後悔しないためにも(笑)

怪しい審査に誘導されたと感じるんなら
第五審査会を告発する権利はアル!


23. 2011年12月23日 07:45:21 : EICbTK24nc
検察審査会関係の投稿記事をよく読んでくれ。一市民が斬るさんの推論からすると、審査員は実在したが、公正なくじで選ばれてものではない、というものだ。最初のころは「幽霊審査員」といわれ、審査員そのものがいないのではと思われたが、そうではなく、審査員は選ばれたが、検察、最高裁事務総局に都合のいい人選が行われたということだ。

森ゆうこ議員の調べでも、2回目の審査員については、参加者につけられた番号まで公開され、議決と署名の間に疑義があると言っている。昨夜のシンポジウムでも、森議員がそれに触れていた。

藤島さんのサイトの仙波さんの動画を見てほしい、仙波さんのは、「2回目」とは言っているが、1回目がどうだったかまでは言及していない。

もし仮に、1回目と2回目の審査員が異なる人選であったとしても、検察、最高裁事務総局に都合のいい人選が行われたとしたら、特に問題とならない。平均年齢も一市民が斬るさんの推論を当てはめると、すっきり説明できる。

藤島さんの投稿と、仙波さんの発言は、非常に大きな意味を持つ。審査員が特定されたことで、国家権力の不正が白日のもとに暴かれることになる。超弩級の衝撃だ。

それだけに、審査員の身辺が心配だ。消される可能性があるのではないか。


24. 2011年12月23日 08:35:16 : WY79MITqpc
>小沢起訴相当の検察審査員が後悔/仙波敏郎

検察審査員は守秘義務がある。これに違反すると法律的に
罰せられる可能性がある。


25. 2011年12月23日 08:41:20 : EICbTK24nc
法律と公益を考慮し、公益が大きいと判断される場合は、実施可能だ。

海で子供が溺れている。立ち入り禁止と書いている。無視して子供を助けた。これはありだ。


26. 2011年12月23日 10:46:45 : 5mLzBGNdZw
>>仙波 『小沢さんを起訴した検察審査会に知人がいた。』 一同『えっ!』
私『2回目目の?審査員に?』・・・>>


これを見て、反小沢の国家権力がここまで手を伸ばしてきたと率直に思った。

多分、仙波氏も何らかの理由で権力側にすりより、藤島氏を利用してネット市民の思考回路にバイアスをかけようとしているとしか考えられない。

仙波氏がこの国の将来を真剣に思うなら、
仙波氏は、ご自身の発言によって生じた私達のこの疑問に応える「義務が生じた」と受け止めてください。

仙波氏は、その友人を説き伏せて、第五検察審査会で起こったことを証言させるように努力する義務が生じたのです。

藤島氏も、聴きっぱなしでは、無責任男の仲間入りです。


27. 2011年12月23日 10:57:39 : XaT9ffdp5g
よしよし、裁判が長引けば長引くほど、検察と裁判所の疑惑構造が明るみに出てくるねェ。

もっともっと焙り続ければ、必ず、この国のがん組織にまでたどり着くことになるんじゃないの。

皮肉なことだけど検察審査会のお陰だね。


28. 2011年12月23日 11:12:25 : EJHW9Vle9g
 本丸は最高裁事務局!まさにそうです。6) 氏がアップしているが、昨日の夕べ、明大(駿河台)リバティタワー1階の大教室で検察審査会問題についての第三回シンポジウムがあった。大教室がほぼ満員になる盛況というのに、大メディアは一つも来ていない。出席は市民の会の八木啓代、東京弁護士会の山下幸夫、郷原信郎、自称暴言検事の市川寛(田代検事の同僚だったことがあるらしい)、元週刊朝日編集長山口一臣、それに文科省副大臣の森ゆうこ、司会は岩上一身。
 検察審査会については最高裁事務局が黒幕であることがよくわかった。とくに山下幸夫氏の話から。郷原氏は、今回の田代検事の調書のねつ造は、前田検事のねつ造よりタチが悪く、盧溝橋事件に似ている、と言っていました。こうして権力の悪が暴露されているのに、メディアは報道しない。大衆の耳障りの良いことしか報道しなくなった。TPPに関しても同じだ。

29. 2011年12月23日 11:20:32 : kznGCHn7cI
12>「仙波敏郎氏は警察の内部告発をした骨のある人」

 仙波さんが大活躍できる時がいよいよきましたね。ワルどもを駆逐する尖兵となってください。


30. 2011年12月23日 11:29:46 : ifKWd4zcEw
昨夜の明治大学のシンポジウムは、IWJだけの中継だったが、当初はニコ生も中継する予定だった。それが急遽スタッフの手配がつかないことを理由に中止された。その理由、本当かな?

小沢事件の核心部分にふれるシンポジウムだっただけに、暴露される側からしてみれば、非常に都合の悪い中継だった。岩上さんの中継は、公安関係者や警察関係者、マスコミ関係者も当然見ていただろう。

ここにきて、第五検察審査会の審査員が明らかになりそうだ。最高裁、検察、警察、マスコミ、官僚は戦々恐々だろう。本当のことを証言でもされたら、これまで国民を騙してきたことが、芋づる式に暴露されかねない。

この阿修羅の投稿のコメントで、事態の火消しに回る者がいる。よほど都合が悪いらしい。どうやら敵の一番嫌がる部分に触れてしまったようだ。


31. 2011年12月23日 11:31:41 : huYFOc4jhk
カルトの集会を報道すれば、偏向報道になるだけ。

32. 2011年12月23日 11:47:55 : 1Vbq7pI3f2
■陸山会の冤罪捜査と佐藤栄佐久前福島県知事の冤罪捜査はうり二つだ!

陸山会の件に出てくる登場人物と佐藤前知事の件に出てくる登場人物は相当に共通している。

どちらも東京地検特捜部が担当したのだから当然に共通してくる。

特捜のキャメルコート佐久間、フロッピー前田などエース級がぞろぞろ出てくる。

それだけ原発安全懐疑派の佐藤前知事も、国を変えようとする小沢元代表も抹殺しなければならない対象ということなのだろう。

ところが共通の登場人物は特捜とどまらない。

贈賄側証人で共通に出てくるのが『水谷建設』なのだ!

『「国難」のキーマン?「水谷建設」?』
   ↓
http://www.janjanblog.com/archives/37783

●まるでビデオテープでも見るような両事件の経緯。

登場人物も同じなら、冤罪の構図も捜査の流れもほとんど同じ。

@水谷建設の贈賄あるいは違法献金証言。
   ↓
いずれもなんの証拠もなし。受渡しの状況が不自然。水谷建設の当事者が否定している。

佐藤前知事事件では、水谷建設副会長は「検事と示し合わせて証言をした。あれは賄賂ではなく、知事は濡れ衣だ」と後日語っている。
   ↓
・「特捜検察は、知事と福島県民を"抹殺"した」
http://eisaku-sato.jp/blg/2011/01/000047.html

陸山会の件でも、水谷建設社長は小沢氏側に5千万円を持っていったことを否認しているという。

A「天の声」
   ↓
佐藤前知事事件では、「天の声を聞いた」と証言した土木部長が自宅に2600万円もの出所不明の現金を隠し持っていたことが特捜部に知られ「弱み」を握られていたことが後日わかった。特捜部はその事実を隠していた。

陸山会の件でも「天の声」が判決理由に使われている。
   ↓
小沢元秘書裁判 東北ゼネコン幹部は「天の声」判決に大笑い
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/ec9e22adb1fdf18c4ba4e59fd5b6527f

Bその他、取調の虚偽情報を提示しての誘導尋問、非人道的な取調の手法等々うりふたつなのである。

●「水谷建設」会社更生法を申請
http://ameblo.jp/mo-014925/entry-11097709340.html

さて、水谷建設はなぜか会社更生法を申請した。

−−−−(引用します)

更生法が適用されると弁護士や会計士が帳簿を徹底的に調べることになる。

石川知裕の裁判で、裁判長はテキトーに推認を重ねて「裏献金」1億円はあったと勝手に断定したが、もし小沢サイドの主張通り1億円がなかったと証明されたら、すべてがひっくり返ることになる。

ぜひ真相を解明すべきだ。

−−−−−



33. 2011年12月23日 11:53:16 : mO1jfnawtQ
以前NHKで検察審査会に出た主婦の体験談を放送していたが

普通の主婦で交通事故の検察審査だったと思う

ただ主婦が言っていたのは交通事故関係でも資料にして20センチくらいの

厚さのものでとても素人が短時間で読みこなせるものではないとも言っていた。

当然補助員や検察の説明を聞いたうえでの判断が主になってくるだろうが、

そこに田代検事の捜査報告書が使われたとしたら

素人などすぐに引っかかるのだろう。


34. 2011年12月23日 11:57:25 : 1Vbq7pI3f2

田代の「捏造報告書」ね。


35. 2011年12月23日 12:40:50 : sUw1agA5TI
怪しい話しだなぁ。
ホントに審査会の審査員だったとして、マスコミ報道を鵜呑みにするかな?
検察官の説明を鵜呑みにしたという話ならまだ信じられるけど・・・


36. 2011年12月23日 14:03:02 : RMoMvoxyms
伝聞ではね。
多くの人は、検察審査会が開催されていないだろうと疑っている。
この証言によれば審査会そのものは行われたことになっている。
この証言ネタは、検察審査会への疑念を抱いている人々を惑わすための欺瞞ではないかと、少々怪しんでいる。

37. 2011年12月23日 14:07:35 : yNslTt374Y
>>26 さん

>藤島氏も、聴きっぱなしでは、無責任男の仲間入りです。

藤島さん。
やっとチャンスが巡って着ましたね。
この国の為に真実を証明してください。

まやかしならば、二度と出てくるな!


38. 街カフェTV 2011年12月23日 14:39:54 : FhSY.VZyAvKpM : SlRKD1XhEI
藤島です。高知に帰って来ました。これまでの取組みについて整理をしています。26日には高知地検で高知白バイ事件の事情聴取もあります。

上記記事は、大阪でのハプニングを知らせただけですが・・・やっぱり陸山会事件への関心の高さはスゴイですね。。。取組みはこれからです。

陸山会事件の解決が必要ですが、国会議員は政局(自分の選挙事情)を中心に活動しているのであてになりません。国民運動で冤罪を晴らして行きましょう。。。これからは、川端総務大臣・黄川田総務副大臣に対する働きかけと、最高裁事務総局の裏仕事の追求が活動のメインになります。順次報告します。

皆さん情報提供、意見交換などで協力して下さい。


39. 2011年12月23日 14:50:34 : eIXAtMOS1w
昨日のシンポジウムは本当に核心にふれていた。そもそも検察審査会をあのように使うことを念頭にいれて、密かな爆弾として隠して法改正をした。意図的なものであったという。しかし、それは権力者が相手を叩き潰すための爆弾だ。
検事、裁判官も権力に裏打ちされている場合には、強力に使えるぶきだっただろう。しかし、今の、時の権力者は小沢であることを誰もが知っている。小沢と民主党のオーナーの鳩山がいなければ、民主党はすぐにでもつぶれかねない。
そんな時に、反権力勢力か、反革命せ威力かを気取って、検察や裁判所が跳ね上がっても、池の外の鯉になるに決まっている。佐久間は辞めた。田代も有能の人だと昨日聞いたが、あれを認めてのうのうと検察に残れるはずがない。人事異動は粛々と進むだろう。次は、この前石川さんたちを有罪と推認ばかりした判事が遠くに飛ばされるだろう。辞めるのかな。権力の側にいる人間を愚弄し、貶める。
田中角栄さんで成功したことがなぜ小沢に出来ないか?よくよくかんがえるがいい。小沢さんは田中さんで多くのことを学んだんだから。そもそも、田中さんの事件は亡くなったということもある。でも、まだ小沢さんは死ねないから、相手を徹底的に叩きのめすだろう。
だから、戦争。まけたら、死ぬ気でした、検察の小沢さんへの戦いって事だろう。
検察はどうやって勝つつもりだろう。最後は自分の墓場を掘る人がいるが、検察はどう考えているんだろうか。弁護士すら出来ない道に落とされなければいいけれど。いや、もうその道を転げ落ちてしまった検察官もいるんだろうな。
田代さん、結局上司たちはすべてあなたに責任を押し付けて、トカゲの尻尾きりをするんでしょう。前田さんは、もうすべてを失ってしまったわけだから。

40. 2011年12月23日 15:44:08 : yNslTt374Y
>本投稿,23,38

文脈が皆同じだ。同一人物だろう。

一市民が斬るさん、森ゆうこ参院議員、川端総務大臣・黄川田総務副大臣等、世間受けする人物を引き合いに出して自分に箔を付け、売り込もうとするスケベ根性が文面に現れている。


41. ミッチー 2011年12月23日 16:00:53 : WblIWO/HiuO06 : P4xfX2hm5I
検察審査会の存在について

今から50年位前、私の若かりし頃のことで恐縮ですが、ある日一通のはがきが私宛に届きました。差出人は私の居住地を管轄する地方検察庁のはっきり覚えてはいませんが事務関係の部署だったと思います。内容は「あなたは検察審査会の審査員候補に選ばれました。これから後、選考で審査員に選ばれる可能性があります。
審査員に選ばれると検察審査会開催の通知があった場合、法律に従い会社や業務の都合いかんに関わらず出席しなければなりません。ついては関係する方々の了解を取っておくように」と。かなり高飛車な文言で、有無を言わせないようものでした。(文言は正確ではありませんがこのようなもの主旨でした。)
その後なんの通知もありませんでしたが、定められた期間は個人の事情なんて考慮しないで「国民の義務としてこのような公の仕事をやらせる」ような印象が今でも忘れられません。


42. 2011年12月23日 18:30:22 : cCko7KYQpg
>上記記事は、大阪でのハプニングを知らせただけですが・・・やっぱり陸山会事件への関心の高さはスゴイですね。。。取組みはこれからです。(藤島)

藤島さん、今回明らかにした記事の意図がよく分かりません。
「ハプニングを知らせただけ」ではすみませんよ。
面白半分じゃないとは思いますが、その真意を教えてください。
と同時に、仙波さんの話がホントなら、これを手始めにさらに
フォローして掘り下げて欲しい。
「個人情報・・・」で逃げられないように、しっかりフォローしてほしい。
もしこのままなら、野次馬根性の下種野郎に成り下がります。


43. 2011年12月23日 19:01:45 : IfNpKWKpl0
38は何で政治家はあてにならないと言いながら、政治家である川端総務大臣・黄川田総務副大臣に働きかけるのか? 

何を働きかけるのかさっぱりわからん。



44. 2011年12月23日 19:20:04 : BIgfJMRMNE
>35さん

マスコミの小沢ネガティブキャンペーンを朝から晩まで聞いて、検察官がそれらしい事を言えば簡単に信じてしまうんだよ。


47. 2011年12月23日 20:22:05 : rJ3CvdoiAw
ガセネタデスヨ


仙波敏郎を知らないが 

ガセネタでしょう。無視します。


49. 2011年12月23日 20:24:11 : 4oS5TWePX6
>>45殿
悪いが何処か他のサイトで貴君の高邁なる話を展開してくれ、
ここは、少なくとも正常な知能を有する人間が集まる所。
貴君の様な優れ物(?)は場違いである。

同時に、聞いた話だが・・・と無責任な話を投稿する所でも無い。
藤島さんももう少し、内容のある、裏付けのある話をしてくだされ。
馬鹿らしい!!!!


50. 2011年12月23日 20:49:13 : JwDwgGy09c
>>24.

>小沢起訴相当の検察審査員が後悔

これのどこが守秘義務違反になりますか?
どんな秘密を暴露していますか?


51. 街カフェTV 2011年12月23日 20:53:00 : FhSY.VZyAvKpM : SlRKD1XhEI
こんばんは、高知の藤島(この記事の筆者)です。
皆さんコメントが迷走しているように感じます。これから対策を練ります。余分なことをあれこれ言っても仕方ないのでシンプルに行きましょう。

この記事は、小沢一郎氏の起訴を決定した東京第5検察審査会の2回目の議決について
@検察審査会が実存していた⇒これまでの筆者の不存在疑念が根底から払拭され、迷いが無くなった。
A当該審査員が40代男性であった⇒残りの10人は若いんだな…
B当時は起訴相当と判断したが、現在は後悔している⇒正直でまともな国民なんだと理解できる。
C判断を間違ったのはマスコミの影響だ⇒やっぱりそうなんだな…

以上が分かった。。。という報告記事です。
ご意見があれば書き込みしてください。コメントは全て呼んでいます。

私の取り組みについては、街カフェTVブログの「小沢が必要だ・・・ 総務省・異議申立書全文公開」を呼んでもらうと分かります。


52. 2011年12月23日 21:02:14 : IfNpKWKpl0
>50

24は一般論を言ってるだけだろが。
リテラシーをもてよ。


53. 2011年12月23日 21:06:27 : JwDwgGy09c
検察審査会員のメンバーの個人情報は非公開なのに、検察審査会員になれば検察審査協会から入会勧誘の手紙が来るそうです。
なお、検察審査協会は任意団体であり、検察審査会事務局から検察審査協会へ委員の名簿を提出することは守秘義務違反となります。

全国検察審査協会連合会 (東京第一検察審査会事務局内)東京都千代田区霞ヶ関1−1−4TEL03−3581−5411(代)内線4623
http://www4.ocn.ne.jp/~kensin/
「全国検察審査協会連合会」(略称:全検連)は、全国201ケ所にある
 地方裁判所・支部に置かれている「検察審査会」の審査員と補充員の修了者や賛助会員をもって、それぞれの裁判所管轄区域ごとに「検察審査協会=単協」が設立されています。その単協の連合組織として「県連合会=県連」があり、高裁管内での地域連合も結成し活動しているところもあります。
「全検連」は、その連合組織として、最高裁等との連携も含め、全国的な情報の収集や伝達と、統一的な広報、グッズの作成や頒布など幅広い広報・啓蒙活動を行っている任意団体です。

55. 2011年12月23日 21:12:35 : Lsi9Ld29HU

藤島 様 お手数です。
個人情報にはならないように思いますのでご年齢を公開するのは無理でしょうか。
確率論分野はうといのですがどなたか数理解析に着手されると思いますので。
それと森さんには連絡されましたでしょうか。
もし良かったら宜しくお願いいたします。
ギネス級の確立なのに本当だとしたら脅威になると思います。

56. 2011年12月23日 21:41:50 : Ut7mOZ24O6
最高裁を潰せ。あの図書館は革張りの机だ。信じられるか?あの建物は何だ?センス悪すぎ。宮内庁と同じく無駄の象徴制。

57. 2011年12月23日 21:51:02 : CDzS4hlHiw
あらら
いつの間にか仙波氏の発言が既定の事実になってるう

酒、旨いですか?


58. 2011年12月23日 21:51:06 : cCko7KYQpg
>51、藤島さん

これまでの藤島さんとは思えない、認識レベルの低い内容。
この程度の情報は要らない。混乱させるだけ。
もっと確かな情報が欲しいのです。

1年前ならこの程度の情報でも有効ですが、いまは違う。
微妙な段階に来ているのだから、もっと慎重に、内容をよく吟味して
きちんと発信して欲しい。


59. 2011年12月23日 22:00:58 : 5mLzBGNdZw
>>45

気に入らなければ、政治板に来なさんな。


60. 2011年12月23日 22:23:31 : 5mLzBGNdZw
>>51. 街カフェTV 2011年12月23日 20:53:00 : FhSY.VZyAvKpM : SlRKD1XhEI
>>@検察審査会が実存していた⇒これまでの筆者の不存在疑念が根底から払拭され、迷いが無くなった。
A当該審査員が40代男性であった⇒残りの10人は若いんだな…
B当時は起訴相当と判断したが、現在は後悔している⇒正直でまともな国民なんだと理解できる。
C判断を間違ったのはマスコミの影響だ⇒やっぱりそうなんだな…
以上が分かった。。。という報告記事です。>>


藤島さんががんばっておられることには敬意を表します。
しかし、未だお分かりでないようですね。
@は、こんなガセネタで存在云々といっているのが頓珍漢なのです。
Aは、審査員が半数入れ替わった2回の議決時にどちらも「34.55歳」と回答していることが問題と思いません。「残りの10人は若いんだな…」なんて暢気な感想を述べている場合ではないでしょ?
Bは、「正直でまともな国民なんだと理解できる。」・・・?こんなコメントは屁の足しにもなりません。藤島氏はこんなに危機感がないのですか?
Cは、「マスコミの影響なんだ」・・・? バカなこと言いなさんな。悪意のある「補助弁護士」の影響に決まっているではありませんか。

つまり、
@〜Cまでは、藤島氏の問題意識の欠如を暴露したもので、一匹の茹で蛙でしかありません。

もっと、鋭い人かと思っていました。



61. 2011年12月23日 22:33:48 : 0EopofEgjc
「新党市民」と公言するなら、他人の批判ばかりじゃなく、自分たちはどういう方法で国を立て直していくつもりなのか、アンタのビジョンを分り易くこの場で主張してみてはいかがかな?
今の時点ではアンタにこの国の行く末を託す気には到底なれないよwww
少し調子に乗りすぎってのがみんなの共通意見みたいだな(身の程を知れw)。

63. 2011年12月23日 23:53:18 : fcpJGIitj2
61に死を!

■貴殿のような者がいる限り、我々は死んでも負けることはできない!覚悟しろ!

政治家に託して実行してもらうところと、我々国民一人一人がなすべき事を実行することと両者が一致した方向で実行をなすこと以外に世に中を変える方法はない。

「新党市民」さんは国民一人一人が行うべき行動を代表して実行してくれている。

もし「新党市民」さんのような行動がなかったら、国民の誰一人なんの行動もしていないように見えないか。

私は強く強く「新党市民」さんを支持するとともに自分自身の未だ足らずを強く思う。

61のような輩に出会うと命懸けで闘おうという気持ちにあらためてなる!


66. 街カフェTV 2011年12月24日 00:03:23 : FhSY.VZyAvKpM : SlRKD1XhEI
結構性格の良いのが集まってるね(笑)…
詳しいことは、街カフェTVのブログとアーカイブに全部あるからヨロシク!
藤島

69. 2011年12月24日 01:38:44 : QTsH6aVR3U
仙波氏の発言「第五審査会委員2回目=50歳前」って、本当ですか???
(50歳前と聞こえたので)

平均年齢「34.○○○才」という事務局の回答でしたね。

恥を忍んで書いてみる。幼稚園算数ですが

10人が30歳で、一人が50歳の場合==31.○○才
9人が30歳で、二人が50歳の場合==33.○○才
8人が34歳で、二人が50歳の場合==33.○○才

疑問1)
私程度では出ない・・・
(30歳台の年齢を増やしても50歳を限度に計算しているし・・事務局回答の34歳にする方法を教えてくださ〜〜〜い)

50才前を入れて、事務局が回答した34.○○歳に合うならぜひ、コンピュータ並みの計算をどなたかトライしてくださいね。唯一のとっかかりが出ました。
事務局が発表した初回の平均年齢も想定して。

疑問2)
他の若手審査員も未だに告白がなく幽霊ではないかと疑惑すら出ているのに50歳前の人が告白する?(疑問5に連動)

疑問3)
仙波氏に、若手の多いと想定される11名の審査員の中から、唯一50歳前の審査員が告白するとは余りに出来すぎてないですか??

疑問4)
第五検察審査会委員だから、都内近郊の選管からの選出だろうと思いますが、愛知県か関西に居住されてるだろう仙波氏の知人ですか?
知人というより、親密な関係でなければ告白などできないはずですよね。

疑問5)
マスコミを信頼してしまった、と告白するのですか?この告白って変。
だって、全員一致で起訴相当を出したわけでしょう。その前に弁護士の説明があり、検察官の説明もあったわけでしょう。
これらを差し置いて、マスコミに影響されていたんだ、と告白するの???
審査員の守秘義務は、この辺にもあるんじゃないのですか?


率直に、審査員の告白情報を出して頂いたのなら、お許しあれ。
でも、信じられない
もし、仙波氏の情報が虚偽なら、責任は重大です。そうでなければソースが知りたい。


71. 2011年12月24日 02:19:08 : DB8RlxNG7Y
何で皇族が資金を得るの?

76. 2011年12月24日 04:14:57 : CAV9FZQWZc
審査会がなかったことがバレバレになってきたので、こういう嘘が出てくるのでしょう
審査人が後悔しているとは、冗談にもほどがあります
工作員にもピンからキリがあるものですなー
これを信じる人は阿修羅の読者にはいないでしょう


77. 2011年12月24日 06:59:38 : cCko7KYQpg
>私の取り組みについては、街カフェTVブログの「小沢が必要だ・・・ 総務省・異議申立書全文公開」を呼んでもらうと分かります。

藤島さん、
百日の説法屁ひとつ、といいいますが、
今後の対応如何ではそうなりかねません。
これまでの藤島さんとはとても思えない、暴露情報でした。

これまでの藤島さんの活動の価値が消えるわけではありませんが、
藤島さんの今後の信用にかかわる問題です。
仙波さんの話が本当なら、仙波さんをもっと追及して仙波さんから
第五検察審査委員会の実際の開催状況を聞きだして真相解明に迫る、
そして伝えてこそ、この記事も価値があるといえます。
それがない限り、ガサです。
大変残念です。
続きを期待しています。


78. 2011年12月24日 07:16:37 : WgyIGv2BHE
腐った公務員同士が意を通じ合ったのだな。
検察、裁判所、法務省。
もちろん裏にはマスコミが広報機関として国民に支配の目を光らせている。
民主主義とは程遠い醜い官僚独裁国家ニッポンの実態が明らかになった一年だった。

79. 2011年12月24日 07:44:44 : vtaXSg5Mqs
講釈師見てきたような嘘を言い、とは言い得て妙だ。
 講釈師とはいわないまでも、第五検審会委員と会ったのならその経過も時系列で説明しなければならない。検審会事務局が秘密にしている「国家の最高機密」がなぜ「本人の口」から漏れたのだろうか。それも「反省している」とは出来過ぎだろう。それはむしろ第五検審会は普通に存在しているし、ごく普通の市民から選ばれた委員により構成されている、との刷り込みを行おうとしていると勘繰られても仕方ないものだ。投稿氏が「講釈師」でないかとの疑いを持たざるを得ない。

80. 2011年12月24日 07:46:50 : PLqR5e681o
>仙波 『小沢さんを起訴した検察審査会に知人がいた。』

これはガセだろう。

俺は「検審会の秘密を知ってるぞ」って感じで言って、
注目を集めようとする手口かも知れない。
小沢ビジネスではないだろうか。

藤島って、平野と電話してるとこを動画に出したり、
小沢派の黄川田総務副大臣に門前払いくらった奴。

政治家になりたいがため、名刺をバラまいてるのだろう。


81. 2011年12月24日 09:37:32 : FZgGiDbYMh
Justice delayed is Justice denied

今日友人と会いました、皆様は検察審査会の議決日は9月14日のは
おかしいと言っていますが。

民主党代表選で小沢先制が首相の菅直人に敗れた「9月14日」だったからだ。
「検察審査会は代表選の結果を見て議決した」間違いありません。

どんな状況になってもこれからも小沢先生に応援します。
正義は小沢先生の側にあります。

19世紀のイギリスの首相
(GLADSTONE)正義について
こう言いました。
Justice delayed is Justice denied



85. 2011年12月24日 11:40:06 : 0EopofEgjc
>>63

がはは〜www
オレもとうとう呪われる立場になっちまったw

>■貴殿のような者がいる限り、我々は死んでも負けることはできない!覚悟しろ!

ハイ、謹んでお待ちしております。

>61のような輩に出会うと命懸けで闘おうという気持ちにあらためてなる!

じゃ、もっと藤島のスレに頻繁に出没してやるよ。
アンタのやる気を増やすいい刺激になるだろwww

ただ一言。
国民一人ひとりがどういう社会を目指すべきかを真剣に考えるのはすごくいい事だし、絶対必要な事だと思う。
しかし、残念なことに「街カフェを支援する事」=「国民一人ひとりがどういう社会を目指すべきかを真剣に考える事」じゃないとこが味噌だw
普通自分の理想をしっかり持ってる人は、他人の攻撃をする前に、自分の理想や理念を多くの人に理解してもらう事に多くの時間を費やす。
「まず敵を攻撃」って考えるのは、共産主義国家のように「敵」が必要だから。
街カフェは共産主義じゃないだろうから、敵(国家、官僚など国民とは相対する者たち)を攻撃する事で、自分の存在感を示そうとしているようにしか見えない。
だから藤島自身が目指すゴールは何なんだって言ってるんだよ。
つまりビジョンだ。
バ―シチズンみたいな自慰行為に耽ってないで自分の考えを固めろよ、党首なんだろ?
ビジョンを示せ。


86. 2011年12月24日 12:10:39 : Flf7N16QjT
>>60さん.
>>51. 街カフェTV 2011年12月23日 20:53:00 : FhSY.VZyAvKpM : SlRKD1XhEI
>>@検察審査会が実存していた⇒これまでの筆者の不存在疑念が根底から払拭され、迷いが無くなった。
A当該審査員が40代男性であった⇒残りの10人は若いんだな…
B当時は起訴相当と判断したが、現在は後悔している⇒正直でまともな国民なんだと理解できる。
C判断を間違ったのマスコミの影響だ⇒やっぱりそうなんだな…
以上が分かった。。。という報告記事です。>>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜略失礼〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
つまり、
@〜Cまでは、藤島氏の問題意識の欠如を暴露したもので、一匹の茹で蛙でしかありません。


同感です。藤島さんの活動には感謝します。でも一縷の疑念もわかないではありません。
藤島さんのこれまでの多くの街頭演説や、反原発デモで逮捕された人を支援し警察に憲法を声だかに糾弾演説される姿(これは勿論賛同ですが)をみるにつけ、藤島さんも逮捕されるのではとヒヤヒヤしていましたが、警察は優しいですね。あの怖い丸の内警察が。仙波さんも元警察か。

↑は、私の邪心な関係付けにすぎませんが、藤島さんのコメントは、あえて仙波氏の情報から実態があったこと、普通の検審会議がおこなわれていたんだと、仙波氏の発言を(擁護でなく)念押しして無自覚な思考に自覚させ促進しているように見えます。

疑惑解明のテーマに対して、軽率というよりきな臭さを感じてしまう。
お立場をもう少し明確にされたほうがいいのでは?


88. 2011年12月24日 12:49:15 : lQyOSyythI
>>86. 2011年12月24日 12:10:39 : Flf7N16QjT

そうやって、藤島さんの事を貶めようとするわけネ、凄いね〜!


89. 2011年12月24日 12:50:49 : DcxDg6lzRM
>>87
 
『たとえば、度々報道のあり方が問われている TBS。推計だが、
 
約 1260名の社員に占める カルト信者が約 260名(これまでの推計)以上存在している。
 
まともな放送は不可能な理由がわかる。
その親会社である毎日新聞は、創価学会の機関紙・聖教新聞、公明新聞等の印刷を
請け負い始めて 30年以上になり、創価学会の子会社化している。
 
印刷請負は、他に朝日、読売、日本経済新聞、の全国紙をはじめ
中日(東京)、北海道、西日本新聞等のブロック紙や地方紙にも及んでいるが、
毎日新聞の請負規模は歴史とともに印刷部数は 200万部(推計)超で断然トップである。
 
そのため、創価学会関連の記事や広告が多く、また創価学会幹部の発言がコラムや対談記事として
掲載されるケースが他紙に比べて多い。そこに新聞が本来持つべき「編集の独立性」や「客観性」は
すでに存在しておらず、“創価新聞”と揶揄される理由がある。』
 
http://www.asyura.com/0601/cult3/msg/262.html
 
 
● TBSの不祥事年表
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/18.html
 

90. 2011年12月24日 12:57:20 : CDzS4hlHiw
スレの題名で煽ってるわけだから、題名通りのエビデンスを挙げろってことだね

それが出来なければ、ただ酒所望の、酔っ払いじゃね?


91. 2011年12月24日 13:13:01 : yH09CaL0b2
流石、藤島先生!
こんなガセネタでコメントを90も集めるとは・・・
しかし、藤島先生、平野氏との電話とか今回の件とか、
自分で情けないとは思わないのかな?

93. 2011年12月24日 15:09:06 : 0EopofEgjc
大風呂敷広げるなら、自分の理念をすべし、って言ってるだけだよ。
じゃないと藤島の「新党市民」は、ただのクレーマーの集まりになっちゃうよ。
それで良しとするならオレは「新党」とは認めないだけ。
党首のビジョンに共感するからこそ国民は応援するんじゃないのかねぇ。
じゃないと在特会と大した違いがないように思うよ。
文句付けるのは簡単だが、理想の社会を考え出すのはアホじゃできない。
オレは藤島がアホかどうかを見極めたいんだよ。
うっ憤晴らしにやってる訳じゃないんだろ?

94. 2011年12月24日 15:25:04 : ANUsnoO5nw
藤島さん、Twitcasting 見ましたよ。

このスレッドのDisコメントは、気にする必要ないですよ。

Disり多いということは、それだけ権力側が
いやがっているということです。
勲章みたいなものですから。

阿修羅読者の大多数は藤島さんの活動を理解し、応援しています。
声なき声は、藤島さんの応援者ですから。


95. 2011年12月24日 16:04:12 : NwlkA4uSKg
>>31
>>カルトの集会を報道すれば、偏向報道になるだけ。

明治大学のシンポジウムのメンツを見た上でカルト扱いですか?ww
バカも程々にしてくださいよ〜〜〜


97. 2011年12月24日 16:53:28 : CDzS4hlHiw
>>94
世の中には権力と藤島マンセーしかいないのかね

権力と国民、それと小沢にかこつけて、ただ酒のむ奴がいるんだぜ
二項対立頭はやめれ


99. 2011年12月24日 17:04:22 : wUb8cp7a76
>>88
> >>86. 2011年12月24日 12:10:39 : Flf7N16QjT
> そうやって、藤島さんの事を貶めようとするわけネ、凄いね〜!

86です。全く貶める意思などありません。下らないくらい。
藤島氏が仙波氏の情報を爆弾発言として、上記に書かれた@〜Cを述べて
おられるので、それを読んでの異論です。

なぜなら、情報をありのまま提供しているともおっしゃっていますが、
それなら@からCのコメントなど主張するべきではないでしょ。
藤島氏自身が後押しして、読者に意識づけしてしまいかねない。

本来、情報提供者として、ありのまま提供すればいいし、自身の主張は別途、正式
にすればいい。混乱させる原因を自ら作っているではありませんか。

仮に、今後、裁判などで第五検審会の実態が明確にされ、仙波氏の情報に事実と違う発言との齟齬が発生したら、藤島氏の@〜Cは軽率発言だけで済ませらるんですか?
そのほうが、藤島氏の存在とこれまでの活動を軽視していることになりますよ。つまり無視しているわけです。真剣に対応するなら、深く検討すべき問題なのだというべきでしょう。アバウト同士なら、別にかまいませんが。

藤島氏も同様、国民に広く伝える立場は、自己主張したい場合、事実確認とともに慎重さは基本。根拠を示して客観性と主観を分けて論じるブロガーと同じ意味ですよ。

内容や実務を精査せず、感情的に支援しても藤島氏の今回の情報提供活動には、支に値しません。本当に支援したいなら、藤島氏に仙波氏の発言の信憑性を示す証拠だったものを少しでも出してほしいと願うことになります。それだけの重要発言なのですから。


102. 2011年12月24日 18:43:54 : gfkWMkeQF6
守秘義務以上に犯罪の告発が上にきます。
誰しも、犯罪を見たら告発することが、義務付けられています。

103. 2011年12月24日 19:19:50 : IhV7gExJDc
藤島さんって、小沢カルトなの?
年齢のわりに中身ないように思うんですが、間違ってますか?

105. 2011年12月24日 19:59:57 : ZEAWNj7gao
仁義なき戦い
日本の警察が、マフィアとフランク・シナトラの関係を正面から批判できたら、少しは、おやと思うことにしよう。CIAの麻薬の違法な関係について、真正面から批判できたら、さらに、おやをプラス。
私はやくざなんかとは何も関係がないが、山口組と稲川会との対応の偏りは、誰でもよく分かる。
つまりは、アメリカからの無理筋指令に従う無様な醜態を晒しているということだろう。
やくざに偏った扱いをして、どうして、暴力団排除条例なるものの仕事が、まともに遂行できるのか?
某小泉稲川会後援会には、何も出来ないのは、小泉のキャッチボール相手のブッシュがいるからたろう。小泉の息子が芸能会で働いているが。
さらに、古い話だが、CIAエージェントの岸信介が日米安保の解きにアイゼンハワーの訪日阻止のために、木村篤太郎、CIAエージェントの児玉誉士夫らによって使ったCIAが使った系列のやくざに関しても、きちんと排除してくれるのだろうな?
真面目な警察官を、稲川会やCIAやくざ、日本の裏の巨体利権を狙うマフィア達の思惑の手先には使わないでほしい。
朝鮮系パチンコ関連、風俗関連の天下り警察がらみのやくざ組織の排除もきちんとやるべき。
また少しずれるかもしれないが、勝手に武器輸出三原則を解体中だ。軍産複合体の資本が日本に巨大な拠点を作るのだろう。
今の世の中の人心荒廃ぶりは終戦直後に似ているのではないだろうか。社会ルールなんかあって無きがごとくの。強欲な者達の横暴は日常的、警察は腐敗(現在はトップが腐敗と言うべき)、国民の間には絶望が広がる。世界金融独占のユダヤ人資本の買収国家になりはてた日本の無様な姿。
腐敗官僚と腐敗財界、腐敗政治家は、ユダヤ人資本に隠れて日本の切り売りをしていたが、露見。
気がつけば、マスコミも検察も警察も何もかも腐敗政治家が切り売り≠オていた。
言っておくがなあ、ユダヤ資本との日本の切り売りは不正行為だ。不正な契約行為はすべてが無効というのが正しい法の立場だ。それは不正行為により与えた損害の賠償をされる立場に立つと言うことなんだ。正しい日本国民は、彼らから取り立てる膨大な賠償金で突然に豊かになれる。

106. 2011年12月24日 21:28:15 : XgyaQv4wq2
>仙波 『小沢さんを起訴した検察審査会に知人がいた。』
>一同 『えっ!』

この期に及んでも氏名等が公表できないのだから、
『自分が第5検察審査会のメンバです』と名乗り出たとしても、誰も真偽は分からないということだ。

仙波氏の話はウソ臭い話だ。


107. 2011年12月24日 21:42:10 : fcpJGIitj2
■食いつきがいいネ〜。

「検察審査員」という単語にすごく反応してかき回しに来る方々ごくろうさまです。

やっぱりここ(第五検察審査会)が最重要ポイントであることは、向こう側の人々の食いつきの良さで図ることができる。


108. 2011年12月24日 21:46:46 : 0EopofEgjc
ストレーに申し上げる。
アンタの長所は「行動力」と「バイタリティ」、短所は「短絡的」。
総務省に文句付けに行った時によく分かった。
だってね

「政治資金規正法
第二条  この法律は、政治資金が民主政治の健全な発達を希求して拠出される国民の浄財であることにかんがみ、「その収支の状況を明らかにすることを旨とし=(Α)」、「これに対する判断は国民にゆだね=(B)」、いやしくも政治資金の拠出に関する国民の自発的意思を抑制することのないように、適切に運用されなければならない。」

(A)は総務省の役割、(B)は国民の役割でしょ。
総務省は収支を広報するのが役目、国民はその内容を判断するのが役目なのさ。
だから、収支報告書の内容や記載方法について文句付けても、一定に書式に則り不備かなければ公開し、その内容については国民自らが判断するんだよ。
だから収支法告書の内容(記載の場所や書式の不備)については総務省が答えられるが、その内容は広表するだけで、それについての疑いや疑問に関しては国民が訴えるしかないんだよ。
総務省は収支報告書を調べる機関じゃないって事。

オレはアンタの「行動力」と「バイタリティ」には敬意を感じてる。
だから「新党市民」の代表にアンタがなったなら、アンタをフォローしてくれる信頼できるブレーン(悪い言い方をすれば早とちりを諌め、どこにその問題をぶつけるのがいいのか詳しく調べてくれるような)をそばに置いておくべきだね。
きっと今よりずっとスムーズに事が運ぶはずだよ。
アンタは一種のカリスマ(カリスマはえてしてやりすぎるからなw)なんだから、優秀なブレーンが必要なんだよ。

で余計な事は切っちまえ(特にバーシチズンなんか唯の自慰行為にしか見えないよ。応援してる人もいるかもしれないけどさ)。

何より大事なのはアンタの活動の目的=ビジョンだ。
それはブレーンたちとの結束を高めるためにも、皆で議論し合いみんなが合意できる素晴らしい目標にすべきだよ(大風呂敷はいらないよ。既存のものに文句を言うやり方じゃなく、こういう新たなやり方が社会の為に必要なんじゃないか、って言うものを作るんだ。で、理解してくれたみんなで実現させようってさ。それが政治の原点だよ)。
ブレーンもいれば、拡散も楽だしね(彼らがちゃんと主旨を理解していれば余計に)。

「部外者が何っいてるんだ。大きなお世話だバカやロー」と思わず、ちょっと考えてみてくれ。
オレはこうした動きがこれから大切になってくると信じてる。
出来ればその先陣を切ってほしい、折角の「新党市民」だからな。


110. 2011年12月24日 22:12:01 : KLptv4G8xQ
権力誇示者の小沢一郎氏に 憧れる日本人は居ません。
権力者崇拝の時代は 終わったからです。
小沢一郎氏を嫌う?様に見える 石原東京都知事が 太陽族を生み出した時代は
石原裕次郎の様な ワルに憧れ ヤクザに憧れる若者が多い時代もありました。
女性の描く理想的な男性も 威張った権力誇示者でした。

それを完全にぶち壊したのは 皮肉な事に 韓流ブームの火付け役『冬のソナタ』だった様な気がします。
韓国が 一夫多妻で男尊女卑が激しかった 乳だしチマチョゴリ文化とは知らない
ワルに憧れた世代の
おばさんたちが 男性の理想像を間違えていたと気が付いた。
ヨン様の様にやさしい男性との恋愛だった。 欧米のラブストーリーの東洋版を描いてくれた事でした。
日本の若者には ありがちに思えても おばさん達がショックを受けたのです。

戦後の日本も ユダヤ・フリーメイスンの洗脳で近代化を間違えていたのです。 


111. 2011年12月24日 22:14:13 : AHP301HUto
>仙波氏の話はウソ臭い話だ。


本人に聞いてみたほうが早い。


113. 2011年12月24日 23:05:59 : TwD20Z9kC6
>>94さんの言うとおり。

 


114. 2011年12月24日 23:07:24 : TwD20Z9kC6
>>107さんの言うとおり。

119. 2011年12月24日 23:55:17 : JwDwgGy09c
小沢元代表弁護側、「虚偽」報告書を証拠申請へ

資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)の公判で、
当時の東京地検特捜部検事が作成した捜査報告書に虚偽があった事実が発覚した問題で、小沢被告の弁護側は来週、
この報告書を根拠にした東京第5検察審査会の起訴議決は無効だとして、報告書を東京地裁に証拠申請することを決めた。
同審査会に提出された捜査資料のリストの開示も求め、報告書などが起訴議決に与えた影響を明らかにしたい考えだ。

この捜査報告書は、元特捜部の田代政弘検事(44)が昨年5月、保釈された同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)の再聴取後に作成。
昨年1月の勾留中の取り調べで小沢被告の関与を認めた理由として、
石川被告が「検事から、ヤクザの手下が親分をかばうようだと言われたことが効いた」と述べたと記載している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111223-OYT1T00780.htm


120. 2011年12月25日 00:02:31 : B7wZ0VRrvQ

 お金の分配権をめぐる権力闘争は、日本銀行にとどまる話ではない。日本銀行は単独で意思決定するという側面もあるが、一方で政府や財務省からの影響も無視できない。日本銀行の最高意思決定機関である政策委員会には、政府から財務大臣などが出席しているのだ。政府は、日銀をコントロールできる立場にあり、お金の分配権も持っている。

 歴史的に、戦前の軍事政権の残党グループと戦後に日本に介入してきたアメリカグループがこの権限を二分していた。後に前者が持つ権限を受け継いだのが経世会やその裏にいたグループである。そして、さらに細かいお金の振り分けをするのが大蔵省の仕事だった。

 だが、問題は1980年代から始まった。このころ、経世会の裏にいる金庫番たちが次々と暗殺され、G5(先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のプラザ合意で円高ドル安が決まった1985年以降、日本は実質的にアメリカの子会社となり、大蔵省の幹部クラスの人事もアメリカによって決められるようになっていったのだ。

 重要なのは、日本の総理が何を考えていても、直接アメリカが大蔵省に指図してしまうということだ。後に当時の橋本竜太郎総理が大蔵省の無力化を狙い、伝統あるその名前まで取り上げ、財務省と金融庁に分解されることになったが、結局この両省庁間では往復人事が許され、「大蔵省」は事実上復活した。

 橋本竜太郎といえば、小泉純一郎が登場する以前から改革派保守政治家の頭目で経世会会長だったが、大蔵省改革を断行したことでアメリカ側から目の敵にされ、2004年に日歯連闇献金事件が捏造されてしまった。

 この事件は、橋本と青木幹夫、野中広務といった経世会の重鎮たちが、当時の日歯連の会長や理事と料亭で会食し、その際に小切手で1億円を闇献金として受け取ったというものだが、証拠はなく、結局は不起訴に終わった。

 とはいえ、「闇の支配者」の走狗として橋本叩きに奔走したマスメディアの報道によって政治力を失った橋本は政界を引退。挫折感の中で、2006年に多臓器不全で死去した。

 橋本は大蔵省改革を推し進めたことでアメリカによって殺されてしまった一人だ。正式には「敗血症性ショック」が死因とされているが、実際には毒殺だったという。これは日本の大物右翼や、竹下登の現役時代の金庫番だった人物など、複数の信頼できる当時の関係者から得た確実な情報だ。ちなみに、竹下も経世会が持つお金を分配する権限をアメリカに譲らなかったために殺されたのだと聞いている。

 そして現在、日本の良識ある保守勢力がずっと守ろうとしてきた権限の多くは、ロックフェラーやロスチャイルドによって取り込まれてしまった。菅が総理に就任してから取り組もうとしていた「勝負」とは、その円の分配権をロックフェラーやロスチャイルドから日本に完全に取り戻すための戦いだったのだ。これらの情報は、この権限を手にした経験のある複数の人物から明かされたものである。

 この勝負の行方は、日本だけに意味のあるものではない。日本のお金の分配権がどこに渡るかによって世界の未来が決まるといっても過言ではないのだ。

 そもそも日本は、長年にわたって汗水垂らして働いたおかげで経常黒字が続き、形式的には世界最大の債権国であり、本来は世界におけるお金の分配権を持っていてもおかしくはないのだ。日本が本気になってお金の分配権を奪還できれば、潤沢な資金を背景に、日本が持つ潜在的な力で世界中の環境破壊や貧困を解決することも可能なのだ。

 鳩山政権時代、日本のマスコミはアメリカ軍基地問題をさかんに取り上げ、世論も大きな関心を払っていたが、「お金の分配権」の問題と比べたら、小さな話に過ぎない。

 だが、日本がお金の分配権をアメリカから奪還できた場合、アメリカは破産するかもしれない。そして、世界中のアメリカ軍基地が一度に引き上げることになれば、それまでアメリカ軍が世界各地で働いてきた悪事のすべてがバレて、世界の覇権をあっという間に失ってしまう。また、曲がりなりにも世界の警察官を務めてきたアメリカ軍が世界中から撤退するようなことになれば、世界の秩序は崩壊し、日本も中国の植民地になってしまうかもしれない。

 そこでアメリカは日本を懐柔しつつ、混乱を防ぐために、さまざまな動きを演じた。例えば、2011年7月に、日本が紅海に面するアフリカ北東部の小国ジプチ共和国に4000万ドルの巨費を投じて軍事基地を開設したことが挙げられる。日本が海外に軍事基地を持ったのは、第二次世界大戦以降初めてのことだ。表向きは「ソマリア沖の海賊対策のため」とされているが、実際には前述したような背景が隠されていたのである。

 日本以外にも、中国やロシアを含め、多くの国が新たな海外軍事基地を建設しているが、それらはすべてアメリカ一極集中支配後の世界の治安を維持する目的で作られているのである。

 当初、菅は「闇の支配者」と対決する姿勢を示していた。ところが、徐々に支持率は低下していき、最終的には10%台まで落ち込み、退陣に追い込まれた。増税発言で見られたように、菅は初っ端から「闇の支配者」の操り人形に成り下がってしまったかのように見えるが、その最大の理由は、スキャンダルを握られていたことにある。

 菅のスキャンダルといえば、1999年に勃発した、ニュースキャスターの戸野本優子との不倫スキャンダルが思い起こされる。当時は自民党が公明党と連立して政権の安定化を模索していたが、民主党や世論は公明党の政権入りには批判的だった。

 そこで、自民党は批判の矛先をかわすため、民主党の幹部だった菅のあら探しに狂奔した。警察が持つ自動車ナンバー自動読取装置「Nシステム」を駆使して菅の行動を24時間監視して、ついに全日空ホテル東京(現ANAインターコンチネンタルホテル東京)23階で不倫の現場写真を捉えることに成功した。写真は「週刊文春」に掲載されて大問題となる。「週刊文春」といえば経世会とパイプが太いことで知られるが、当時の自民党総裁は平成研究会(経世会が1996年に改称)の小渕恵三だった。

 スキャンダルの勃発に、菅は「一夜は共にしたが男女関係はない」と強弁したが、逆にそれが流行語となり、恥をかいただけであった。

 ともかく、スキャンダル報道によって民主党が被ったダメージは大きく、「汚れた民主党」と袂を分かって自民党と組む公明党の姿勢こそが正しいという世論が形成され、自公連立が成功したのだ。この事件で、菅は権力に睨まれればどうなるか、その恐ろしさを身をもって知ったのである。

 では、総理になった菅を日和らせることになったスキャンダルとは、どんなものだったのか。大物ヤクザや右翼の間では、菅が過去にあらゆるところからお金をもらっていたということは常識になっている。

 また、民主党議員で、2002年に右翼の襲撃を受けて死んだ石井紘基は、殺される前に「私がこれから公開する日本政界をひっくり返すような事実を示す証拠資料は、菅さんに預けるしかない」と側近に語っていた。ところが、石井が殺されてからも、菅がそれを公開することはなかった。菅は、石井暗殺事件をもたらした原因についても知っていた。

 菅は、やがて3・11がテロだということがわかると、表向きは市民運動出身らしく「原発反対」と勇ましく唱えながら、「闇の支配者」の陰に怯えていた。

 菅がそんなていたらくであることは、発言、表情、挙動などから自然と他人に知られてしまう。菅政権内では、総理の威信が低下したために怒号が飛び交う大喧嘩となり、国民からの支持率も降下していった。そして、やむなく菅は退陣した。

 菅の後任となる民主党新代表を決めるにあたって、争点となったのは「小沢をどうするか」という問題だ。小沢自身は2010年10月に陸山会事件で強制起訴されて民主党の党員資格を停止されており、小沢外しが進んでいた。もちろん代表選には立候補できない。

 ところが、馬淵澄夫、海江田万里、小沢鋭仁らの各代表立候補者は小沢詣でをし、脱小沢路線の強硬派だったはずの前原誠司までが小沢に支援を要請するに至った。結局、小沢は海江田を傀儡に指名した。

 今回のように、ここ20年近く、日本の政界は親小沢か反小沢かで割れてきたが、それは闇の権力の間でも同じだった。

 「闇の支配者」に忠実なグループや山口組など、日本の闇の権力の中にはさまざまなグループが存在するが、それらが小沢への評価をめぐって意見が対立。そんな中で、野田は表向き反小沢ということになっていたものの、どっちつかずな面もあり、それが闇の権力にとって都合がよかったらしい。

 日本のトップリーダーとされるレベルでも、まだ裏の動きというものがわかっていないのが現実だ。日本において、「闇の支配者」についてまともな認識があるのはごく限られた人間であり、総理大臣や財務大臣、財務省の事務次官、日銀総裁ぐらいにならなければ知らされない秘密事項なのだ。野田も総理になってから初めて「闇の支配者」の実態について教わり、カルチャーショックを受けたと思う。菅はそれを知ってから怖じ気づき、あのザマになってしまった。

 そもそも民主党は政権を獲得してからまだ数年しか経ておらず、闇の権力の秘密を知っている人間は極端に少ない。対する自民党は、長らく政権を担当していただけに、知識としてはそれなりの積み重ねがある。だが、自民党の政治の仕組みは派閥単位で政策を決めてきたという歴史があり、ある意味で民主主義的でありすぎたために、組織全体としては脆弱で意思決定のスピードも遅かった。そのために、闇の権力に足元をすくわれ、政権与党の座から滑り落ちてしまった。

 一方、民主党は小沢に代表されるように、何事もトップダウンで、密室で決定する徹底した中央管理のシステムがある。以前は菅、鳩山、小沢、岡田など数人の幹部が密室で事を決めていたが、鳩山は祖父の鳩山一郎の代から続くフリーメーソン、小沢はかつてはロックフェラーの手先で、今も得体の知れないところがあり、菅も結局は闇の権力に屈することになった。小沢についていえば、もともと独裁傾向が強かったのに最近はトーンダウウンしているのは、2011年10月ごろにアメリカの「闇の支配者」から「再び権力の座につこうとするなら殺すぞ」と脅されたことが大きく影響しているという。

 また、民主党本部が入居するビルの横には、ピラミッドと目玉の「プロビデンスの目」と呼ばれるフリーメーソンの紋章が掲げられている。フリーメーソンが組織を動かすのに組織の頂点を抑えるのは昔からの戦略であり、民主党議員も98%はこの秘密支配の構図に気付いていないはずだ。

 小沢が民主党で権力を握っていたころ、選挙のデータはすべて小沢に集められ、小沢はそれを他の議員になかなか洩らそうとはしなかった。民主党政権が立ち上がった当時に小沢が考えていたのは、いかにしてこの国の独裁者になるかということだった。だから、阿吽の呼吸で話ができる2、3人の側近だけを近くに置き、残りの議員は子供が教科書から学ぶように小沢の言う通りにする仕組みを実現しようとした。こんなやり方は日本の政治にとって望ましいものではなく、小沢の独裁者への願望は周囲を警戒させる。

 そこで小沢は、いつも奥の院にいながら、あくまで自分が目立たないように権力を操作することを好む。今回の代表選でも、海江田を表に立てて自分は背後から権力を操作するというやり方を狙ったが、裏の仕事は、やはり闇の権力のほうが一枚上手だったようだ。

 もうひとつ、今の政治を語るうえで欠かせないのが創価学会の動きだ。戦後一貫して政治のキャスティングボードを握る立場にあり、今のように与野党の力関係が拮抗する混乱期にあってはその存在感を増す。また、創価学会は日本の闇の権力の一翼をなす組織であり、監視を怠ってはならない。

 池田名誉会長は、2010年5月の本部幹部会以降、創価学会の公式行事をすべて欠席している。公式には「体調不良」ということになっているが、私が学会関係者に取材した限りでは、すでに脳梗塞で寝たきり状態に陥っていると聞いている。

 指導者不在に陥った公明党だが、本来ならば大きな力を持っている。何しろ支持母体の創価学会は800万世帯というとてつもない数の信者を抱え、また警察や裁判所などあちこちの組織に信者を送り込んでおり、いざ号令がかかれば大変な運動を起こすことができる潜在力を持っている。さらに宗教法人ということで非課税であり、莫大な資金を持っている。

 そこで、公明党が指導者不在となった隙に目をつけ、乗っ取りを画策した人々がいる。そのひとりが小沢だった。小沢は野田を使って公明党をどうにかできないかと考えている。

 現在の創価学会は長男・博正氏、三男・尊弘氏、そして池田ファミリーに実権を握られたくないグループの3つに分かれて後継者争いを繰り広げていると言われているが、このままでは教団が分裂する危険性もある。これは日本の政界にとっての大きなポイントだ。

 また、さる情報筋によれば、公明党と創価学会は、お家騒動とは別に、近々に新体制を敷いて再出発する動きもあるという。その場合、公明党は自民党や民主党から離脱する議員とともに新政党を立ち上げ、解散総選挙に持ち込む機会をうかがっているという。

 創価学会が分裂すれば、公明党は分裂するのか、それとも解党して民主党や自民党に合流するのか。公明党が分裂する前に小沢が乗っ取りに成功するのか。はたまた新体制のもとで、民主党や自民党の一部を飲み込んで一大勢力に変貌するのか・・・。さまざまな要素が複雑に絡み合っているが、創価学としては、1991年以来、決裂状態にある日蓮正宗と和解して体制を立て直すことを模索しているというが、それも成功するかどうかはわからない。

 この公明党の危機を占うモデルケースとして挙げられるのが自民党の解体だ。自民党が力を失い、いくつにも分裂して、政権を譲り渡したきっかけとなったのは、郵政民営化だった。

 そもそも小泉・竹中のコンビが民間の銀行をあらかた「闇の支配者」のエージェントである外資に手渡し、「それでも足りなくなったから、今度は郵便貯金もよこせ」と言われ、あっけなく明け渡したのが郵政民営化の真相だった。それによって党内に小泉・竹中への怨嗟の声が渦巻き、政党としての体をなさなくなっってしまったのが、自民党凋落の原因だった。

 2005年に郵政民営化で発足した日本郵政の初代社長に就任したのが、三井住友銀行の頭取だった西川善文。西川は三井住友銀行の頭取時代の2003年にゴールドマン・サックスに優先株1500億円を発行し、「闇の支配者」の軍門に下っていた。郵政民営化は「闇の支配者」の思惑で実現したものだった。

 小泉・竹中コンビのこうした売国的政策を見せつけられ、さすがに従来の自民党の保守派たちも、「俺たちのプライベート金庫だった郵便貯金にまで手を出すな。やっぱりこれはおかしい」と猛反発した。一方で、「今の日本には構造改革が必要だ。これに反対するのは、すべて抵抗勢力だ」という讒言で国民を欺き通した小泉は、偽りの高支持率を背景に2005年の郵政選挙で圧勝した。その結果、小泉から「抵抗勢力」と指弾された真の自民党保守勢力は、「このままでは日本全体が小泉とそのバックにいる外国資本に乗っ取られる」と危機感を強めた。そして、最後の最後で、彼らは小泉や海外勢力と対決しようと地方の官僚や農家と団結して盛り返し、小泉を退陣に追い込んだ。

 もちろん、「闇の支配者」の連中としては、この動きが面白くなかった。そこで彼らは、実権を握る人間の少ないトップダウン式の民主党に触手を伸ばしていった。

 「闇の支配者」から見た場合の野田の問題は、従来の民主党的なやり方を否定して自民党的な政治手法を採用し、さらに自民党との大連立構想を強く打ち出していることだ。「闇の支配者」にとっては、野田ひとりを抑えれば日本を管理できるというわけではない状況である。かくして、現在の日本の政界は「闇の支配者」の管理が行き届いていないといえよう。

 野田が実際どうなるかは、知日派の政治学者でCIAの左翼担当エージェントでもあるジェラルド・カーティスや、モサドのエージェントであるマイケル・グリーンなどと、どうやり合うのかを見てから判断しなければならないだろう。

 野田に注意してほしいのは、外国の諜報機関のエージェントというのは、何も大使館に所属していたり、外国籍を持っていたりするというだけでは判断できないことだ。日本国内には黒い目のエージェントがあちこちにいて、仕入れた情報を彼らの「本国」に送り、気が付いた時には外堀を埋められて身動きが取れなくなり、彼らの言うことを聞かざるをを得ないような状況になってしまうことがあるということだ。

 例えば、自民党の若きホープとしてもてはやされている小泉進次郎。彼は父親である小泉純一郎の秘書になる前にコロンビア大学大学院で政治学修士号を取得した後、ワシントンD.C.にあるCSIS(戦略国際問題研究所)の非常勤研究員を務めていた。

 CSISはアメリカの保守系シンクタンクで、軍事戦略の研究も進んでいて、アメリカ軍が持つ膨大な数の生物化学兵器の管理センターともなっている。顧問にはヘンリー・キッシンジャー、その弟子でコンドリーザ・ライス元国務長官の師であるブレント・スコウクロフトらが名を連ね、理事にはオバマ大統領のブレーンとして知られるズビグニュー・ブレジンスキーがいる。

 進次郎もCSISに入って洗脳され、エージェントに仕立て上げられたという情報がある。実際に進次郎が書いた英語の論文を読むと、「日本人はユダヤ人に従うべきだ」と書かれていた。また、私は進次郎がかつてプロポーズした元恋人にも話を聞く機会があったのだが、彼女によれば、進次郎は「日本人はユダヤ人に従うべきだ」と言っていたという。「闇の支配者」の連中からさんざん「言うこと聞けば、お前を総理にしてやるし、お金持ちにもしてやる」と吹き込まれたのだろう。彼にとってはいいかもしれないが、我々にとっては迷惑な話である。

 そもそも私が「闇の支配者」と対決するようになったのは、私が彼らから差し向けられた手先からの誘いを断ったことにある。その手先は、「我々の仲間に入らないか。仲間になれば財務大臣にしてやろう。仲間にならなければ死ぬことになる」と脅してきたが、「地球の環境を守るために40億人の人類を殺す」などというとんでもない話には荷担できないと思い、彼らの仲間になることを拒否した。その後、私は「闇の支配者」の実態を暴露する活動を始めたが、何度となく暗殺されかかった。

 かつて日本の政治に活力や勇気を与えることを目的として、テレビプロデューサーだった大谷哲郎らがプロデュースした「平成幕末世直し劇」という舞台が、1999年以降、毎年のように行われていた。

 そこに役者として参加していたのは、当時の現役国会議員や財界人がほとんどだった。現総理大臣の野田や孫正義、原口一博、枝野幸男、石井紘基、河野太郎、石原伸晃、中川昭一、渡辺喜美、上田清司など、そうそうたる面々が集まり、平成の維新を目指して自身を奮い立たせていた。

 だが、当然ながら、そのような政財界の人々の思いは、日本を植民地に仕立て上げた「闇の支配者」の意に沿うものではない。そのころから「闇の支配者」たちは、すでに傘下に収めていた自民党に代わって民主党が政権を取った場合でも、これまで通り日本の政界が従うよう工作を進めていた。

 彼を暗殺した命令系統ははっきりしている。殺害命令を下した大本はロスチャイルドだったという。そして、その日本における手先がマイケル・グリーンという「闇の支配者」の日本担当エージェントだった。

 マイケル・グリーンの上には、ブッシュのほかに、カート・キャンベル国務次官補、パパ・ブッシュ時代の国務長官だったジェームズ・ベイカー、政治学者のジェラルド・カーティスなどがいる(ちなみに現在、その連中から私の殺害命令が出されているという情報も入っている)。また、マイケル・グリーンの下には日本の売国政治家たちがいて、その中には小泉、中曽根、小沢、菅などが含まれているという。

 石井は長年の調査の末に、この売国奴ネットワークが日本の富や国民の貯金を外国勢力に流しているという確実な証拠をつかんでいた。しかし、石井はそれを2002年10月28日に予定されていた国会質問で明らかにしようとした矢先に殺害されてしまった。石井が集めた証拠資料の一部は事件現場からカバンごと持ちさられたままだが、そのほかに残された膨大な資料は、今も数カ所に分散して厳重に保管されている。

 最終的に殺害の下請けをしたのは日本の某ヤクザ組織だった。石井を刃物で刺殺した実行犯である伊藤白水がある人物に宛てた手紙には、伊藤白水に殺害命令を直接下したのは民主党の人気女性議員の蓮方議員などの裏の仕事をしている世田谷区在住のXだったことが実名を挙げて記されている。

 また、あるやくざ組織の中枢人物による『Xが石井を殺害した』という証言も録音されて残っている。他にも、著名な政治家やあらゆる大物裏関係者から出た同様の絶対的証言が、合計数百時間分の録音テープや映像に記録されている。

 石井が殺されたあと、世直し劇の演出を手掛けていた大谷も、口封じと見せしめのためにレインボーブリッジから東京湾に投げ込まれた。発見された時にはまだ息があったが、その後に病院で殺された。

 私は2008年ごろ、大阪でなにわナンバー「4444」の黒いロールスロイスに追われたり、喫茶店でヤクザ風の男に拳銃で射殺されかかったりしたことがあるが、複数のヤクザ関係者によると、私を殺そうとした組織と石井や大谷を暗殺した組織は同じだという。

 また、私をつけていたロールスロイスは、石井が暗殺される直前まで尾行されていたのと同じ車だった。そして今、この組織は「サバタイ派マフィア」と呼ばれるグループの命令で日本銀行や皇室関係者を脅し、圧力をかけているという。

 私が命を張ってまで、こうしたことを言うのには理由がある。

 「闇の支配者」の連中は、第三次世界大戦を起こして40億〜60億もの人間を削減し、彼らによる世界独裁政権を作ろうと計画している。その計画を実現させるためには莫大な資金源を確保する必要がある。現在、一部の売国奴ヤクザが日本銀行や皇室関係者に対して圧力をかけているのは、その資金を作るための耕作なのだ。

 私は今、「闇の支配者」の下請けをする彼らが目を覚まし、日本版CIAのような国を守る組織になって欲しいと思っている。彼らが心を入れ替えて真の愛国者になってくれれば、日本の内憂外患の状況は一挙に逆転するはずだ。

 彼らがこうした売国奴行為を止めず、また私が殺されたり行方不明になったりするようなことがあれば、各都道府県の警察、警視庁、検察庁、Interpol (インターポル)、FBIなど国内外の捜査機関やマスコミ各社などに宛てて、一連の証拠テープ、ビデオ、手紙などを一斉に送る用意が出来ている。

 いずれにせよ、日本の権力構造の真実が公になる日は近いと私は思っている。その日が来れば、日本国民は一致団結して「闇の支配者」を国外に追い出すことができるだろう。

 と、ある人物が言っていた。


122. 2011年12月25日 03:34:35 : 0EZ4BnKpdE

藤島よ、お前の言っていた、
「土地資産の記載は、後でも先どもどちらでもいい」
と言っていた事の真意をようやくつかんだ。

あれは極めてタチの悪いミスリードだった。
少々お前らを甘く見ていたようだな。

お前は最初から最後まで、小沢の足を的確なタイミングで引っ張り続けている。
小沢が大連立の根回しをすれば直ちに清和会を叩くというふうにな。

そして土地の記載、あれはどちらでもよいとは決していえない。
石川には、選挙に悪影響が出るのを避けたかったという、
実に遺憾な動機があるからだ。

とはいえ、サラリーマンなどは、先輩や上司のやりかたを教わって、
それをそのまま真似るものだ。
そしてその行為の意味だとか、道徳的意義だとかは一切考えないし、考えてる暇もない。

つまり慣行通りのことをそのままやってれば、
たとえそれが道義に反することであっても、全く間違いには気づかないものなのだ。
それは誰でもあり得る事だろう。

だから別に故意や悪気は感じないものなんだが、
それでも石川のやったことは、明らかに間違っている。

もしそれがただの法解釈の誤りから生じたミスであっても、
間違いを指摘されてもそれに気づかず、同じ過ちを繰り返すなら、
たとえそれが誤解に基づくものであったとしても、虚偽とせざるを得ない。

だから石川は、間違えました。今後はこの様なことはいたしませんと、
裁判官に告げなければならない。でないと確実に有罪になる。
藤島が狙っていたのはそれだ。

そして藤島はどれだけ大きな過ちを犯しても、一度たりとも謝ったことはない。
もう退場するべきだ。

話をかえるが、検察審査会のアリバイはようやく準備出来たということのようだな。
ということは、もうおいそれとシッポは掴めないのかも知れないな。

だが、検察審査会が過ちを認め、実際それはあったのだから、
再発防止のための制度改革は、行わなければならない。
良い口実を作ってくれたものだw

特に、意志決定の誤りを迅速に正せるように、
運営に関する徹底的な情報公開制度と、厳格な記録・監査制度を設けなければなるまい。
またそのためにも、過去の運営に関して、徹底的かつ容赦無い調査が必要となろう。

というわけで、検察審査会の不正を暴くことと、制度改革の準備をすること。
この両面から攻める必要がある。
たとえ挙げ損なったとしても、絶対に逃すな。

もし、石川が反省の弁を述べても、
あくまで裁判所が有罪判決を出すというのなら、
デュー・プロセスの不履行を盾に無罪を主張しなければならない。


123. 2011年12月25日 04:46:33 : 0EZ4BnKpdE

そうそう。
皇民党の話を続けようか?

検察が、大鶴ら過激派に乗っ取られる契機となったのは、東京佐川急便事件だ。

田中-金丸は金権屋というレッテルが盛んに喧伝され、
竹下までリクルートとの関連で巻き添えをくった。濡れ衣かも知れない。
ロッキード事件と同じで、中曽根は必ず政敵と共に献金を受ける。

野田や蓮舫も同じ手をくったのだろう。
菅・前原はガチだと思うがw

そしてそれらの世論操作を経て、政治家を徹底的に締め上げろ、という民意が形成され、
その隙に乗じ大鶴のようなスパイがまんまと潜入を果たし、
検察・警察は腐敗堕落させられ、今に至るというわけだ。

だから検察たたきキャンペーンに、安易にのってはならない。
検察に非がないとは言わないが、その正当な機能まで麻痺させてはならない。

横田めぐみさんが帰ってくれば、北朝鮮の内情も明らかとなるだろう。
そうすれば、金丸の濡れ衣を、明確にはらすことも出来るかも知れない。
金丸は言い訳をしなかったから、情報を整理するのが難しい。

とにかく北は経済開放政策を採り、それにともない、南との人的交流は促進するだろう。
そうなれば南北統一は、水が高きから低きに流れるようなもので、自然と起こり、
これはいかに米中の、よこしまな思惑があるといえども止めておけるものではない。

とにかく、もう北の奴らは逃げられんぜ?w
永遠に飢餓に苦しみ続けたいのなら話は別だが。
続きはまた今度にしよう。



125. 2011年12月25日 08:59:54 : F0ntfHYtZs

バカ前原を小泉後継(長期政権)シナリオ始まったぞ!!

ロシアで不正選挙が暴かれた。日本の官僚勢力は旧ソ連の共産党にたとえられる。小沢ゴルバチョフ、橋下エリツェンに導かれた民主国民に対する旧保守勢力のクーデターといってよいだろう。子供政府を操り恐怖を煽りながら増税に次ぐ増税で国民をねじ伏せる。それでも抵抗すれば、いずれ国民に銃を向ける日が来るかもしれない。プーチンが反政府運動にどう反撃するか、ヒントとしてみておく必要がありそうだ。
野田内閣は官僚勢力の捨て石となることを受け入れて発足した。消費税も年金もTPPも、あげくは八ツ場ダムまで、汚れ役を一手に押し付けられ、4月あたりに引責総辞職する。そして正義ズラして前原が登場、ご祝儀相場の捏造支持率がさめないうちに総選挙だ。そのころ小沢の有罪判決の手がうたれているだろう。裁判所が法と正義の館なんて誰がいってるの。官僚組織の同じ傘の中の身内だ。
次の総選挙は民主、自民、および第三の新党が争うことになるだろう。野田捨て石政権に見返りが約束されているだろう事は想像に難くない。それは選挙に勝たせてもらうことだ。どんな手を使ってでも政権維持させてもらうことであろう。そんな状況下で、大坂市長選で不正が発覚したことは重大だ。何か思いも寄らぬ重大な計略が進行しているのではあるまいか。衆院選は極めて危ない。

追記:前原のアリバイ作りがはじまった。報道2001で橋下の意見に「方向性は同じ」の連発。笑えます。「八ツ場ダム、私は反対した」だとヨ。「消費税反対、
マニフェスト原点に返るべき」は小沢さんのパクリ。さらに解散の可能性発言も小沢さんのパクリ。どうやら小沢一郎と「同じ考え」のフリをして違いを薄める作戦のようだ。菅直人も代表選で「私もそう思うんです」連発だった。同じ人間がシナリオ書いてるな、代表選にそなえて。まもなくマスコミがヨイショ始めるだろう。
報道2001に橋下知事と前原を同列で出演させること自体、すでに前原ヨイショだが、バカさが浮き彫りで逆効果、笑えました。



126. 2011年12月25日 09:25:48 : rrKHSQabmY

藤島さんよ、●×○弁護士に忠告されて、やっと世川行介のやばさに気がついたようだね。

今更遅いかもしれないが、君子あらたむるにはばかることなかれ。

これ以上世川と行動を共にすれば、完全に貴殿の信用は地に堕ちる。

http://blog.goo.ne.jp/segawakousuke/e/239a5e89ae33ff0ee515409691c2db65

> 僕が、本気で向うていったらやナ、
 お前、二度と立ち上がれんようになるで。
 これは、忠告やねん。
 お前程度の男に潰されるほど、世川行介さんはヤワじゃありまへん。


こうやって世川行介は今までもこれからも敵を作って行くわけだが、世川と行動を共にする人々は、その敵を共有することになる。


129. 2011年12月25日 13:03:56 : U2zcAM3pY6
125さん
>バカ前原を小泉後継(長期政権)シナリオ始まったぞ!!

■「(悪)野田vs(善)前原」の対立が次のシナリオ?

仙谷のシナリオは野田ブタにマニュフェスト反故を徹底させて国民との約束違反をさせて国民を怒らせ、とりあえず増税を実現する道を強引につけさせて、その対抗馬として前原を白馬の騎士のようにマスゴミが取り上げイメージ作りをする。

仙谷はどこまで国民をバカにすれば気が済むのだろうか。

●しかし、前原はほんとうに似ているな〜
http://www.youtube.com/watch?v=iQr4Lh5R8qM

うわさには聞いていたけど本当に似ている。

他人とはとても思えない。


131. 2011年12月25日 15:59:31 : 8dKCLC0Lxo
なんか、随分長いスレッドになってしまいましたね。話を逸らせる目的なのか分りませんが、関係ない事が多いようですけれども。

街カフェTV藤島利久さん、論点は単純なことです。
2回の平均年齢34.55歳との合理的な説明ができるかです。

仙波さんがくだんの人物から告白を受けた時仙波さんに平均年齢問題意識があれば、その人物が「2回目に出席した」と話した時に「えっ、すると君は2回も出席したの?」と聞き返す筈です。これを質問せずに「後悔している」だの「マスコミにうんたら」など、どうでも良い事です。
肝の部分を外してあーだこーだ言っても、「2回目審査員は実在した」とか「一回目と2回目は同一人物ではない」などの嘘を流布させようとする工作ではないかと思ってしまいます。


133. 2011年12月25日 18:15:40 : eEhtKjYTTw
http://twitcasting.tv/kochi53/movie/3277982
いい天気ですね
家庭サービスも大事です。

人の書き込みを気にせずに頑張って下さい。


134. 2011年12月25日 19:25:33 : 0EopofEgjc
>>132

宇宙人には心が広いみたいだが、同じ地球人の半島系にはずいぶん厳しいんだな。
宇宙人に何とかしてもらえwww
ついでに宇宙人にテレビ出演頼んでくれよw
一回見てみたい。

オレが在日?
宇宙人に聞いてみろ。
それより宇宙病院にでも入れ。
なんかみんな迷惑してるみたいだゾwww


135. 2011年12月25日 21:07:51 : CDzS4hlHiw
これも藤島のトバシのせいじゃないかね

臭いは大して変わらない


136. 2011年12月25日 23:49:56 : PHRPfKNlRk
投稿者さん。ごめんなさい。
120氏へ。このコメントは、多くの人が繰り返し読んでいるはず。貴重な情報をありがとう。ひとつひとつの情報を、多くの人の目に触れる明るいところへ出して、形にすることは、とても重要。新しい情報は、人の内側で、時間とともに発酵して新しいアイディアを膨張させる。方向性が同じ人達の血行を促進してくれる。とくに、日本では、独立を勝ち取り、生き残るためには、この怪しい繋がり追究はメインテーマです。重量級。分かる人達のレスポンスはここですぐには無いと思う。

137. 2012年1月05日 13:57:08 : IO0VLRYV6s
>>120

>と、ある人物が言っていた。

ベンジャミン・フルフォードだろ。典拠なき口癖が続くもんだな。関心するよ。
多くのブログで言い尽くされたことの、ツギハギを、さも自分の裏情報のように演出する、その接続部分がなんとも裏づけなしの疑惑を齎す原因だよ。

最低限、人の情報と自身の情報は区別して、所見は勝手に接続せずに明確に分けるものだ。ならば多少信憑性が出てくるかもな。

日本の政治思想は、ベンジャミン氏がその時代ごとに自身の主張を受け入れた組織や人(以前は植草氏だったよな!)の思想に乗っかって分析するのとは、わけが違う。

だいたい、小沢がなぜロックフェラーの配下なのか。配下なら、こうも全権力から攻撃すら無かったはずだ。しかも野党の代表でしかなかった。
独裁というなら、60数年間の自民組織や現ミンシュ政権だよ。
独裁用語を安易に利用するな。何かの問題時に、恫喝発言(例えば目に余る官僚行為に対する)などと、わけが違うだろ!!!!!

小沢が政権交代した初期にはじめた陳情システムは自民から見れば、権益を巣くってきた族議員らの排除制度だったから、小沢独裁などとすり替え論が出た。ベンジャミンは、この程度で日本を語るなど屁のつっぱりにもならん。

自己保身や自分の利益に固執した政治屋なら、小沢はこうも国民の信頼を得ていなかった。バッシングの嵐の中で益々小沢政権を願う国民の見る目こそ、間違っていない。今後は、もっと高まるだけだ。

命を賭けて国民第一を示す政治家の理念と、そうでない政治屋どもを見分ける力は、彼にはなかったようだ。

最後あたりの主張こそ、現民主が国民第一に目覚めるため、自身の政治生命をかけて、説得を続けたり、政局に強行姿勢を示したりして、修正の努力を続けている。自公政権時代に逆戻りできないためだ。


138. 2012年1月05日 14:09:16 : IO0VLRYV6s
>>137です。

追加します

>最後あたりの主張こそ、現民主が国民第一に目覚めるため、自身の政治生命をかけて、説得を続けたり、政局に強行姿勢を示したりして、修正の努力を続けている。自公政権時代に逆戻りできないためだ。

上、「現民主が国民第一に目覚めるため、自身の政治生命をかけて、」の、
「自身」は、「小沢自身」のことです。


小沢信頼は揺るぎませんよ。情報合戦に右往左往する小沢でもない。世界情勢も裏情勢も知り尽くした上で、不動の政治理念をもつ政治家はほかにはいない。
小沢についていき、一緒に溺れたら、日本がその程度しかなかったのだとあきらめ、サバイバーを覚悟するよ。他に確かな政治家がいないのだから仕方ない。

ベンジャミン自身の良質な情報もあるだろうに、氏は損してますな。



139. 2013年1月15日 03:10:34 : L0wubXmkLY
小沢氏を総理大臣に何故させないのか。
鳩山の前にやっていたら、こんな腐った日本にはならなかった。

140. 2013年10月09日 19:25:27 : Ku35nxx4tw

2013年07月29日(月) 引用元:週刊現代 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36554
スクープ この国はいつもこんな感じなんです 痴漢で「検挙」された警視庁の元スゴ腕刑事 知ってて報じなかった新聞・テレビって


※高田徹(仮名・64歳) と掲載されていたが、正しくは元警視庁 生活安全部参事官 高木学(64)のため、訂正しています。

痴漢がバレると人生が終わる。即座に逮捕されて、それが報道されるからだ。だが、痴漢をしたのが警視庁の大物OBだったとしたら……。警察が身内に甘いと知ってはいたが、この話はひどすぎる。

被害者は女子高生
東武東上線、池袋発川越方面行きの急行電車。平日午後7時は帰宅ラッシュのピークで、車内は超満員の状態だった。

電車が最初の停車駅、成増に近づいたところで、車内に女性の叫び声が響きわたった。

「この人、痴漢です!」

周囲の人が驚いて振り返ると、声の主は女子高校生で、隣には60代なかばとおぼしき男が立っていた。女子高生は周囲の男性の協力を得て「痴漢男」を取り押さえ、成増駅でともに下車。そのまま駅事務所へと向かった。女子高生によると、男はスカート越しに尻を撫で回したという。

ここまでは、一般的な痴漢事件の展開と、何ら変わらない。普通であれば、こうして取り押さえられた痴漢の容疑者は、駅事務所を経て所轄の警察署に身柄を引き渡され、ほぼ間違いなく逮捕される。

男側の言い分が通る可能性はまずない。女性が痴漢の被害を明確に訴えたら、それでアウト。築き上げてきた地位も名誉も、最悪の場合は家族や財産も失うことになる。

しかし、今回のケースは違った。被害者の女子高生は、所轄である警視庁高島平署の捜査員にこう告げられたという。

「事情聴取は後日、行います。今日のところはこのままお帰りください」

さらに驚くことに、捕まった痴漢男も逮捕されず、その日のうちに帰宅が許されたというのである。

これがいかに異常なことか、痴漢事件に詳しい清水勉弁護士が解説する。

「一般の方は誤解していることが多いですが、痴漢事件の場合、被害者の女性や目撃者も逮捕権を持っているのです。いわゆる私人による現行犯逮捕ですね。警察はそれを追認する形で、身柄を引き取る。

ですから今回の場合、女子高生によって『逮捕』された容疑者を警察が釈放するには、痴漢被害がデタラメだという確証がなければならない。ところが当の女子高生にも事情聴取をしていないわけだから、高島平署の判断はまったくわけがわからない」

なぜこのような事態になったのか。謎を解く鍵はこの男の素性にある。男は、捜査員たちの先輩に当たる人物だった。そう、彼は警視庁の元スゴ腕刑事だったのである。

痴漢の容疑者が警視庁の大物OB?。それだけでも高島平署の捜査員たちは仰天したに違いない。さらにもう一つ、捜査の行方を決定づける重大要素があったのだが、それについては後述する。

ノンキャリながら異例の出世
その男、高木学(64)はノンキャリながら、警視庁生活安全部参事官(副部長にあたるポスト)まで勤め上げ、'08年に退職。退職後は大手デベロッパーに天下りしているから、警察官としては相当の「勝ち組」と呼べるだろう。

「彼が名を上げたのは『耐震偽装事件』です。'06年当時、警視庁生活安全部保安課長を務めていた高木学(64)が捜査の指揮を執りました。姉歯秀次被告ら8人の逮捕にこぎつけたことで、警視庁内での評価が上がった。逮捕を発表する会見も仕切り、『(捜査開始後に)7kgも痩せたよ』と満足そうに語っていました」(全国紙警視庁担当記者)

しかし、この手柄話にも落とし穴があったことを忘れてはならない。逮捕当初は「耐震偽装は組織的な犯行。すべての事件は複合的につながっている」と意気込んでいたのに、後の裁判では偽装に関しては姉歯被告の単独犯であることが露呈している。

「他の被告に関しては逮捕当時に『別件』と批判された容疑で有罪に持ち込んでお茶を濁した、という経緯がありました」(前出・警視庁担当記者)

高木学(64)は元マルイの社員で、脱サラして警視庁に入った変わり種。入庁以降は生安(生活安全部)畑を歩み、姉歯事件での功績も買われて、生安部の参事官(警視長)まで上りつめた。

話を痴漢に戻そう。

冒頭で描いたように、高木学(64)が東武東上線で捕まったことは間違いない。6月18日のことだった。

ところが、それから1ヵ月以上経ったいまも、事件は一切報じられていない。これはいったい、どういうことなのか?。

「逮捕されていないからですよ」

そう明かすのは、ある警視庁幹部だ。

「日本のマスコミはとにかく『逮捕至上主義』。容疑者が逮捕されるときにお祭り騒ぎをするし、いちばん欲しがるのも逮捕情報のリーク(事前提供)です。

だが今回は、厳密には女子高生に現行犯逮捕されたんだけど、公式には、つまり警視庁の書類上は容疑者は逮捕されていない。現段階ではスピード違反と同じで『検挙』されただけ。

痴漢容疑で高木学(64)が検挙され、捜査されていることを知っているマスコミは数社あるが、逮捕前の捜査段階ですから、記者クラブに加盟している大手マスコミは基本的に報道できない」

その背景には、長年にわたる捜査当局と記者クラブの密接な関係がある。

記者クラブは、基本的には当局の発表を報道することが仕事だ。それがいちばん楽だし、間違いがないと思っている。独自取材のように、裏づけを取る必要がないからだ。

痴漢といえば思い出されるのが、昨年12月、JR西日本の執行役員が痴漢で逮捕された4日後に、公園で首を吊って自殺した事件である。

このときのマスコミ各社の反応は、今回とは真逆と言ってもいい。逮捕が警察発表されたわずか数時間後には、新聞とテレビが一斉に報じている。もちろんすべて実名報道だし、テレビにいたっては過去の映像を使用して執行役員の顔までさらしていた。

ここで考えてほしい。この執行役員と高田の状況の酷似と、その後の展開の大きな違いについてだ。電車の中で女子高生の尻を触ったとして、咎められた。駅事務所に連行され、110番通報された。所轄から捜査員が駆けつけた?ここまではまったく同じだ。この段階で容疑を否認しているのも共通している。

だが、パトカーに乗り、所轄の警察署に到着してからが、まったく違う。

執行役員は即座に逮捕・勾留され、テレビと新聞に顔と名前をさらされた。そして、おそらくはそれを苦に、みずから命を断った。一方の高木学は、逮捕されず自宅に帰り、報道もいっさいされていない。

あの人には頭が上がらない
ではいよいよ、なぜこのような「特別扱い」がなされたのか、その種明かしをしていこう。

高木学が警視庁の大物OBであることに加え、この事件には前述した「もう一つの重大要素」がある。それについて、警視庁関係者が決定的な証言をする。

「現在の高島平署長は、警視庁生活安全部で高木学の『直属の部下』だったんです。

管内で痴漢事件が起き、容疑者が挙がってきたら高田だったから、署内は騒然としたそうです。女子高生の被害申告がしっかりしており、『これは逮捕しないとダメだろう』と言う署員もいた。しかし最終的には、署長の元上司という特別な事情もあり、逮捕はせずに『任意で慎重に捜査を継続する』ということになったんです」

もちろん現段階で、高木学の痴漢行為が冤罪である可能性はゼロではない。慎重に捜査をすること自体はいいだろう。

問題は、他の容疑者と比べた場合の、目に余る「VIP待遇」だ。痴漢事件において、容疑者にもっともダメージを与えるのは逮捕による勾留と、マスコミ報道である。高木学はこれを両方免れている。

本人を自宅のインタフォン越しに直撃した。

?痴漢で検挙されたと聞いています。

高木学?それはどなたから聞いたのですか?

?確かな情報です。

高木学?いやいや、特にお話しすることはありません。

?逮捕されないのは不公平ではないのか。

高木学?話すことはありませんので、失礼します。

警視庁広報課にも、痴漢の事実と特別扱いの有無について質したが、

「個別の案件については、回答を差し控える」

と答えるだけだった。

では、もう一方の問題点を検証する。この痴漢事件について、事実関係を把握している報道機関がいくつかあることを、本誌は確認している。

なぜ、報じないのか。不公平ではないのか。朝日、読売、毎日、産経の各新聞と、NHK、民法キー4局に質問すると、各社判で押したように、

「個別の取材内容については答えられない」

と同じ回答だった。読売新聞にいたっては、「質問の趣旨が不明であり、お答えしようがありません」と答えている。

唯一、朝日新聞だけがこう回答した。

「貴誌からご質問をいただくまで、(痴漢と特別扱いの)事実は把握していませんでした。現在、お尋ねの事件の事実関係を取材しており、確認できれば報じます」

ある全国紙警視庁担当記者が、記者クラブの内実を明かす。

「週刊現代が取材に動いたことで、『週刊誌なんかに抜かれる前に、書いたほうがいいんじゃないか』と言ってるデスクもいましたが、たぶん、ウチは警察発表があるまで書かないです」

一方の警視庁。

「高島平署は本音では、捜査を引き延ばし、高木学と被害者との示談が成立するのを待って、事件自体をうやむやにしたかった。でも週刊現代に記事が掲載されることがわかり、『書類送検せざるをえない』という判断になりました。8月中に送検する予定です。送検したら、記者クラブがそれを報じるでしょう」(前出の警視庁関係者)

身内の犯行なので、事件をうやむやにしたい警察。警察の都合の悪いことは報じたくない新聞・テレビ。この国は、いつでもこんな感じなのである。

(文中敬称略)

痴漢で「検挙」された警視庁の元スゴ腕刑事 知ってて報じなかった新聞・テレビって

元警視庁 生活安全部参事官 高木学(64)を痴漢容疑で書類送検



141. 2013年10月09日 19:28:16 : Ku35nxx4tw
警視庁元参事官、女子高生に痴漢の疑いで書類送検

警視庁で生活安全部のナンバー2である参事官を務めた元幹部が女子高生に痴漢をしたとして、書類送検されました。

 東京都の迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されたのは、警視庁で生活安全部のナンバー2である参事官を務め、5年前に退職した高木学元参事官(64)です。高木元参事官は今年6月、都内を走行する東武東上線の車内で、女子高生(16)の下半身を服の上から複数回、触った疑いがもたれています。

 被害者の女子高生は電車が成増駅に到着した際、「降りて下さい」と同行を求めたうえで、被害届を提出していました。警視庁は任意で事情を聴くなど調べを進めていましたが、高木元参事官は「痴漢はしていない」と容疑を否認しています。

 高木元参事官は、一級建築士らによる一連の耐震偽装事件でも保安課長として捜査の指揮を執っていました。(2013/9/18 15:05 TBS)

http://news.tbs.co.jp/sp/20130918/newseye/tbs_newseye2015290.html


http://mainichi.jp/select/news/20130918k0000e040197000c.html

元警視庁 生活安全部参事官 高木学(64)を痴漢容疑で書類送検


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧