★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123 > 850.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田中角栄は自らの訪中をアメリカに打診せずに独自に決めた(ひょう吉の疑問)
http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/850.html
投稿者 元引籠り 日時 2011 年 12 月 23 日 08:17:55: dkOnWN./sADdA
 

時事通信 より
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011122200251

周首相、米との和解示唆=ニクソン・ショック5カ月前−外交文書を公開

 外務省は22日午前、日中国交正常化交渉を含む外交記録文書ファイル126冊を都内の外交史料館で公開した。
世界を揺るがせたニクソン米大統領の1971年7月の訪中電撃発表に先立つ同年2月ごろ、
中国の周恩来首相が藤山愛一郎元外相と会談し、米国との和解を示唆していたことが明らかになった。
しかし、当時の佐藤栄作首相は中国との国交正常化には消極的だったとされ、
外務省も台湾重視の姿勢を崩さず、
水面下で進む米外交の歴史的転換を察知できなかった。

 日中国交回復促進議員連盟の会長だった藤山氏は、71年2月下旬から3月上旬にかけて北京を訪問し、周首相と会談。
外務省の橋本恕中国課長が同年3月10日、会談内容を藤山氏から聞き取り記録した。
会談は同2月23日と3月3日の2回行われており、いずれかの内容とみられる。

 それによると、周首相は藤山氏に
「米国は変わり身が早い。中共(中国)との関係においては米国が先行して、日本が取り残されるのではないか」
と指摘した。
これを聞いた藤山氏は
「中共は昨年来の各国の中共承認の動きを見て、米国も結局は中共承認に追い込まれてゆくと見ているようだ」
と分析。
「自分は中共が最も重視しているのは米国よりもむしろソ連の脅威であるという印象を強く受けた」
と語った。 

 外務省はこれに先立つ2月20日、法眼晋作外務審議官名で「中国問題処理上の感想」とする極秘文書を作成していた。
法眼氏はこの中で
「中共のわが国に対する態度は、安保条約の廃止要求、軍国主義攻撃(天皇に対する非難攻撃)など目に余るものがある」
と中国を批判した。

 その上で
「国交正常化が成就した後においても、真に友好的となるわけでなく『コレクト(適切)』な関係を維持することがせいぜいであろう」
と冷淡な態度に終始。
「卒然として国府(台湾)を中共に乗り換えることは、わが国が小国の運命に冷淡なりとの非難を被る」
と中国との国交樹立に否定的な見解を示している。

 ニクソン大統領は翌72年2月、予告通り中国を訪問。
田中角栄首相もこれに追随する形で同年9月に訪中、日中共同宣言により国交正常化した。(2011/12/22-10:25)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【私のコメント】

日中共同声明を成立させたのは田中角栄である。
アメリカに追随する形に一見見えるが、
実は田中角栄は自らの訪中をアメリカに打診せずに独自に決めた、
そのことがアメリカの怒りを買った。

それは、いかに日本の外交がアメリカによって縛られていたかということである。

田中角栄は独自外交、独自の資源外交をやろうとした。
そしてロッキード事件をアメリカから仕掛けられて失脚した。
その経緯をじっと見ていたのが若き日の小沢一郎である。

http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/cd2fd2e661c032b5c0f1920813fee778  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月23日 11:08:41 : VBBYgF81p2
田中角栄総理の業績は偉大である。日本が今日まで生きてくる事が出来た礎を築いてくれた。新幹線、高速道路、税制、そして日中国交正常化まだまだいっぱいある。その上に日本の経済は成り立ち貿易立国として生きてきた。ほんの短時間で日本の将来を見据えた基本政策を実施した。日本国民は無能政権が続いても今日まで食べてこれたのは田中総理の遺産があったからであり田中総理に感謝しなければならない。
そして田中総理は自立独立へとかじをきったのである。それに待ったをかけたのがアメリカであり手を貸したのが立花堀田である。もちろん裏で清和会の連中も大きな役割を果たしたのではないか。結果日本は今日まで自立することは出来ずアメリカの植民地として生きてこざるを得なかった。日本全国に占領時代そのままにアメリカの基地があり制空権さえ日本にはない、北方領土は帰らず近隣諸国にも独自に物が言えない情けない国になっている。しかも次々と政権をとった清和会の連中がアメリカの言うがままに動き日本人が働いて得た富をアメリカに貢いできた。小泉竹中に食い散らかされそして最後にかすかに残ったものまで今度は凌雲会によって食いつくされそうになっている。
田中総理を潰すのにメディアも大きな貢献をした。いままた小沢さんを潰そうとテレビ新聞すべてが声をそろえて小沢批判をし小沢さんの人格破壊をしている。当然のことながら植民地としては宗主国の意を汲んだ働きをすることが正義であり利益であるのだ。宗主国の意向に逆らう者は不正義であり生きる事さえ出来なくなり抹殺される。宗主国の体制に組み込まれている連中は何をしても許され不逮捕特権を持っている。同じ法の下まるで塀があるかのように守られている人と守られない人が分かれている。身分制度のない現在においてそれは身分制度があるかのごとくだ。売国奴万歳の世界なのだ。
国民は洗脳されそんなことは全く知らない。そして北方領土が帰ってこない拉致被害者も返ってこないと言い続けるのである。

02. 2011年12月23日 21:15:45 : iGxLtcvUr2
  田中角栄は真の為政者でした

今この世に居てくれたら、、、本当にに残念です

弟子の小沢氏に一縷の望みを託したい、切実です!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK123掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧