★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK124 > 292.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢側が、控訴棄却の申し立て〜検察の虚偽報告書&証拠隠しが、検審の判断に影響か (日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/11/senkyo124/msg/292.html
投稿者 メジナ 日時 2011 年 12 月 30 日 21:44:26: uZtzVkuUwtrYs
 

小沢側が、控訴棄却の申し立て〜検察の虚偽報告書&証拠隠しが、検審の判断に影響か
 2011-12-30 :(日本がアブナイ!)


 27日に、小沢弁護団が、控訴棄却の申し立てをしたという報道記事が出ていた。

『資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)の公判で、当時の東京地検特捜部検事が作成した捜査報告書に虚偽の記載があった問題で、小沢被告の弁護側は27日、この報告書を根拠とする東京第5検察審査会の起訴議決は無効だとして、公訴(起訴)棄却を求める申立書を東京地裁に提出した。

 また、同審査会が判断材料とした捜査資料のリストなどの開示を地検に命じるよう文書で求めた。弁護側は当初、申し立てと同時に捜査報告書を証拠申請する方針だったが、リストの開示後に改めて申請することにした。<読売新聞27日>』


* * * * *

 15日に行なわれた小沢氏の第9回公判で、石川知裕氏の取調べを担当した検事の証人尋問が行なわれたのだが。
 その際に、その検事が、石川氏が述べていないことを捜査報告書に記載していたことが判明。

 しかも、その虚偽の記載のある捜査報告書は、検察審査会の審査の対象になっており、議決書の中にも引用されていることから起訴相当の判断を行なう際に影響を与えた可能性が大きいのである。^^;

 
『資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)の公判が15日、東京地裁で開かれ、元東京地検特捜部所属の田代政弘検事(44)が昨年5月、同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)(1審有罪、控訴)を保釈後に再聴取した際、石川被告が述べていない内容を捜査報告書に記載していたことが明らかになった。

 報告書は東京第5検察審査会が小沢被告に対する起訴議決を出す際、審査の対象としていた。今後の公判の行方に影響を及ぼす可能性もある。

 石川被告は昨年1月の逮捕後、田代検事の取り調べを受け、小沢被告の了承を得て政治資金収支報告書に虚偽記入をしたとの供述調書に署名。同年5月17日の任意の再聴取でも同様の内容の調書が作成された。

 この日の証人尋問で、小沢被告の弁護側は、田代検事が作成した同日付の捜査報告書には、石川被告の発言として「検事から、有権者から選ばれた国会議員なのに、ヤクザの手下が親分をかばうようだと言われたことが効いた」などと記載されていると指摘。
一方、石川被告が再聴取を隠しどりした録音記録にはそのやり取りがないとして、田代検事を追及した。

 これに対し、田代検事は「数日をかけて、思い出しながら報告書をまとめる際、勾留中のやり取りなどと記憶が混同した。虚偽ではない」と釈明した。<読売新聞16日>』


* * * * *

 第9〜10回の公判に関しては、できれば、また改めて詳しく取り上げたいと思っているのだが。

 この大久保隆則氏の取調べを担当した検事の証人尋問が行なわれた第10回の公判では、検察側が検察審査会に提出していた資料に偏りがあることが判明している。、

『元代表を起訴すべきだとした東京第5検察審査会の2度目の議決は、最初の議決後、元秘書で衆院議員の石川知裕被告(38)=1審有罪、控訴中=が検事の任意聴取で「元代表の関与を認めた理由を合理的に説明した」ことから、石川議員の供述調書の信用性を認めた。「理由」の部分は田代政弘検事が作成した捜査報告書に記載があったが、今月15日の田代検事への証人尋問で、記載と同じ理由の説明はなかったことが判明した。

 また、元公設第1秘書の大久保隆規被告(50)=同=を取り調べた前田恒彦元検事(44)=証拠隠滅罪で実刑確定=への16日の尋問では、石川議員の取り調べに対して弁護人が出していた抗議書面が、検察から検察審に提供されていなかったことが明らかになった。

 元代表側は「強制起訴は、検察から不完全な情報を与えられ審査員が誤解したため」とし、議決の有効性を疑問視。証人尋問をその裏付けの一つとする。<毎日新聞21日>』


* * * * *

 ちなみに、前田元検事は公判の中で、検察側に不利な証拠は隠され、検察審査会には提出されなかったことや、その証拠を見ていれば、検察審査会の議決も変わった可能性があるということを指摘している。

『「私が思っているだけですけどね。判決では検察審査会の起訴議決が妥当だったかどうかも審理されるわけですよね。そこで検察が不起訴と判断した資料として検審に提出されるもので、証拠になっていないものがあるわけですよ。

 例えば、(自分が取り調べを担当した)大久保さんの調書には全くクレームがないけど、石川さんの調書にはあるんです。弁護士からのクレーム申入書が。でも(指定弁護士との)打ち合わせのときに、指定弁護士は知らなかった。検審に提出された不起訴記録に入っていないから」「私はクレームが来ていないから胸を張って任意性がある、と言えるんですけど。石川さんの調書に問題があったんじゃないですかね。

 (石川議員の取り調べに対する)クレームはバンバンあったくらいの印象がある。指定弁護士も調査したら1、2通見つかったと言っていたが、私の印象ではもっとあると思いました。それが証拠に含まれていれば、審査会が見て、調書の信用性は減殺されるわけですよね」「それに、この事件では捜査態勢が、途中でものすごく拡充されたんですよ。(元秘書ら逮捕者の取り調べを行う『身柄班』に対して)『業者班』。ゼネコンや下請けの捜査員を増やした。でも、(作成された)調書が、まー、ないでしょ? 

 大久保さん、小沢さんに裏金を渡しているという検察の想定と違う取り調べ内容は、証拠化しないんです。どうするかといえば、メモにしている。手書きのその場のメモということでなく、ワープロで供述要旨を整理していた」「水谷(建設)で言えば、4億円の原資として5千万円は水谷かもね、となっても、残りの3億5千万円については分からない。何十人の検察官が調べて、出てこない。検審にそれが示されれば、水谷建設の裏献金の信用性も、減殺されていたはず。想定に合わなければ証拠にならないというのがこれまでの検察で、私も感覚がずれていて、厚労省の(証拠改竄)事件を起こすことにもなった」

 上の記事にもあるように虚偽の内容を含む資料や偏った資料をもとに行なわれた検察審査会の審査や議決が正当&有効だと言えるかどうかという点には問題があるだけに、小沢弁護団は、この点を重視して、今回の起訴相当の議決&それに基づく強制起訴は無効だとして、公訴棄却の申し立てを行なうことに決めたようだ。


* * * * *

 このようなケースに関して、起訴自体は有効だとする見解もある。

『あるベテラン判事は「通常、捜査報告書は上司への意見にすぎず、裁判官は事実認定の際に重視するものではない」と指摘する。

 村岡啓一・一橋大教授(法曹倫理)は「検察審は証拠の真偽を判断する機関ではなく、手続きに沿って職責を果たしている以上、議決は有効」とみる。その上で「強制起訴制度の趣旨には賛成だが、今回の裁判終了後、検察審への検察の資料提供のあり方などの検証が必要になる」と話した。<毎日新聞21日>』


 実際のところ、検察審査会の強制起訴制度ができてからまだ日が浅いため、小沢氏のケースも含め、これから様々な問題が提起され、裁判や学会などでも争点になって、少しずつ見解が固まって来たり、問題点が改善されたりするようになるのではないかと思うのだが・・・。

 小沢氏の弁護団は、昨年も検察審査会の諸問題を指摘して、行政訴訟を提起しているのだが。小沢氏のためだけでなく、今後の検察審査会のあり方について考えるためにも、問題提起をしようとしているのではないかと察する部分がある。(・・)


* * * * *

 mewは、このブログにもチラホラ書いたことがあるのだが、検察審査会の審査が行なわれていた当時から、検察官による説明や、審査に提出された捜査資料に問題があったのではないかという疑念を抱いていたところがあった。

<東京地検特捜部は、上層部の判断もあって、小沢氏に対して不起訴処分を下したものの、それに納得行かない検察官が、審査会で起訴相当議決を導きたいという思いの下に、偏った内容の資料を出したり説明を行なったりして、審査会のメンバーを誘導するような部分があったのではないかな〜とか。>

 村上教授が言うように、確かに検察審査会は証拠の真偽を判断する機関ではないものの、もし証拠の中に虚偽の事実が含まれていたり、偏った説明や資料の提出がなされたりすれば、審査会のメンバーは、起訴が妥当か否かの正しい判断をすることが困難になるわけで。

 問題のある資料に基づく誤った判断によって、強制起訴をされることになれば、被疑者&被告人の人権を著しく侵害することにもなりかねないだけに、安易に&一概に有効性を認めることには疑問を覚えるし。<公判で明らかにすればいいという人もいるかも知れないが、起訴自体が不当である場合には、できるだけ早期に被告人を訴訟から解放する必要があるように思う。>

 もし検察側がその気になれば、自分たちの手では起訴できなくとも検察審査会を利用する形で強制起訴に導こうとすることも不可能ではないと思われるだけに、そのようなケースを容認しないためにも、問題があると思われるケースは、きちんとチェックをして行く必要があるように思うのだ。(・・)

 チョット時間がなくなってしまったので、この記事はここで終わりにしたいのだが。
 小沢氏の公判を通じて、検察審査会のあり方や強制起訴制度の問題点も考えて行きたいと思っているmewなのだった。(@@)


元記事リンク:http://mewrun7.exblog.jp/17140751

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月30日 22:10:04 : wEcxf1cND2
毎日は、このような重要な判断に、起訴は有効であるとの村岡の意見のみ取り上げ偏向誤誘導している。それなら、虚偽の捜査資料でも検察審査手続きに何等問題がないと言いているのと同じではないか。狂っている、判断に影響がろうとなかろうと、虚偽の捜査資料を意図的に提出しただけで、当然その時点で無効的続きと言わざるを得ない。

02. 2011年12月30日 22:15:22 : qoVHGfd6sY
大善が大悪か見えてくる
大善に正義感はあるか
堵縊死と同様の
検察の奴隷犯痔か問われるのだ
門前払いしたら
小沢さんはこじつけ有罪にされる
可能性はかなり高い
違法かどうかではないのだ
厄人たちが自分らの既得権益のために行った
オリンパスのごまかしとなんら変わらない
彼らは悪に手をそめたから
組織防衛のために法律を
捻じ曲げるの躊躇しないのだ
この機にゴミやら厄人がノブタを
炊きつけ解散するならそれもよし
これだけこじれたのだから
今度の政権交代は
霞ヶ関の局長以上の高給官凌は
全て更迭する、大阪のような
民主革命にしなければならないし
そうなるべきだ!
多くの国民も既得権益を
つぶさないと日本の未来がないことを
自覚している

03. 2011年12月30日 22:39:43 : tZFsDhN6zM
●111230 「孫崎享 × 岩上安身」【録画・IWJ:CH1】

http://www.ustream.tv/recorded/19461867
http://www.ustream.tv/recorded/19462839


04. 2011年12月30日 22:55:53 : YRyE4hspJA
申し立て無視 !

05. 2011年12月30日 23:14:42 : O7dSDlPdg2
検察審議会の手続きに問題がないということは、起訴することに責任取らないスキームを検察が作ったということだ。
審査会が起訴相当議決をし、起訴され無罪になった場合、誰が責任を負うのか。
審査会の審査員は素人で匿名、補助員は「私はあくまでも補助意ですから、決めたのは審査員・・・」
責任を負うはずもない。
検察は「さあ、審査会がやったことですから・・・・」
三権に属さないということは、「最終責任者が不明だ」ということだ。

このスキームは郷原氏が言う「検察の補完システム」どころか、検察とその下請けである裁判所、検察OBなどの弁護士、そしてそれらに擦り寄る政治団体、或いは政治的思想を持った宗教団体に対し、権力乱用を合法化したに等しい。

自民党は沈黙している。
自分達に危害は加わらない。
解っていながら「小沢氏の問題」としたいのだろう。
情けない奴らだ。

小沢氏の判決如何に関わらず、即刻法律修正をすべきだが誰もやらない。
小沢氏と弘中弁護士が法律修正に留まらず、根幹まで矯正してくれるものと期待している。


06. 2011年12月31日 00:06:50 : n9da0wyyzU
あるベテラン判事は、捜査報告書は上司への意見にすぎず、
裁判官は事実認定の際に重視するものではないと指摘したそうだが、

村岡が言うように検察審は証拠の真偽を判断する機関ではなく、
また「審査員は裁判官では無い」のであるから、
事実認定の際に重視した可能性は排除できない。
毎日新聞のバカは一体何が言いたいのであろうか?
論理が支離滅裂である。

制度上、審査員に法的判断能力が無いことは追求されないが、
判断の前提となる報告書が虚偽なら、
虚偽に基づいて起訴することは全く無意味でしかない。
こんなレベルの低い記事しか書けないから
新聞記者は賎業として軽蔑されるのである。
バカでしょうか。


07. 2011年12月31日 14:00:53 : eJcwQUA9aU
前提から結論を導く推論方法が正しいか否かは確かに手続きの問題である.
第五検察審の場合、手続きは正しい.つまり、審査員の推論方法は正しい.
しかし、結論が正しいかどうかは、前提が正しいかに掛かっている.
この場合、前提である判断資料に虚偽記載があるから、前提が正しいとは言えなくなる.
手続きが正しくても前提に誤りがあれば、幾らでも冤罪を作ることができる.

08. 2011年12月31日 14:37:40 : ZIcOIgwJIY
刑事裁判では、同じ発音でも漢字が異なる場合があります。控訴と公訴もその例です。この場合、控訴は一審(地裁)判決が出ても不服があるので高裁に上訴することです。従ってまだ一審の段階でもあり、控訴ではなく公訴が正しいです。公訴は刑事裁判だけの言葉です。今回の小沢さんの弁護団が申し立てたのは公訴の棄却の申立です。公訴とは国が決めた事(国会で立法すること)に違反した者に対し、国が原告となって処罰してもらうために司法に訴えることですから公訴という言葉になります。検察官は国の代理人として刑事法廷の原告席に着くわけです。しかしながら、国がやらない(国は法律そのものという解釈が成り立つわけであるから違法行為はしない)事実の捏造を検察官がしたわけですから、公訴は無効となるのです。それにしても検察官の悪どいやり口は断罪されなければなりません。

09. 2011年12月31日 15:03:46 : mO1jfnawtQ
毎日も小沢氏が無罪になったときの

アリバイ記事作りに必死。

まともな記者なら

傍聴していてこの裁判が茶番でまったく意味がないことは

当然理解している。


10. 2011年12月31日 20:31:52 : mp6fw9MOwA
>>村上教授が言うように、確かに検察審査会は証拠の真偽を判断する機関ではないものの

検察審査会が証拠の審議を判断するのでなければ、検察は政治に口出しすべきでなく法と証拠に基づき巨悪を退治する組織である。
しかし、法と証拠に基づけば捜査対象にならない小沢さんに政治がらみで捜査を開始している。

法には抜け道が有り、これをどのように判断するかは真実は何かを上段し据えての判断が妥当だ。

しかし、検察・裁判所・検察審査会は既得権益者はどのように考えるかを上段に据えて判断している。

法律の抜け道は既得権益者に有利なように作られている事が陸山会裁判で国民が周知する事になった。

司法関係者の闇が表に出てきたので、大善裁判の判決は何かに興味を持つ人は少なく、その判決要旨に興味を抱くだろう。
意味の無い有罪で有れば、司法関係が違法な行為を繰り返していると納得し、この不正を正さないと日本の将来は暗いと考え立ち上がるだけだ。

大善裁判はその判決要旨が重要であり、その判断で動く事はない。
大善が有罪と言えば、ヒラメである証明であり、真実を追求していると考えている人は皆無だろう。


11. 2011年12月31日 22:07:22 : YeHyBedSuw
インチキ検事は刑務所にぶち込むべき!

一匹たりとも逃がしてはならない!


12. 2011年12月31日 22:44:59 : chJxgKefI2
日本があぶないのMEWという人は
小沢元代表をめぐるおかしな政府や司法の動きを書いていたときは
結構、いい記事を見た憶えがあるが(ブログランクでも結構、上にあったはず)
菅直人の強力な支持者であることを
ブログで何度か書いているのを
見て、だめだこいつは何も分かっていないと思って
それ以来、見ていなかったのだが。
今でも、最低、最悪の菅直人を支持しているのかね?

13. 2011年12月31日 23:17:33 : Lbn8j5a4dU
 素晴らしい弁護士さんがおられる。

 地検のストーリーが見事に暴かれている。
 「小沢と検察の戦い」の私闘の相手をおとしめる謀略が現になってきた。
 検審の非常識なブラックボックスや審査員選出でも不信を持つ。

 推認判決といい、日本中を騒動させた西松ダミーの訴因変更なども日本の司法がでたらめで有ったことも国民は知った。


14. 2012年1月01日 02:04:36 : SUUMzUva3k
裁判官とか検察がマトモナ人間として、問題点を洗い出しているが、
意味ないじゃん!!

これは政治闘争だ。
政治的に勝てないと、無罪はあり得ない。
いくら問題点を洗い出しても裁判官は考慮しないだろう。

小澤さんも裁判などに一生懸命にならず、
権力奪取に動かないと・・・
有利な情報が出ている時に立ちあがらないと、4月には
有罪が待っているだけだよ!


15. 2012年1月01日 02:28:33 : zXaAZ8UFdd
01氏の見方にに同意します。そのこととは別に…

良い投稿、コメントは読まれている。
正論に触れて正直な日本人は、精神の原型崩壊から回復する。日本において破壊の時代は終わりを告げる。大きな二重の役割。

空気に流されやすい日本人なんて、洗脳の産物。忌まわしい国民の自由な主体的な思考を崩壊される国家権力売国奴機関経由のアメリカの日本支配画策者による長期間価値観洗脳。これは実は過酷であり精神にかなりのダメージを与えてきました。
日本はまだ集団催眠に陥っている。継続した苦痛は洗脳に欠かせないのです。
首尾一貫した正論の確信の声が、自分の本当の力を忘れていた人達の目を覚ましてくれる。
偽善者が毎日マスコミで、人が支える国の成り立ちも、危機も解さずに、たまたま今は、時代の巨大異常現象として売国奴活躍の土台となっている偽善が明白になっている巨大な洗脳価値観の優位の上に乗って、大きな顔をして国民取り込み完了済みの洗脳価値観のありもしない正当性から勝手なことを言い日本国家崩壊が正体の日本国の権力にはびこる洗脳価値観の擁護に立っているのです。

国家の正論の基礎に正しく立ち二重三重の負担を負いつつこんな偽善者達の大スクラムに正面から対抗して、相手を押し切っている人は、私は日本人の中の日本人だと思います。こうした正しい抵抗に立ち上がっている人達は、後に総ての真相が分かり始めることになる、今は洗脳価値観で誤った考えで判断している多くの国民の分まで責任を負い全うしているのです。
本物の責任感とそれを果たす力のある日本人の中の日本人だと思います。本当に日本人が頼りにする日本人は誰なのか?正直な人でしょう?
こういう人達は、不当な言い分にもじっと耐えてきて酷い時代の混乱にも負けなかった人達なのです。
今は世界の支配者が凋落しており、洗脳価値観がいろいろと弱みを見せてきたので、勇気ある発言が増えて勢力を増し、さまざまなところで逆転現象が起こり始めました。
世の中全体の不当不正に偏りつつ破壊に進むばかりの修正能力が欠如した混沌とした時代の中で、こんなにも多くのずっと正論の主張価値観の維持涵養研鑽に孤独に励んできた人達が生き残っていたのです。
こうした人達の影響を受けて、今自分の進むべき方向を新たに見いだしている人も多い。当然ですね。
今、本当に役に立っていますね。国の惨状を思えば多くの活躍を期待したいですね。日本全国各地各業界の中でのさまざまな今後の活躍を期待したいです。
時代の不正に身を委ねてしまった大勢の人達は行く末哀れですね。この人達人間の本当の誇らしさとは、縁がありません。

正論が力を帯びるのは費やした正しい犠牲の量が他の人達とは、比べものにはならないからです。ぼろぼろの日本を立て直し、後の日本の子供達に、日本再興の父と呼ばれる存在になりましょう。


16. 2012年1月01日 06:20:51 : aSqMIiKw0o
そもそも起訴事実つまり虚位記載とされる記載期日のズレ。この起訴内容に含まれていない陸山会への水谷建設からの献金を理由に起訴相当としたことがすでに違法である。

さらに架空捏造調書での説明では、もはや議決は蜃気楼。もちろん検察審査会は疑惑のデパートでもある。


17. 2012年1月01日 07:42:34 : dpp0eXCVak
大善の裁判官としての日本の2〜3年後の先見の明を判断する裁判でしょ!
日本が野田政権のままで終わると思い
自民党政権の悪行を引きずるのか?

小沢一郎一人を貶める為にやったことが
検察、裁判所、最高裁、財界、政界、官僚、マスゴミ!
すべてを巻き込んだ再編成につながる改革を起こすとは(笑)
日本の転機です

面白い裁判です!


18. 2012年1月01日 09:30:22 : fmFyR4tnsM
17さんに同意。
小沢一郎事件ではっきり浮かび上がった既得権益団体を
この際一挙に破壊する。 そう願う。

19. 2012年1月01日 11:46:50 : c3MGH08xSU
  再編成を繋がる改革を起こすとは?私はそんな楽観視はしていない。小沢「無罪なら」展望があるが、逆なら、再編成どころかダメリカ隷属のまま、きな臭い世界戦争に巻き込まれる?そんな恐れを持っている。
 敗訴なら日本沈没、再編成どころではない、鬼奴等傀儡の政界再編成が進む。その既得権益者等の存在を日本国民の何%が知っているのか?
 「小沢有罪」判決をダメリカが特捜、マスゴミを使い、小沢悪を喧伝、屠り、前原戦争総理大臣に一気に加速しそうな勢いだ。
 楽観的な考えは、この機に及んであまり好まない。そのような楽観的な妄想は、不謹慎であり、寧ろ、私は危機感を持っている。
 ダメリカ・売国奴・既得権益者VS小沢国民連合の大戦争の真っ只中なのだ。
 私達国民は、この闘い、負けるわけにはいかないのだ!
 然しながら、小沢は、今、じっと待つしか手が無い?そう思える。唯、「無罪」を出すほど法曹界は甘くない。有罪判決を出す裁判官の配置済み?いかに、判決のときまで、無罪判決を装うか?そしてガス抜きだ。最後にどんでん返し有罪判決、そんな思いがする。
 小沢さんは、有罪を想定し、その対策を用意していなければならない。とびっきりの秘策を用意して。でないと、文字通り、屠られる。今までの経過を鑑みると、あまり期待できない。(涙)(拝)

20. 2012年1月01日 13:28:47 : sIFn88Qhjo
19さん>
貴方の見方が正しいかもしれない。アメリカがどの程度関与しているかは誰もわからないが、少なくともその思惑を忖度する連中が実権を握っているからね。
沖縄でも、TPPでも、消費税でも、郵政でもそうだもん。

小沢さんには対抗手段はあるんだろうか?司法が信用できなくて、超法規的対抗手段ならエジプト、チュニジア、リビア、シリアを見習うしかないのか?
アメリカは世界中敵にして戦うんですね。ほんと、戦争(争い)が好きだ。アングロサクソンは。アメリカの歴史は戦争と決闘の繰り返しだから仕方ない。


21. 2012年1月01日 20:46:06 : LGouRnR3Wo
控訴棄却の申し立てて意味が有るのでしょうか?
第5検察審査会が偽装の調書を基に起訴が決定されたと認められても、
2回目の審査会の決定が一旦クリヤーされただけで、
再度、この偽装調書を除いて、審査をするだけの話。
もう一度起訴相当と出ない保証はない。
いや、そうなるだろう。
すると、元に戻っただけ、再度一から裁判だ。

そんな事より、会計・法律のカリスマ教授の証言、
”問題の報告書は合法”という話で押した方が時間の節約。
この流れは良く判らない!


22. 2012年1月02日 09:29:29 : 3d9YCOhqVI
問題の捜査報告書は証拠として不採用になるかも知れない。
が、公判で新たに明らかになった、或いはこれから明らかになる事もあるから、判決がどうなるかは分からない。

23. 2012年1月03日 04:59:35 : 6O8H4AhRYM
>会計・法律のカリスマ教授の証言、
”問題の報告書は合法”という話で押した方が時間の節約。


これは正しい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK124掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK124掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧