★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK124 > 863.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢裁判でも捜査報告書の捏造疑惑 フロッピーだけではない 検察の大罪、再び!?(週刊朝日) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo124/msg/863.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 1 月 18 日 14:24:23: igsppGRN/E9PQ
 

小沢裁判でも捜査報告書の捏造疑惑 フロッピーだけではない 検察の大罪、再び!?(週刊朝日)
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-4785.html
週刊朝日 2012年1月20日号 :「日々担々」資料ブログ


 いったい誰の、何の罪が問われているのか。そう感じてしまうほど、小沢一郎・元民主党代表(69)の裁判では検察捜査の問題点が次々明らかになっている。さらに民意と思われた小沢氏の強制起訴も検察の"意図"だった疑いが出てきた。

 衝撃の事実が明らかになったのは、2011年12月15日に行われた元東京地検特捜部の田代政弘検事(44)の証人尋問でのことだった。

 田代検事は小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐって10年1月に逮捕された石川知裕議員(38)から小沢氏の関与を認める調書(以下、石川調書)をとった"功労者"だ。

 その田代検事が10年5月、石川氏を再聴取した際の捜査報告書に、虚偽の内容を書いていたことが弁護側の追及で発覚したのだ。

 報告書によれば、石川氏は小沢氏の関与を認めた理由をこう述べている。

「私が『小沢先生は一切関係ありません』と言い張ったら、検事から『あなたは11万人以上の選挙民に支持されて国会議員になったんでしょ。小沢一郎の秘書という理由ではなく、石川知裕に期待して国政に送り出したはずです。それなのに、ヤクザの手下が親分を守るためにウソをつくのと同じようなことをしたら、選挙民を裏切ることになりますよ』と言われたんです。これは結構効いたんですよ。堪えきれなくなって、『小沢先生に報告し、了承も得ました』って話したんですよね」

 まるで石川氏が田代検事の説得に心を打たれ真実を吐露したかのような記述だ。

 しかし、このような会話は石川氏が再聴取時にカバンにしのばせたICレコーダーの記録には一切残っていなかった。

 小沢氏の弁護側は実際の取り調べと異なる内容になった理由について厳しく追及した。

 それに対し、田代検事は、
「石川さんの著書の話などの記憶が混同した」
 と、あくまでミスだったと主張した。

 だが、元東京地検特捜部長で弁護士の宗像紀夫氏(69)は、「記憶を混同するなんてありえない」と断言する。

 宗像氏は1978年に発覚した航空機導入をめぐる不正献金問題「ダグラス・グラマン事件」で、事情聴取をした商社常務が自殺する、という経験をしている。

「すぐに副部長の指示で、1回から6回までの事情聴取の様子を詳細な捜査報告書にまとめました。参照したのは聴取時につけていた取り調べメモです。小沢氏というビッグネームの政治家に関わる捜査で検事が内容を混同するなんてことは到底考えられません」

◆虚偽の報告書が起訴議決の根拠◆

 さらに、田代検事の釈明がにわかには信じられないのは、この報告書が聴取の4カ月後に行われた検察審査会の議決で非常に大きな役割を果たしているからだ。

 石川氏自身の裁判では「検事による威迫や誘導があった」として証拠採用されなかった石川調書を、検察審査会は「再捜査で石川自身が有権者から選ばれた議員であることなどを理由に合理的に説明している」と、この報告書の存在を根拠に「信用できる」と認定。小沢氏に2回目の起訴議決を出した。

 ジャーナリストの江川紹子氏(53)は言う。

「万が一、審査会の判断に影響を与える目的で報告書に虚偽の記載がされたとすれば、大阪地検特捜部の証拠隠滅事件に匹敵するような犯罪です」

 くしくも、田代検事の出廷した翌日に証人として出廷したのは郵便不正事件での証拠隠滅罪で現在服役中の前田恒彦・元大阪地検特捜部検事(44)だった。

 応援として、大久保隆規・元秘書(50)の取り調べにあたった前田元検事は、
「本件では裏献金で小沢先生を立件しようと積極的なのは、(当時の)佐久間達哉・特捜部長や木村匡良主任検事など一部で、現場は厭戦(えんせん)ムードでした」
「大久保さんを取り調べましたが、『とても無理ですよね』と感じました。(中略)佐久間さんらが東京拘置所に陣中見舞いに来たとき、(中略)『雰囲気を教えてくれ』ということを言われました」
 と一部の幹部らが小沢氏の立件に積極的だったと証言した。

 検察審査会で出された「強制起訴」という民意が検察によって仕組まれたものだとしたら−−。

「石川氏の録音記録がなければこの問題は発覚すらしなかった。虚偽の報告書作成は検察内で日常的に行われていた可能性もある。外部の人間も入れて経緯や背景を徹底的に調査すべきです」(江川氏)

 報告書だけではない。江川氏はこの裁判で、検察の公平性や捜査のあり方そのものが問い直されていると指摘する。

「石川氏らの裁判で、裁判所は石川氏が土地の登記と代金支払いの時期をずらしたことについて合法と認識していたことは『はなはだ疑わしい』と認定しました。しかし、この裁判で出廷した不動産業者の証言から、代金支払いと登記をずらすことを提案したのは石川氏ではなく、不動産会社だという事実が明らかになった。検察がいかに都合のいい証言や証拠だけをつまみ食いして事件をつくってきたかが露呈しました」

 最高検察庁はこの裁判をどう受け止めているのか。質問状を送ったが、「公判継続中の事件であり、指定弁護士の活動に影響を与える可能性もあるのでお答えできない」との回答だった。

 だが、組織的に報告書が捏造されていたとすれば、もはや一検事の「暴走」ではすまない。いち早く真相を調査し、究明するのが信頼回復への近道だ。  (本誌・大貫聡子)


■小沢事件のこれまでの主な流れ■

【2004年】 
10月29日 陸山会が東京都世田谷区の土地を約3億5千万円で購入。この日、所有権移転請求権の仮登記。原資は小沢氏の手持ち資金4億円とされる。この土地購入の事実を04年分の政治資金収支報告書に記載せず

【2005年】 
 1月 7日 世田谷区の土地を所有権移転登記。陸山会の05年分の収支報告書に土地購入日として記載

【2007年】 
 5月 2日 陸山会が、土地購入時に提供された4億円を小沢氏に返済。07年分の収支報告書に記載せず

【2009年】 
 3月 3日 東京地検特捜部が西松建設の違法献金事件で、大久保隆規・元公設第1秘書らを逮捕
12月18日 大久保元秘書が違法献金事件の初公判で無罪を主張

【2010年】 
 1月15日 特捜部が石川知裕衆院議員と池田光智・元私設秘書を政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で逮捕
   16日 大久保元秘書を同容疑で逮捕
   23日 特捜部が小沢氏から事情聴取
   31日 特捜部が小沢氏から2回目の事情聴取
 2月 4日 石川議員ら3人起訴、04、05年分で小沢氏は不起訴処分に
   12日 小沢氏の不起訴処分を不当として市民団体が東京第五検察審査会に審査を申し立て
   23日 特捜部が07年分で小沢氏を不起訴。その後、同年分に対しては東京第一検察審査会に審査の申し立てが出される
 4月27日 東京第五検察審査会が「起訴相当」と議決
 5月15日 特捜部が小沢氏から3回目の事情聴取
   21日 特捜部が04、05年分で改めて小沢氏を不起訴
 7月 8日 東京第一検察審査会が07年分について「不起訴不当」と議決
 9月14日 民主党代表選で小沢氏敗れる。同日、東京第五検察審査会が小沢氏に対して2度目の「起訴相当」議決(公表は10月4日)
   18日 特捜部が小沢氏から4回目の事情聴取
   30日 特捜部が07年分について改めて小沢氏を不起訴。07年分の捜査は終結
10月 4日 東京第五検察審査会が小沢氏の「起訴議決」を公表

【2011年】 
 9月26日 陸山会をめぐる土地取引事件で、東京地裁が石川議員ら元秘書3人に有罪判決(控訴中)
10月 6日 小沢氏の初公判
   14日 石川議員の「隠し録音」再生
12月15日 石川議員の取り調べにあたった元東京地検特捜部の田代政弘検事が証人として出廷
12月16日 証拠改ざん事件で実刑判決を受けた前田恒彦・元大阪地検特捜部主任検事が証人として出廷

【2012年】(予定) 
 1月10、11日 小沢氏の被告人質問
 3月 9日 指定弁護士の論告・求刑
 3月19日 弁護側の最終弁論
 4月中   判決


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2012年1月18日 14:31:35 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A
検察側のミスった、勘違いだった、という言い訳がこの刑事事件の法廷で許されるなら、
その有り難い前例を、小沢一郎の『記憶に無かったり、説明に誤差(誤謬ではない)がある事』にも適用しなさい!

02. 2012年1月18日 14:32:43 : EszHBBNJY2
>>。リ小沢先生に報告し、了承も得ました』

俺もテレビニュースでこれを聞いた時に小沢はこれで有罪だな、と確信した。
政治資金規制法の微罪だけど、罪は罪だから小沢の影響力は激減だわと考えていた。
本当にこのニュースは心底信じたよ。
「検察の捏造操作報告書」だったわけだ。
検察審査会の委員もこれが調書の捜査報告書に載っていたら、小沢クロと信じてしまうだろう。それをもとに起訴相当が2度議決されたのだから、検察の犯罪は確定して
検察審査会の議決は無効だろう。



03. 2012年1月18日 14:35:23 : qJfdcJ2eDA
>>01
検察のほうは確信犯で犯罪だ。小沢一郎のケースと全然、違う。

04. 2012年1月18日 14:50:04 : cNCcq2WdAc
「虚偽記載」は小沢氏ではなく、検事のほうだった!まるでブラックジョークだ。前田検事のFDが公判で証拠採用されていなかったことを考えると、今回は「大阪地検に匹敵」どころか、はるかに悪質な犯罪だ。ということは田代検事は有罪間違いなし。上司の佐久間、大鶴も首を洗って待っていろ!それにしてもFDといいICレコーダーといい、自分で自分の身を守るしかないなんて、一体この国はどうなっている?

05. 2012年1月18日 15:21:33 : NETLO0juLI
ちなみに、この犯罪・無謀・陰謀で小沢抹殺裁判を応援するために、
東京地検特捜部のビルに押しかけて、疑惑を調査する幹部に
「何が何でも告発しろ!」と圧力を掛けに行ったのが、青山繁晴である。

近畿でのテレビ放送で放映されたので、映像が残っているはずである。(青山信者に再アップをお願いすると良い。大恥である。)
確かその解説の内容は、検察トップの幹部は告訴に慎重反対だが、
俺達、特捜トップは違う。それを叱咤激励しに行ったのが、私、青山である。

小沢は国民からの献金という浄財で私服を肥やしていると、陸山会事件も
今となっては嘘のオンパレードで、関西テレビの水・土曜の番組で
関西市民を騙していた。それも報道番組で30分もしゃべれるのである!

東京地検の当時のトップの佐久間らを含め(創価グループと聞くが)、この件で世論を誘導し、
冤罪を肯定する、偽者コメンテーターは粛清すべきだ。
その為の、マスコミの浄化とクロスオーナー制度などの改革が第一である。

NHKも、この件でも嘘八百を流した洗脳期間なので、くだらないバラエティーで
若者の愚民化させる番組は全て廃止し、事実だけを伝える簡素な放送局にすべし。
何でNHKが放送研究機械を作る必要があるのだ? 変な利権だけが肥大している。


06. 2012年1月18日 15:31:38 : qJfdcJ2eDA
> 「何が何でも告発しろ!」と圧力を掛けに行ったのが、青山繁晴である。
> 近畿でのテレビ放送で放映されたので、映像が残っているはずである。

関西テレビのアンカーで登石裁判長が妄想、推測で証拠無しに有罪判決を
したことを受けて、青山、通称アホ山が、さらに妄想推測で小沢をののしり
登石をほめていた分は見たよ。そういう事情があったのか。
 
関西テレビと言えば、発掘!あるある事典でデータを偽造、視聴者を
だましたことで有名な放送局。


07. 2012年1月18日 18:50:31 : F0ntfHYtZs

「虚偽記載」は小沢氏ではなく、検事のほうだった」


 同感!


08. 2012年1月18日 20:37:32 : HgzZZTH4zU
虚偽記載は小沢氏ではなく、検事のほうだった!
 
  ↑
分かりやすい。

青山繁晴=通称アホ山

  ↑
最近のテレビの政治ニュースは見ないから、
アホ山がどんな顔をしているのか
画像を見たら、ああ〜この男か〜
見かけは野豚と言うより養殖豚のようにぶよぶよしてる
誰に飼われていたのか・・・
原子力委員会の専門委員ということだから利権豚なんだ〜
そういう輩が犯罪検察の使い走りをしているのか


 


09. 2012年1月18日 21:38:12 : swsf4Tw1P2
週間朝日が20−30万部。週間ポストも同じくらいか。

日刊ゲンダイが150万部。さらにネットで数百万人。

ウソを書き連ねる読売、朝日の数千万愚民読者がいたとしても。

検察も裁判所も信用しない人間が千万単位になれば、うその上塗りも出来ずはや隠し続けることは不可能になった。

最近は検察や裁判所を信じている人をみると、へえーーーーーっまだマスコミの報道を信じているの、とあきれ果てることにしている。怒りだしたのもいたがこちらは一向にこたえない。相手はかなり動揺しているのがありあり。


10. 2012年1月18日 23:06:22 : g9jLm1zljE
国民から強制徴収した税金で、給与を頂く公務員の「偽造捜査報告書」と自発に献金された
「政治資金収支報告書」との性質内容が違う。国民は馬鹿じゃありません。
小沢事務所を強制捜査した結果、不起訴になっております。
元秘書達の「推認有罪」判決は、絶対に納得致しません。

検察官や裁判官の暴走を許したら、健全な法治国家になり得ません。

悪事を行っても処罰されない世の中になったら、恐ろしい国になってしまう。


11. 2012年1月19日 01:37:30 : 5MZ11DrzCE
第5検察審査会がインチキ
インチキのオンパレード
佐藤優氏のアドバイスで石川議員が録音敢行
テープが動かぬ証拠になった
テープが無ければ 検察のシナリオで裁判は進む
絶句するしかない
小沢先生 無罪でしょうね

12. 2012年1月19日 08:22:45 : L5VU46Wy8E
テープがなかったらそのまま検察の言い分が通ってしまうところだった。
だから全面可視下が必要なのだ。

検察が全面可視下を嫌がるわけだ。
いままで無実の人も犯罪者にされてきたのだろう(推認)


13. 2012年1月19日 10:02:43 : BAZeGCEiYk
本旨からずれるが、

【2004年】 
10月29日 陸山会が東京都世田谷区の土地を約3億5千万円で購入。この日、所有権移転請求権の仮登記。原資は小沢氏の手持ち資金4億円とされる。この土地購入の事実を04年分の政治資金収支報告書に記載せず

この記載はダメだろ。
はっきりしてる事実は購入という抽象的な(商法的な)出来事ではなく代金支払いという物理的な出来事があったというだけ。
陸山会側は登記を先延ばしすることで購入自体を先延ばししたとしている
(売買自体を先延ばしするように仲介不動産業者に要望したところ、業者から司法書士お墨付きの登記ずらしの案を薦められて、了承した)。
つまりこれは裁判の争点であって、その争点の結論を確定した事実であるかのように書くのは不当である。
こういう安易な表現が多くの愚民さん達に「虚偽記載自体はあった」などという思い込みを生じさせているのである。
サブリミナルに似た洗脳工作をやってるに等しい。
しかも、記事の主旨はまともであるから、「こんな親小沢の記者でも」と洗脳効果も高くなる。
悪質と言わざるをえない。


14. 2012年1月19日 10:15:34 : K7Z0LZyAEE
西松事件ではじまった一連の小沢氏をめぐる事件の流れをみてみれば、いかに多数の国民新聞・テレビの報道を真に受けるかがよくわかる。
情報の出所やその信憑性について吟味する習慣や能力があまりにも欠落している。
本当に戦前も戦後も変わらないし、精神的な習熟度においてはテレビで批判的に映し出される北朝鮮の人達と日本国民は変らないと感じてしまう。

15. 2012年1月19日 12:04:47 : kVRjv6w4OQ
一連の流れを見れば誰でも官僚連中が小沢をいかに恐れているかが良く判る

庶民は今の閉塞状況の中で官僚だけが税金を食い物にしてぬくぬくと
存在していることに敵対心を抱いている=小沢を応援するしか選択肢は無い
小沢を事実上幽閉してる間にも悪政はドンドン進行している。

            祈、無罪復活


16. 2012年1月19日 13:40:50 : srYyaLoSa2
鈴木宗男が第二次大戦時国の命令を無視してユダヤ人を逃がす為に
大量のピザを発給してやり、感謝されていた杉浦千畝の名誉を回復してやった。
外務バ官僚はこの行為に激怒し鈴木宗男犯罪でっち上げをとんきん地検に依頼し
実行された。
農水大臣松岡が執務室で首吊り自殺したと発表されたがバ官僚のいう事を全く聞かず手に負えない松岡を首吊り自殺に見せかけ暗殺したのだ。
医者ならわかるが松岡は絶対自殺する玉ではないっ。
極左売国バ官僚にこの国は乗っ取られているぞ。

17. 2012年1月19日 16:45:47 : DvWUAiWj36
虚偽記載は小沢氏ではなく、検事のほうだった!

18. 2012年1月19日 20:44:55 : HCtD1jQ9Sc
司法ジャーナルでも

検事総長はどうしてなにもしないんだ

と、お怒りだ。


19. 2012年1月19日 22:29:47 : Q1AShcAlNU
田代検事が虚偽報告書の作成を公判で認めたその瞬間に、裁判長は小沢氏の
裁判の無効を宣言して部屋を去るべきだった。少なくてもそれがアメリカ司法の常識になっている。そのためアメリカの弁護士たちは、検察の如何なる微細なミスをも見逃さない。それが犯罪の重度に関係なく、被告者を裁判から解放する唯一の近道なのだ。

田代検事の告白から1ヶ月たつ。なのに、裁判官は田代検事の虚偽報告書を証拠として採用するなどと、ふざけたみせかけの正義感ぶりを呈して
国民を馬鹿にしている。小沢さんの判決は、石川議員の判決同様、推認判決で有罪に決めていると想定せざるを得ない。闇の権力者ら=最高裁判所の総務事務局
の天の声に取り込まれているからだ。

これら闇の権力者が一番恐れるのは、正義に目覚めた国民の決起である。デモ、登石裁判長への告訴、一部マスゴミ(日刊ゲンダイ、週間朝日、週間ポスト)と一部勇気ある知識人の発言が拡散を恐れる。だから私たちもできる範囲で、この運動に参加しよう。


かなわない。決起がたちから民主主義を勝ち取るには


20. 2012年1月20日 00:59:01 : 42WLGuDM8Y
最高裁が、検察が捏造で無実の人を陥れる。これほど恐ろしいことはない。
 悲しくなる。どれだけ捏造をつくってきたのでしょうか?
そこへきて政治家が怖いから、ターゲートにされるから黙止。これじゃどれほど才能のある政治家小沢さんでも冤罪で処罰されてしまう。
 ICレコーダーが全てを語っている。 全ての政治家が立ち上がってくれなければ国民を冤罪で潰す政治家だけになってします。正義なんて言葉はなくなるでしょう。


21. 2012年1月20日 09:06:47 : LjDUeYansg
裁かれなければならないのは小沢氏ではなく、
むしろ検察ではないか、
政権交代を台無しにした挙句、
国民及び国家は小沢氏に取って代わった無能な統治者により、
国益を損じたばかりか、無能な統治者による人災で、
塗炭の苦しみを味わっている、
国民を不幸にしているのは検察を含む司法であるといっても過言ではない!!

22. 2012年1月20日 12:19:28 : wXz87R81E6
阿修羅のコメ欄で、第五検察審査会11人×2の22名が、キャバレーのメンバーだったとの記載があったと記憶している。このソースは不明。
2つの記事のコメント欄に書いたが、やはり第五検察審査会委員の正体と審議の内容を明確に情報開示しない限り、日本の司法の存続はない。誰かこのソースを知らないですか?なんとしても、第五検察審査会の正体をあぶりだすべきだ。
検察の裏金問題といい、裁判所の裏金問題といい、最高裁事務総局の政治介入、予算だて、人事権、裏金問題など、第五検審メンバーが解明されれば、腐敗司法の全貌を見ることになり、なるほどと頷けるだろう。尊王検察(司法)が聞いてあきれる。国民主権をないがしろにし、天皇にあやかり権力保持には詐欺もいとわない、ただの悪魔御殿だったじゃないか!最高裁は正義の女神テミスに裁かれろ!バカヤロー!!!!!

23. 2012年1月21日 17:12:59 : Zc4LsHROVM
週刊朝日と朝日新聞と同じ系列であるのにどうして小沢問題にたいする意見が違うのか不思議でなりません。毎日新聞とサンデー毎日も違います。
勿論少しでも本当のことを報道するメディアがあれば結構なことではあるが。
それにしても変わらないのはテレビです。新聞報道は少しずつではあるが、変化してきています。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK124掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK124掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧