★阿修羅♪ > テスト23 > 265.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: テスト
http://www.asyura2.com/11/test23/msg/265.html
投稿者 SOBA 日時 2011 年 9 月 06 日 01:23:08: LVbi13XrOLj/s
 

(回答先: Re: テスト 投稿者 SOBA 日時 2011 年 9 月 06 日 00:45:20)


(以下転載始め)
2011年09月05日
〔放射能〕仏分析「カリフォルニアの汚染は予想以上にひどい」 (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
http://alcyone.seesaa.net/article/224424210.html

109 名前:地震雷火事名無し(愛知県)
投稿日:2011/09/04(日) 13:58:14.51 ID:MgtYE7qE0

ヤバげな情報。最初に2パラグラフだけ訳したところで脱力。

http://ex-skf.blogspot.com/2011/08/map-of-cesium-137-deposition-across.html

CEREAによる環太平洋地域におけるセシウム137の汚染シミュレーションマップでは、アメリカの汚染が西日本より深刻であることを示している

フランスのCEREAは、"Fukushima"のページで福島第一原発の事故による地表汚染のシミュレーションマップを公開している。これは、日本だけでなく、ロシア シベリアからアラスカ、アメリカ西海岸、アメリカ全土を含む北太平洋周辺地域全体を示すものである。

このマップによると、アメリカは、特に西海岸、とりわけカリフォルニアにおいて、日本の西半分や北海道よりも深刻な汚染を受けた可能性がある。これは、韓国や中国より深刻な汚染のようであり、カナダも西海岸でアメリカと国境を接する部分は特に、それなりに汚染されたように見える。


こりゃ本格的に外圧が来るかもね。それが脱原発への近道のような気がしてきた。____

このマップで、アメリカ・カナダも汚染されてるけど、本州の西側と青森・北海道は無事なのわかるけど…
沖縄は、何で汚染されてるんだ???
(以上転載終り)

↑SOBA:「沖縄は、何で汚染されてるんだ???」は、地震雷火事名無し(愛知県)さんの勘違い。沖縄のは地図境界線の色が黄色で、島だから点になって黄色く見えているだけ。累積線量の表示ではない。

Wednesday, August 31, 2011
Simulation Map of Cesium-137 Deposition Across the Pacific by CEREA Shows Contamination in US Greater Than That of Western Japan
http://ex-skf.blogspot.com/2011/08/map-of-cesium-137-deposition-across.html

↑↓の元記事。

Atmospheric dispersion of radionuclides from the Fukushima-Daichii nuclear power plant
http://cerea.enpc.fr/en/fukushima.html

CEREA, joint laboratory École des Ponts ParisTech and EdF R&D
Victor Winiarek, Marc Bocquet
Yelva Roustan, Camille Birman, Pierre Tran
Map of ground deposition of caesium-137 for the Fukushima-Daichii accident.

The simulation was performed with a specific version of the numerical atmospheric chemistry and transport model Polyphemus/Polair3D. The parametrisations used for the transport and physical removal of the radionuclides are described in [1,2,3,4].

The magnitude of the deposition field is uncertain and the simulated values of deposited radionuclides could be significantly different from the actual deposition. In particular, the source term remains uncertain. Therefore, these results should be seen as preliminary and they are likely to be revised as new information become available to better constrain the source term and when radionuclides data can be used to evaluate the model simulation results.


福島第一セシウム137累積、2011年4月6日00:00:00、(Bq.m-2
http://cerea.enpc.fr/HomePages/bocquet/Doc/cumulated_total_deposition_ground_fukushima.png


Map of ground deposition of caesium-137 for the Chernobyl accident

The simulation was performed with a specific version of the numerical atmospheric chemistry and transport model Polyphemus/Polair3D. The parametrisation used for the transport and physical removal of the radionuclides are described in [1,2,3,4].

The magnitude of the deposition field is uncertain and the simulated value of deposited radionuclides could be different from the actual from the actual deposition. However the source term is much better known than for Fukushima-Daichii. A comparison with deposition measurements will be conducted to evaluate the simulation.


チェルノブイリ原発事故でのセシウム137の累積、1986年5月9日00:00:00、(Bq.m-2
http://cerea.enpc.fr/HomePages/bocquet/Doc/cumulated_total_deposition_ground_chernobyl.png


Movie of the Fukushima-Daichii activity in the air (caesium-137, ground level)

The simulation was performed with a specific version of the numerical atmospheric chemistry and transport model Polyphemus/Polair3D. The parametrisations used for the transport and physical removal of the radionuclides are described in [1,2,3,4].

The magnitude of activity concentration field is uncertain and could be significantly different from the actual one. In particular, the source term remains uncertain. Therefore, these results should be seen as preliminary and they are likely to be revised as new information become available to better constrain the source term and when radionuclides data can be used to evaluate the model simulation results.


Adobe Flash Playerの画像

3月12日03:00から4月6日00:00までの記録。

目立って大量に放射性物質が拡散したのは以下の2回。
3月12日03:00から3月17日00:00頃まで。
3月18日08:00から3月21日12:00頃まで。





Dispersion of radionuclides in the ocean: see the coastal simulations of the Sirocco team here.
References:

Towards the operational estimation of a radiological plume using data assimilation after a radiological accidental atmospheric release

Victor Winiarek, Julius Vira, Marc Bocquet, Mikhail Sofiev and Olivier Saunier. Atmos. Env., 45, 2944-2955, 2011.

Targeting of observations for accidental atmospheric release monitoring

Rachid Abida and Marc Bocquet. Atmos. Env., 43, 6312-6327, 2009.

Inverse modelling-based reconstruction of the Chernobyl source term available for long-range transport

Xavier Davoine and Marc Bocquet, Atmo. Chem. Phys., 7, 1549-1564, 2007.

Validation of the Polyphemus platform on the ETEX, Chernobyl and Algeciras cases

Denis Quélo, Monika Krysta, Marc Bocquet, Olivier Isnard, Yannick Minier and Bruno Sportisse, Atmos. Env., 41, 5300-5315, 2007.

CSS

XHTML 1.1 DTD

Back to homepage.
 
 
 
今こそ、「主権者は私たち国民」、声をあげよう!!!
僕たちは知りたい真実の情報を 私たちは信じている情報の力を

↓(ツイッター)28SOBA ↓雑談日記
       

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト23掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト23掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧