★阿修羅♪ > テスト23 > 607.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: テスト
http://www.asyura2.com/11/test23/msg/607.html
投稿者 SOBA 日時 2011 年 10 月 17 日 15:09:16: LVbi13XrOLj/s
 

(回答先: Re: テスト 投稿者 SOBA 日時 2011 年 10 月 14 日 11:15:06)

元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話(1〜11)
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2011/10/post-99c7.html#top


 インタビューするtweetTVJPさんは58歳、塩見 孝也氏(1941年5月22日 - )は70歳、最初塩見氏とは知らなかったようで「九条改憲を阻止する会」霞ヶ関前テントの横で座るご老人にインタビューするのがきっかけになってます。tweetTVJP氏はそれほど政治意識もなく過ごしてきたのと、世代的に違うと言う事もあって社会・政治問題のキーワードを知らなかったりします。それでも臆せず淡々と聞いていく所がなんとも面白いです。一見の価値あり、ぜひお勧めの動画です。

 

さんが2011/10/12 にアップロード

1元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

tweetTVJP

http://youtu.be/CJ7daglEA4M

九条改憲阻止の会泊まり込み要員として、

1分44秒から、「う〜ん、これ言っていいかな」の後、赤軍派の話し。

 

2元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/4gPlMABZfCo

インタビュー者への逆質問から。

4分47秒から、闘い方についての反省の弁など。

5分40秒から、議会制民主主義と民主主義の違い。民主主義にとって大衆運動(デモ、集会、座り込みなど)が大切な事について。

 

3 元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/PRWOVaftnTM

逆質問から、インタビュー者、tweetTVJP氏の政治意識の変遷について。塩見氏はMIXIでHN預言者、その他ネットについて。

6分から、9・11からテントをやっていることなど。

7分58秒から、沖縄との連帯、別の民族としてのウチナンチューについて。日本人や天皇の出自について。

 

4元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/tCfF_a6EGCY

日本国の歴史、成り立ちなど。日本人の成り立ち、縄文人、モンゴロイドについてなども。

 

5元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/7sqrYy3VeiY

弥生人(朝鮮系)が縄文人の話しをかき集めて作った古事記について。

10分から、全共闘と菅直人、仙谷由人、江田五月、横路氏などについて。

13分9秒、インタビュー者「現在58歳です」。重信房子について。

 

6元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/WO_dU0KoGvQ

投獄された事について。「よど号事件」について。

 

7塩見じいさんとドイツ緑の党副党首べアベル・ヘーン

http://youtu.be/IQd91OWC6UI

ドイツ緑の党副党首べアベル・ヘーンさんとの会話。

11分40秒から、黒船作戦。海外からの発信。

 

8元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/odHrpDWCqjk

ドイツの「緑の党」について。(関連記事など

5分12秒から、オバマについて、ティーパーティー運動とオキュパイ運動について。

9分から、税について。リーマンショック以降の話し、財政危機などについて。米国での物作りの崩壊について。世界革命の話し。

 

9元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/ontyyjAC2bw

生産の自主管理型共同体などについて。

2分47秒から、全共闘について、仙谷の話しも。過剰生産恐慌について。世界共同体について。資本主義の没落、崩壊について。

10分7秒から、金融資本の崩壊、資本論について。

 

10元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/ZL5AY-okeZQ

理念・理論・グラウンドデザイン。ARPANETから始まるインターネットについて。原発を始めとした科学技術と資本主義について。

5分30秒から、臓器移植と臓器売買について。脳死について。

10分45秒から、スターリンの独裁、スターリン時代について。官僚制国家資本主義について。

 

11元赤軍派議長 塩見おじいさんの面白い話

http://youtu.be/384FJdcYFtw

唯物史観と官僚制国家資本主義について。社会の変遷と革命について。生産手段の共有と私的な占有について。

始めに戻る


 以下、資料として採録。

Baerbelhoehnthumbnail2


■ベアベル・ヘーンさんプロフィール
90連合/緑の党 連邦議会議員(2005〜現在)会派副代表
再生可能エネルギー、原発、気候変動、消費者保護などを中心テーマとして活動
1952.5.4生まれ

http://www.baerbel-hoehn.de/cms/default/rubrik/7/7815.html

ノルトライン = ヴェストファーレン州議会議員(1990〜1995)
ノルトライン= ヴェストファーレン州環境大臣(1995〜2005)

 

「脱原発、市民が実行を」 名古屋で独「緑の党」議員が講演
2011年10月14日

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20111014/CK2011101402000101.html

 脱原発を掲げるドイツ「緑の党」連邦議員団副代表のベアベル・ヘーン議員(58)が13日、名古屋市千種区の市中小企業振興会館で講演し「脱原発は利益追求の大企業任せではできない。一人一人の市民ができることを実行していかないといけない」と訴えた。

 ドイツは2022年までに17基の全原発を廃炉にする方針。ヘーンさんは「ドイツには、原発を廃絶する代わりに太陽光やバイオマスなどの自然エネルギーの割合を40%にする目標がある」と説明。脱原発を確実にするためには「省エネ技術の開発と社会の協力が必要」と述べ、自然エネルギーの普及で雇用創出などの効果もあると指摘した。

 200人が聴講。会場からの「風力発電には景観保護の問題があるが」との質問には「ドイツでも反対運動はあった。景観保護には妥協を求めるしかない」と答えた。 (北島忠輔)

始めに戻る



 
 
 
 
 
今こそ、「主権者は私たち国民」、声をあげよう!!!
僕たちは知りたい真実の情報を 私たちは信じている情報の力を

↓(ツイッター)28SOBA ↓雑談日記     ↓クリックで地図  ↓TBP主権者は私たち国民について
   原発にNOの、猫ちゃんの原発にニャ〜バナー TBP主権者は私たち国民バナー  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト23掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト23掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧