★阿修羅♪ > テスト23 > 678.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
試驗投稿
http://www.asyura2.com/11/test23/msg/678.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 10 月 26 日 20:14:02: yX4.ILg8Nhnko
 

(回答先: 試驗投稿 投稿者 不動明 日時 2011 年 10 月 26 日 19:16:46)

 
 
 
 
中国、ユーテルサット社の通信衛星「W3C」を打ち上げ | 長征 | sorae.jp
http://www.sorae.jp/030809/4524.html

中国、ユーテルサット社の通信衛星「W3C」を打ち上げ
October 18 - 2011 - 長征


Image credit: CALT

中国国家航天局(CNSA)は北京時間10月7日16時21分(日本時間17時21分)、四川省の西昌衛星発射センターから、ユーテルサット社(Eutelsat)の通信衛星「W3C」を載せた「長征3号乙」(Long March 3B)ロケットを打ち上げた。

打ち上げられたロケットは順調に飛行し、打ち上げから約26分後に衛星を所定の軌道に投入し、打ち上げが成功した。

「W3C」はタレス・アレニア・スペース社が開発・製造した通信衛星。重さ約5400キロで、スペースバス「4000 C3」プラットフォームをベースに、計56本のKuバンドとKaバンド・トランスポンダとを搭載し、静止軌道からヨーロッパを中心にデジタル放送サービスなどを提供する。

国際武器取引規制(ITAR)によって、西側の通信衛星を中国製ロケットに搭載することはほとんど不可能のため、今回、タレス・アレニア・スペース社はアメリカの部品を一切使用しない、いわゆるITARの制約を受けないバージョンを製造した。

また、ユーテルサット社という大手衛星運営企業から受注し、打ち上げ成功したことについて、中国側は「アメリカの衛星輸出制限を受けて、初めて大手の衛星運営業者に選んで頂いた。今回の打ち上げ成功は中国製ロケットの実力が認められただけでなく、商業衛星市場の進出においても重要な意味を持つ」と説明している。

なお、今回の打ち上げは長征ロケットシリーズにとって148回目の打ち上げだった。

■長征三号乙運載火箭発射Eutelsat-W3C衛星
http://www.calt.com/xwzx/zyxw/2011101215282509b76f.html
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト23掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト23掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧