★阿修羅♪ > テスト24 > 825.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国の辺野古断念 - 粘り強く闘い抜いた沖縄に拍手を (世に倦む日日)
http://www.asyura2.com/11/test24/msg/825.html
投稿者 メジナ 日時 2012 年 2 月 11 日 11:25:36: uZtzVkuUwtrYs
 

米国の辺野古断念 - 粘り強く闘い抜いた沖縄に拍手を
 http://critic5.exblog.jp/17772516/
  2012-02-09 :(世に倦む日日)


 昨夕(2/8)の「在日米軍再編見直しに関する基本方針」の発表について、これは、やはり沖縄タイムスが正しく報じているとおり、米国による辺野古断念と捉えるべきだろう。

 日米両政府は、これまでの体面を守るため、辺野古移設を「唯一の有効な進め方だと信じている」などとわざわざ言い上げているが、この第1項は枕詞的な公式立場の強調であって、肝心な中身は第2項にあるグアム移転と辺野古移設の切り離しに他ならない。
 
 第1項は、辺野古移設をパッケージにしてきた方針の破綻を隠すために、敢えて修辞を振りかざしているだけだ。虚勢である。
 破綻したのだ。
 
 辺野古移設に固執していれば、立ち往生したまま時間が過ぎ、米議会による難色と圧力によってグアム移転計画が頓挫してしまうため、米政府が二つの切り離しを決断したのである。
 切り離す以外になく、辺野古を断念して放棄するしかなかったのだ。面子を捨てたのであり、方針転換を余儀なくされたのだ。
 
 切り離しの政治は沖縄県民の勝利であり、長きにわたった闘争が(普天間・辺野古の)パッケージの欺瞞と拘束を崩壊させ、米政府を方針転換へと追い込んだ結果以外の何ものでもない。

 マスコミ報道はこの意義を正しく捉えず、「普天間固定化」の言説ばかりを喚き散らしている。「普天間固定化」の脅迫など、単に日米両政府と親米派の負け惜しみの口上にすぎない。
 敗北を正直に認めたくないがために、虚勢を張って無意味な詭弁を吐いているだけだ。

【続き - 以下は有料です 転載禁止】

投稿者コメント:全文の転載禁止の為、可能な部分を転載。
上記の元記事リンクで、全文の閲覧が可能です。

関連の画像
 辺野古浜通信のブログより
 http://henoko.ti-da.net/e3802312.html

ビースバナー1


ビースバナー2


ビースバナー3


ビースバナー4

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト24掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト24掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧