★阿修羅♪ > 戦争b8 > 403.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米CNN、米軍によるイラクでの惨状を認める (イラン・ジャパニーズ・ラジオ)
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/403.html
投稿者 新世紀人 日時 2011 年 12 月 05 日 09:49:46: uj2zhYZWUUp16
 

http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=23301:2011-12-04-11-00-00&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

2011年 12月 04日(日曜日) 15:26

米CNN、米軍によるイラクでの惨状を認める


アメリカのCNNテレビが、アメリカ軍のイラクからの撤退を前に、アメリカ軍の侵略行為がイラク国民に悲惨な状況をもたらしたことを認めました。
CNN記者は、イラク侵略と占領による正確な犠牲者数を割り出すのは困難であるとしています。
この記者はまた、イラクでは道路や送電システムといったインフラ設備が破壊されているとし、「イラク国民の抱える問題としては、失業者やテロ攻撃の増加が挙げられるが、こうした問題もアメリカ軍による侵略や占領の結果である」と語りました。
アメリカとイラクの安全保障協定により、アメリカ軍は今月31日までに、イラクから完全撤退することになっています。
イラク国防省は、「イラク国内に残留している1万人以上のアメリカ兵は、この数日以内にイラクから撤退することになるだろう」と表明しました。
イラクのマレキ首相も、「イラクは、アメリカ軍の撤退後、より安全な国となるだろう」と述べています。
アメリカは、イギリスやその他の同盟国とともに、国連安保理から法的な許可を得ることなく、イラク国内に大量破壊兵器の存在が疑われるという口実で2003年にイラクを攻撃しました。
しかし、これまでにイラク国内で大量破壊兵器は見つかっていません。
最新の調査によれば、アメリカによるイラク攻撃の開始から現在まで、数十万人のイラク民間人が殺害されたとされています。
イラクの政界の多くの要人や、民間の人権擁護団体は、アメリカに対し、イラクへの攻撃による被害者に損害賠償を支払うよう求めています。


最終更新 ( 2011年 12月 04日(日曜日) 17:23 )

 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月05日 10:44:13: BApq02wqzY

>アメリカのCNNテレビが、アメリカ軍のイラクからの撤退を前に、
>アメリカ軍の侵略行為がイラク国民に悲惨な状況をもたらしたことを認めました。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=massacre+iraq

問題は日本人である、
侵略強盗殺人の共犯犯罪者をこのまま野放しには出来ないということだ。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/kenpo05.htm
イラクやアフガンで数十万の家族が虐殺され続けている。
有事法成立後、中東に送り込まれた日本の多くの若者がその家族虐殺の共犯者となった。
米英軍の使い走り要員、作戦補助派遣員とされて、殺戮共犯の犯罪者となったのだ。
殺された家族の絶叫に耳を塞いだまま侵略強盗殺人の共犯者として日本国内に帰還したのである。

イラクやアフガンで家族を虐殺した殺戮の共犯日本人がいま我われの町のどこかを平然と歩いている。
侵略強盗殺人の共犯者に成り下がった若者が何食わぬ顔で日常に回帰しているのである。
ある日突然家族を虐殺されたイラクやアフガンの人たちがこの共犯日本人を許すはずもない、
一生、許すことはないだろう。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=massacre+iraq
沖縄の軍事基地を認めるということは
イラクやアフガン、朝鮮、ベトナムなどでの米軍による多くの家族虐殺の共犯者、犯罪的な傍観者になるということだ。



02. 2011年12月05日 17:24:54: HoWfrAdI5I


米兵とイラク人 これが正義の戦争の正体
http://www.historyguy.com/lynndie_england.jpg



03. 2011年12月05日 19:37:04: W1dGvsa0jo
やがて滅ぶさ。

04. 2011年12月05日 20:00:51: XJL2YLIhEs
もうすぐ12月8日。私は、たとえお隣に住んでたって日本中の神社がたった一ヶ所になったって、靖国に参ることは死んでもないが、『勝てば官軍』に異論を唱える靖国愛好者の方々には、そこの部分だけ敬意を表したい。
20年前のクエート侵攻で、イラクはボコボコにされた上10年以上もの経済制裁を受けた。飛行禁止区域を設定されたり、嫌がらせのような空爆を受けたり、欧米の好き勝手された。約10年前、アメリカイギリスはイラクに侵攻した。日本も手伝った。。日米がやったことは紛れもないテロ行為である。日本も経済制裁を受けるべきである。イラクがやったことよりずっとえげつない分、相応にえげつない制裁を受けるべきではないだろうか。勝てば官軍はおかしい。
て、言うか。だったら先に、日清戦争の賠償金、今の金額になおしてお返ししなさいと思うが。勝てば官軍が卑怯なら、日本は卑怯なその賠償金で八幡製鉄所を造ったり、帝国大学を整備したり、近代化を果たしたと、昔々習ったような。今はそうは教えないのか?
勝てば官軍はおかしいなんて負けた時だけ言うのはもっとおかしくないのか?
ま、それは置いといて。

05. 2011年12月05日 21:31:50: 6kuobrWeYc
>>03
やがてじゃなくてもう寸前だろ。
放射能汚染+経済危機で。


06. 2011年12月06日 01:24:54: U4Ly3U0C9M
問題は、でどう責任取るつもり?ってことだろ

反省するだけならサルでも出来るってCMあったな


07. 2011年12月06日 07:27:07: XJL2YLIhEs
つまり猿以下だってことですね
って言うか、猿はもしかしたら反省以上のことをしてるかも知れない。人間に解らないだけで。
人間は、あのCMを作った日本人は反省すらしないことを、猿は解ってるかも知れない。
名誉毀損。ごめんね、猿。

08. 2011年12月06日 11:00:35: d5yv3mlljI
フォントンベルトの話というのがあるそうです。太陽系が銀河系の中の光子の帯び状のの川に入りそこにいくと地球は星や小さな隕石とぶつかる可能性が高くなるのだという脅迫のようでもありまことしやかそうな話。

でも物理的には絶対ありえない話です。

これなんかは核ミサイルにはうってつけの話。小さな隕石なら撮影不能だし、いくらでも利用できる。こうした数年前から怪物情報は世界への洗脳話かもしれません。

ある日、突然NASAあたりが9.11の時のように世界にCNN発偽情報を発して世界に連絡し、NHKや日テレも協力して偽ビデオをバンバンやって、政府として「アメリカ政府を信用します」なんていって、ほんとは隕石なんて、きていないのに、なぜかテレビで隕石のビデオがバンバン流れ、でもほんとはというと核ミサイルが飛んでくる。(笑い)

そしてアメリカのにっくき国?に今アメリカが保有する核ミサイルをバンバン打ち込んで使用し、破壊しつくし、そして復興の名のもとにアメリカはでかけてゆく。
ミサイルが落ちる先は・・・・。

そんな 気違いのようになってしまったのがここ30年のアメリカ。まるでオウム真理教に毒されたような国かもしれませんよ。
僕は戦前に日本人が西欧列強の政府を鬼畜米英と表現してましたが、それは今も続いていて一層悪質になっていると思っています。

アメリカの9.11の偽激突話・偽ビデオ発覚事件はアメリカの馬鹿まるだし事件です。

外の風景をみると平和な地球なんですけど・・・・青い目の人間が悪魔です。ほんと馬鹿げてるんだけど、そんな罠がすでに進行しつつあるかも。と心配しています。



09. 2011年12月07日 01:49:38: GWGzXlTorY
今この世界を救える存在が、はっきりとひとつ存在しています。
nwoグループです。

勿論そんな自殺行為なんかしませんが。事実彼等には、なんでも出来るのです。
ただし、かなり弱っているように感じられるので、日本はこれからの時間の対応が希望を広げられるかどうかの勝負でしょう。悪しき支配の破れ目から、少し青空がのぞいています。協力し合えば、なんとかなる。

よくかんがえてみてください。このnwoの世界自在コントロール能力を。このことを言いたいのです。彼等の一層悪質な面を明らかにするために。

この人達が、世界の国々の経済を立て直して、平和にもっていこうとしたら、世界にはそういう人達がいるのだから、少し彼等を応援するだけで良いのです。
だって、自前で紙幣印刷機℃揩チていて、いくらでも好きなだけ調整しつつ本物の現金≠フ製造ができるじゃありませんか?それに、この悪党どもより、遙かに遙かに平和な世界に貢献できる正しい人達は幾らでもいるのです。しかし、彼等は意図的にそうはしないことで、闇の支配勢力を成長させてきたのです。

なんでもできる≠フにやらない。さも厳しい状況とか良いながら、偽善芝居を続けつつ、背後では、遠い将来を見越した相手のコントロールに余念がない≠ニいうと余計に、悪党の全体像がよく分かるではありませんか?
このろくでなし芝居こそは、実は世界の素朴な人全員を出していて、最も効果が高いのです。もう避けられない運命とイコールなのです。馬鹿馬鹿しいが、際限のない悪辣さ。
私は、この正体を確信して、なんだこいつら!と心底あきれかえりました。こういう茶番故に評価されるだろう世界支配者の、世界の構造の裏側の本当の姿をちらりと見せられて、意志薄弱の国家代表者はころりとまいるのでしょう。
ネットの世界には教えられることが多いです。

だから、表舞台の役者達(政治家)は、彼等が地球全体の危機を救おうと思えばすぐにでもできるのに、やらないということを、知っててやっているのか?知らないでやっているのかは分かりませんが。

芝居なんです。彼等の歴史的な手間を掛けた価値観、価値基準やら、相場観、やら学問やら、思想やら、社会秩序、世界観、宇宙観を、本質的なところから疑ってみてください。結局、全部彼等に都合良くできています。そんな価値観とか価値基準とか、勝手な序列のルールとかに、馬鹿正直に頭をさげて、盲従していたら、相手の思うつぼですよ。馬鹿馬鹿しい。日本人は、そんな物以上の独立を持てる。

もっともらしい顔つきをして世界の今の苦境を切々と訴えますが、nwoという第三次世界大戦後に、自分たちは生き残り、大変な計画を実行しようとかんがえています。
数億人の人間だけは生かせておいて、いろんなワクチンの注射器でマイクロチップを体の中に埋め込み(はじめてなきゃいいが)、全人類の個人情報をコンピューター管理をしようという。
この世界を永遠に悪魔と悪魔教徒が決定的に支配し、悪党同士で永遠に仲良く暮らすという理想郷らしいですが、その達成は、永久に二度と覆らない強力なものだそうです。
また、世界に現れるUFOは、nwoのサタニストの高位の者たちが、悪魔(これはキリスト教で明確に描かれている)との継続的な深い交流の中から(考えただけで嫌になりますね)、悪魔に高度な知恵を与えられて、新技術を開発したと言われています。私は一番説得力がある説明と考えます。宇宙人といわれる存在は、私は、イコール悪魔と思う。マインドコントロール技術もそうしたところから発展したと思う。nwoの周辺情報をよく整理してつなげてみてください。この話しが的外れとは言えないはずですよ。

日本でも、仏教、神道の奥の院では霊的な不思議が日常的に起こっているはずです。突飛な見方ではありません。

高精度のマイクロチップは大変に小さくて高性能らしいです。すでにその技術は完成済みなのです。だから、個人の自由の管理も思いのまま。

奴隷番号A××××1××××の物品購入禁止の情報を、全世界にくまなく通知せよ
 すると、この人は、どこの店に行っても、完全に何も買えなくなるのです。他の一切の権利の権限もnwoグループの完全管理下に置かれるのですね。不要と判断されたら、すぐに殺されるでしょう。

だからnwoの関心は、すでにお金を沢山持つことでは全然ありません。
権力?そうでしょうが、パパ・ブッシュさんが言っていたニュー・ワールド・オーダー≠ェそうですよ。

彼等はなんとしてでも、この彼等が形成して、全世界に隅々にまで浸透し、支配している偽物の基礎の上の壮大な建築物彼等の支配下にある文明観、世界観≠ニいう自分のグラウンドで、普遍性のないルールに人々を従わせて、自分たちの狂った計画の達成に進みたいのです。
日本人は、従う必要なんか無い!

このような者たちから、逃れるのには、自己防衛の真剣な努力が必要です。正しい法的防御能力を高めていくしかないと私は思います。正しい群れから離れたら生き残れなくなると思います。さらにさらに進む異常を見越して、法的防御の対策に専心しなくてはいけません。

それ以前に、とうとう直面することになった、この世の終わりの時代と、悪役の正体を知ることです。そして、誰と話せば、先へ進めるかを見抜いて、時間を無駄にしないことです。
前例のないことですが、この国の国益派の政治のベースに、この危機感に基づく一致が生まれますから、その価値観を少しずつ強いものに育まねばなりません。
nwoの世界の対向者は、なんとかそんな世界になる前に抵抗しようという態度です。日本も全く同じ態度が必要です。

小沢さんは、キリスト教は、うんぬんという批判のしかただったから、nwoの正体の理解にかんして、どうだろう?少し心配。でも、正面から欧米にこういう批判をする人なんですよね。

財務省、読売、野田首相は、仲が良いらしい。日本を救おうと思えばできるのに、そうしない方向に努力してきた勢力の拠点と面々が、次第にあぶり出されてきているようですね。でも本当に財務省って悪いやつそうですね。


10. 2011年12月07日 02:00:51: GWGzXlTorY
09訂正

×素朴な人全員を出していて、→ ○素朴な人全員を騙していて、


11. 2011年12月07日 02:19:44: GWGzXlTorY
09です。
いま気付いたのですがね。
彼等nwoが、世界をいつでもどのようにでもできる、というあたりからです…
世界を見渡す目≠チてありましたよね。
このへんから来ているのじゃないかなあ。
数億人の奴隷の完全管理というあたりもそうなんでしょうが…

12. 2011年12月07日 11:31:00: tJif2CplTY
小泉は日本をとんでもない方に国を引っ張って行った。
イラク人は日本許さない。

小泉は馬鹿だからそのウラの外務・防衛省の官僚どう責任取るんだ。
馬鹿をおだててイラク派兵をさせた責任だよ。

アメリカ好みのクソ役人が馬鹿な政治家を動かしてすき放題。
善良な国民に咎がくるぞ。


13. 2011年12月07日 11:37:52: l1NPjWZAfD
URUKニュース(イラク情勢ニュース)を見てきた俺にとってこの情報は旧聞だ。URUKニュースはサイト主の熱意によってメルマガに形を変えて運営されている。
3年も前にURUKニュースを見なくなって義理を欠いた俺が偉そうに言う資格はないのだが、米軍の一番の失敗はインフラに手をつけなかったことである。(米軍の侵略を正当化したいわけではない。)
コメントでどなたかそのことに触れていたが、イラク国民がサダムの悪政(あくまで欧米の主観による)になぜ声を上げてこなかったのかという最大の理由は、サダム政権がインフラだけは迅速なスピードで復旧整備にあたってきたからだ。
イラクは湾岸戦争敗北後、国連安保理により国土に飛行禁止空域を設けられ北部(主にクルド人スンニ派が多く住む)中部(アラブ人スンニ派が多く住む)南部(アラブ人シーア派が多く住む)と事実上3つの不可侵空域がつくられた。
イラクの空軍機は偵察に飛ぶことを禁じられイラク上空は国連監視という名の欧米の侵犯が日常的に行われてきた。
そのため、欧米は安保理の決定を自在に解釈し決議違反と称してはイラク軍の陣地と見られる建物に懲罰功撃を頻繁に繰り返していたわけだ。
そのたびにイラクのインフラは破壊され電力は断たれたがイラク政府は攻撃によって破壊された電力設備をものの2週間ほどで完全に復旧させインフラを立て直してきた。
民衆にとって命綱は電気と水と食料でありこれが滞れば反政府の気運が高まり政権存続の危機が訪れることをイラク政府や支配政党のバース党は心得ていた。
国連の経済制裁でイラクの乳幼児の死亡率は極端に下がった。薬まで兵器開発に利用すると米国がイチャモンをつけ制限したからである。
このような嫌がらせの経済制裁下のイラクでもサダム政権は民衆の命綱である生活の電気、水、食料の確保だけは怠ることなく維持し続けた。
アメリカによるイラク制裁と空爆は民衆レベルでサダム・フセインが憎いというよりそれにも増してアメリカ・国連が憎いという憎悪と敵意を生み続けた。
意外なほど制裁によるイラク国民の政権支持から離反させることができなかったのはこのような理由があったからである。
自国の空域が使えない防空能力のないイラクは、強大な軍事力を有するアメリカにとって赤子の手をひねるようなものである。
だが問題はその後なのだ。アメリカは旧政権がなにを措いてもまずやるべきインフラを後回しにし、必ず揉めるであろう政権の構築(傀儡)と油田の確保に費やし民衆の支持を掴むことができなかった。
それどころか民衆は旧政権残党、残存勢力による米軍への地下ゲリラ功撃を手引きし、米軍を脅かし続けた。
今日、アメリカがイラクで疲弊したのは現政権がイランの傀儡といわれるシーア派マリキ政権だからというわけではない、イラクにはイラクナショナリズムがありイラクナショナリズムにはスンニ派もシーア派もクルド人も含まれ、大都市層のイラク人たちのコミュニティーは異なる民族や宗派の婚姻、縁戚関係が当然のこととして営まれてきた。
フセイン政権下のイラクは独裁政権であり警察国家であったことは紛れもない事実である。
ただし、軍事独裁国家ではない。部族と宗派を飴と鞭によって使い分け政治運営に参加させ意見集約を図りバランスをとってきた人治主義も取り入れた世俗政治国家であり、従いバランスを崩す危険な民族主義や宗派主義をとことん弾圧した。イラクが治安にことのほか目を配ったのはこういう背景があったからである。
アメリカはイラクの最大の美点であるイラクナショナリズムを壊し、民族主義と宗派主義を勃興させ内戦状態をもたらした。
人心を掴むことの大切さを微塵も考えないヤンキー帝国主義の欲ボケが招いた地獄によって一番傷を負ったのはイラク国民、民衆である。
民主主義とか人権とか人道とか、口ざわりのいい言葉でその国の地政学的な負の条件を省みない馬鹿どもの戯言が今日もイラクの二の舞、三の舞を求めて踊っている。
嘆かわしいことである。



14. 2011年12月07日 11:42:10: S57QJHub3w
訂正です。

文中の

>国連の経済制裁でイラクの乳幼児の死亡率は極端に下がった。薬まで兵器開発に利用すると米国がイチャモンをつけ制限したからである。

にある「イラクの乳幼児の死亡率は極端に下がった。」はミスでした。勿論「イラクの乳幼児の死亡率は極端に上昇した。」が正しいです。失礼しました。

l1NPjWZAfD


15. 2011年12月07日 17:55:51: p2k1PcC9ac
たしかにこれで損害賠償の義務が無かったら何があってもメンゴメンゴで済むわな
パキスタンの兵士を誤爆した時は過失だから遺憾の意は述べるが謝罪はしないと
オバマが言ったんだって?w
ブラックユーモアの世界だ

16. 2011年12月08日 09:43:02: KBCB2vOoAM
『米とイスラエル、イランに対し「見えない戦争」を展開 』

http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=23410:2011-12-07-12-55-00&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

政治アナリストのマーク・ドンコフ氏が、「米とイスラエルは、イランとの全面的な見えない戦争に突入した」と語りました。
ドンコフ氏は、シオニスト政権イスラエルの因子によるイランの核物理学者の暗殺、アメリカの無人機によるイランへの領空侵犯、アメリカによる対イラン独自制裁といった出来事は、舞台裏の戦争であるとし、「事実上、本物の戦争が始まったに等しい」としています。
また、「イスラエルの諜報機関モサドと米のCIAは、イランの反体制派組織モナーフェギンやPJAK、さらにはリーギーといったテログループの支援により、この秘密裏の措置を講じている」と述べました。
さらに、「イランに対する、アメリカとイスラエルの敵対的なアプローチは、イランの核活動とは全く関係がなく、その根本的な目的は、中東におけるイスラエルの軍事的な優位性の維持を確実なものにすることにある」としています。
ドンコフ氏は、「アメリカ政府から政治・資金面で全面的な支援を受けているイスラエルは、アメリカの納税者のお荷物である」と語りました。
次期アメリカ大統領選の共和党候補者らは、最近の選挙討論において、テロや軍事的な措置を含めた、イランに対する各種の秘密作戦の展開を要求しています。


イランの核物理学者マジード・シャフリヤーリ教授は、2010年12月、イスラエルの諜報機関モサド及びイギリスの治安機関によりテヘランで暗殺されました。
近年、イラン人の学者らがテロ攻撃の標的にされる事例が増えています。
そうしたイラン人の大学教授として、マスウード・アリーモハンマディー博士や、フェレイドゥーン・アッバースィー博士、マジード・シャフリヤーリー博士らが挙げられます。
近年のテロ攻撃により、シャフリヤーリー博士とアリーモハンマディー博士が殉教しましたが、アッバースィー博士と同夫人は負傷し、病院に搬送されています。
イラン国会・国家安全保障最高評議会のジャリリー書記長は、「イランは、わが国に対する謀略や、わが国及び地域諸国でのテロ行為や破壊行為の実施にあたって、アメリカ政府がその実行犯を派遣するうえで重要な役割を果たしていることを裏付ける、動かぬ証拠を入手している」と述べました。
アメリカと、同国に追随する一部の西側諸国はイスラエルとともに、イランに対し軍事目的での核活動を行っているとの疑いをかけており、この問題をイランに対する制裁強化や対イラン軍事攻撃の口実として利用しています。
イランは、こうした一連の疑惑を否定し、「イランは、NPT核兵器不拡散条約及び、IAEA・国際原子力機関の加盟国として、核エネルギーを平和目的で使用する権利がある」と強調しています。
イラン当局は、アメリカとイスラエルの挑発的で好戦的な発言に強い反応を示し、「イランは、わが国に対するあらゆる軍事攻撃に対し、断固たる報復措置に出る」と表明しました。
イランはさらに、「イランに対する軍事攻撃は、中東地域を越えた大戦にまで発展するだろう」と警告しています。


最終更新 ( 2011年 12月 07日(水曜日) 19:05 )


17. 2011年12月08日 11:16:04: AyRD3MShiw
撤退終了間際 米兵が500人ぐらいになったときに 
イラク人民の総攻撃を受けて 米兵が皆殺しになる
ような気がする

18. 2011年12月12日 08:25:36: LZQqGUA606
>16
>ドンコフ氏は、「アメリカ政府から政治・資金面で全面的な支援を受けている
イスラエルは、アメリカの納税者のお荷物である」と語りました。

 イランと「見える」戦争を始めて、中途半端な所でアメリカだけ撤退すれば、
戦争商売で儲けられるしイスラエルは潰せて一粒で二度おいしい、という展開かな?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧