★阿修羅♪ > 戦争b8 > 422.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「革命」支援:エジプト民主化と米国/4 弾圧を黙認した米 [毎日新聞] アメリカの二枚舌外交を検証
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/422.html
投稿者 中田英寿 日時 2011 年 12 月 08 日 22:15:57: McoerUaxt7HLY
 

「革命」支援:エジプト民主化と米国/4 弾圧を黙認した米
http://mainichi.jp/select/world/news/20111205ddm007030140000c.html

「エジプトには改革を推進できる勢力がある。NGO(非政府組織)だ」。米国の援助機関「国際開発庁(USAID)」は02年、民主化の推進役としてエジプト国内のNGOに着目する方針を公文書に明記した。

 USAIDの民主化支援は99年から存在したが、ブッシュ政権の中東民主化構想の下、エジプトのNGOに対する支援は増額され、04会計年度(03年10月〜04年9月)には前年度の2倍の2900万ドルが供与された。

 さらに04年12月、米国で重要な法改正があった。それまでの法律はムバラク政権との関係に配慮し、米政府は「エジプト政府に認可されたNGOのみ支援できる」と定めていたが、改正法は、エジプト政府の認可を得ていないNGOへの支援も認めた。改正により米資金はムバラク政権の意向に関係なくNGOに行き渡り始めた。

 NGOが勢いづく中、シェリフ・マンソール氏は05年3月、米シンクタンクの招待で1週間、初めて渡米した。「議会、司法、メディア、市民が権力を監視する社会に感銘し、エジプトにも定着させたいと思った」(マンソール氏)。エジプトでは05年9月に大統領選、11、12月に人民議会(国会)選挙が控えていた。長年、不正選挙が続いてきたのは国民の「常識」だ。

 ムバラク政権が海外の選挙監視団の受け入れを拒否する中、「イブン・ハルドゥーン開発学センター」のイブラヒム所長は大統領選への立候補を取りやめ、NGOによる監視団を組織した。米国訪問で「権力を監視すること」の重要性を認識したマンソール氏は監視団の実務を担った。

 ムバラク大統領は5選を果たしたが、人民議会選ではイスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」が改選前の約6倍の88議席を獲得し、独裁体制は揺らぎ始めたかに見えた。

 だが、選挙の後、NGOは次々と閉鎖に追い込まれた。06年1月、エジプトと隣接するガザ地区を含むパレスチナ自治区の評議会(国会に相当)選挙でイスラム原理主義組織「ハマス」が圧勝すると、ムバラク政権の弾圧は激しさを増した。

 マンソール氏は言う。「米国は弾圧を黙認した。中東の民主化を促進した結果、反米勢力が台頭したことに困惑していたのだ」。「米国の国益のための民主化」から脱却するためマンソール氏は行動を開始する。【ワシントン白戸圭一】=つづく

毎日新聞 2011年12月5日 東京朝刊

エジプト:人民議会選・第1回投票の開票結果発表
「革命」支援:エジプト民主化と米国/3 「9・11」後、関係に亀裂
ユネスコ:資金不足で募金キャンペーンも
米財務長官:欧州訪問へ 債務危機対応策で
「革命」支援:エジプト民主化と米国/2 独裁への二重基準
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧