★阿修羅♪ > 戦争b8 > 486.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イラン、1年以内の核兵器保有も=「あらゆる措置で阻止」−米国防長官  時事通信
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/486.html
投稿者 ダイナモ 日時 2011 年 12 月 21 日 12:58:19: mY9T/8MdR98ug
 

 【ワシントン時事】パネッタ米国防長官は20日までに、CBSテレビとのインタビューで、イランの核兵器製造能力について「恐らく1年ほど、ことによるとそれ以内の保有が可能」と述べた。また、イランが核兵器製造に着手すれば「阻止するのに必要なあらゆる措置を取る」として、軍事行動も辞さない姿勢を示唆した。


http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011122100415

-----------
米国はイランを核兵器で攻撃することと同じ効果を得られる別の方法で攻撃するだろう。残念ながらイランにこの攻撃を防ぐ能力はない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月21日 14:08:22 : S57QJHub3w
イランに手を出すのはイラクのようにはいかない。イラクとイランでは防空能力に格段の差がある。イラクはイラク戦争当時、ほとんど防空能力と呼べるものはなかった。対してイランはつい最近、アメリカの最新鋭ステルスUAV機を無傷のまま誘導捕獲した手練れぶりをみると強固で高度な防空システムを構築していることがわかる。
イランでは最近CIAの工作員が次々にイラン当局によって摘発逮捕されている。レバノンでもイスラエル、アメリカのスパイが摘発逮捕されている。
ブレジンスキーはイラン攻撃はアメリカの破滅を招くとして思いとどまるよう忠告している。
昨今のイランによるアメリカの失態を加速させたこうした事件は、アメリカの思うように進んでいないことの裏づけである。
アメリカの軍事力を過大に評価するのはかえってアメリカの策略に乗るおっちょこちょいというほかないだろう。
むろん、純軍事的に言えばアメリカとイランの軍事力は象と蟻ほどに差がある。しかしそれは総体的な比較であって地域的限定能力や財政力の差により力の行使は変わってくる。
従来の低強度戦争で勝てるほどイランは柔ではない。アメリカにイランとの長期戦を支えられる金があるのかという根本的な問題が横たわっており、さらに厄介なのはイランを攻撃すれば確実にイスラエルを巻き込むことになる。
アメリカが恐れているのはイスラエルの暴発であり孤立である。それはシリアにおいてさえアメリカの逡巡を揺さぶっているのだ。

02. 2011年12月21日 17:07:10 : FUviF2HWlS
米軍のイラン侵攻は、日米安保条約を解消する良い機会だ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧