★阿修羅♪ > 戦争b8 > 552.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 米国務長官、シリア反体制派と会談 アサド大統領の早期退陣に期待 [産経新聞] 米国の支持を取りつけ勢いづく
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/552.html
投稿者 中田英寿 日時 2012 年 1 月 03 日 00:54:28: McoerUaxt7HLY
 

(回答先: 各都市で銃撃戦…シリア停戦に至らず [日刊スポーツ、共同通信] 投稿者 中田英寿 日時 2012 年 1 月 03 日 00:46:29)

米国務長官、シリア反体制派と会談 アサド大統領の早期退陣に期待
2011.12.7 10:53
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/mds11120710550004-n1.htm


【ワシントン=犬塚陽介】クリントン米国務長官は6日、訪問中のスイス・ジュネーブでシリアの反体制派組織「シリア国民評議会」のメンバーと会談し、アサド大統領の早期退陣と「寛容で自由」な民主政権の樹立に期待感を示した。反体制派との対話は今年8月以来で2度目。

 AP通信によると、クリントン長官は「民主化への移行は、アサド政権の排除のみにとどまらない」と述べ、反体制派を中心に国民の意思を反映させた民主的政権を樹立することの重要性を強調した。

 一方、カーニー米大統領報道官は6日、安全上の理由で召還されていたフォード駐シリア大使が同日付で首都ダマスカスに帰任すると発表した。

 カーニー報道官は声明で、フォード大使の帰任は「シリア国民との連帯」を示す最も明確なメッセージになると述べ、民主化を支援していく姿勢を示した。

 また、アサド政権に外交官の安全確保などを定めたウィーン条約の順守を求めた。

 シリアではアサド大統領の支持者が米大使館を襲撃するなどの事件が多発し、オバマ政権は今年10月、フォード大使を帰国させていた。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧