★阿修羅♪ > 戦争b8 > 680.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリア:民衆弾圧 内戦突入の恐れも 反体制派コーディネーター、ムサブ・アザウィ氏に聞く  毎日新聞
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/680.html
投稿者 ダイナモ 日時 2012 年 2 月 04 日 11:36:41: mY9T/8MdR98ug
 

 シリア情勢について反体制派「シリア人権ネットワーク」の在英コーディネーター、ムサブ・アザウィ氏に聞いた。【ロンドン笠原敏彦】

 我々はシリア国内の52の反体制派組織と連絡を取り、現地の状況の把握に努めている。先週金曜日(1月27日)にはシリア全土で621のデモがあり、反政府行動は宗派、民族を超えて拡大している。国際社会が行動を取らなければシリアは内戦に突入し、混乱は近隣諸国に波及するだろう。

 シリアでは首都ダマスカスや北部アレッポなど一部の豊かな都市を除けば反体制派が支配している。貧しい地域では腐敗した1割の人々が社会を牛耳ってきたため、住民には反政府感情が強い。集落ごとに評議会が設置され、デモの組織や食料配布などを行っている。首都でも経済への打撃が大きくなれば、市民は反体制派を支持するだろう。

 我々は弾圧による死者を把握する際、犠牲者の家族や関係者の言葉を検証の材料にしている。1月末現在の死者は6672人に上る。逮捕者は5万2000人で、当局による拷問の死者は421人。地域によっては水や食料が不足するなど状況が悪化している。

 国際社会はこれまで「アサド体制が強固なのに対して、反政府活動は基盤が脆弱(ぜいじゃく)だ」と見て関与を強めてこなかった。しかし、シリア民主化を支援することこそ国際社会の利益だと気づいてほしい。


http://mainichi.jp/select/world/news/20120203ddm007030105000c.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年2月04日 13:05:51 : S57QJHub3w
ロンドンの人権団体は死者リストを持っていない シリア反体制派
2011/11/19 09:16[下へ]
(記事前半)
カトリック・メディア・センター(レバノン)が海外メディアとして、初めてホットスポットと病院を取材。代表のマザー(修道女)アグネス・マルヤム・アッサリーブが記者会見で衝撃の暴露。

同センターは、800人以上の死者リストを持っている。うち372人が10月に殺された。372人全員が治安部隊所属である。彼らの遺体の映像が、治安部隊によって殺された民間人の証拠映像として利用されている。

予知能力があって将来を見通しているかのような団体であるシリア人権観測所(在ロンドンのシリア反体制派組織)は、毎日シリアの死者数を発表しているが、ただの1人の氏名も発表したことはない。同センターが観測所に死者名リストを要求したが、今日まで回答を受け取っていない。

(動画↓を見ると、怒りの会見をしている。ロンドンの人権団体はCIAの下部組織なのだから、死者名簿を持っているはずがない。)

いくつかのマスメディアが(虚偽報道をするために)、人々がひどく間違った判断をする原因になっている。メディア憲章は形骸化した。これは許されないことだ。メディアが現実とは異なる報道をし、シリアには、軍警察シャッビーハと、自由・民主主義・人権を要求する羊のように平和的なデモ隊の2種類の人間しかいないかのように描写している。

(記事後半)
イタリア、ベルギー、フランス、スペイン、米国の通信社所属の記者と、レバノン、アルジェリア、フランスからの独立系記者は、シリアの治安部隊を攻撃している武装集団の存在を客観的に認めることができると発言。

The Grove Institute in Washington のTarpley氏は、ホムス、バーンヤース、タルトゥース、その他を訪れたが、軍は住民を殺しておらず、逆に、武装集団、覆面集団、狙撃手が軍人を殺していると説明。BBC、CNN、アル・ジャジーラに対し、捏造報道を止めるよう要求。

フランスLe Libre社の記者は、負傷兵と会話し、遺体を見て、一般に報道されていること(民主化運動)とは無関係であることを確認。デモは政府支持デモであり、反政府デモではない。死者は軍人であり、民間人ではない。事実とは無関係なことを繰り返すアル・ジャジーラ、アル・アラビーヤ、BBCは、題目を唱えているようだ。


Mother Agnes Merriam al-Saleeb: Nameless Gunmen Possessing Advanced Firearms Terrorize Citizens and Security in Syria
http://www.sana.sy/ara/3/2011/11/18/382499.htm
http://www.sana.sy/eng/337/2011/11/18/382515.htm
Nov 18, 2011

Mother Agnes from 00:33. Look how she's furious. Other foreign journalists from 06:10.
http://www.youtube.com/watch?v=o4X86De28zI

BEIRUT, (SANA) – Mother Agnes Merriam al-Saleeb, head of the Catholic Media Center team which visited Syria and witnessed the reality of the situation on the ground, said on Friday that there's an environment that is nurturing and is in charge of nameless gunmen possessing advanced firearms and ammo, instructing them to vandalize and terrorize citizens and security forces in Syria.

In a press conference attended by Italian, Belgian, French, Spanish and US journalists who visited Syria, Mother Agnes pointed out that the Catholic Media Center was the first media delegation that visited openly the hotspots and hospitals and witnessed what was being inflicted upon the security forces and the army.

She pointed out that the Center has a list of the names of the actual victims who were murdered, butchered and dismembered for no discernible reason, adding that the images of those victims were used later in media setup claiming that security forces killed them.

Mother Agnes said that the Center has more than 800 names of murder victims, 372 of them murdered in October alone, all of them security forces, pointing out to the "prophetic" observatory called the Syrian Human Rights Observatory that posts daily numbers of deceased people without giving a single name, adding that the Center called the Observatory and requested the names of the deceased, which it failed to deliver to this moment.

She pointed out that some mass media sources are causing people to make horrible mistake, which is unacceptable, noting that the press statutes have become mere ink on paper, with press reporting things that don't exist in reality and trying to depict Syria as having two components, with the first side being the villains who are the army, security forces and the so-called "shabiha", and the other side being the protestors who are depicted as being peaceful as lambs and demanding freedom, democracy and human rights.

In turn, journalists from Italian, Belgian, French, Spanish and US news agencies and independent journalists from Lebanon, Algeria and France stressed that objectivity requires acknowledging the fact that there are armed groups attacking the Syrian security forces in order to weaken the regime.

Webster Griffin Tarpley from the Grove Institute in Washington demanded that the BBC, CNN al-Jazeera cease broadcasting lies, saying that he and other journalists visited Homs, Banyas, Tartous and other cities and didn't see the army killing the people; rather there were armed, hooded groups and sniper killing the army.

For his part, Marc George from the French newspaper Le Libre said that the journalists visited Homs and Banyas and talked to injured soldiers and saw the bodies of the martyrs, affirming that what they witnessed had nothing to do to what was proclaimed by the media, and that the demonstrations were pro-government and not against it.

George stressed that the only martyrs they saw were soliders, not civilians, and that the al-Jazeera, al-Arabiya and BBC speak as it they're reciting a lesson that has no relation to the truth.

http://m.webry.info/at/hibikan/201111/article_100.htm;jsessionid=C7459B071111B19FE86733DD723B8269..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧