★阿修羅♪ > 戦争b8 > 712.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリア国軍が攻撃続行、死者100人超か 現地報道 西部ホムスなど各地で  日経新聞
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/712.html
投稿者 ダイナモ 日時 2012 年 2 月 09 日 08:56:32: mY9T/8MdR98ug
 

 【カイロ共同】中東の衛星テレビ、アルジャジーラによると、シリア国軍や治安部隊は8日早朝から反体制派の拠点がある西部ホムスで攻撃を続け、反体制派メンバーは、前夜からの死者は43人に上ったと語った。ロイター通信は反体制派メンバーの情報として、各地での8日の死者は100人を超えたと報じた。

 ホムスでは戦車や装甲車が市街地に展開、反体制派の徹底掃討を進めているもようだ。

 アサド大統領は7日、ロシアのラブロフ外相との会談で暴力停止を急ぐ考えを示す一方、激しい弾圧を続行。ホムスでは7日も21人が死亡するなど、弾圧停止を迫る国連安全保障理事会の決議案が否決されたことを受け、反体制派の一掃を急いでいるとみられる。

 一方、トルコメディアによると、同国のダウトオール外相は8日、「暴虐を看過できない」と述べ、新たな事態打開策の策定に向け国際会議の早急な開催を呼び掛ける考えを示した。

 欧州諸国などは安保理枠外の有志国グループによる事態打開に動きだしており、トルコは米国やアラブ諸国との調整を進める一方、エルドアン首相は8日、協力を要請するためロシアのメドベージェフ大統領と電話会談した。

 ホムスの反体制派によると、軍が戦車砲やロケット弾、銃火器などで一方的に攻撃を加えており、反体制派は反撃していない。市街地は包囲、外部から遮断され、医薬品なども全く手に入らないという。


http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819499E2EAE2E1E28DE2EBE2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C93819499E2E5E2E0868DE2EAE2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年2月09日 10:33:31 : Np7zmwUEJs
アルジャジーラの正体が知りたい。

02. 2012年2月09日 12:32:58 : d07iybJkXA
ロシア外相がシリアを訪問した意味
2012/02/09 06:05[下へ]
時間が経てば、もっと具体的なことが明らかになるのだろうが、取りあえずの情報。

(1つ目)レバノン紙al-Safirサフィール論説の転載。以下は大胆な意訳。

ラブロフ外相は、記者会見で全てを語らなかった。恐らく本国にいたときのほうが、沢山語っていた(注:毎日シリアについて記者会見している)。

軍事作戦が問題解決にならないこと、シリア国内で意見対立があることは、ロシアも承知している。ロシアは、シリアのことだけに関心があるわけではなく、もっと大局的なことを考えているのだが、ロシアにとってのシリアの重要性は、戦術的でなく戦略的である(から、簡単にシリアを見放さない)。

この点を理解しているアサド大統領は、過去数ヶ月の間に面会した誰に対しても、十分な自信を持って発言した。この読みは当たった。

ロシアにとり、国際社会において、弱い国ではなく強い国を代弁したほうが価値が高い。ラブロフ外相に随行した対外情報局長は、シリア側から、この点を確認する情報を受け取ったはずである。前の記事(注:本日付の別記事では、武装勢力には、投降するか、道路脇で死ぬかの選択肢しかない、と書かれたものもあった。)

米国とフランスの大統領は、再選の見通しが明るくなく、経済状態は悪い。米欧各国が、シリアから大使を引き上げるなど、論理破綻した言動を繰り返している様を、ラブロフ外相は「ヒステリー」と表現した。

ロシアは、強いシリアを根拠に、イランも参戦する軍事的エスカレートをちらつかせつつ、関係各国の面子がたつような解決案を示すだろう。

(2つ目)バアス党の論客ナースィル・カンディール大先生のありがたい一言コメント(笑)から。

ロシアは、ロシア国営テレビが報じたように、安保理での勝利を、シリア国民・大統領とともに祝った。(シリア側の歓迎、ダマスカスの動画、アレッポの動画)

ロシア側は、リスクと協力計画を提示し、シリア側と共有した。

シリア側は、ロシア対外情報局長に対し、軍事治安計画を提示した。

国際関係・軍事治安情勢に適合した、政治改革のスケジュールが定められた。前の記事、その2

安保理の採決で、ロシアと中国が棄権するだろうと思っていても、実際には拒否権が行使された。今日考えていることと違うことが、明日起こる。

(3つ目)ロシア・アカデミー東洋学研究所ウラジミール・アアシフ教授の話。

ロシア対外情報局長のシリア訪問の主目的は、恐らく、シリア情報部の現状把握と改善の可能性を検討するためだろう。

シリアに味方しすぎるため、ロシアは得る物より失っている物のほうが多いのではないかという質問に対しては、全てのシリア人が反体制派ではなく、多くのシリア人は未だにロシアの友人である。西側は、リビアとイラクを爆撃して、何かを得たのか?

(注:Russia Today TVは2月2日、反政府デモが盛んに行われているイドリブ市を取材し、市民が口々に「ロシア政府は、殺人を行うシリア政府の味方をしているから、シリア人の敵だ」と語る映像を放送していた。)

(ソ連崩壊後の)ロシアは、イラク、セルビア、アフガニスタン、リビアと譲歩を繰り返してきたが、シリアでは対応が違った。これが多くの人々を驚かした。

(4つ目)ラブロフ外相の来訪を伝えるSANA記事。

(5つ目)訪問後の、ロシア大統領、首相、外相、外務次官の発言。SANA記事。

http://m.webry.info/at/hibikan/201202/article_83.htm;jsessionid=BB33037722B3BB4F92A75297ED661906..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


03. 2012年2月09日 12:36:28 : S57QJHub3w
シリア:ホムス市掃討作戦はあと2〜3日で完了する
2012/02/09 06:42[下へ]
al-Manarサイトに近い情報筋によると、シリア軍が(先週から)始めた決意の掃討作戦に、ロシアが青信号を出したというのは、正確ではない。なぜならば、国土に武装勢力が存在することを許さないのがロシアの立場で、シリア政府に対し5ヶ月前から、早く武力で平定するように促していた。前の記事、その2、

それをしなかったのは、シリア指導部(大統領のこと)が、民間人の犠牲者が増えることに反対したからである。

同じ筋によると、ホムス市バーバー・アムル(市街地の西南端)は本日平定し、シリア軍が押さえている。ダマスカス北郊外のマダーヤー(ザバダーニーから1km)の武装勢力も殲滅した。

作戦の焦点は、ザバダーニーとブルーダーンに移っている。投降するための機会を、武装勢力に与えている。

現在行っている掃討作戦は、非常に厳しいものである。なぜならば、作戦の目的が、完全なる軍事的破壊だからである。(2月第3週に予定されている)バアス党地域司令部大会の前に、作戦を完了する予定である。前の記事

・・・イドリブ市内から武装勢力が逃走し、トルコ国境へ向かっているという未確認情報が、今流れている。外国スパイを殲滅する日は近そうだ。外交面の考察はこちら。

こんな絵が出回っている。http://t.co/8tVt8EtT

現在のシリア国旗は赤白黒。緑白黒は対仏独立闘争のときの旗で、
今の反政府勢力の旗として利用されている。
手で勝利のVサインを作ったが、
影絵は、アラブ世界で馬鹿を意味するロバになっている。

http://m.webry.info/at/hibikan/201202/article_85.htm;jsessionid=BB33037722B3BB4F92A75297ED661906..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


04. 2012年2月09日 12:37:59 : S57QJHub3w
「ホムスで弾圧されている市民」が化学兵器を使用! 正体は戦争屋 シリア
2012/02/08 10:31[下へ]
米国が主張する民主主義というきれい事が嘘で、シリアを新しい兵器の実験場にしようとしている実態が、暴かれつつある。以下、記事の紹介。

数日前から、ホムス市でシリア軍の掃討作戦が続いている(その2)。ホムス県は軍事ゾーンと宣言され、ホムス市への出入りの監視が強化された。

情報筋が本紙に明らかにしたところによると、シリアの部隊は、馴染みのない新しい西側の軍事技術に直面している。例えば、リン酸爆弾と化学兵器が、シリアの地で初めて使われた。前の記事

また、スナイパーは、夜間に体温を感知して標的を見つけるゴーグルと、特殊な金属製ヘルメットを装備している。

シリア軍は、市内・周辺の様々な箇所を掌握した。これまでに、武装勢力の2000人以上が投降した。彼らは市民や公共施設を標的にしており、一番最近では、ホムス精油所を3つの砲弾で狙った。

2月7日には、シリア軍は、アル・インシャーアート地区(ホムス市街地の西端、川の手前)いわゆる自由シリア軍と呼ばれている武装集団の約75人を2地点から連続で追い出し、3地点目で襲撃することで、投降させた。

外国女性1人を含む3人が、ホムスの大モスクのミナレットを爆破しようとしたが、シリア軍が阻止した。もし成功していたら、彼らはシリア軍が破壊したと宣伝するつもりだった。

シリア紙al-Haqiqahアル・ハキーカのウェブサイトによると、まだ未確認情報としつつ、昨日(2月6日)早朝、バーバー・アムル地区(ホムス市街地の西南端で、川の手前、アル・インシャーアーアトの南)で、西側・イスラエルでまだ開発中の実験兵器や、世界でもまた片手で数えるほどの国にしか採用されていない最新兵器が使われた。このことは、シリア領内で世界戦争が進行していることを示していると観測されている。民間とロシアの筋によると、2種類の技術がテストされた。

装甲車の車列が地区に入ったところ、数十メートル先から砲弾が発射され、うち一つが命中した。すると、数秒で車体が溶けてしまった!使われた砲弾が通常タイプでなく、白リン弾であることは明らかだ。

それは、ドイツの技術をもとに、イスラエルが近年開発した対戦車の白リン弾で、新世代のShiponに使われている。イスラエル軍が2010年に映像を公開したものが、シリアの戦車に対し使われた。

2つ目の驚きは、武装集団が早朝3時に、サーマル・スコープ(温度差を表示するメガネ)と、(銃弾よけの)鋼鉄製のヘルメットを付けて活動していたことである。彼らは、装甲車にいるときも、頭だけ、あるいはヘルメットだけを外に出していた(ヘルメットだけ外に出ていれば、メガネに風景が表示されるのだろうが、そこまでは原文に書かれていない)。現場のシリア軍兵士は、それが何であるかすぐにはわからなかった。

サーマル・ビジョンは、微妙な温度差も区別することができ、人体の内臓の位置まで識別できる。これを実装している軍隊は限定されており、最も有名なのは米国である。ブラックウォーター社がイラクで使用した。この会社は現在、社名をXe Service LLCと変え、UAEに登記し、アブダビの秘密の砂漠地帯で、シリア反体制派のFSAとSNCに対し特殊訓練を施している。

http://m.webry.info/at/hibikan/201202/article_78.htm;jsessionid=BB33037722B3BB4F92A75297ED661906..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


05. 2012年2月09日 12:39:44 : S57QJHub3w
シリア:ホムスで弾圧されている人たちがしている本当のこと
2012/02/07 18:50[下へ]
(1つ目)重要な用語に間違い。
(嘘)政府軍を離反した兵士
(真実)パスポートを持たずに密入国した武装外国スパイ。

(嘘)臨時の救護所
(真実)外国スパイが無許可で設営している違法病院。

これ全部↓弾圧されている人がしていることです。
シリア:ホムスの医者暗殺犯が自白
シリア:赤新月社がホムス県での救急活動を停止
シリア:ホムス県郊外の国営クリニックで略奪
2カ月前に暴徒の発砲で壊れた窓ガラスや壁の弾痕(毎日新聞の記者が病院破壊を確認)
ホムス国立病院所有の救急車が患者を搬送中に銃撃される
ホムス医療関係者の悲痛な叫び
シリア:医療機関に対する破壊行為まとめ

(2つ目)普通は、安保理で意見が対立している案件について、事務総長は発言に神経を使うものだが、この韓国人は最初から露骨に片方の味方をしている。行動指針がおかしいのは、やはり韓国人だからか。日本人であるIAEAの天野さんは、舞台裏で何をやっているかまでは知らないが、表面上は事務局長らしく振る舞っておりスマート。

(3つ目)「シリアはアサド独裁」と伝えていたNHKが、「アサド政権は集団指導体制」だってさ。こんなこと、40年前からわかっている。日本の中東研究の水準が低すぎて、脱力した。


シリア・アサド政権側、西部ホムスの政府軍離反兵士の拠点を砲撃 およそ50人が死亡
FNN 2012/02/07 13:00
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00216777.html
http://backupurl.com/9dlft7

国連安保理決議案の否決後も、武力弾圧が続いている。シリアのアサド政権側が6日、西部ホムスで砲撃を行い、およそ50人が死亡した。

政府軍を離反した兵士の拠点がある西部ホムスで6日、政権側の軍部隊が砲撃を行い、臨時の救護所にも着弾、反体制派「シリア国民評議会」の情報によると、およそ50人が死亡した。

シリア情勢をめぐっては、4日に国連の安全保障理事会で市民への攻撃の即時停止などを求める決議案が、中ロの拒否権行使により否決されている。


国連事務総長 直ちに弾圧やめて
NHK 2月7日 9時0分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120207/t10015829571000.html
http://backupurl.com/wl3pr6

国連のパン・ギムン事務総長は、シリアで政府軍による攻撃が激化し、市民の犠牲者が一段と増えている事態を受けて声明を発表し、先週の安全保障理事会の決裂が市民への弾圧を正当化したことにはならないとして、アサド政権に対し、弾圧を直ちにやめるよう求めました。

シリア情勢を巡っては、国連安保理で4日、アサド政権に対して市民への攻撃の即時停止などを求める決議案が採決に付されましたが、ロシアと中国が拒否権を行使して否決されました。その後、シリアでは週明けの6日、政府側が攻撃の手を一段と強めており、犠牲者の数はさらに増える見通しです。

これについて、国連のパン・ギムン事務総長は、6日、声明を発表し「安保理が合意できなかったからといって、シリア政府による市民への弾圧が正当化されたわけではない」として、アサド政権を非難したうえで、市民への弾圧を直ちにやめるよう求めました。

ただ、事務総長の声明は、安保理決議のように法的拘束力があるものではなく、今回の事態に対する国連の限界も浮き彫りになっているといえそうです。


“アサド政権は集団支配体制”
NHK 2月7日 7時22分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120207/t10015828851000.html
http://backupurl.com/b4cvh8

シリア情勢の事態打開を目指し、欧米諸国などがアサド大統領の退陣を求めるなか、アサド大統領の叔父に当たる元副大統領が、NHKの取材に応じ、アサド政権の実態は大統領の親族を中心にした集団支配体制で、大統領個人を退陣に追い込んでも弾圧の停止にはつながらないという見方を示しました。

シリアではアサド政権による反政府デモへの弾圧が続き、これまでに5400人以上が死亡し、欧米やアラブ諸国は、事態打開のためにアサド大統領の退陣を求めています。

アサド大統領は、青年時代、イギリスで眼科医として研修を受けていましたが、後継者と目されていた兄が交通事故で亡くなったため、2000年、父の死去を受けて権力を世襲しました。

これに関連し、アサド大統領の叔父でかつて政権の中枢にいたリファート元副大統領が亡命先のパリでNHKの取材に応じ、「アサド大統領は周囲から迫られ、戸惑いながら大統領の座についた。側近たちは、アサド大統領の軍の階級を直ちに引き上げるなど工作して大統領に祭り上げた」と述べて権力継承の舞台裏を明らかにしました。

そのうえでリファート元副大統領は「国の実権はアサド大統領だけが握っているのではなく、親族が軍や治安機関を統率している」と述べて、シリアの政権は大統領の親族を中心にした集団支配体制の側面が強く、大統領個人を退陣に追い込んでも弾圧の停止にはつながらないという見方を示しました。


http://m.webry.info/at/hibikan/201202/article_76.htm;jsessionid=BB33037722B3BB4F92A75297ED661906..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


06. 2012年2月09日 12:41:28 : S57QJHub3w
イスラエルが、対戦車砲Shipon B-300のシリア反体制派への供与を認める
2012/02/08 10:32[下へ]
Herzliya Centerの年次総会に参加したイスラエル人研究者は、イスラエルが自由シリア軍に対戦車砲Shipon B-300を供与したことを確認した。関連記事

カタールが外交パウチに隠して、レバノンとトルコへ運んだ。

また、ブルハーン・ガリユーンSNC議長が、イタリアを訪問したときに支援を要請したのを受け、イタリア空軍機が2011年12月22日、ベイルート空港に届けた(リンク先の情報は、日付が「12月21日」になっている)。

同研究者によると、この最新ミサイルは、過去数日の間、ホムスと、イドリブ県ジャバルッザーウィイェで実際にシリア軍の戦車に対して使用された。同氏は、15〜20の発射装置が、シリアの1ヶ所以上で武装集団の手に渡っていることを示す証拠写真を入手した。武装集団の一部は、サーマル・ビジョン(体温を感知して表示するメガネ)を付けている。


Israel confirms providing the "Free Army" with "Shipon 300" missiles
Tuesday 7 February 2012 12:03
http://www.islamtimes.org/vdcexp8zwjh8x7i.1kbj.html
http://backupurl.com/syu8vn

Syria (Islam Times) – Israeli sources confirmed the news that Israel provided the militants of "The Free Syrian Army" with "Shipon B-300" anti-tank rockets.

Israel confirms providing the "Free Army" with "Shipon 300" missiles

A Zionist researcher, who participated in the "Herzliya Center" annual conference for security studies and researches, said that official Israeli parties provided the militants with these type of rockets and they were shipped in batches to the insurgents by Qatari diplomatic pouches through Lebanon and Turkey. They were also transferred on board an Italian aircraft that arrived at Beirut airport of the 22nd of this month and was carrying medical supplies to the Syrian refugees in north Lebanon, and that at the request of Borhan Gilyan (Burhan Ghaliyoun) to the Italian government on his last visit to Rome.

The Zionist researcher confirmed that these missiles have been actually used against Syrian armored vehicles in Homs and Jabal Al-Zawiyah during the past few days. He added that they have obtained photos of the usage of these missiles and that between 15 and 20 launchers of this type have become in the hands of the militants in more than one Syrian area. Some of these launchers have infrared vision for night usage.

He continued on saying that the launchers' technical specifications, which have been produced by the Israeli military at the end of the 70s, allows their transfer, smuggle, and usage with ease. Its weight, along with the missile, does not exceed 8Kg, and its length does not exceed 140 cm, which is very convenient for usage in residential and populated areas especially on the streets since its maximum range does not exceed 400 m. It is also very convenient to target fortifications and buildings. This is more than what the "Free Syrian Army" needs at the moment.


http://m.webry.info/at/hibikan/201202/article_79.htm;jsessionid=BB33037722B3BB4F92A75297ED661906..32790bblog?i=&p=&c=m&guid=on


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧