★阿修羅♪ > 戦争b8 > 788.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re:イラン、アフガン、パキスタン首脳会合(産経新聞)
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/788.html
投稿者 中田英寿 日時 2012 年 2 月 18 日 08:00:57: McoerUaxt7HLY
 

(回答先: パキスタン・イラン・アフガンの大統領が会談(読売新聞) 親米から反米同盟に転換 投稿者 中田英寿 日時 2012 年 2 月 18 日 07:57:07)

イラン、アフガン、パキスタン首脳会合
2012.2.17 19:59
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120217/amr12021720010006-n1.htm


【ニューデリー=田北真樹子】アフガニスタン、イラン、パキスタン3カ国の大統領は17日、パキスタンの首都イスラマバードで首脳会合を開き、テロ対策や経済関係の拡大での協力について合意した。欧米が核開発疑惑のかかるイランに圧力をかけるタイミングで、米国と微妙な関係にあるパキスタンとアフガンが顔をあわせたことは米国への牽制(けんせい)になりそうだ。

 「この地域の国家間に根本的な問題はない。すべての問題は外部によって作られている」

 17日の共同記者会見で、イランのアフマディネジャド大統領はこう語った。特定の国名には言及しなかったものの、批判の矛先が米国に向いているのは明らかだ。アフマディネジャド氏は、アフガンのカルザイ、パキスタンのザルダリ両大統領と並んで、「われわれは3カ国間の協力を強固にするために集まった」と述べ、対米勢力として結集していく意気込みも示した。

 ただ、米国との関係は三者三様だ。ザルダリ氏は16日、イラン産天然ガスをパキスタンに輸出するパイプライン建設計画について、早期実現に尽くすことをアフマディネジャド氏に約束した。

 パキスタンに対し、計画から手を引くよう求めている米国からの反発が予想されるが、エネルギー不足が深刻化しているパキスタンにとっては、実利面でイランと手を組まざるを得ない。だが、パキスタンは、テロとの戦いへの協力をめぐりぎくしゃくした米国との関係改善への動きも見せているとされる。

 一方、イランはアフガンのイスラム原理主義勢力タリバンを後押ししているとも言われており、カルザイ氏には、イランとの関係安定によって、同国によるタリバン支援を阻止したいとの思いがある。また、アフガンには、対イラン牽制として、米国との関係維持が欠かせない側面もある。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧