★阿修羅♪ > アジア14 > 895.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朴槿恵大統領は、「セウォル号」の悲劇や「国民の安全」より政権支持率だけを気にする情けないトップだ(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/12/asia14/msg/895.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 4 月 19 日 08:19:19: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/c0abdb855e1ee4676f4d425ca93b0615
2014年04月19日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆「後進国の大惨事だ」と韓国の朴槿恵大統領が、韓国民から猛烈に「罵声」を浴びせられている。左翼勢力に気を使い、政権支持率維持ばかりに気を取られて、「歴史認識」「日本固有の領土である竹島」「慰安婦」「靖国神社」問題など「反日政策」に囚われ、うつつを抜かしている隙に、取り返しのつかない大惨事を招いてしまった。

 朴槿恵大統領が肝心要の国民生活の安定、安全の確保に手を抜いてきたツケが、大型旅客船「セウォル(歳月)号」遭難事故として噴出したと言っても過言ではない。

 世界を股にかけた稀代の大博打打であるジョージ・ソロスが1997年7月からタイを中心に始めた通貨攻撃によるアジア通貨危機が猛威を振るったとき、韓国も餌食となり、猛烈な通貨攻撃を浴びせられた。400億ドルあった外貨準備金がゼロになり、国家倒産の危機に陥った。国家倒産を免れるため、IMF(国際通貨基金)から緊急融資を受ける条件として、財閥解体、外資の手に落ちた企業の従業員を経営者がいつでも解雇できるようにすること、労働者に赤旗を振らせなくすることなどを飲まされた。この苦境から這い上がろうと、金大中大統領(背後にジョージ・ソロス)以降の左翼政権は、高学歴と実力主義、効率と成果(結果)がモノを言う米国流の激しい競争社会と格差社会を築いてしまった。

この結果、韓国社会は、経済成長と発展の陰で、「国民生活の安定と安全」をないがしろにしてきた。「安全よりは利益が優先」されたのである。日本から買い取った中古船を改造して運航していた大型旅客船「セウォル(歳月)号」が、その典型であり、象徴でもあった。

この旅客船「セウォル号」は、韓国に買われた後、船体改造が行われ、細分化された客室を大部屋にしたり、コンテナも積めたりできるように、改造されたという。その結果、定員は日本時代の804人から921人に増加しており、一気に海水が流れ込む構造にもなっていて、総トン数も800トン増えている。乗船客を多く乗せて、コンテナを積めるように改良して、一回ごとの運航による利益を増やそうとして、乗船客や乗組員の「貴重な人命」を軽視していたのである。

◆韓国は、民間航空機も、日本の航空会社が使い古した飛行機(中古機=ポンコツ)を買い取り、機体の色を塗り替え、格安運賃を売り物にして飛ばしてきた。経緯をよく知っている乗客は、韓国機の安全性に疑問を持ち、利用を避けてきた。

 それは、米国レーガン大統領が、「レーガノミックス」を解消しようとして、「徹底した規制緩和(運輸、金融、エネルギー産業への新規参入等の規制緩和)政策」を断行したころからの影響を受けている。たとえば運輸業界では、航空各社が運賃の「低価格競争」を激化させ、そのうえ、「利益を最優先」させた。その裏で、航空機の安全運航が疎かになり、墜落事故が多発した。文字通り「人命が軽視」されたのである。

日本も例外ではないけれど、韓国は、まさにその前車の轍を踏んでいる。それどころか、「モラル低下」が蔓延している。責任を果たさなくてはならない立場の人が、大事な時に責任を果たさず、放棄して、率先して逃げ出してしまう。

◆大型旅客船「セウォル(歳月)号」の船長が、乗船客を見捨てて真っ先に船から逃げたというのには、呆れてしまう。中央日報/中央日報日本語版は4月18日午前9時12分、「<韓国旅客船沈没>『経歴1年』25歳の三等航海士が操船」という見出しをつけて、以下のように配信している。

「旅客船「セウォル号」沈没事故当時、経歴1年の25歳の三等航海士が船を操縦していたことが分かった。全羅南道木浦の韓国病院に入院中の操舵手パク・ギョンナムさん(60)は17日、中央日報のインタビューで、「事故が発生した16日午前9時、セウォル号は三等航海士のパクさん(25、女性)と操舵手が運航した」と語った。パク航海士は午前8時、操舵手のパクさんらと勤務を交代した。イ・ジュンソク船長(69)は当時、操縦室にいなかった。同じく木浦の韓国病院に入院中の別の操舵手オ・ヨンソクさん(58)は「事故が発生したところは島の間を通り抜けなければならないうえ、潮流が速く、運航するのが難しいところ」とし「船長や経歴が長い一等航海士が見守らなければいけない」と話した。イ船長も警察でこうした点を認めた。事故を調査中の西海海洋警察庁によると、イ船長は「危険なところなので自分が見ておくべきだった。過ちだった」と話した」

修学旅行の引率責任者を務め乗船していた檀園高校(京畿道安山市)の教頭(52)も教え子が多数残されているのに見捨てて逃げ、早い段階で救助されていた。18日午後4時5分ごろ、珍島室内体育館近くの木で首をつって死亡しているのが警察によって発見されている。

ついでに言えば、悲劇の現場にかけつけた朴槿恵大統領は、乗船客の家族から罵声を浴びせられながら、テレビのカメラ目線ばかりを気にして、わざとらしいポーズを取っているように見えた。この最悪の悲劇を目の前にしていながら、なおも自らの政権の「支持率」にしか関心がないということなのか。情けないトップリーダーだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月19日 11:49:41 : AsElsRHqwM
(朝鮮日報日本語版) 旅客船沈没:大統領の視察に賛否両論
朝鮮日報日本語版 4月19日(土)11時45分配信

 韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は今月17日、旅客船「セウォル」号が沈没した全羅南道珍島を訪れて救助活動を激励するとともに、行方不明者の家族と会った。この行動については「家族を慰め、現場の関係者に緊張感を持たせたという点では良かった」という評価もあるが「朴大統領が全ての面にいちいち関わると、最終的にはシステムが動かなくなる」という指摘も少なくない。「大統領が全てやるのではなく、国政がシステムによって回るような体制を構築するのが先」というわけだ。

 大事故の初期段階から被害者の家族と会い、要求事項を聞き、政府当局者に指示を下すなど大統領が現場指揮に直接乗り出すのは、韓国の歴代大統領の中では異例だ。林采正(イム・チェジョン)元国会議長は18日、電話インタビューに対し「大統領には大統領としてすべきことがあり、政府のほかの官僚にも相応にすべきことがあるが、今回の訪問で、大統領が過度に上から下まで関与するという印象を与えた。こうなるとシステムが動かず(公務員は)いつも上ばかり見るようになる」と語った。チョン・ユンチョル元監査院長は「朴大統領が今回現場を訪れたのは良かったと思う」と述べつつも「こうしたことが繰り返されると、大統領が何も言わなければ官僚組織は動かなくなり、重大な事態が発生するたび、いちいち大統領が全ての面を取り仕切って目配りしなければならなくなる」と語った。朴明浩(パク・ミョンホ)東国大学教授は「現場で当たり前に解決されるべきことが大統領の一言で政治的に解決される、という場面は、良いようには見えない。政府全体にわたる協力システムを開発し、それに慣れるべき」と語った。

 イ・ジュンハン仁川大学教授は「朴大統領は、こまごまとした懸案を自ら取りまとめて現場を訪れる姿を見せるよりも、まず国政がシステムによって回るような体制を構築すべき」と語った。金亨俊(キム・ヒョンジュン)明知大学教授は「朴大統領が現場を訪れた際の『関係者に厳罰』『約束が守られなければ皆退くべき』などの発言は、後で政治的にいろいろな解釈を生みかねず、場合によっては足を引っ張ることにもなるため、慎重にすべきだった」と指摘した。

 しかし、政界の長老や多数の専門家などは「朴大統領が現場を訪れたこと自体は良いこと」と評価した。金守漢(キム・スハン)元国会議長は「システムで国政が回れば良いが、韓国の現実はそうではない。国民の痛みを自分の痛みとして、当局者を批判し大声を上げる様子は良かった」と語った。金泳三(キム・ヨンサム)政権時代に政務首席を務めた李源宗(イ・ウォンジョン)漢陽大学特任教授は「韓国人は『凶作や洪水が起こるのは王に徳がないため』という感情を昔から共有しているので、ほかの国の指導者のようにシステムに任せてじっとしている姿を見せてはならない」と語った。李来栄(イ・ネヨン)高麗大学教授は「大統領の現場訪問には象徴的な意味があり、これを『大統領が過度に上から下まで関与している』という目で見るべきではない」と語った。李賢雨(イ・ヒョンウ)西江大学教授も「大統領制の国では、大統領は国家的一大事において国民と気持ちを共有していることを示さなければならず、それがリーダーシップの源泉。当然の行動」と語った。

 野党からも、朴大統領の現場訪問への反応が相次いでいる。新政治民主連合の朴恵子(パク・ヘジャ)最高委員は18日、党の会議で「朴大統領が直接出向いて救助を約束したのは良いこと」と語った。しかし、シン・ギョンミン最高委員は、短文投稿サイト「ツイッター」に「救助活動の邪魔になってはならないため、国家元首が現場に行くという決定は慎重にすべき」と書き込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000551-chosun-kr


02. 2014年4月19日 20:18:14 : GAorb46Myc
【韓国旅客船沈没】
朴政権、米韓首脳会談前に難題 世論の悪化も
2014.4.19 09:02

 【ソウル=名村隆寛】多数の死者、行方不明者が出ている韓国の旅客船沈没事故で、捜索活動など韓国当局の対処に批判が高まっている。オバマ米大統領の訪韓を25日に控え、忙しい政治日程を抱える朴槿恵政権にとり、事故が与える打撃は大きい。

 対日関係の悪化に加え、ミサイル発射をはじめとした北朝鮮の挑発など、対外関係で難題を抱える中、韓国の船舶事故としては過去最悪の事故が起きた。

 朴大統領は事故発生の16日、乗客救助や行方不明者の捜索を指示し、17日には現場に行き、行方が分からない高校生の父母らを、手を取って慰労した。

 わらにもすがりたい様子の人々に世論の同情が集まる分、進まない捜索活動へのいらだちや当局への不満は高まり続けている。こうした大事故が起きるたび、韓国では時の政権の責任を追及する風潮が伝統的にあり、今回の事故もその方向に向かいつつある。

 1994年、ソウル市内を流れる漢江にかかる聖水大橋が崩落し、バスに乗っていた通学中の学生ら32人が死亡。翌95年にもソウルで三豊百貨店が崩壊し、店内にいた客ら502人が死亡した。事故の様子は海外メディアでも、驚きをもって大きく伝えられた。

 いずれも手抜き工事が原因で、以前の政権時代に建造されたものだった。にもかかわらず、世論の非難は「政治が悪いから、こんな大惨事が起きた」と当時の金泳三政権に向けられた。

 民間調査会社によれば、朴大統領の支持率は3月末の時点で62・6%と上昇を続け、今月に入っても安定している。特に難題の外交への評価が高く、歴史認識問題で日本に妥協しない姿勢や、北朝鮮への厳然とした対応が支持されている。

 こうした中、朴大統領はオバマ大統領を政権発足後、初めてソウルに迎え首脳会談に臨むところだった。ただ、現状ではオバマ訪韓時の第一声は、沈没事故に対する慰問の言葉になりそうで、朴政権も予期せぬ沈没事故で手がいっぱい。他の懸案は影を潜めてしまった感さえある。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140419/kor14041909020005-n1.htm


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア14掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧