★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 126.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
月神ナンナ O パート1(featuring Dr. IGUCHI)
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/126.html
投稿者 C.V 日時 2013 年 2 月 06 日 11:23:40: qRlwswdkiMXDA
 

ETCSLtranslation : t.4.13.15 ETCSL homepage
古代シュメールの粘土版、タブレット4.13.15
http://etcsl.orinst.ox.ac.uk/cgi-bin/etcsl.cgi?text=t.4.13.15#
A hymn to Nanna (Nanna O)
月神ナンナへの賛美歌(ナンナ=スエン=シン O)

セグメントA

1−12.4ライン消失。
1ライン破損。
貴方は・・・を所有する!
アン(大神)、エンリル(主神)、(知神)エンキそして(聖母)ニンフルサガが
貴方の創造の場で貴方に値する愛情を持って待遇する。
褒めそやされしナンナ・・・、天と地における・・・の助言者!
アン、エンリル、エンキそしてニンフルサガが
貴方の創造の場で貴方に値する愛情を持って待遇する。

13−20.若々しいスエン、貴方が動く時にアヌナの神々が参列し立つ。
世界の四隅の中で「黒い頭の人々」が彼等の眼を貴方に上げる、
エンリルの長男よ。ナンナよ、若々しいスエンよ、
貴方が動く時にアヌナの神々が参列し立つ。
世界の四隅の中で「黒い頭の人々」が彼等の眼を貴方に上げる、
エンリルの長男よ。

21−28.貴方が神聖なる天空(s)に現れし時、
貴方は全ての国々の上を広く・・・。
貴方の光は神聖で浄化させる。
おお、ああ、それは王のために日光の如くい出る!
ナンナよ、貴方が神聖なる天空(s)に現れし時、
貴方は全ての国々の上を広く・・・。
貴方の光は神聖で浄化させる。
おお、ああ、それは王のために日光の如くい出る!

29−31.ナンナ、・・・、貴方が選んだ主のために、
貴方は・・・を現れさせた。・・・止めどなく・・・、
不特定数ライン消失。

(つづく)
http://www.blurty.com/users/chilledvodka

* * *

井口:「大天使メタトロン」!?:グレゴリとネフィリムに人類を殺せと密告した天使!?
http://quasimoto.exblog.jp/19742752/

みなさん、こんにちは。

いやはや、昨今の「アセンション・ブーム」(まあ、一種のアセンション詐欺なのだが)には恐れ入る。やっている本人は完全に洗脳されきってしまっているから、完全にいっちゃってるのだが、それがわからず、毎日毎日せっせと人々にどこぞのアセンション&スピリチュアルサイトのメッセージを垂れ流す。立派な工作活動に加担するのである。およそその人物やグループの背景などお構いなしだ。

さて、私がここで「怪しい話」しかメモして来なかったのは、「怪しい話」の中に「深層心理に通じる真実が垣間見える」ことがあるからである。要するに人は冗談で本音をいうわけだ。しかし、真面目な顔をしてそうやれば、ちょっとあれだから、という理由で、冗談風に奏でるわけである。

この一番の典型が、「あれから40年」の綾小路きみまろ氏の芸である。以下のものである。

西洋人エリートの「レプティリアン説」、「アングロサクソン・ミッション」、「ニューワールド・オーダー」などもそうである。こういった話題の情報やリーク情報の中に、「次なる一手」が仕込まれている場合があるからである。

私が2年前の311の大地震が来る前から、2,3年ずっとほぼ毎日アラスカのHAARPモニターを分析して、どうやって読みこなすか、どういう原理で地震電磁波を捉えられるかなどを自己流に研究していたのもそういう理由であった。つまり、NWOの怪しい話の中に「日本に大地震を起こす」というものが含まれていたからである。この一番わかり易い例が、いわゆる「イルミナティー・カード」である。

そして、その結果、おおよそ地震電磁波とそうではない人工的な電磁波、そして地震電磁波の場合、どの方向から来るものかをだいたい判別できるようになった頃、突然に不自然な強烈な電磁照射のそれも非常に長い照射の起こった後に、実に巨大な強烈な地震電磁波が突然に現れたのが、310であった。というわけで、私の場合は、たまたま偶然に「311を予知した」というわけではない。単に、起こされるべくして起こされた事象をしかるべき手段でキャッチしたというに過ぎなかったのである。

この世界を「ユダヤ・ソロモン王国」やら、「世界統一政府」やら、「ワンワールド構想」やら、何でもいいが、この世界を完全にコントロールしたいという「野望」を持つ人種がいる。これは確かである。

もちろん、この一番有名な過去の例は「ナチス・ドイツのヒトラー」だった。しかし、ヒトラーに裏から巧妙に指南役として人材や金銭を援助していたグループがいたのもまた事実である。ナチスが滅んだ頃には、ナチスの南米への脱出にローマカソリック教会が協力したのもまた事実である。したがって、こういう連中の背後により大きなグループがあると考えるのが自然なのである。

いまでは、こういった連中の背景にあるものが、「イルミナティー」と呼ばれるグループであったと考えれている。しかし、実際にはもっと違ったものである可能性も高い。がしかし、こういった情報もまた、ハリウッドのSF映画などを通じて、まるで綾小路きみまろのジョークのようにして、サイエンス・フィクションの衣を着て語られるのである。そういう場で「ホンネ」を漏らすことがある。

そこで問題は、こういった怪しい世界と逆に「大天使」とか、「銀河連邦」とか、実に壮大で爽やかなるイメージを持つ、いわゆる「スピリチュアル・グループ」が存在する。こういうものは、いわば、NWOの側が「新右翼」であるとすれば、スピリチュアルアセンションの側は「新左翼」である。この両者で、両サイドに分かれて、綱引きをし、テニスを行なっている。一種のゲームを行なっているのである。

ところで、テニスの試合のことを「マッチ=match=試合」と西洋人は呼ぶ。マッチゲームというのである。タッグマッチ。なぜか? どういうわけか、両サイドに2人ないし2チームの正面衝突のような試合のことを「マッチ」というのである。

だから、マッチ棒とマッチのスリ板でこすって火をつける道具のことを「マッチ=match」というのである。これは、我々の和製英語で「マッチポンプ」と言う言葉、つまり、自分のマッチで火をつけて、今度はそれを消しに来るという善悪二役を演じるという意味の言葉の基になったマッチである。

しかし、あながちこの両者が違うというわけではない。なぜなら、棒とこすり版で正面対決しているからである。二者の対立であるからである。

さて、問題は、テニスを見ても分かるが、結局マッチを行う両者は確かに敵どうしなのだが、共にテニスプレーヤーなのである。つまり、同族、同じ仲間なのである。マッチ棒とスリ板も共に存在して火を起こす。どちらが欠けても火はでない。

相対立する二つのものから両方が統合されて新たなるまったくその両者と似ても似つかないものになること、これが本来の「アセンション」という意味らしい。実はこの方法が「ヘーゲルの弁証法(アウフヘーベン)」である。相対立する二つの概念の正面衝突から、その両者ともまったく異なる新概念が生まれるというのがそれである。二つの相反する概念同士が激突して融合し、まったく異なる概念に変わることである。

資本主義と共産主義を激突させて独裁主義を生む。自民党と左翼野党を激突させてミンス党を生む。こんなふうなものである。これを「問題・反応・解決」の手法だとデービッド・アイクは命名し、弁証法とは、二つの相反する問題をぶつけあわせ、それに国民を反応させ、その解決として裏の権力者に欲しい方向へのまったく異なる解決に向けていく、一つの政治的手法にすぎないのだと実にわかりやすく語ったのである。この意味では、アイクは哲学者である。

さて、こういう考えをみると、なぜユダヤ・シオニストが、NWO側にもアセンション・スピリチュアル側の両陣営に存在するのか実によく理解できるというわけなのだ。私が個人的に調査した範囲では、ちまたにあふれるほどあふれたアセンション情報のメッセンジャーは大半が「偽ユダヤ人」である。真のユダヤ人はユダヤ教の信者だから、アセンションなどということは言わないからである。

要するに彼らは、かつてのロスチャイルドが、資本主義とソ連共産主義の両陣営を対立させて、ナチス・ヒトラーの独裁主義を生み出したように、なにかこんなことをしたいと考えているわけである。つまり、「既存の従来の世界観のNWO地球観vsアセンション地球観の戦い」を起こして、それらとは似ても似つかぬ「何か」を求めていると見たほうがいいだろうということになるわけですナ。

そこで、アセンション側のメッセンジャーが本当にユダヤ系や偽ユダヤ系かという証拠であろう。非常に前置きが長くなってしまったが、この典型が

「大天使メタトロン」


(だれがみても六芒星ですナ)

親愛なる、地球で輝く光線の皆さん、皆さんに尊敬と愛をこめて頭を垂れます。皆さんのガイドであり、友人、インナープレーンの愛を持つ私たちは、素晴らしいアセンションの中を進むこの時に、皆さんをサポートしたく参りました。

というメッセンジャーである。日本の信者たちは、「大天使(アークエンジェル=archangel)」の意味も「メタトロン(metatron)」の意味も知らずに”適当である”。実にいい加減な心根で取り扱っているが、この「大天使」も「メタトロン」も共に「ユダヤ教」の概念なのである。以下のものである。

metatron
Metatron (Hebrew מטטרון) or Mattatron (a differentiation of Metatron[1]) is an archangel in Judaism.
メタトロン(ヘブライ語で מטטרון)またはマッタトロン(メタトロンの分化)は、ユダヤ教の大天使(アークエンジェル)である。

この部分のグーグル翻訳:
メタトロン ( ヘブライ語 מטטרון)またはMattatronは (メタトロンの分化[1] )である大天使でユダヤ教 。 ユダヤ人中世によると外典 、彼はあるエノク、ノアの祖先に変身、 天使 。 ユダヤ人の天使としてメタトロンへの参照がないTanakhまたはキリスト教の聖典( 新と旧約聖書 )であるが、 創世記 5時24分は、しばしば天使にエノクの昇天の証拠として引用されている- "エノクは神とともに歩んだ。それから彼はだった神が彼を奪ったため、より多くの、いや、。 " 彼は中にいくつかの簡単な通路で言及されていますが、タルムード 、メタトロンは、主に表示され、中世のユダヤ人の神秘 -テキストやエノクの書籍などの他のポスト聖書の難解とオカルト源、 1エノク 、 エノク2 、および3エノク 。 でラビの伝統、彼は最高です天使と天の書記として働く。 [2]


要するに、エノクはノアの祖先だったが、「そのエノクは神とともに昇天(アセンション)した」ということである。グーグル翻訳ではわかりにくいが、

"Enoch walked with God; then he was no more, because God took him away."
「エノクは神とともに歩いた;その時彼はもうそこにはいなかった、なぜなら神は彼を何処かへ連れ去ったからである。」

とある。これが「エノクの昇天」というものである。

実はこの話は、シッチン博士の「惑星Xニビル」のシュメールの神々の話にもある。これが、「ギルガメッシュ戦記」として有名な話である。聖書のノアの、シュメールの対応人が、ジウスドラ、バビロニアのアッカド語のウトナピシュピテムであった。ウトナピシュピテムは、ジウスドラと同一人物であり、後のユダヤ聖書のノアになった人である。このノアの父がエノクであり、エノクの書とは、エノクが神の国から帰還して後に書かれたものである。だから、ジウスドラの父が、神であるエンキとエンリルの国惑星ニビルへいっしょに旅だったのである。

シッチン博士の解釈ではない、普通の解釈ではこれ。

大洪水


このジウスドラの父はだれか?

というと、エンキである。母はル・マクの妻バタナシュである。

エンキは、最初に地球の猿人のメスの卵子染色体と自分の精子からニンマーやニンキの卵子殻を使ってハーフを生み出した。それが、アダムゥ(アダム)とティ・アマト(イヴ)であった。

ところが、ニビルの神々と違い、そうやって生まれた地球人はどんどん進化した。そのうち、非常に美しい地球人(たぶん我々日本の女性や東洋人のような女性だったと考えられる)が出て、エンキは二人の女性を誘惑し不倫した。そうやって生まれたのが、アダパとティティであった。この二人は現在の西洋人に非常に似ていたという。

このはるか遠い子孫が、ル・マクであった。このル・マクの妻のバタナシュは、絶世の美人であったと言われている。このバタナシュにエンキは手を出し、そして産ませたのが、ジウスドラであった。ジウスドラは地球女性のエムザラと結婚し、セム、ハム、ヤペテを生んだ。

これがエンキの子孫である。一方、エンキの息子が、地球生まれの初のニビル人マルドゥク(マードック)である。マルドゥクは地球人女性のサルニパトと結婚した。そうやって生まれたのが、アサル、サツ、ナブである。

長男のアサルは次男のサツに暗殺された。これが暗殺が「アサシネーション」や日本語の「サツジン=殺人」などの響きの語源だろうと私自身は考えている。

このマルドゥクの子孫を自負しているのが、なんとNWOを推進してきた、欧米の俗にアシュケナージ系ユダヤ人=偽ユダヤ人という人々である。マルドゥクは、古代エジプトでは初代ラーであり、その後バビロニアに移り、初代の王になった。(東日本東北地震後の世界:電力を支配するものはユダヤ資本家になる!?)

そこで、「エノク書」に出てくるメタトロンとは?

大洪水
エノク書 [編集]
『エノク書』(エチオピア正教における旧約聖書の1つ)によれば、神は地上からグリゴリ及びグリゴリと人間の娘の間に生まれた、巨大な子供ネフィリムを抹殺するために大洪水を起こしたとされている。 神は大洪水を起こす前に天使メタトロンを派遣し、神に対して叛いていないノアの一族以外の人間、グリゴリ並びにネフィリム達に処刑執行を通達させた。グリゴリ達はこれを聞き悲嘆にくれたが、神はネフィリムのヒヴァとヒヤ(ヒヴァ、ヒアという名はヘブライ語で人間が悲嘆したとき発する言葉で、日本語で「うわー」、「あー」などのという程度の意味)の名を人間が失敗した時に思わず発する言葉として残すことで、彼らが存在した証とすることで彼らを慰めた。


要するに、神の子孫ではない、ノアの一族ではない人間を滅ぼすために、神から地上の殺人部隊へのメッセンジャー役を送った。それが大天使メタトロンである。また、アセンション(次元上昇)とは、神の国に連れされること(=死)である。

いやはや、日本人を殺せとその筋にメッセージを送る大天使をアセンションの使者だとまじめに信じているわけだナ。恐れ入る。

いやはや、バカも休み休み云え、とはこのことだろうヨ。世も末である。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年2月08日 11:56:51 : 3jAiZL1Wn6
「また、のろいの水が、あなたの腹にはいってあなたの腹をふくれさせ、あなたのももをやせさせるように」。その時、女は「アーメン、アーメン」と言わなければならない。」
旧約聖書民数記第五章:22

http://bible.e-lesson1.com/2numbers5.htm

語源はアメン・ラー神=マルドュック。キリスト教徒が今でも古代エジプトの神の名を唱えるのは何故でしょう?


05. 2013年2月10日 21:22:47 : BjpaGghjIA
>>04
こんばんは

大変結構です。

始まりは、終わりであり 表は裏であり・・・です。

起点は常に”今”は当前です。

”楽”と言う字を ”楽しむ”と取るか ”手を抜く”と取るかと同じで

楽ではないが 楽しめる”今”を続ける、連続させる事が 現在では重要です。

今在るものは過去にもあり 過去に在るものは今も在る。

ウオッチャー 


07. 2013年2月11日 07:05:30 : BjpaGghjIA
>>06
多くは語りませんが 銀河の話は 人間にとっては摂理のようなもので
影響が出るのはまだまだ ずーと先の事ですから 気にしても仕方がないですね。

それと 貴方が起点を造ったように 相手も起点を造ります。
これは全ての人間がしている事です。ただ干渉するかしないかの違い

起点の継続しだいで 当然結果も変わりますが 何より 解ってやっている方々が相手ですから どこに結果を求めるかで決まります。

ですから 終われば又始まる 繰り返しになりかねないですね。

何事も 楽しんで下さい。

ウオッチャー


13. 2013年2月18日 23:38:49 : 4EQmyLJSJY
>>10
ハイブリット・・・かっこいい響きですね。

車でいえば”いい所取り”でしょうか・・・

しかし 霊体となるとかなり変わります。

これは危険な賭けのようなもので そもそも亜種という存在はどっち付かずになりがちで 最終的には 新種としてのオリジナル(個性)を目指します。

つまり 強烈な個性をもつか どちらかに成りきろうとするか 環境が左右します。

ウオッチャー


14. 2013年2月18日 23:51:04 : 4EQmyLJSJY
龍雲様へ

最近袖引く方がいます。

左右の肘の関節が交互に痛みます、深夜2時〜3時位でしばらくすると何もなかったように納まります。 そんな折 予定外でパソコンの前に居ります。

また 奇妙な夢をよく見ます 目的地に向かって急いでいるのですが 何故か自分から 寄り道をしてしまい そんな暇はないのに 次々と寄り道をしてしまう夢。

何だと思いますか? 

ウオッチャー


18. 2013年2月26日 00:14:43 : 4EQmyLJSJY
>>16
十分です ありがとうございます。

今日は心地がよいので 私の包みを開きます。

以前 60億の龍神の話をしました。その続きです。

その龍神たちは 一度にではなく 代わる代わる、順に来ました。

”太陽から来ました” 太陽は地殻のある星で三層の大気を持ち 一番上の表層はプラズマ化されたシールドで覆われています。

プラズマで覆われた地殻は非常に安定しています。

出入りをする時は 乗り物の表面をプラズマで覆うか、亜空間のシールドですり抜けます。

神代七代から天津神、国津神別神、天照・・・以下全て 龍神の系譜です。

半神半霊から半人半霊えと 御霊分けを行い天皇家へと続きます。

ここで言う天皇家とは ”世界天皇”五色人を統べる方です。

ここまでが 私の言う アダムス&イブスの世界です。

五色人の(赤・青・白)元になった 遺伝子は太陽系外からの提供によって創られました。

そして その提供者はいづれ干渉する様になります。

それが シリウス・プレアデス系です。

彼らは 戦争を起こし”月を奪いました””地底を奪いました”そして 幾度となく 思い道理にいかない人類を大量に殺しては 霊魂を吸収(食べ)分霊しました。

その間、当然ながら龍神たちも我が(霊的)種を残すために 匿い、逃がしました。

これが 大洪水や大地殻変動の事です。

そして 前回取った手段が ”肉体的同化””宗教の刷込み””国境の徹底”です。

中東やアフリカなどは 白人系が勝手に国境線を引きました。

アジアに於いても”仮想敵国を装い”隔てを作りました。

また 宗教において ”国内でも派閥や差別”を作りました。

中の悪いもの同士を隣国にしたり、雁字搦めですね。

そして 止めに”貨幣による区別、差別”を煽り 貧困差を作り”支配の階段”を作りました。

これが”石屋の仕組み”です。”魂の向上”をさせない仕組み。

日本でも 御存じの通り 随分と混ざっています・・・が。

日本人だけは 遺伝子の根幹が龍神とつながって(霊的にも)いるので 中々宗教が統一出来ず、また 日本人的良心が無くなりません。

ただ 混ざった方(色褪せた方)の中で暮らしている分随分と洗脳されていますけれど・・・。

それを 見分けやすくする為に 岩戸は開きました。

半々で葛藤に苦しんでいる方も居られます。

とりあえず 月と地底を奪われて居りますので”好き勝手”な状態が今です。

しかしながら 元は我が子 下手に手をいれて 地殻や月に異常が起きれば

”地球自体が”危険な状態になりますので、迂闊に手が出せない状態。

おまけに3600年周期で太陽に攻撃をしに来る方もいます。

少し話を戻しますが・・・

神、(龍神)に上下はありません、来た順番や役割が違うだけです。

日本の神々も 勝手に格付けしたのは人間です。しかし尊敬と敬愛はあります。
師弟関係のような物もあります。何故なら 彼らは”家族”ですから。
(※人間社会の家族とは少し違います) 

日本の神社には偽物もあります。

2013/2/25 ウオッチャー


19. 2013年2月26日 08:05:25 : 4EQmyLJSJY
追記します。

龍雲様は 人種に拘りがあるようですが、たしかに人格形成は思想環境、人的体質により 人種によって定着しやすい特徴があり 種族の特性があります。

しかし 魂の根底には 最初の血筋(龍神の分け御霊)があり それが強くでるか薄れているかの 問題です。

身体の特質や思想環境でも完全に根絶やしには出来ませんが、まるで別物のようになってしまっているので 同じ黄色人種でも中々相容れないのが現実ですが・・・

そこに”石屋の仕組み”が生きています。

バベルの昔話もその類です。

それから 日本の神々の名は 専門分野の名称(職業名)であり 龍神系=神系は人間(人類)の分類と似ています。 但し 霊的な合体、分霊と人間から見ると複雑です。 御霊の根源は皆”光の波動”とも言えます。もちろん次元によって見え方が違うし 意識や思念で形も変わって見えます。これは相手に理解しやすい形態を取る為です。 そのせいで物理的にしか認識出来ない人間は誤解している部分があります。

だから”気付き”が重要なのです。

気付く事で 人間とは人類とは何なのか、や 世界の歪んだ部分に気付きどう生きるべきかを 人種や国境を気にせず自分で自分に問う時代が今から必要です。

世界中に気付いた人たち、気付きかけている人たちが 点在しております。
しかし”石屋の仕組み”からは そう簡単に抜け出せません。 

なぜなら彼らは 食糧、医療、エネルギーを独占しているからです。

社会の義務に縛られている中で 自由だの民主的だのと錯覚しています。

人間は本来 自然に生き、自然に死ぬ生き物ですが、死の恐怖を煽り 薬を多用して長寿を望み、他人から利益を多く取る事が良い事のようになっています。
(ここで言う自然は野生ではありません)

そこに気付かぬ限り その報いは全て自分に返って来ます。
でも 気付いたからと言っても それを放棄すれば たちまち路頭に迷い生死に関わりますので それも出来ません。

いま私が出来る事は 必要最低限のもの以外を求めない事です。何事も程々です。 
今更 石屋の悪事を暴いても 彼らは更生するどころか反発し隠すだけですし その報いは 自分で受けるのだから 放って置きます。

もし出会ったなら ただ 私は知ってるよ と言うだけ、そして関わりたくないので さようならです。

税金にしても 道路など車に必要な分だけで良いと思うし 人間は草や土の上を歩くほうが心地よく身体にも良い事を知っています。こんなところです。

2013/2/26 ウオッチャー 


21. 2013年2月28日 06:55:04 : 4EQmyLJSJY
>>20

>>。レ時空を超えて観えていた】と云う事ですか?

そのようですね。
先ほど伝えた 裏は表、始まりは終わり・・・過去は未来でもある。で読み解いて下さいませ。

人は時間の流れの中で生きていますので 時空を超えた場面は全てが混在しているとの事です。私の頭では詳しく説明できていないかもしれませんが・・・。

以前、ファンキー中村さんと言う怪談師がこんな話をしていました。
「怖い話でよく”落ち武者の霊”を見た! なんてのがあるけれど若しかしたら霊では無くて 何らかの理由で時空を超えて本物を見たのかもしれない・・」という話を 私は思い出しました。

つまり 過去と現在を同時に重ねて見てしまった。と言う話です。

>>若しかして、遺伝子をジャンク化したアヌンナキとは、シリウス人系統なのですか?

シリウスもプレアデスも ドラコニア(アヌンナキ)の支配を受けていました。

>>遺伝子提供者達が、地球人を恐れたと云う事なんですか?

はい。そう言う事になります。
先日、龍雲様が問うた ”ハイブリット”の出現というか覚醒を恐れたのだと思います。

何故なら 彼らから見れば あっと言う間に人間達は文明を育み宇宙へ飛び出そうとしているのですから、当然だと思います。

電気や電子(テレビ)、電波(通信)を教えたのは”彼ら”ですが 人はあっと言う間に使いこなしてしまいました。

お腹を空かせた 猿が ある時人間に対して 食べ物を要求せずに お金を要求して来たくらいの 驚きと恐れでしょうか(笑)。

2013/2/28 ウオッチャー


22. 2013年2月28日 11:37:26 : 4EQmyLJSJY
『人間とは”在り続ける為に在る者”想い在るが故に在る者”であるが故に

その存在に焦がれ 慈しみ 尊くも儚き者。

生まれた瞬間から亡くなる事を約束された者 故にその儚き瞬きが一層輝き

在り続ける者の為に在る者。

その想いの形なる者。故に”愛すべき者”汝は人なり。』

(この言葉を読まれた方は 記録して下さい。いつか必ず役に立ちます。
人を創った方々からの祝辞です。)

※どこかの碑文にも書かれているそうです。

2013/2/28 ウオッチャー


24. 2013年2月28日 16:28:11 : hfD8riyeAY
あ、太陽系での? 地球から観た、天神七世の始まりが、Black Mondayでしたw

26. 2013年2月28日 17:22:52 : 4EQmyLJSJY
>>天神七代
創世記ですね。

世界の大陸が創られた頃 全ての大陸は一つにくっ付いていて エデンと呼ばれていました。

以前にも言いましたが アダムとイヴ達はエデンを追われたと言うより エデンが分かれてしまったそうです。パンゲアと言う方も居ます。

月が奪われた(支配された)頃の話だそうです。

>>今の天●家の天照●大神は、
竜であり鰐であり蛇でありアヌンナキです。
今では血統が混ざり分かれて薄まり 昭和の時代には”人間宣言”をする程に弱まっており ほぼ人間です。 もう一つの王家はまだ血が濃いようですが 能力はかなり低いそうです。 癖、習慣だけが残っている状態。

>>ドラコニアンは地球に捨てられたと表現

捨てられたと言うか、落ちたと言うか、隠れたと言うか色々取れますが・・・
ルシファーの伝説として残っていますね。

裏側の方々がこれを支持しているのはこのせいです。

2013/2/28 ウオッチャー


27. 2013年2月28日 17:29:49 : 4EQmyLJSJY

すみません今日は時間があるのですが 26を書き終えた途端何かが来ました。
画面が飛んで 真っ白になってフリーズしてしまいました。書きすぎたようです。

本日はこれにて 失礼します。

2013/2/28 ウオッチャー


29. 2013年3月01日 08:15:47 : 4EQmyLJSJY
今回はなるべく記事に沿った事を伝えたいと思いコメント致しました。

投稿記事はタブレットの解読で人間に理解でき得る表現描写、そして三次元から見た状況ですが 私の場合は特定の一角から見たものを教わっていますので

擦り合わせて見ると楽しめるかなと思います。
野球に例えると 私は外野席から、記事はバックネット裏から・・でしょうか。

エンキがアダムとイヴ達を造りだし その後五色人を造った件は 私が言うと
半神半霊から半人半霊えと 御霊分けを行い天皇家へと続きます。
太陽から来た龍神の神々が人類を創世した折 外宇宙の方々の参加を容認した。

そして反乱があり その末裔たちが今の支配者となります。

人間はどうしても まず目先の事象に阻まれ全体を見る事が困難です。
神の話や人類の創世、人間の支配者などよりも 明日の仕事、今夜の食事、異性の獲得等が優先事項・・・これは仕方のない事ですが・・・。

ただ そんな社会を作り与える事で 目線を反らし考えさせないよう仕向けている集団がいるとしたらどうでしょう。それも何世代もの時間をかけてまで 隠したい事、気付かれたくない事が あるとしたら?

昨年の岩戸開きから まず悪い者が表に現れ始めましたが 今年の三月頃からは今度は対照的に善い者が現れます。 

正義ではなく 善です。

まるで覚醒したかのような方々が現れます。特徴は 彼等は表(メディア)にはあまり出たがりませんが 発言力があります。

メディアは悪い者しか報道しません。
ニュースはどこも同じことばかりです(すでにですが)。

そのわけは メディア自身の崩壊をを恐れているからです。
加担者として非難をうける コメンテーターやタレントがでますが彼らは 生活の為に仕方なく加担している 可哀そうな、弱い人達である事を私は知っています。

非難を始める方は あちら側の方。

まるで事件が起きるまで 知らぬ顔で遊んでいる”仮面ライ●ー”みたいに 
怪人を見つけるや とことん苛めて 改心を求めず破壊してしまう感じです。

怪人の彼らも元は ”従順で善良な人間”だった事を見ている人達は知っています。
阿修羅の閲覧者の皆様はどうぞ これからは落ち着いて対処出来るように 気付いて下さい。

私の好きな言葉の一つに”目念姿容”(もくねんしよう)と言う言葉があります。
一度見た物は必ず 心のどこかに残る という意味で 心の片隅に留められたならば 必ず必要な時に反応できる。という事です。

人間の脳の特性を活かした方法だそうです。 但し素直な心が必要となります。

2013/3/1 ウオッチャー



32. 2013年3月02日 11:22:47 : NwHPBDAnY2
お二人とも、いろいろ本当にありがとうございます。

祝辞の言葉、これ以上無いですね。
安心したのと同時に嬉しくて嬉しくて。

みんなにも、届け。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧