★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 187.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
宇宙人バシャールが教えるフリーエネルギー装置が、阪大・信大グループの発見した「多重共鳴」原理により実現可能となった(5)
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/187.html
投稿者 エーテル空間 日時 2013 年 5 月 18 日 08:38:44: 8pG7ohkaiAuIc
 

(回答先: 宇宙人バシャールが教えるフリーエネルギー装置が、阪大・信大グループの発見した「多重共鳴」原理により実現可能となった(4) 投稿者 エーテル空間 日時 2013 年 5 月 18 日 08:29:31)


 私は、黄金らせんが女王の間の共鳴構造に実際に使われたと考える。そのために女王の間を移動可能な仕切り壁で区切り、立方体の小部屋を4つこしらえて黄金らせん状に配置したと推測する。小部屋と小部屋を区切る仕切り壁には小さなホーン状の穴が開けられ、音の波動を次の小部屋へ伝えただろう。この構造により、4つの小部屋自体もヘルムホルツ共振器となる。黄金比を保ちながら順々に小さくなる立方体の4つの小部屋は、最初に女王の間の入口から始まり、最後に「持ち出し構造」のアーチの前で終わる。そしてアーチ内に置かれたであろう別の共鳴装置、すなわちヘルムホルツ共振器群へその役割を引き渡す。

 4つの小部屋とアーチ内のヘルムホルツ共振器は、すべてが黄金比の音程を保ちながら和音を鳴り響かせただろう。その様子をたとえるなら、山伏の吹き鳴らすほら貝である。ほら貝は自然界に見られるフラクタル構造のわかりやすい例だ。この共鳴音が何かの儀式に使われたかどうかはともかく、女王の間の使用法のひとつはこのような音響共鳴であったと考える。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧