★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 216.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ツングースカ大爆発」の原因、解明される wired.jp
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/216.html
投稿者 kokopon 日時 2013 年 7 月 02 日 20:01:13: uXlXC.2gGTbTg
 

(回答先: 100円でマウスが吸い付く快適操作 腱鞘炎防止 ADSL on off もう手放せない。 投稿者 kokopon 日時 2013 年 7 月 02 日 17:41:10)


これまで原因が不明とされてきた105年前の
「ツングースカ大爆発」。このほどウクライナ、
ドイツ、米国の科学者のグループが、隕石の
微小な残片を確認した。
ツングースカ大爆発は、人間が記録しているなかで
最大の隕石衝突だ。米国の研究者たちはツングースカ
大爆発の破壊力がTNT火薬にして5メガトン相当だと推定
している(広島に投下された原爆の数百倍にあたる)。
ツングースカ大爆発をもたらした隕石は、ある角度で大気圏に
突入した時に分裂したため、完全な状態で地表に到達した
破片はほとんどなかった。シベリアの泥炭中で化石化して
いた残片がいずれも微小なのは、そのためだ。
「ツングースカ大爆発」の原因、解明される wired.jp
http://wired.jp/2013/07/02/mystery-solved-meteorite-caused-tunguska-devastation/
 検索→ asyura ツングースカ大爆発
 検索→ asyura2 ツングースカ大爆発
-------

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年7月05日 11:32:27 : gRELV92bwo
『隕石の衝突』という言葉を使っているが現実には衝突などしていないというのが一般的な定説だ。何故かといえばクレーターなどみつかっていないからだ。今までに何人もの科学者がこの地に足を踏み入れてきたが明快な解明には至なかったのはその問題があったからだ。またその当時の目撃者によれば、その物体は黄金色に輝く砲弾状の形をしており、進行方向から急に角度を変えたという情報もある。さらに今までの定説によればその破壊力は15メガトンということになっており、それもここにある5メガトンというのとは随分差がありすぎる。100年以上もたってやっと解明されたにしては少々説得力がないように思えるが。

02. 2013年8月26日 20:44:27 : xETx57XXQA
隕石説→衝突した痕跡である、クレーターが見当たらない。
彗星説→地球に接近するまで、誰も気づかなかったのはおかしい。
ミニ・ブラック・ホール説→衝突した後に地球を突き抜けた場所で、何の痕跡も記録されていない。

03. 2013年10月19日 04:39:33 : AiChp2veWo
この後、6の数字を現した年に、ユーリーアンドロポフが生まれた、と、ある著者が記されていた。このでかい飛行物体は、落ちた、のではなく、下から撃ち落された、とも書いてあった。違う著者だが。シベリア・・あのあたりの地下には変な文明があるとも記されていた。今後、全体像がわかってくるものと思う。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧