★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 250.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人類の未来
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/250.html
投稿者 あのに 日時 2013 年 11 月 06 日 01:03:07: xZaQXyDl16EGo
 

人類の未来

1、蜜蜂の大量死(CCD)は、地球生態系のカナリアの死か 

蜂群崩壊という現象がおこっているという。蜜蜂の大量死(CCD)は、地球生態系のカナリアの死であろうか?

よく言われるが、有毒ガスを検知するため坑道にはカナリアを持っていくらしい。地球生態系における、このカナリアにあたる指標が、蜜蜂かもしれない。21世紀になってから蜜蜂の死がCCDとよばれ、大きな問題になっている。農薬ネオニコチノイドが原因といわれるが、これは偽旗作戦によるミスリードであろう。

tvpickupさんのdailymotion投稿動画から

怪奇!ミツバチたちの沈黙
http://bit.ly/1adX3Dg

消えた蜜蜂の謎
http://bit.ly/1adY8eh

これによると、蜜蜂にも、良質なタンパク質とビタミンを与えて養蜂せねばならぬ異常事態だという。まるで人間みたいだ。蜜蜂の大量死(CCD)が、続けば、受粉が困難になり、食糧危機をもたらすかもしれないという。

この原因は、ほんとうは、GMO作物にあるのではないか?しかし、蜜蜂と同様われわれも、GMO作物由来の物質が、安全性も確認されないで、すでにわれわれの全食生活の中にはいっている。あまり議論はされていないが、これは、われわれの大量死へと導かれるのではないか、と言う危惧が私にはある。蜜蜂の大量死(CCD)と同様に、原因はわからないとされるのではないか?

GMO作物のなかのGMO遺伝子が、蜜蜂が花密を集める花へと汚染されて殺虫剤が極微量含まれているのではないか?その他にも、知られざる有害物が含まれている可能性もある。何千年間も安全を確認された栽培植物の遺伝子を、簡単に改変して、殺虫成分を生産する植物つくり出し、安全というのは、トンでもない詭弁だ。
こうして、蜜蜂の免疫不全の死とは、われわれの未来の姿ではないか?すなわち、あらゆる食物には、微量のGMO由来の農薬とおまけに微量の放射性物質が混ざり、蜜蜂が死んでいくように、われわれも病気にたえず犯され死んでいくのではないか?そして、マスメディアの原因不明、因果関係不明の詭弁の大合唱が予想されるのだ。フクシマの放射能被ばくと同様に、モンサントのGMOの害は、ブラックマスメディアやブラックアカデミズムによって隠蔽されることだろう。

モンサントの闇は、果てしなく深い。GMOについて見てみよう。

Jessica0701さんの、youtube投稿動画

今では私達だれもがモルモットに
http://www.youtube.com/watch?v=9kxgxLU0Jg8
遺伝子組み換え作物による蜂の大量死
http://www.youtube.com/watch?v=rdHbm3udIP0
家畜の不妊は遺伝子組換えエサが原因だった
http://www.youtube.com/watch?v=JYRTmnxbfJU

このところ、GMO遺伝子組み換えの話がよく出ている。5年前、私はGMOトウモロコシと汚染枝豆でひどい目にあって、GMO遺伝子組み換え作物は、植物のエイズであると、ここに書いたときとは隔世の感がある。私の体調不良の原因が、GMOトウモロコシなのであった。調べると、当時は科学者が安全であるとのおすみつけを国家に与えていた。多くの科学者や健康論者も安全論に終始していた。マスメディアも安全論をたれながしてきた。その結果、現在では、すでに身の回りを、GMOがほとんど取り囲んでいる。放射性物質に汚染された食品と同じように。

EU 断念したモンサント:遺伝子組み換え作物 世界汚染の行方
http://www.youtube.com/watch?v=uxkIbz1eNk4
モンサントの正体
http://www.youtube.com/watch?v=4IpwgcUnstg
【日本も危ない】チリの遺伝子組み換え食品反対運動【TPP】
http://www.youtube.com/watch?v=nuj47k2I-ww
GMO小麦への懸念(酵素が阻害され子供が5歳まで生きられない?)
http://www.youtube.com/watch?v=jmWMK3x2Qds
これらは、まえ書いたmiRNAなどによって人体が改造されることに関連があるのだろう。

遺伝子組み換え添加物の大量流通について。-2011.12.05
http://www.youtube.com/watch?v=WW0PBpNMEi8

放射能とGMO遺伝子組み換え食品により、われわれに不妊やスローデスをもたらすという陰謀論は成立すると考えている。これは、影の政府がすすめる全世界人口を5億人にする人口削減策だ。政策の基本は遺伝子の変異汚染なのだろう。すぐには表に現れないあらゆる生物のDNA変異と汚染が、世界を覆い尽くすころには、全世界人口は、病気や不妊のため、5億人以下になっていることだろう。だれもが地球上にいるかぎり、放射能とGMOがもたらす遺伝子の変異から逃れることはできない。もう引き返せない断崖の際まで、いま人類はきているかもしれない。人類絶滅である。

そのための人間の遺伝子避難のため、後で述べる極秘の人間の遺伝子保存プロジェクトがあったのであろう。また栽培植物の遺伝子避難はビル・ゲイツのスバールバル種子倉庫がある。ワクチンで人口削減すると、はしゃいでいるのは、助けてもらえる密約があるからだろう。


2、静かなる戦争、第三次世界大戦の沈黙の兵器。  沈黙の兵器とは何か? 

SILENT WEAPONS FOR QUIET WARS 静かなる戦争の沈黙の兵器 という文書がある。80年代に地下出版でひろく出回ったホチキスどめのコピー文書で、私もなんかの関連で購入していた。これは、序文に1954年に第三次世界大戦が始まった、と書かれていてびっくりしたのである。第三次世界大戦の宣戦布告書であったのである。

このときから、「1954年」という年は、私にとって特別な年になった。それは多くの人にとっての「オーウェル1984年」みたいなものであった。日本語訳は太田龍の1995年の訳がある。これ以降ずっと「1954年」に注目していたが、30年間、この年に関係した論は、ウイリアム・クーパー証言以外は、なにもなかったように思う。ここにこそ史上最大の謎があると思うのに。

なぜならば、多くの人にとって、「静かなる戦争 QUIET WARS 」や「沈黙の兵器 SILENT WEAPONS」は、具体的な姿が思い浮かばなかったからだ。しかし、この文書には、「細菌戦争にも似た」ということばで述べられていたのである。注意して読めば、第三次世界大戦は「細菌戦争にも似た」姿をとる、ということであったのだ。これは、裏の見えない静かなる戦争があり、表には見える騒がしい戦争があるという二重の戦争を行うという意味なのであろう。

静かなる戦争の沈黙の兵器とは何か? 

ひとつには、放射能があると思っている。放射能被ばく問題は、健康問題である。健康問題は、自分と世界に起こっている全体像を知ることが大切である。フクシマの被ばくは、重要ではある。かりにただちに病気にならないとしても、からだのどこかで遺伝子変異が起きているはずだ。DNAが修復されればいいが、修復されず、アポトーシスされず、細胞周期を突破すれば、DNA変異は固定し、蓄積していく。骨髄を障害させ、免疫機能を低下させる。また、生殖細胞に変異があれば、その変異は次世代に送られる。孫の世代には、健康問題は、いまよりさらに大きく厳しいものになる。それはチェルノブイリの子どもたちが証明している。健康な子どもは存在せず、多くの子どもたちが、たえず病気に苦しむことになるにちがいない。人類は、すでにもう終わったのかもしれない。引き返せない分岐点をすぎてしまったのだろう。

だが、今現在起きている健康問題には、たとえば50年前の原水爆実験の放射能被ばくの影響をさえも加えて、考える必要があるわけだ。がんなどで若くして死んでいった多くに人を思い出さずにはいられない。これらは、放射能が原因であったのだと。健康問題が複雑で因果関係が確認できない理由であるが、このことを悪用するやからもいるのは当然だ。

しかし、われわれは、放射能問題だけにとらわれててはいけないのである。健康問題は、健康常識や栄養基準値、医療常識など様々な要因が関係する奥深いジャングルだからだ。何がポイントなのかよく見通せない、あり地獄なのである。何が本当のことかわからぬうちに、よろけて砂地獄へ落ちて、えものを待ちかまえて隠れているありじごくに食われることになる。

原子力マフィアが、被ばく問題と放射能の問題は、因果関係をつけるのを拒否しているのは、何を言ってもごまかせる、という自信があるからだ。バックにはIAEAとUNSCEARがついてるぞ、というわけでもある。体内被ばくは何も問題はなく、外部被ばくだけ考えればいい、とIAEAはいう。外では害があるが、食べて体内に入れば害はなくなるという奇妙で、まったくとおらない論理を駄々っ子のように強要してくる。そして、これにマスメディアも、どおっと賛同して手打ち式となる。これは、マフィア御用機関の新聞テレビらしい、なさけない姿である。
もちろん、これらすべてはデマだ。権威がいうデマは、真実という仮面をかぶる。このどこを見ても不気味な仮面だらけの万華鏡の世界の中に、われわれは現在入り込んでしまっている。これは、ウソと暴力の世界、NWOの世界のなかにいるということなのだ。

放射能で心配するストレスが、健康被害を作ってきたと、過去半世紀の原子力マフィアたちが、ひとびとを煙にまいてきた。低線量内部被ばくの研究は可能な限りつぶしてきた。あるいは、無視してきたのである。もちろん、最初から意図的計画的であった。ABCC放影研の動画では、1954年に内部被ばくの研究は中止されたとある。
これは、過去すくなくとも半世紀の被ばく者の切り捨てであった。ヒロシマ・ナガサキ、チェルノブイリなどと内部被ばくの被害に苦しむ人を、放射能ストレスであると切り捨ててきたわけである。内部被ばくという本当の放射能の害を隠してきたのである。

放射能は、GMOと同じように、沈黙の兵器のひとつなのではないか?


3、NSAの監視の意味

いままで、内部被ばくという本当の放射能の害を隠してきたのであるが、とうぜん、憤慨して告発する人々が出てくる。

この問題を告発する人々を監視するために、、放射能の被ばく告発者に関する国際的な監視網が、長年あったように思う。あまりはっきり言われていないが、放射能の被ばく問題に関わるサイトを絶えず監視したり、いやがらせをする人々がいる。

彼らは、Googleの偽装IPを主として使っているようだ。なにかGoogleのクラウドデータベースへブラウザーの閲覧履歴など個人情報を抜き取っているらしいのは、接続IPなどを調べればわかる。スノーデンのNSA事件が起こり、アメリカの10月の騒ぎがあるが、監視するGoogleの偽装IPは健在である。現在でも監視は稼働中でずっと続いている。当然私も被害にあっている。

この監視するハッカーたちは、NSAなのだろうか?が、たしかに存在することは事実である。そのハッカーたちは、たとえばYouTube動画などで、たとえば5分の動画中に数十個の広告をはさんでいやがらせができることから、Google、YouTube社の社員であろう。もちろん回線を持っているNTTやプロバイダーなど、インターネットのこういった会社内には、国民を監視するハッカーたちが、うようよいる。そして会社を越えた結びつきがある。秘密結社である。ここでも、陰謀はない、と叫ぶバカな文化人が国民を宣撫する。古色蒼然としたフリーメーソンの論があるが、いまはインターネット秘密結社だ。

多くの人があまりにも誤解しているが、NSAとは、基本的には、UFO問題に関わる諜報組織なのである。井口博士が、クーパー証言を翻訳してくれている。NSAについて言っているのは、ここである。

http://quasimoto.exblog.jp/10485103

クーパーは明確な全体像は持っていなかったが、真の宇宙開発はケネディ以前から米ソ共同作戦であったと、これをクーパーは言っているのである。
そして、NSAの活動のごく一部の役目には、放射能の被ばく告発者の監視があったのだろう。なぜならば、放射能の被ばく問題とは、ほんとうはUFO問題の一部だからだ。UFO問題の片手間に、よく知られたスパイ大合戦をお遊びのようにやっているわけだ。ケネディ大統領が米ソの協力を言うはるか前に、米ソは裏の宇宙開発では協力していたのだった。

米NSAは、ソ(露)NSA?とある意味一体であり、米NASAとソ露NASAとも同じであり、米NASAには、表と裏があったという複雑な状況があるわけだが、競合する会社がやっているようなものにすぎなかった。第1、2次世界大戦が競合する国家(会社)がやっていたのと似ている。われわれは、つくられた歴史にだまされていたわけだ。この論にも、信じられないとひとは言うのであろう。

スノーデンのNSA暴露事件で、UFO問題がどうなるか戦々恐々の状態にあるのが、米NSAだろう。もちろんロシアのNSAにあたる組織との権力闘争になっているのだろう。このことから、影の政府は、オバマ政権とプーチン政権の上に、そびえたつ見えざる組織であることがわかる。その見えざる組織の上にのしかかって、さらにそびえるのがUFO問題なのである。

このため放射能の被ばく告発者に対する監視は、支配層のきわめて高い関心事なのである。ケムトレイルも放射能もGMOも、これらは深くUFO問題とかかわるがゆえ、深い謎にみちているわけだ。


4、ケムトレイルについて探索しよう。

静かなる戦争の沈黙の兵器としてのケムトレイル?それは、放射能とGMO遺伝子組み換え食品によっておこる体調不良にとどめをさすものか?

空からふってくるのは、放射能ばかりでない。ケムトレイルは、ほとんど、毎日のように撒かれている。そらが、けむっているのは何か?という疑問を多くの人は持たない。新聞が2.5Mのちり、と書くとすぐ信じてしまう。

先日、2つの台風で大雨の雲がおおっていたときのことだ。私の日記から、

10月25日(金) 午前3時、目が覚める。雨音がする。空に飛行機の音。
午前3〜5時 2つの台風の大雨。 放射能のため、換気扇は、止めてある。外を見る。雨が激しい。さかんに上空を飛ぶ航空機の音がする。ひっきりなしの飛行機音。かなりの低空(ナイトケムトレイル? 雨雲の上からなにか、撒いているのか?)いったい午前3時の雨雲の上空でなにをしている?

ケムトレイルもさまざまな物を撒いているが、はっきりしているのは金属微粉だ。地球全地をアルミニウムなどで覆う目的は、ゲオエンジニアリングにより、モンサント特許のアルミ耐性作物のみ栽培できるようにするためだといわれる。プランテーション農業のグローバルNWO版であろうか。目的を隠蔽するための、めくらましかもしれない。おそらくケムトレイルは、多目的な環境兵器なのだ。HAARPとアルミ微粉は、気象改変であり、バリウムは、免疫低下のためではないか。ストロンチウムやチタンはなんだろう?

でも、いちばん気になるのはケムトレイルから撒かれている微細な繊維である。これは中空になったナノファイバーだ。

つぎの動画では、ケムトレイルから見つかるナノファイバーからナノ生物学について論じられる。なにものかが、ナノファイバーによって人類を改造しようとしている?あるいは、このチューブは、いれものなのか?

合成生物学とケムトレイル(1)
http://www.youtube.com/watch?v=RDbyjyHPlrE
この動画16:21で、アルミニウム、バリウム、ストロンチウム、チタンが、木の幹を分析しても得られた、と。11:15のは、あごひげ雲といわれている。

あごひげ雲は私もじっさいに見た。白いケムトレイルから、黒い粉が落ちてくる。白いケムトレイルと平行に薄く黒いケムトレイルがあり、遠くから見ると、富士山型にひろがって黒い粉がすばやく落ちてくるのが見える。2〜3分で下まで落ちる。早い。一体何を撒いているのだろうか?

自宅周囲の作物が、直径数百mのスポット状に病気が発生していることから、米や野菜などの栽培植物の農薬耐性病害菌も撒いているのは確かだ。JAはこの耐性菌に困って、いろいろ新農薬、新品種を模索している。なぜか、このことは新聞にはいっさい出ない。植物の病原菌を撒くなら、人の病原菌や放射性物質を撒いているのかもと思い、以前の投稿で記した。人の病害菌を撒くというのは、いくつかの確証を私はもっている。はなばなしい強烈な菌ではなく、症状はふつうの風邪に分類される。しかし難治となるものがいっぱいある。

この動画23:13には、ナノテクらしい不思議な繊維の詳細が説明されている。なにか増殖するらしい。ほんとうか?体内で増殖しているとは、奇妙だ。これは誰の体内からも見つかるという。このナノテクノロジーは、人類の技術を、越えているように思える。モルジェロン病と言われる皮膚病では、このチューブが皮膚から突き出るという。
この、奇妙な管状のナノファイバーが、ケムトレイルの最大の問題であろう。

このナノチューブは、病原菌、ウイルスなどを地上まで安全に到達させる運搬具のチューブなのかもしれない。動画の途中にある、ほこりのように舞うナノチューブの写真がある。われわれのまわりには、見えないが、濃厚にケムトレイルから舞い降りた、ほこりよりもさらに細かいナノチューブが、花粉のように、放射性粒子のように舞っている。これはわれわれの肺の奥まで吸い込まれている。

ナノチューブに詰められる生物兵器があるとすれば、これはこれで単純な解になる。生物兵器用の運搬具だ。病気になっても、土ぼこりを吸い込んで土壌の未知の細菌に感染したとされるのだ。免疫の落ちた人体には、さまざまな種類の感染症を、蜜蜂のように引き起こすだろう。蜜蜂たちも気管からナノチューブを吸い込んでいるのだろう。あるとき大量死CCDとなる。クーパーの証言8には、おそろしいマイクロチューブという言葉があり、ケムトレイルのナノチューブのことか、と思うが、よくわからない。

そのほかにも、ネット上には情報にあふれている。ケムトレイル撒布の内部告発らしきものがある。

【拡散希望】ダイジェスト版「飛行機雲の謎」〜ケムトレイルの目的と巨大企業
http://www.youtube.com/watch?v=2UFQRQwHFuak

飛行機雲(ケムトレイル関係者の内部告発)
http://www.youtube.com/watch?v=y6gHRUDN3aA

ChemTrail Sprayer - 100% proof - filmed up close by AF pilots
http://www.youtube.com/watch?v=K2z2ZzXFeKo
CHEMTRAIL AIRCRAFT MECHANIC SPEAKS
http://www.youtube.com/watch?v=0QaRBBys7jo

けっきょく、将来のパンデミックに備えた予行演習かもしれない。あるとき、本当の危機的な劇症感染症の生物兵器が、ナノチューブ内に入れられケムトレイルで撒かれ、ほこりのように煙った大気を吸って、人の肺の奥に到達する。肺に到達するのは、放射性微粒子だけではないのである。こうして、世界同時多発パンデミックとなるかもしれない。こういうストーリーの選択肢も考えられているように思ってしまう。

しかし、けっきょくは放射能とGMO遺伝子組み換え食品によって、免疫ががたがたに落ちた人体を、ケムトレイルのナノチューブに入れられた、さまざまな感染菌で攻撃され、 発病し、蜜蜂の大量死CCDのような運命になるというのが、静かなる戦争の沈黙の兵器のほんとうの意味ではないだろうか。

ケムトレイルで撒かれるナノチューブは、難治性の感染菌を入れた運搬具なのだろうか?外で運動していたり、仕事をしている人が、重篤な感染症にかかる例をいくつか身の回りで知っている。関係があるのだろうか?ナノチューブを集めて培養してみればわかるのであろうか?これは製薬会社がよろこぶのであろう。また、中国からだといわれるPM2.5の微小粒子状物質は、これと関係があるか?PM2.5の微小粒子も、ケムトレイルで撒かれているということはないか?黄砂、PM2.5、瓦礫焼却、ケムトレイルで撒かれるナノチューブなど大気環境汚染物質は21世紀になって俄然ひどくなってきた。カクテル戦術だと思う。混乱させるためなのだ。病気との因果関係をつけられぬようにしている。主役は、やはり、ケムトレイルで撒かれるナノチューブのように私には思われる。

大気中にたえず浮遊し、けむっている莫大なナノチューブが、難治性のさまざまな感染菌を入れた運搬具なら、放射性粒子よりも危険かもしれない。もしそうなら、N95マスクは子どもも大人も、常時、必携品になるだろう。ゴーグルさえも必要かもしれない。外が健康的と言う考えは、過去のものとなるかもしれない。外気から守るためには、フィルターつきの換気扇が必要になってくる。外出から帰ったあとは、放射能汚染の場合と同じような除染が必要になるかもしれない。ケムトレイルこそ、反対運動のデモが必要なのではないか?誰に?黙認する政府、マスメディアに対してだ。

5、火星プロジェクト

人類絶滅のための人間の遺伝子避難のため、極秘の人間の遺伝子保存プロジェクト「火星プロジェクト」があったと思う。すべての問題の中心に位置するUFO問題のさらに中心に、この火星プロジェクトがあったのである。基本はクーパー証言にある。ここには、すべての問題の解に到達するための基本情報があるが、多くの人は、これがガセやデマ、特殊な情報であると誤解している。この問題に対しては、主としてYouTube動画を中心に国民の監視が厳しく行われている。

井口博士のクーパーのページを見よう。

http://quasimoto.exblog.jp/i8/

クーパーは、後で述べる火星プロジェクトの内容についてもすこしだけ講演し、信じられないと、聴衆が抗議して大騒ぎしている。これは、人類史上最大の事件をクーパーは死を賭けて証言したのであった。これは、後に述べるプロジェクトアヴァロンの動画にある、火星プロジェクトのことである。

クーパーは明確な全体像は持っていなかったが、真の宇宙開発はケネディ以前から米ソ共同作戦であったと、これをクーパーは言っているのである。かれが第三の選択は70%正しいと言っている意味は、クーパーの証言8にあるように、人類は、60年代には、月に到達し、火星に到達していたということを言っているわけだ。この火星プロジェクトの目的は、人類絶滅で人間の遺伝子避難のための、人間の遺伝子保存プロジェクトであったのだ。クーパーの証言8では、

http://quasimoto.exblog.jp/10533833/

そのとき信じられないと聴衆が大声で抗議した。また、のちにはアレックス・ジョーンズでさえも、クーパーは信じられない、と言ったため、クーパーはその後孤立していったのであった。しかし、その後の展開は、クーパーがほとんど正しかった(ケネディ暗殺以外)ように私は思う。しかし、いまでも、この文章を読む人は、デマだと判断するにちがいない。

さて、クーパーは、1954年前後のグレイと人間型異星人の問題も語っている。ここにはとてつもない闇がある。グレイの甘言にだまされ、UFO技術と引き換えに、核の放射能で人類絶滅の方向をとった愚かなイルミナティは、完全に方向をあやまったのであった。グレイは、イルミナティは、自己中心的であり、自己のためには人類すべてを売ると見たが、グレイの分析はさすがに正しかった。

核の危機を警告したらしい人間型異星人についての情報は、クーパーが言うようにきわめて乏しい。このプレヤデス星人といわれる人間型異星人の謎こそが、謎中の謎であろう。アダムスキーやビリーマイヤーの異星人は、この人間型異星人であるかどうか、わからない。

グレイのアジェンダ、たくらみにのった人類は、もう大量絶滅の未来しかないのである。
また、グレイ→イルミナティ→国家とおりてくる政策によって、国民は国家に対する信頼を失い、その結果、世界どの国家も国民の意識上では、信頼を失って完全崩壊して消滅しており、しぜんに世界政府ができる道へとわれわれはたどっている。しかし、その世界は5億人の世界であろう。
これがグレイのアジェンダであった。イルミナティの末端にいたるまで、例えば公務員、マスメディアなどの、おおくの人々は、自分たち自らを殺す側を助けて活動していることを悟らねばならない。

当然ながら、この問題の周囲は秘密のとばりが完全におりており、NSAが、そこに近づく人を徹底的にマークする。したがって、NSAの監視とは、全世界の一般市民なのである。けっして首相や閣僚などだけが、対象になるわけでない。首相と一般市民は、対等の監視対象なのである。また、CIAは、たんに表に出る繰り人形舞台装置であるにすぎない。これら諜報機関すべては、UFO問題を中心にまわっているのである。

人間の遺伝子避難のための極秘の火星プロジェクトを見よう。これは米ソエイリアン3者の共同作戦であった。いまから30年前の80年代から始まったと言われている。プロジェクトアヴァロンでは、エイリアンのアブダクションによる精子卵子採取の活動情報は伏せられているが、主役はグレイなのである。

Jessica0701氏の投稿 

火星プロジェクト@〜C The Mars Project は、プロジェクトアヴァロンのビル・ライアンとケリー・キャシディが、この問題の最深部に迫っている。この動画は、テレポテーションとタイムトラベル以外は、事実だろう。テレポテーションとタイムトラベルは、火星プロジェクトをトンデモと思わせるように埋め込まれたトリックであろう。

火星プロジェクト@〜C The Mars Project
http://www.youtube.com/watch?v=F3AjfDDJUK8
http://www.youtube.com/watch?v=jTz_qcm3rTw
http://www.youtube.com/watch?v=cfP1mSWQ_1M
http://www.youtube.com/watch?v=-KfckQP3lrQ

@では、UFO隠蔽工作を行っていた集団である「鳥類園エイビアリー」の一員だったというゴードン・ノーベルGordon Novelの話から始まる。三角オーロラUFO。ロッキードTR-3B アストラ。 ロッキード、スカンクワークス製だ。のちほど言われるベンチャースターというもの。これは90mほどの大きさの三角オーロラUFOの大量輸送船であるらしい。動画に出る、ニューヨークタイムズに載ったと言われる宇宙空間で、シャトルから撮影された写真のものだ。地球から火星への数万人の輸送は、これによって1980年代から始まったと言われる。動画ではユタ州から発進するという。火星まで33時間で行くのである。

グレイのUFOとアメリカ製三角UFOの合同作戦で、地球から火星への輸送は急ピッチで進められた。地球生物の遺伝子保存のためだろう。同時に火星植民地の建設も急ピッチで進められた。第三の選択は、クーパーの言うように、ほとんど事実であったのだ。だが、だれも信じなかった。信じられなかったのだ。それは、いまも同じだろう。これから先もきっと同じだろう。だれも現実を見ようとしても、できないのは、強固な思い込みというマインドコントロールのせいだ。

未来のあるとき、雪崩を打って、蜜蜂CCDと同じような阿鼻叫喚の大量死がわれわれを待っているのだろうか。これは、アセンションだろうか。マスメディアは、原因不明の死病だとか、このときこそ、放射能だ、とか叫ぶのだろう。
この病気の供給源はケムトレイルのばら撒くナノチューブに入れられるさまざま菌であろうか。ケムトレイルのばら撒いて地平まで濃く濃霧のように煙るナノチューブは、いま地上のすべての人の肺の最奥部まで達している。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧