★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 386.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東アジアで、新しい平和環境つくりへ。安倍おぼっちゃまとお友達はどうなる?(京の風)
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/386.html
投稿者 五月晴郎 日時 2014 年 4 月 15 日 19:37:35: ulZUCBWYQe7Lk
 

http://www.k2o.co.jp/blog2/2014/04/post-1133.php

2014年4月 9日 10:58

「5月までに東アジアでの紛争状態を解決せよ。」

これが、3月はじめに王族会議やサンカの大元さんが出した方針です。それには、戦争屋の下でマッチポンプを起こす人間を、封じ込める必要があります。

 (この決定を下した時、ちょうど、プーチンがクリミアを占拠していたときです。ソチオリンピックの最中に、ウクライナでおきた政変は、ご承知のとおり戦争屋が引き起こしたのですが、ウクライナ発の世界戦争に発展する芽を摘んだのが、プーチンでした。そして、この戦争屋の尻拭いに、日本政府は、経済協力をさせられてえいます。ここで重用なのは、もう、これ以上、戦争屋のバカドモに勝手なことをさせるな、王族会議ののみならず、各国政府の外交次元でも動き出したことでした。)

 日本の場合、明治政府と、日本版戦争屋は一体でした。戦後はアメリカの戦争屋の陰で、彼らはマッチ・ポンプに加担してきました。そこには、多くのブローカーが取り付いていました。

 「全ブ連」の幹部だった人間(A氏)が親しかったのが、90年代以降、沖縄の基地問題での補償金交渉を裏で進める人間でした。今は、何をしているのでしょう。沖縄には今、中国資本がどんどん入っています。

 6日に来日したヘーゲル国防長官は、8日には、中国で、常万全国防相と懇談です。(下に、資料記事二つ)

 一方、今、菅官房長官は、1984年に「日中3000人交流」をした時の中国国家主席胡耀邦の実子、胡徳平とコンタクトをはじめました。(胡耀邦の時代、私は北京駐在員でした。)

 今、中国では、国家の権力が強烈に周近平に集中しています。最大の理由は、この20年間、中国を発展させてきた全青聯派の胡錦濤が、野田にコケにされ、国家的メンツを失った、とされているからです。2012年9月11日の尖閣国有化は、事前に面と向って、国有化はするな、と言っておいたことを、小日本の首相があえて挑戦的に行い、それを、今の安倍はそのまま引き継いでいる、と見ているのです。

 周近平が国家主席になった理由の一つに、胡錦濤と同じく、日本の天皇と直接あったことがあります。胡錦濤時代は過度の不動産バブルを生み、その整理に、習近平は国内の汚職の締め上げを、昨年末から実施。ここでは胡錦濤と同じく、全青聯系列の人間(恩家宝など)を狙い、今は周永康以下、警察の汚職を「一罰百戒」で実施中。

 中国とアメリカが本格戦闘になると、アメリカにある中国人の個人資産は凍結になるが、今の、尖閣の件は、そこに影響するのか?

 中国の軍人で、汚職で巨大資産を海外で蓄えている人間もいますが、それは、巨大な土地を管理地にしていた陸軍と、兵站を扱っていた総後勤部の人間が多く、実は、尖閣にもっとも拘る海軍の人間の資産は、少ないのです。本当に戦争になっても、元々海外にある個人資産が少ないだけでなく、それよりも、海上戦力の充実のために、国家からはさらに多くの装備品のカネが海軍に流れます。

 この意味で、安倍の後ろにいる日本版軍産複合体と、 中国の利益は一致しています。

 世界最大の軍事力・情報網をもつアメリカでは、いま、ようやく、指揮・伝達系統に巣食ってた戦争屋の画策から脱したところです。日本がそもそも、戦後のアメリカの軍事力や情報網から独立できないことを、日本の三菱など軍産複合体はよく知っています。メディアに溢れるノスタルジックな、右翼の軍事独立派とは別に、この人たちは、極めて冷静なのです。安倍が総理に返り咲いて、できるものなら、憲法改正、それがダメなら、集団的自衛権での戦闘を可能に、それさえも中々すすまなくても、武器を自由に売れるようになればいい。

 で、現実はどうか?

 はい。すでに、日本は、武器輸出三原則を、解禁しました。すでに、最低限の目標は達成いたしました。

 あとは、どうやって、中国と仲良くなるか、の段階になりました。 武器商人と原発マフィアは破廉恥この上ありません。今後は、中国にも武器を輸出したい、とまで考えるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

資料@ チャイナレコード

 米国防長官「尖閣は日本が実行支配、中国による現状変更に反対」=安保条約対象と言明―香港メディア

2014年4月6日、日本を訪問中のヘーゲル米国防長官は、小野寺五典防衛大臣と防衛省で約1時間の会談を行った。会談で双方は、東アジアの安全保障情勢の変化に対応するため、防衛協力ガイドラインを年内に改定し、抑止力を高めることを確認した。香港・フェニックステレビが伝えた。

会談後の記者会見で両防衛相は複数回にわたって中国について言及した。ヘーゲル長官は、米国は尖閣諸島が日本の実効支配下にあり、日米安保条約第5条の対象であるとして、「米国の尖閣に対する責任について話し合った。力による現状変更の試みに反対する」と述べた。

また、米国側は2017年までにイージス艦2隻を日本に追加配備し、ミサイル防衛を強化することを明らかにした。さらに、日米は沖縄の基地負担軽減などについても意見を交わし、日本は普天間基地を5年以内に運用停止するよう要望した。

小野寺大臣は安倍政権が集団的自衛権行使のための憲法解釈変更を予定していること、防衛装備移転3原則を閣議決定したことについて説明を行い、ヘーゲル長官は日本の決定を歓迎すると述べた。ヘーゲル長官はこの後中国を訪問する予定。(翻訳・編集/岡本悠馬)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

資料A ワシントンポスト

米中の国防トップ、会見で激しい応酬―アジアの緊張めぐり

【北京】ヘーゲル米国防長官は中国軍との新たな関係構築を目指すために訪中しているが、早くも雲行きが怪しくなった。中国の常万全・国防相が8日、米国とその同盟国がアジア太平洋地域の緊張を高めていると非難したのだ。

 ヘーゲル氏は、1年前に国防長官に就任してから初めて中国を公式訪問している。同氏と常国防相は1時間にわたる記者会見で、この地域の米中の野望をめぐり激しい応酬を交わした。

 常国防相は、日本、フィリピン、台湾、米国のさまざまな動きは地域の安定を損なうと指摘。米軍のアジアシフト計画にも異議を唱えた。中国指導部の間ではこの計画は中国の領土拡張の野心を封じ込めるのが目的と広く見なされている。

 常国防相は中国が「封じ込められることは決してない」と述べた。

 さらに日本が東シナ海で問題を引き起こしていること、フィリピンが南シナ海の島々を不法占拠していることをそれぞれ批判。米国に対しては、台湾への武器輸出を非難し、地域紛争にはより慎重に対処するよう求めた。

 一方、ヘーゲル長官は、中国が周辺諸国と協議せずに、尖閣諸島を含む東シナ海上空に防空識別圏を一方的に設定したことを批判。懸念を強調するかのように人さし指を振りながら、「こうした行為は緊張を高めると同時に、誤解を深め、最終的に危険な衝突を招く恐れがある」と述べた。

 ヘーゲル長官は3日間の訪中期間中に、新たな軍事協力を推進し、軍の透明性向上を図ろうとしていた。

 激しい応酬を交わした2人は、歩み寄る姿勢も見せた。常国防相は、太平洋は両国の野望を受け入れるだけの大きさがあると発言。これに対しヘーゲル長官は、地域の安定に中国は欠かせないと持ち上げた。

 両者は関係強化のために、北朝鮮をめぐる軍事的緊張の緩和とアジア太平洋海域の主導権争いをめぐる紛争の低減に向け、節度ある措置を講じることで合意した。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月16日 10:31:04 : aeZXwWpQQ6
2013年7月25日
http://www.k2o.co.jp/blog2/2013/07/post-956.php

1) 日本の奥の院:

 不比等によって701年に大宝律令が出来た時から、この日本列島の統治の枠組みを決め、時代時代の統治体(政権の形も含め)の方向性を、慎重に見極め、それに相応しい次の支配者を作り出してきた人間の集まりがあります。

 これが、私がときどき言葉に出す「奥の院」のジイサマたちです。

縄文の血をほんの一部は引く家系(玉置)もふくめ、全部で、5系統の家系の代表者からなります。

この5系統のジイサマは、普段は、ふつうの人間として社会に溶け込んでいます。大体、70歳以上で90歳くらいまで。彼らは隠語で「政府委員」と呼ばれ、折に触れ、5人で公園などに集まって、四方山話をします。

このときに、天皇家のことや、大企業の経営内容、海外の金融勢力の動き、日本の企業進出、今ある日本の統治体としての機能や枠組みの確認、そして、なにより、国家(国体)が今後も潰れないかどうかという国家存続の次元まで話をします。

国家存続の話をするときには、財閥系の大企業が一つ二つ消えてしまうことなど、全く小さな次元のものと捉えられます。もっと、深く、根本の、日本人と、この日本列島での統治体の存続に関わる視点で、「現在」の情勢を分析します。

彼らジイサマの後輩・親戚縁者は日本全国の各分野にいます。権力者もいれば、反権力の立場の人間もいます。企業内部にも、官僚にも、司法にも、メディアにも、学界にも、それぞれ、十分、影響力のある名士がいます。

どの家系も、末端まで入れると直系でも100万人は越えてしまいます。ジイサマたちは自分がもう老衰で、そろそろ判断力が衰えてきたなと感じると、自分の全家系の中で、もっとも見識が高く、知識も豊富で、人間性にも優れているものを選び、あるとき、「公園」の散歩に誘い出すようです。そこで、他系列の4人の前に紹介し、次からはヨロシクと伝えます。 その立場を、決して自分の息子に継がせるわけではないようです。

奈良朝の道鏡騒動から長岡京を経て桓武に平安京を造らせるとき、あるいは、頼朝に鎌倉に幕府を開かせるとき、さらに、尊氏が後醍醐を吉野に追い込んだまま室町に幕府をおいた時、そして、家康に江戸に幕府をひらかせるとき、いずれも、どうも、この5系統のジイサマたちが鳩首して、方針を決めていたようです。

 そして、幕末には日本列島から流出していた「天皇の金塊」が客家の手によって日本に届けられるのを知って、 徳川に任せていた日本を、中央集権の強大な国家に作り変えようと決意したのも、このジイサマたちです。 イギリス、フランス、バチカン、フリーメーソン、そして、ロスチャイルドが、いろいろ入れ知恵しても、この5人のジイサマの「公園散歩」での「了解」がないと、まとまりません。

 戦後、昭和天皇がマッカーサーと会うときにも、その後、どうするか、このジイサマたちは話していました。

そして、2013年の今、ジイサマたちは、何とか日本の名誉を取り戻したいようで、無理して安倍に最登場させたのですが、いかんせん、全員80歳以上ですから、頭が固い。古い。ノスタルジーが強すぎる。

 そして、日本文化の本来の姿も、明治以降のものに縛られすぎています。それぞれの先祖から伝えられた個別の「伝承」や「伝達事項」はあっても、地球人類史全体の中で、自分の一族の長が、いつごろ、列島に来て、王権の形成過程で、どうかかわっていたのか、については、本当にぼんやりしたものしか理解していなかった。明治維新後に、中央集権の近代国家を作るために、キリスト教の信仰体系と組織論を参考にして、古事記日本書紀の記述を、考古学が発見した事実よりも優先する愚かしい歴史観を創り、それをもとに神社界を再整備し、国民には、コンクリートで塗り固めるように天皇中心の世界観を教育するしかなかったからです。

 戦後になって、この「公園散歩」のメンバーは、とにかく経済復興を第一義に、国民全体の所得の増大を目標にしました。そして、、福祉にも力を入れましたが、いかんせん、森羅万象を前に、誰もが、自分で、自分にとっての心の内から自然と湧き出る理想の世界を創るという視点は、天皇存在の前に遮断され、まして、それを創りだすという意志を、教えることはありませんでした。そのとき、まず先に、皇祖神アマテラスあり、と教えたのです。その中で、位人身を極めよと。

 ジイサマたち自身は大変な努力家で、また、秀才よりも天才タイプ多いのですが、このスメラミコトのおられる大八洲に、海外で確立された最高度の知性を、自分たちが作り出した制度の中で国民に紹介し、それをきちんと理解し、有用な制度や商品に生かせる能力のあるものを求めたのです。

 つまり、ジイサマ自身が、エリート主義の塊りであり、戦後直後は、機能したものの、21世紀には入っても、体制維持のための、官僚と利権屋の互助会を擁護する制度論者だったのです。彼らに対し、真剣に怒っているのが、実はサンカの大元さまなのです。 

2)日本の国家権力と、原発。

そして、「奥の院」のジイサマたちは、日本という国家(統治体)の維持のためには、国民の側に、どんな犠牲が出ても、それはそれでしょうがない、と考えているのです。弱いもの、馬鹿なもの、使えないものは、しょうがない、と。

で、こんなジイサマが、戦後の日本人の科学力を信じ、利用を認めたのが、原発だったのです。

今の原発マフィアの根っ子は、ここまで深いのです。

だから、山本太郎よ。 自分自身が、1300年の歴史を作り変える立場にあるとの自覚と自負を、自分の内側に確立しないと、物事は前に進まない。相手は、そこまで重い。

ジイサマたちにも、もちろん人間としての情はあります。時に、溢れています。ただ、国家、統治体がどうなるか、これを常に最優先に考えてしまうのです。

今、日本では、民主党時代に事務次官会議が廃止されて以来、官僚機構での司令塔機能はなくなりました。最後の事務次官会議を仕切った内閣官房副長官の古川氏は、今、大変な苦悩の中にあるようです。そして、財務省の勝次官がインターネット会社に天下りしたように、それでもなんとか、日本国民を、ネットをつかって情報操作ができる立場を確立していきたいのでしょう。

 しかし、そのネットでの日本社会のコントロールすらも、本家のアメリカから「ディスクロージャー」が始まり、情報の機密性はドンドン剥げだしているのです。そして、国家を形成した巨大な共同幻想も、それに喜んで浸る人間が目覚め、自分はどの次元の幻想の中にいたのか、模索が始まっているのです。

 私は、日本列島で最初に王権が生まれたのは、前漢武帝の時代と考えています。このときは、全く幻想はなく、生きるための必要から生まれたと考えます。そのときには、ヘブライ人の第一波が、瑞穂の国(森の民=縄文、海の民、沼の民=稲作民)に入り込み、さらに、始皇帝を出し抜いた徐福が3000人を連れて渡来し、溶け込みだしていた状態でした。

これが古代出雲にあたります。この初期王権には、マネーもなければ、文字(漢字)もなかったのです。

この時代、最も大切なのは、イノチであり、ここの家族・部族ごとに、完全に自律自立していたのです。

山本太郎氏は、今回、参議院議員になりました。まず、何から、手をつけるべきなのか。

彼の政治的熱情の起点は、原発被曝の真実ですが、その核心は、なんといっても、子供たちのイノチでしょう。

被曝地域の子供たちに移動の自由を確保してください。 これ以上、被曝させないように。

 移動のバスと、受け入れ先の自治体での移住費を、 原発関連予算から、引っ張り出してください。

これには他の政党はもちろん自民党内にも賛同者がでるでしょう。もし、賛同しない人間がいれば、その人間は悪魔そのものですから、言質を捉えて、大いに、晒し上げましょう。

 そして、今回の獲得した65万人の票を背景にして、次に目指すべきは、全国のお母さんのたちのイノチのネットワークの構築もありますが、、ここで、一つ、参考にしてもらいたいものがあります。

 今の日本では、福島の被爆者、特にその子供たちが、もっとも危うい状態に置かれていますが、広く日本全体をみたとき、政治的に自分たちの権利を確立するのが遅れている人間に、全国にいる非正規の労働者たちがいます。この人たちは、2000万人以上に上ります。 私の友人のマドモアゼル愛氏は、この人たちを結集できたものが、間違いなく、近未来の政治勢力(権力)になると指摘します。 http://mademoiselleai.nifty.com/madeailog/

 たしかに、彼らの数は多く、しかも、今のアベンミクスの中では未来が見えません。彼らは、企業経営者からはコストダウンの対象にされてしまった。個々の仕事の場面では常に、派遣会社に30〜40%のピンハネにあっているのです。グローバル化の展開が進むと、日本国内では、正規社員よりも非正規の需要は高まり、しかも、どんどん、価格競争に晒されてしまうのです。

 今の日本では、一定の現金収入がないと、生きていけない厳然とした事実がありますが、この非正規労働者の2000万人に、企業論理に従属しない、生き方の仕組みを提示して、それを、国家権力が支援する方策を、考え出せば、これは、国家にとっても、労働者個人にとっても、ベストなものになっていきます。

 よく言われる、 「半農・半]」 からさらに進んだ、 自給圏の構築になります。

国家や企業側に待遇改善を求めることも必要ですが、 非正規労働者こそ、実は、自己実現をせざるを得ないところに追い込まれている立場です。 企業への就職という思考以外に、連携して自分たちの王国をつくる、という発想の集団を作れないか?  

 これができたときに、本当に日本は変わることが出来ます。

あたかもこれは、大宝律令が出来てから後も、頑なに、大和朝廷に縛られることを嫌った、山の民=サンカ の生き方を復活させるものでもあります。明治の自由民権運動の本当の核心は、このサンカたちが、戸籍を持たされ、納税はともかく、兵役の義務を課されることを最も嫌ったのです。必要のない殺傷はしない。これが、縄文から続く、サンカの生き様だったのです。

 安倍政権は、いま、国家(統治体)による不必要な戦争を求めることで、国家の存在を大きくしようとしています。 しかし、今の日本は、そんなことする前に、子供や若者たちがどんどん傷ついていっているのです。

 日本の名誉を語りながら、大いに、この二つの部分に、声を上げていただきたい。


02. 2014年4月16日 21:46:22 : VPR30ddOoc
 01の ー明治の自由民権運動の本当の核心は、このサンカたちが、戸籍を持たされ、納税はともかく、兵役の義務を課されることを最も嫌ったのです。必要のない殺傷はしない。これが、縄文から続く、サンカの生き様だったのです。ー

 なるほど。日本の近代は、日本の内側からというか、個人の意識から生まれた。


03. 2014年4月17日 20:59:34 : aeZXwWpQQ6
>>2

>日本の近代は、日本の内側からというか、個人の意識から生まれた。

近代と言ってしまっては違うかと思います。
近代とは世界史の概念で、世界史とは西洋の概念で、アジア(日本も当然そう)にはポスト・モダンの概念どころか、未だ日本人もモダンではない意識状態ですし。
モダンとは歴史認識で謂わば自国史は世界史の一部であるという前提で理解される意識であるわけですが、その前提を頑なに拒む国家的な制度が日本の特徴で・・・・北朝鮮のモデル国家ニッポンマンセー


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧