★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 387.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
UFOについての夢のある話題
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/387.html
投稿者 スットン教 日時 2014 年 4 月 16 日 22:30:13: CmuKS.2SNuq/E
 

SF映画「地球が静止する日」
製作年 1951
公開年月日 1952/3/21
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E9%9D%99%E6%AD%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%97%A5


予告編 (Day the Earth Stood Still Trailer)


米ソ核実験の緊迫した時代に公開された、善良な宇宙人の話ですね。


その四ヶ月後・・・


ワシントンUFO乱舞事件
ワシントンUFO乱舞事件とは、1952年7月19日から7月27日にわたってアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.及びその他の地域で起きたUFOの大量目撃現象である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3UFO%E4%B9%B1%E8%88%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6


映画の宣伝でしょうか? 有名な国会議事堂のUFO写真がフェイクと解説されてますが、問題の写真はもともと動画のようですね。



更にこの実話をスピルバーグが映画化


1977年 「未知との遭遇」


1950年代ぽいですね。ただ、スピルバーグの宇宙人はシリアスな政治的問題に関与するよりも、我々をディズニーランドに連れて行ってくれるだけのエンターテイナーです。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. スットン教 2014年4月17日 14:01:36 : CmuKS.2SNuq/E : 7bUsMLlvNQ
案外と、こういう軽めな話題が意外に重い意味を持ったりするのが21世紀の現代人類世界のミソですな。

「地球の静止する日」の公開1952/3/21というのは日本公開でした。ちゃんと映画の世界公開後のタイミングを計っておやりになられたのだとしたら、UFOの中の人はなかなか気がきいておられる。

UFO事件当時の朝日新聞外電記事のリンクが、wikiにありますね。
------------------

空飛ぶ円盤──結局は自然現象か
スパイ説 米空軍では否定

朝日新聞1952.08.07 ニューヨーク篠原特派員五日発
http://www.sspc.jpn.org/ufo/data/asahi19520807.html

 今から約五年前に世界の話題になった例の「空飛ぶ円盤」なるものが、今度は突如としてワシントンの上空に現われまた大きな話題として目下米国の夏の夕をにぎわしている。こんどの話が大きく取り上げられたのは「空飛ぶ円盤」がワシントンの上空に現れるや米空軍の新鋭ジェット機二台が直ちに「円盤」めがけて飛び立つやら電波探知機を動員してその正体をつかむのに躍起となったからである。しかも空軍当局がジェット戦闘機をしていち早く追跡せしめたのは、ソ連の放った秘密兵器ではないかという疑いからだとまことしやかに説くものも現れたりして話題をいやが上にも大きくしているようであるが、ともかくいまでもこの正体をつきとめるべくいろいろな角度から関係筋の研究が進められ、ニューヨーク・タイムスをはじめほとんどすべての新聞や科学雑誌はもちろん、一般雑誌にいたるまでこの話題に大きな紙面をさくという状態でありニューヨークの物好きな連中のなかには写真機までもち出して「空飛ぶ円盤」をキャッチしようと待ちかまえているものもあるというほどである。
「空飛ぶ円盤」の話しが初めて出たのは一九四七年のやはり夏のことであった。ニューヨーク・タイムス紙によると当時チネス・アーノルドという人がワシントンの近くで九つの不思議な「物」が二十三マイルの彼方を一時間千二百マイルの速度で走っているのを見たというのが初めてで、これが円盤のように見えたことから「空飛ぶ円盤」という言葉が使われだしたといわれる。当時も月の世界から送られてきたものだとか、ソ連が陰謀をはかって何か怪しげなものをワシントンの上空に飛ばしたとかいろいろな説が流れとんだが、今度の場合もワシントンの上空に現れたというのが話の発端で、その後米国各地の上空に現われたというニュースが米空軍当局に次々と集まってきているといわれ、最近では朝鮮の上空や東京の上空はおろか欧州の各地にも現われていると伝えられ、今や「空飛ぶ円盤」は世界を通行しているようである。
 一体この「円盤」の正体は何であろうか?ジェット機による追跡の結果は「何も発見し得ず」という報告であった。またレーダー・スクリーンにもこれとおぼしきものは別に写らなかったという。
米空軍や海軍の物理学者達は一九四七年以来この問題について研究を続けてきているが、今度の「円盤」もこの前のものと別に変わったものではないという発表を行っている。しかしその正体が何であるかについてはまだ完全な解答を与えていないようである。
 ニューヨーク・タイムス紙による一九四七年以来千件に上る報告の検討が当局によって行われ、そのうち八〇%は自然現象の変化を誤って「円盤」だと解釈したことが明らかにされている。あとの二〇%についてはまだ解釈がついておらず「空のなぞ」になっているという。しかし米空軍当局では「米国をスパイするために送られてきたソ連の飛行機ではない」ことを声明してソ連の陰謀を恐れている一部の人々に安心感を与えていることは「円盤」の生んだ笑えない事実である。
 それはともかく専門家たちがいろいろな角度から報告を検討した結果得られた「空飛ぶ円盤」の正体についての解釈は大体次のようなものである。

一、気象観測用の気球をそれと知らず「空飛ぶ円盤」だと誤り伝えたもの多いこと。夜の気象観測に明りをつけた気球が用いられるし時には歌舞伎座の建物がそっくり入るくらいの大きなプラスチックで作った気球なども用いられる。それが空気の濃い、薄いなどで怪しげな光を反射することもありこれを間違って報告してくるものが多いこと。
一、レーダー・スクリーンに現象が映るからといってそれが必ずしも「円盤」の正体であるかどうかは不明であること。例えばワシントンで実験されたときは飛行機映像が、気球の映像か、または雲か鳥の一群かの区別ができなかったといわれている。
一、いわゆるしんきろうなる自然現象があるが夜空の一部に光を発見したものがこれを「円盤」だと早合点している場合が多い。空気の層の濃淡によって遠い都会の電光が空中に浮かび上ることはよくあるが、夏の時期にワシントンやニュージャージー州上空で「円盤」を見たという人の多いのは大部分がこの種のものとみられる。

 どうやら今のところ「空の円盤」なるものは「ソ連からの回しもの」でもなく、別世界例えば火星からの偵察でもなく、自然の気象的変化によって起こった現象に過ぎないというのが結論のようである。米空軍のレメー少将は長い間の研究の結果、「空飛ぶ円盤」などは存在しないと断言している。原子爆弾の結果宇宙に変化が起るかもしれないという考え方や、米ソ関係が緊張していることや、火星との交流が可能ではないかなどと人間の知恵はいろんな方向に向かって絶えず注意を怠っていないが、今度の「円盤」をめぐる話題もその人その人の持っている知識や教養などによっていろいろと解釈され、ニューヨークでは夏の夕べにふさわしい話題として多くの人たちから科学のうんちくが傾けられているのである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧