★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 410.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米空母ロナルド・レーガン乗組員が東電福島事故原発1号機の水素爆発が原因で原爆症を発症か?:彼らの対日集団訴訟が仇になって
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/410.html
投稿者 五月晴郎 日時 2014 年 5 月 18 日 20:47:11: ulZUCBWYQe7Lk
 

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/33665454.html

新ベンチャー革命2014年5月18日 No.897



タイトル:米空母ロナルド・レーガン乗組員が東電福島事故原発1号機の水素爆発が原因で原爆症を発症か?:彼らの対日集団訴訟が仇になって、3.11地震津波発生原因の真相がばれるのではないか



1.東日本大震災3.11事件の際、トモダチ作戦に参加した米空母乗組員が原爆症を発症?



 米国マスコミ報道(注1)によれば、3.11事件で極めてグッドタイミングで日本近海にいた米空母ロナルド・レーガン乗組員が原爆症に罹っているようですがほんとうでしょうか。



 この報道によれば、空母レーガンは2011年3月12日、東電福島事故原発1号機が水素爆発したとき、現場からわずか2マイル(3km)の太平洋上にいたそうです。米国サイドの見解では空母レーガン乗組員が原爆症に罹ったのは、1号機建屋爆発時、事故現場近傍にいたからということになっています。



 そして現在、空母乗組員の一部が東電を相手取って、集団被曝訴訟を起こしており、日本政府および東電にとって深刻な問題に発展しつつあります。



 ちなみに、1年前の米マスコミ報道(注2)によれば、レーガン乗組員の一部が確かに原爆症らしき病気に罹っているようです、この報道に間違いがなければ・・・。



ところで、米空母レーガンは通常は日本近海にはいないのですが、3月12日になぜ、東電福島事故原発の沖にいたのでしょうか、そのわけは、2011年3月10日まで、東シナ海で行われる米韓合同軍事演習に参加していたからです(注3)。



2.放射能汚染環境で人間が経験する独特の金属テイストが3.11事件真相解明に重大な意味をもつ



上記の米マスコミ報道(注1)では、3月12日、1号機建屋の水素爆発後、レーガン船上に金属テイストの温かい雲が来たとのこと、そして、船内の海水淡水化装置の飲料水の摂取が禁止されたようです。



 このことは、当時、空母レーガンのいた付近の海水が放射能汚染されていたことを意味します。



 そう言えば、3.11事件後の2011年5月、300km長におよぶ地震震源域の全体から、通常の数百倍の放射能が検出されていますが(注4)、この時期に検出された震源域の放射能はほんとうに東電福島事故原発由来なのでしょうか。



 当時、レーガンの船上で生じた金属テイストは、広島に原爆投下したときやスリーマイル原発事故のとき生じた金属テイストと同じだそうです。また、上記報道(注1)は、戦後すぐに頻繁に行われた南太平洋サンゴ礁での米国の海底核実験で60年間も人の住めなくなった現実を引き会いに出して、1号機爆発は核爆発だったとみなしているようです。しかしながら、日本政府は、1号機爆発を水素爆発と断定していますので、3月12日に1号機は核爆発を起こしてはいません。実際、1号機の建屋爆発を観る限り、あれはまさしく水素爆発でした。爆轟といわれる3号機爆発は小規模の核爆発だった可能性はありますが・・・。



今後、レーガン乗組員の対日訴訟が日本のマスコミで騒がれるようなになると、1号機爆発における日米での認識の食い違いや矛盾が脚光を浴びるはずです。



 ちなみに、本ブログでもレーガン乗組員の被曝訴訟問題をすでに取り上げていますが(注5)、上記報道から見えてきたのは、レーガン乗組員の対日被曝訴訟の進展次第では、1号機水素爆発に関するレーガン乗組員の認識間違いが仇になって、3.11事件の真相の一端がポロっと表面化する可能性があります。いずれにしても、悪事は早くばれて欲しいと願って止みません。



3.米空母レーガンのトモダチ作戦は宮城県の津波被害者の救援活動だったはず



 空母レーガンを含む米海軍艦隊が3.11事件発生後、東日本で救援活動を行ったのは確かですが、筆者の記憶では、宮城県中心に、津波被害者の救援を行っていたと記憶しています(注6)。



 本ブログの見方では、トモダチ作戦に参加した米軍兵士は多少、被曝したかもしれませんが、それは、宮城県民が浴びた放射能レベルです。だから、宮城県での救援活動にて、訴訟起こすほど深刻な、被曝症状がでているとは到底信じられません!



 ちなみに、上記の米マスコミ報道(注1)によれば、3月12日の1号機爆発後、レーガンは事故原発から100マイル(160km)離れたそうです。そして、宮城県でのトモダチ作戦は3月13日から4月4日まで行われたようですが(注6)、3月14日の3号機爆発時には、レーガンは事故現場から100マイル(160km)も離れたところにいたはずですから、被曝乗組員は3号機爆発の放射能を至近距離から浴びてはいません。しかも、彼らはトモダチ作戦展開期間に東電福島事故原発の現場に立ち入ってはいません。



4.米空母レーガン乗組員の原爆症の原因は東電福島事故原発1号機の爆発由来ではないのではないか



 上記のような3.11事件前後の米空母レーガンの動きを知ると、2014年4月時点で報道されたレーガン乗組員の原爆症の原因は東電島事故原発1号機の爆発ではないのではないかと疑われます。



 さて、本ブログでは、3.11事件における東北地方太平洋沖地震は人工的なトリガーによって誘発された自然地震、もしくは人工地震ではないかと疑っています。



 その根拠は、京大の川辺助教による、3.11大地震メカニズムの解明にあります(注7)。



 3.11地震津波は5回の連続爆発によって誘起されていることがすでに判明しています。



 本ブログの見方、それはズバリ、この5回の連続爆発は海底核爆発だったのではないかと疑われます。



 もしそうなら、米空母レーガン乗組員の原爆症の原因は、この5回連続爆発による核爆発なのではないかと疑われます。3月12日に、東電福島事故原発の近海に現れたレーガンは、3月11日には、5回連続爆発の起きた震源域のどこかにいた可能性が疑われます。それなら、乗組員が原爆症に罹るのはうなずけます。いずれにしても、1号機水素爆発で原爆症に罹るというのはまったく通用しない言いがかりです。



注1:Huffingtonpost“Document Show the Navy Knew Fukushima Dangerously Contaminated the USS Reagan”2014年4月27日

http://www.huffingtonpost.com/harvey-wasserman/documents-show-the-navy-k_b_4859290.html



注2:ハフィントンポスト“トモダチ作戦:米海軍の100名超、健康被害で東電を提訴”2013年4月29日

http://www.huffingtonpost.jp/2013/03/11/story_n_3176752.html



注3:本ブログNo.529『米軍は3.11に事前準備していた?:われら国民は悪役ケヴィン・メア氏(元・米国沖縄総領事)の意味深発言に再度、傾注すべし』2012年2月13日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/28447602.html



注4:本ブログNo.420『日本政府の地震専門家は3.11大地震の真相を知っているのではないか』2011年8月14日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/26040402.html



注5:本ブログNo.700『米空母ロナルド・レーガンの乗員が東電を訴える:3.11事件の闇が照らされるキッカケになるかも』2012年12月29日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31151518.html



注6:トモダチ作戦

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%81%E4%BD%9C%E6%88%A6



注7:本ブログNo.815『東電福島原発を襲った大津波:日本政府は米国のもつ津波兵器技術の秘密を本気で調査すべき』2013年11月7日

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/32851460.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月19日 09:52:04 : F4inqhnp1o
*

事故直後、原発の風下にいて放射性物質を浴びたアメリカ海軍の空母ロナルド・レーガンに乗船していた水兵たちが東京電力を相手に集団訴訟http://www.huffingtonpost.com/harvey-wasserman/us-sailors-sick-from-fuku_b_4759831.htmlを起こしている。東電は事故で破壊された原子炉から放出された放射性物質に関する正しい情報をアメリカ政府に提供せず、結果として乗組員が深刻な被曝を強いられたとしている。元乗組員によると、被曝後に甲状腺癌、睾丸癌、白血病、脳腫瘍といった症状が出ている。

 訴訟を担当しているポール・ガーナー弁護士http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424127887323284004578249023802135586が昨年1月、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に語ったところによると、原告のひとりになっている女性乗組員の父親が娘の体調が悪いと言って訪ねてきたのが始まりだという。

 調査していくと、ほかの乗組員の中にも具合の悪い人がいることが分かり、腸からの出血や鼻血、甲状腺に問題が生じた人も複数いて、中には胆嚢の摘出手術をした女性もいたという。その全員が20代の若者で、いずれも以前は健康だった。

*
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201405180001/
「原発事故と鼻血の関係に触れたとして漫画「美味しんぼ」が抗議されたが、国外では死者が問題に 」


02. 2014年5月19日 13:45:41 : QvKz9NXHwc
なぜ作戦命令を下したアメリカ政府と軍部を訴えないで日本の電力会社を訴えるのか?
社会地位の弱い所からむしり取ってやろうという盗賊根性にしか見えないのだがw

03. 2014年5月19日 20:06:28 : mHYsPWu4p6
原子力空母に乗りながら、被爆したのが別箇所での放射能放出だとか

どうやって立証するんだろ?


04. 2014年5月19日 20:23:23 : mHYsPWu4p6
ちなみに、原子力空母・原子力潜水艦の搭載原発は、ほとんど重水炉で、発電電磁波の身体破損は避けられないけど、放射能放出の可能性は、原発搭載艦の乗務員が、上記のように裁判できるほど少ないことがわかる

原潜は1回の燃料交換で、1年以上の軍事行動にかかる、東京ドームの1000倍にも及ぶと言われる原潜稼働電力をわずか10平米の燃料保存庫で賄っている

日本の原発が、仮に全て重水炉原発であったなら、日本の発電量は現在の倍以上で、放射能放出コストは、隣で生活している乗組員が、何十キロか先の事故に傷害請求できるレベルの低危険率だということになる

軽水炉を重水炉に変更するだけで、日本の電力国民負担学は1/4程度まで減額できるはずで、ただそれだけで、日本の製造業の製造原価・食料品の調達原価は30%以上の抑制が可能であり、日本製品は国際競争力を得られる

では、何故、日本の原発は重水炉で発電しないのか?

それは・・・重水炉では生成できないが軽水炉なら生成できるものがあるからだ

その「もの」の名は・・・核弾頭


05. 2014年5月19日 20:30:33 : mHYsPWu4p6
日本企業は、日本官僚さえいなければ・・・いや、日本に行政府さえ無ければ、世界で負けることはないのだ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧