★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 466.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中共にはC-400を 越南にはCy-34を
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/466.html
投稿者 不動明 日時 2014 年 7 月 12 日 04:24:46: yX4.ILg8Nhnko
 

(回答先: 越南にはキロ級濳水艦、中共にはCy-35。 投稿者 不動明 日時 2014 年 7 月 03 日 02:41:06)



プーチン大統領、中国への最新鋭対空ミサイル輸出を認可=尖閣防衛にも有効―ロシア紙:レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=85738&type=0
プーチン大統領、中国への最新鋭対空ミサイル輸出を認可=尖閣防衛にも有効―ロシア紙
配信日時:2014年3月29日 19時6分



28日、ロシアのプーチン大統領は対空ミサイルS−400の対中輸出を承認した。
射程は400キロ。台湾や尖閣諸島上空も有効範囲に含まれる。写真はS−400。


 2014年3月28日、ロシアメディアによると、プーチン大統領は対空ミサイルS−400の対中輸出を承認した。尖閣防衛にも有効と指摘されている。環球時報が伝えた。
 28日付ロシア紙コメルサントは、最新型対空ミサイルのS−400トリウームフの対中国輸出をロシア政府が認可したと報じた。プーチン大統領自らがゴーサインを出したという。外国への輸出は中国が初となる。今後、数量や価格についての交渉が行われるが、引き渡しは早くとも2016年になるという。
 消息筋によると、S−400輸出は今年初頭の段階で決定済み。クリミア危機が判断に影響したわけではないという。S−400の射程は400キロ。台湾や尖閣諸島上空も有効範囲に含まれる。(翻訳・編集/KT)


ロシア、中国に超長距離対空ミサイルS-400輸出認可 : ZAPZAP!
S-400 (ミサイル) - Wikipedia





サーチナ | ベトナムにロシア製の戦闘爆撃機「Su−34」納入か・・・中国メディア注目
http://news.searchina.net/id/1532411
ベトナムにロシア製の戦闘爆撃機「Su−34」納入か・・・中国メディア注目
2014-05-15 13:25
環球網など中国メディアは14日、ベトナムにロシア製の戦闘爆撃機、Su−34(スホーイ34)が納入された可能性があると報じた。世界的なSNSであるフェースブックに写真が掲載されたという。同記事は新華社、中国新聞社など、中国の主要メディアの多くが転載した。
 ロシアのものと見られる大型輸送機から、別の機体がおろされる様子を撮影した写真が掲載された。機体尾部の特徴から、Su−34とみられるという。軍服を着て見守る人々は、アジア人と思われる。投稿者はベトナム人で、2月の撮影とされる。
  ベトナム空軍は、主にロシアから機材を購入している。すでにSu−27、Su−30などの戦闘機を保有していることが知られていた。
 Su−34の量産初号機は2006年10月に初飛行。ロシア空軍が運用を開始したのは2007年1月。空対空ミサイル(R−27系列、R−73系列など)、空対地ミサイル(Kh−59系列など)、空対艦ミサイル(Kh−35など)、誘導爆弾などの搭載が可能とされる。
 フェースブックに掲載された写真は、軍事施設内で撮影されたと考えられる。ベトナム当局があえて、世に出回らせた可能性もある。
**********
◆解説◆
 ベトナムは1945年のベトナム民主共和国(北ベトナム)成立以来、ソ連・ロシアと良好な関係を維持した。1975年に南ベトナムに勝利して国土を統一した後、中国との関係が悪化したこともあり、ベトナムはなおさらソ連に接近することになった。
 ベトナムは1979年から2002年まで、南シナ海に面した良港であるカムラン湾をソ連海軍(1991年からはロシア海軍)に提供した。中ソは1980年なかごろまで厳しく対立しており、中国はソ連の軍事力に南北からはさまれることになった。そのため、広西チワン族自治区や海南島に重要な産業施設を作ることができず、開発が遅れた。
 ソ連やベトナムとの関係が改善し始めたことで、中国は1988年、海南島を広東省から分離して「省」とし、同時に全域を経済特区とした。ベトナムとロシアがかつてのように、“一体化”するような形で中国と軍事的に対抗することはほとんど考えられないが、ベトナムとロシアが接近することは、中国にとって「きわめていやなこと」と言ってよい。
 ベトナムはパラセル諸島(西沙諸島)やスプラトリー諸島(南沙諸島)の領有権をめぐり、中国と対立している。同時に、ドイモイ(刷新)による経済発展を進めている。ベトナムにとって経済発展は支配政党である共産党への支持を強めるためにぜひとも必要であり、そのためには中国との関係を保たねばならない。
 一方で、パラセル諸島近海に存在する石油・天然ガス資源はベトナム政府にとって大きな財源であり、中国によるパラセル諸島周囲での一方的な資源開発は、ベトナム政府にとって容認できないという事情もある。(編集担当:如月隼人)


ヴェトナムがロシアからSu-34を入手? - BLOGOS(ブロゴス)
Su-34 (航空機) - Wikipedia
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧