★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 711.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
御釋迦樣が末法の世を説いた經典 『法滅盡經』
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/711.html
投稿者 不動明 日時 2015 年 2 月 08 日 00:35:32: yX4.ILg8Nhnko
 

 
 
法滅尽経の話
http://www.daianzi.com/howa/howa0009.htm
 
法滅尽経
 私は、このように聞きました。
 ある時、世尊はクシナガラという所におられ、ちょうどお亡くなりになる前でありました。
 たくさんの修行僧たちと書き尽くせないほどの大衆が、世尊のもとにお集まりしていました。
 世尊は静かにしておられ、教えを説こうともせられず威光も現われず、ただ黙っておられました。
 
 賢者の阿難は、世尊に礼拝してお尋ねになりました。
 「世尊は、いつでも説法をお聞かせ下さり、いつもは威光が現われていらっしゃいます。
 こうして、大衆が集まりましたのに、今は光明も現われません。
 これには何か深い理由があると存じますが、どうぞ、その心をお聞かせ下さい」
 このように申し上げました。
 
 世尊は、阿難に次のようにおっしゃいました。
 「私が亡くなった後の事であるが、仏法が滅しようとする時、重罪を犯す者が多くなり、魔道が盛んになるであろう。
 魔類が僧侶の格好をして教団や仏教徒の中に入り込み、仏法を内から乱し破壊していくだろう。
 魔僧は、俗人の衣服を着て、袈裟も定められた以外の服を喜んで着るようになる。
 魔僧は酒を飲み、肉をむさぼり食らい、生き物を殺して美食を追求する。
 およそ慈悲心など全くなく、仏の弟子たる僧たち同士、お互いに憎んだり妬んだりする。
 そんな末法の世の中でも、まともな菩薩・聖者と呼ばれる人たち・尊敬に値する人たちが出現し、精進修行して徳を修めるであろう。
 世の中の人々は、皆、彼らを敬いあがめたてる。
 すべての人々を平等に教化し、貧しい人を哀れみ、老人を労い、頼るべき人がない者を救済し、災難に会った人を養うであろう。
 まともな菩薩らは、常に経・仏像をもって、人々に奉仕することの大切さを教え、仏さまを礼拝することを教える。
 菩薩は、多くの功徳を行い、その志と性質は仏法にかなっており、人に危害を加えない。
 自分の身を犠牲にしても人を救おうとし、忍耐強くて人にやさしい。
 
 もし、まじめに仏の教えを実践している人がいるとすれば、魔物の身代わりの僧たちが、皆、これを妬み、非難し、悪口を言う。
 そして、世間に彼の欠点をほじくり出して吹聴し、お寺から追い出す。
 菩薩の道を実践する僧たちが目の前からいなくなれば、魔の僧たちは寺を荒れ放題にしておくだろう。
 魔僧は、自分の財産や金銭をむさぼり貯える事ばかり努め、福徳など全然行わず、衆生を傷つけ、慈悲心など全くなく道徳などもない。
 彼らは淫乱な事をし、男女の区別なく悪業を働く。
 仏法が衰えていくのは、彼らの仕業である。
 徴兵や税金の取り立てから逃れる為に僧侶となることを求め、修行僧の格好をしていても実は修行なぞしていない。
 お経を習わず、例え読める人がいたとしても字句の意味も分からない。
 よく分かっていないのに有名になりたがり、他人から褒められようとし、智慧や徳もないのに容姿だけは堂々と歩いて見せ、人から供養される事ばかりを望む。
 こういう魔僧は、死後に無間地獄に落ちる。
 
 仏法が滅しようとする時、女人は精進して常に徳を積むが、男子は怠けて信心がない。
 仏法が滅ぶ時、天の神々はみな涙をこぼし、泣き悲しむ。
 作物という作物は実をつけなくなり、疫病が流行し、死んでいく者も多くなって人々は苦しむ。
 税金は重くなって、道理に合わない税のかけ方をする。
 悪人が海の砂の数より多くなり、善人は一人か二人になる。
 世界が最後になる寸前には、日月が短く、人の寿命も段々と短くなって四十歳で白髪になる。
 男子は淫乱にして、精も尽き若死にするようになり、長生きしても六十歳ぐらいであろう。
 女子の寿命は八・九十歳、あるいは百歳となる。
 
 時に、大水がにわかに起こり、富める者も卑しい者も水中に漂い魚の餌食となるであろう。
 菩薩や聖者たちは、魔僧たちに追い立てられ、福徳の地へ行く。
 菩薩や聖者たちは、しっかりと教えを守り、戒めを守り、それを楽しみとする。
 その人たちは寿命が延び、諸天が守って下さる。
 そして、世に月光菩薩が出て五十二年の間、仏法を興す。
 しかし、段々と滅っしていき、その文字を見ることも出来ないのだ。
 修行僧の袈裟の色も白に変じる。
 仏法が滅する時は、例えば油燈の灯が油のなくなる寸前、光が盛んになるのと同様である。
 これ以上は、説いて聞かせることが出来ない。
 その後、数千万年たってから、弥勒菩薩が下ってきて仏となる筈である」
 
 賢者阿難は、世尊に礼拝して、
 「このお経は何と名付けられますか」とお尋ねいたしました。
 世尊は、「阿難よ。この経の名は法滅尽経となす。誰にでも説いてよろしい。そうすれば、功徳は計り知れない」
とおっしゃいました。
 世尊の説法を聞いた人たちは、皆、悲しみ沈みました。
 だからこそ、今のうちに無上の道を修めようと発心した。
 そして、皆、世尊を礼拝して退座していった。
 
 
 
 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年2月08日 20:05:25 : JohUb3Zw9I
 核爆弾落ちるような世界大戦争については、書かれてないのですね。

 お釈迦さまがなくなられたのは、いまから約2600年前で

 そこまでは見通せなかったのでしょうか。

 弥勒菩薩、とか月光菩薩とか、大乗経典にでてくる菩薩ですよね。

 お釈迦様が亡くなられたあと数百年たって作られたお経じゃないんですか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ