★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 809.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
美しき緑の星(世の中の仕組みを根底から問い直すクレイジーなフランス映画)ネットですぐに視聴可
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/809.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2015 年 11 月 19 日 09:11:07: KqrEdYmDwf7cM
 

(回答先: ツァイトガイスト Zeitgeist 1,2,3 日本語字幕わかりやすい版 世界金融システム→不平等→テロリスト 投稿者 てんさい(い) 日時 2015 年 11 月 14 日 19:01:42)

ネットですぐ観られる動画はこちら:美しき緑の星
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%98%9F&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja#q=%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%98%9F&safe=off&hl=ja&tbm=vid
 

『美しき緑の星』(フランス映画)
http://asejitsu.jimdo.com/%E7%89%B9%E9%9B%86/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%98%9F-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%AD%97%E5%B9%95/

☆監督の言葉

世の中の仕組みを根底から問い直すクレイジーな映画を撮ってみたいと思いました。それで長い時間をかけて考証を行ったのです。無駄になったシーンやアイデア を書き留めたノートが何冊にもなりました。次から次へと疑問が生じたのですが、そのすべてに答えが得られたわけではありません。そうして、風にそよぐ木々に見守られながら、台本の執筆に取りかかったのでした。


完成した台本を見た人たちの反応は実にさまざまでした。このプロジェクトの資金援助には乗り気でない人たちが何人もいるとプロデューサーのアラン・サルドが言います。「本当にこの映画を撮るつもりですか?」と彼が言うので、私は熱を込めて「もちろんです」と答えました。


かくして映画は封切られたのですが、完全な失敗でした。誰も興味を示さなかったのです。客が入らず、批評家からは酷評されました。業界にとって、この作品は 理解不能のUFOだったのです。しかし、この映画は死にませんでした。こうした逆風にもかかわらず「美しき緑の星」は生き残り、生き物のように成長し、人 の話題となったのです。


この映画が必要とされているからでした。

この映画が世の中に発するメッセージのためだったのです。

一緒に映画を見て語り合う「美し き緑の星」クラブのサイトが、いくつもインターネットに見られるようになりました。


私は早すぎたのでしょうか? 

いいえ。いま、この映画のように価値観を根底から問い直すことで世の中を変えることが必要な、ぎりぎりの瀬戸際まで私たちは来ているのかもしれません。

☆ツイッターでの、感想やりとりから・・・


bit.ly/WotNukes

このフランス映画で救いが描かれてた場面で、切断された医師の奥さんが 切断されてないのに自ら徐々に眼が醒め、覚醒して、自分で切断する姿‥ 必見ですね。 そこのキャリア組!

ST0NESさん、そうでしたね。奥さんが自分で仮面夫婦であることを告白していきました。そして、真の自己を発見していく様子がみえました。我々の社会的な立場の自己は、みんな立場の演技で、本当の自己を隠蔽してしまっています。政府だけが隠蔽するのではなく、個人各々が・・・。


テレビをすて、食肉を捨て、経済社会に参加しないような「解脱」者がふえますと、体制社会は保持できません。競争しない、マルシェでは「交換」だけが機能しますと、資本は不要。貨幣社会は崩壊します。ここまで、平和裏の次元移行を描いた映画は、不都合なのでしょう。


Yuriko Fujiike flana

はい、その通りだと思います。人類のあるべき姿、そこへの変化まで描いてしまった。この映画を見た人々が、ありありと自分の体験としてビジョン化してしまったら、あっという間に現実になります。非常に強力なツールです。大騒ぎせずにさらりと拡散しましょう。


☆おまけ情報

人類最大の目的は、みずからの意思で自分の自我・自尊心を『切断』して、心を無垢な状態に戻して、元いた高次元領域に還ることです。それは、「ひとはどこから来てどこへ行くのか」という根源的な問いに対する答えでもあります。

この映画は、上位惑星から『なんのために地球に降りるのか?』について、突っ込んだメッセージはあえてカットしてあるようです。単に「祖母が地球人だったから行ってみたい」というノスタルジーでは、粗暴で危険な後進惑星地球には降り立つ必然性がありません。

しかも、終末のシーンで二人の美女を上位惑星に連れて還りますが、なぜこの二人を連れたのかのつっ込みも手薄です。わたしはあえて手薄にしているとみます。

なぜなら、宇宙生命システムの本質を追求すればするほど、俗世間との乖離はひどくなり、みて理解してもらえる可能性も低くなりますので、そこはサラッと物語にしたとみます。

しかし、この映画に感応している、地上に降りた宇宙由来のひとびとの心には、地上降臨・人類の覚醒支援・高次元帰還ということがいかに重要な任務であるか、ということがそこはかとなく理解してもらえるのではないでしょうか。

ある意味で二人の女性は、物語の進行を通して、人間としての優しさを発露し、ほんとうに心を磨いて行ったから、上位惑星への帰還が許されたというふうにも理解できます。

さて、こうした地上降臨のなかで、もっとも危険なワナがあります。それは、わたしたちの心に芽生え、心を占拠している『自我・自尊心』によって、自分自身が欲望で重くなってしまい、高次元帰還が果たせない、というリスクです。

このリスクを直視し、心身ともに身軽になるために、ひふみ神示では『みたまみがき』という自己錬磨を推奨しています。キリストの教えでは、懺悔したり反省したりすることを推奨しています。まるで、それに沿うかのように、この映画では「切断」というアクションがキーワードになっています。

主人公は、地球の悪意ある人々の意識・行為を変えるために、「切断」というアクションをとります。そして、まるで魔法のようにそれがエンターテイメントで演出されています。

しかし、この映画の本質から言えば、この「切断」は、他人に対して振るう剣ではありません。わたしは、地上に降り立っているわれわれ一人一人の思い込みを「切断」しなければならない、と感じました。

人間社会を宇宙の目から見ると異様だろうね。 人間社会に染まりきってると気づかないね。物質資本主義や政府権威主義、優生思想や競争などすべてのマーヤを「切断」させる。この映画は、自分のなかにある洗脳、常識、依存、思い込み、偏見、あらゆる物質文明の垢を「切断」するためにある。

いま、地球次元上昇の機会に、自分から進んで「切断」を志願する。それはホ拡散経済社会に参加しないことを意図することをきっかけにして、いろんな矛盾に開眼し、ひいては「解脱」の入り口に立つひとがふえてきました。ショック療法ですね。

この世のすべてを「切断」する。自分のなかにある洗脳、常識、依存、思い込み、偏見、あらゆる物質文明の垢を「切断」する。 同時に、いのちをいつくしむ。そんなことを宇宙の視点から気づかせてくれる映画。消されに消され続ける、不都合な映画。

「切断」は神がしてくれるのではなく自分の意思なので、「解脱」と同義語だと理解しました。人間がやるには努力が伴い、経済社会的な不利益も甘受しなければなりません。それも含めて、人々に「解脱」されると、体制側には不都合でしょう。

テレビをすて、食肉を捨て、経済社会に参加しないような「解脱」者がふえますと、体制社会は保持できません。競争しない、マルシェでは「交換」だけが機能しますと、資本は不要。貨幣社会は崩壊します。ここまで、平和裏の次元移行を描いた映画。

上位社会(高次元)への移行のためには、貨幣社会は崩壊しなければならない。私有、統治、競争、環境破壊、不調和、工業社会、我々の文明の毒は、上位社会への移行のためには、崩壊しなければならない。

アバターもそうだったが、進化した次元から地球に派遣されている存在もいるんだろう。調和型の文明については、「ミュータント・メッセージ」という小説がすごかった。アボリジニの第六感が文明科学よりはるかに進化していた。この映画でも土着種族が第六感を使って調和的に生きる様子が挿入されている。


キリストもそうですが、上位次元から極悪地球に意思を持って派遣されていますが、それでも真実や愛は弾圧迫害され、解脱する魂が少なく、人類はほとんどのひとが「解脱」領域の星に還ることができないでいました。

宇宙からの目からみれば、人間社会のすべての常識や慣習は意味不明だし、宇宙の理に反してさえいます。しかし、その極悪惑星のなかでも優しい心を持った人間は死後、「解脱」領域の星に還れます(2人の女性と赤ちゃんを帰還させた)。

仮に、混沌の時代をサバイバルして、肉体を保持したまま、次の社会を建設するにあたって、わたしたちは地上の常識や慣習を「切断」していなければなりません。
あるいは、仮に肉体を離脱して、魂の行き着く先を選ぶとき(神々によって決められるとき)も、「切断」していなければなりません。

生きていくにしても、死後世界に行くにしても、「切断」=解脱が欠かせないのです。
解脱・覚醒・みたまみがき、というとピンとこないし、堅苦しいんだけど、この映画のようにエピソードをもって教えてくれると、「切断」=解脱の意味がわかります。

ぜひ、自分に対して「切断」しちゃいましょう。

 
 
 
 
私たちの地球は「混乱の前の復興時代」に突入できるか。それとも、映画『美しき緑の星』は単なる夢物語なのか
http://oka-jp.seesaa.net/article/419011921.html


▲ 映画『美しき緑の星』より。耳に手を当てているのは、通信テクノロジー。およそ時間空間の関係なくコミュニケーションをとることができます。

本来目指すべき社会が描かれているフランス映画

今週末( 5月16日)、ヤスの備忘録のヤスさんとのジョイント講演会があり、その打ち合わせというか、ご挨拶というかで、先日、ヤスさんとお会いしました。

最近、ヤスさんはあまりブログのほうは更新されていないのですが、最近、記事を見させていただいた時に、1996年のフランス映画『美しき緑の星』への動画リンクが貼られていました。

私の知らない映画で、見てみようかと貼られているリンクをクリックしますと、リンク先は Vimeo という動画サイトですが、「ページが見つかりません」というページが表示されました。

つまり、動画は削除されていました。

ヤスさんは、ブログにすぐに別のリンクを貼りましたが、それもまた私が行った時には、すでに削除されていました。

ハリウッド映画とかならまだしも、誰も知らないような 20年ほど前のフランス映画に対しての、この速効削除ぶりは何だか奇妙だなあ、と思い、ちょっと調べてみますと、ここの『美しき緑の星』は下のような映画ということのようです。

現在、この『美しき緑の星』の日本語字幕版がアップされている中のひとつ、ニコニコ動画の説明をお借りします。


美しき緑の星〜人々に大きな目覚めを促すフランス映画〜

誰もが協調のうちに暮らし、みんなが幸福で互いに助け合い、何でも分かち合い、お金の必要がなく、自然と共に暮らす世界があったとしたら……。

「美しき緑の星」は他に類を見ないフランス映画です。メディア経営者らの手によってEU内では事実上の発禁状態にあるのです。

マイナーなチャンネルで深夜に放送されたことが2回ほどあるのを除けば、1996年以来テレビで放映されたことはありません。これは世界中の人々に大きな目覚めを呼び起こす映画です。昔から本当のことを隠しておくのは難しいものですが、ちょうどそんなふうに、みなさんも本当のことを知るに至ったというわけです。

何だか大変なことになっている映画らしいのですが、そうなりますと、やはり見てみたくもなりまして、上のニコニコ動画は、画質が高くないですので、いろいろ探しましたら、

・美しき緑の星【日本語字幕】 - FC2 動画

にありました。

あと、こちらのサイトのページから、ダウンロードできることがわかりました。

それでまあ、見てみたんですけれど、作品として面白いか面白くないかは好みの問題でしょうですけれど、なるほど、私もまた夢想することのある「理想的な社会」が、確かにそこには描かれています。

その星の社会は、

・貨幣はない
・身分制度はない
・日常で行うことは、食事、農作、そして洗濯と運動(運動の比率がとても高い)
・政治は地域全体での合議制。代表者はいない
・食事は、完全な菜食(生で食べる)
・火はあまり使わない
・家電、化学物質、たばこ、酒、医薬品、原子力、自動車などはない
・武器はない
・住居や建物はない
・自然に立脚した高度なテクノロジーを持つ
・子どもたちは高度な教育を受けている(建物がないので草原で)
・音楽はない
・みんなが「天か宇宙の声」みたいなのを聴いている

というような社会です。

「住居がない」というのと、「音楽がない」というのは、ひっかかる部分もあるのですが、音楽に関しては、

「音楽は、かつてあったけれど、今はない」

ということで、今のその星の人々は、聞かなくても聞こえる(?)というような体質であるようです。

ちなみに、映画の中では、星の女性が、レコード屋で「バッハ」のポスターを見て、

「これは、私たちの星から地球に来た人だわ」

とか、イエス・キリストが十字架にかけられている像を見て、

「イエスは地球で殺されてしまったの!?」

と言うシーンなどもあり、その星からは、たくさんの人々が地球にやってきていたようです。

ストーリーとしては、上の説明にありますように、

協調のうちに暮らし、互いに助け合い、何でも分かち合い、お金の必要がなく、自然と極端なほどに協調して暮らす社会が成立している惑星


から、地球を訪問した女性たちの、地球での体験と、それに伴う様々な出来事が描かれます。

地球の環境や食品の汚染のすさまじさや、貨幣制度などに驚きながらも、むしろ楽しい方向で、いろいろな騒動を起こしていきます。

実際、深刻な映画ではなく、コメディというか、ドタバタ・エンターティメント的な要素も強く、純粋な娯楽映画で、モンティ・パイソンが好きな私にはとっつきやすい映画でもありました。

特に、この星の人たちが持つ「切断プログラム」というものは、人をして、瞬時にして「人を愛と科感謝に生きる人に変える力」があり、これを受けた地球人は、

「突如として愛と感謝に目覚めてしまう」

のです。

例えば下の男の人のように。

「切断」されたこの紳士は、口から出る言葉が「メルシー(ありがとう)」と、「パードン(ごめんなさい)」だけになってしまっています。

これが地球に、さまざまな混乱をもたらすのですね。

まあ、いずれにしても、先ほどの説明に書かれているような、

> EU内では事実上の発禁状態にある

というような深刻な作品には思えません。

実際、フランス国内では DVD も発売されているようで、フランス Amazon で販売されていました。

ただ、映画の中に1カ所だけ、「未来の地球」に関してについての話をする中で、つまり、これからの地球が「どのような過程を経て未来に向かうか」を話すシーンがあり、その部分に、「嫌悪感を抱くエリートの人たちがいるかもしれない」とは思いました。


地球復興前の混乱期

星の人たちは、パラレル・ユニヴァースとおぼしき宇宙から来ているようで、地球から見れば「未来」から来ているために、その星で考古学を学んでいる若者は、地球の歴史を知っているのです。

地球の人に、星の若者たちは、以下のような話をします。


映画『美しき緑の星』より

星の人1「工業時代の後は、大裁判になる」
地球の人「大裁判?」
星の人1「有害物を製造した人たち全員に有罪の判決が下されるんだ」
地球の人「誰に下される?」
星の人1「食品、化学物質、武器、たばこ、酒、医薬品、原子力、自動車、建築などの業者と、それで蓄財した政治家たち」
地球の人「まさか」
星の人1「不買運動が始まった」
地球の人「不買?」
星の人1「有害物を買わないようにしたんだ。軍隊も警察も手が出せなかった」
星の人2「時代の名前は?」
星の人1「ええと・・・復興前の混乱期」
地球の人「復興するんだ」
星の人1「もちろん」


この内容なんですけど・・・ニュアンスとして、かなり近いことが、7年前のウェブボットに書かれていたのを思い出します。

ウェブボットでは、2008年のレポートで「アメリカ第2革命」が起きるとして、次のように記されています。


ウェブボット 2008年10月4日の ALTA レポートより

・ 影の支配勢力の秘密の暴露は、彼らや影の政府の何世代にもわたる秘密の暴露に道を開く。アメリカ第2革命が進むにつれ、過去の革命にはつきものの「再教育施設」のような施設がアメリカ国内に多数作られる。

・ だがこうした施設は拷問が行われる収容所のような施設ではない。そこではかつての支配エリートのショーとしての裁判が行われ、彼らの行ってきた犯罪が白日の下にさらけ出されるが、拷問が行われるわけではない。また、こうした施設には彼らの犯罪を記録したビデオを撮るための施設が隣接することが多い。市民がそうした施設に行くと見ることができるように、彼らの犯罪は展示される。

・ 再教育施設での再教育が不可能と判断されたり、また犯罪の内容があまりに残虐な支配エリートは処刑される。処刑は相次ぐがその数は思ったほどではないはずだ。むしろ行方不明になる支配エリートの数の方が圧倒的に多い。いずれにせよアメリカ第2革命の波は 2009 年の年末から 2010 年にかけて発生する。


まあ、もちろん、2009年にも 2010年にも、アメリカ第2革命というようなものは起きなかったわけですが、

> かつての支配エリートのショーとしての裁判が行われ、彼らの行ってきた犯罪が白日の下にさらけ出される

というのは、映画『美しき緑の星』の中の、

「有害物を製造した人たち全員に有罪の判決が下されるんだ」

という下りを思い出させるものです。


私たちが理想的な社会を体験することはできる?

そもそも、このウェブボットの「理想郷」としているのは、この映画に出て来る星の社会のようなものであるともといえて、たとえば、ウェブボットでは、上のような「革命」を経た後、どのような社会になっていくかというと、

・自給自足共同体
・女性が中心となる社会
・既存の社会にはない新しいエネルギーとテクノロジーを使う社会

だとしていました。


ウェブボット 2009年9月15日の ALTA レポートより

・ 2010年の半ばからは「飛び地の文明」の名で呼ばれる新しい領域が急速に拡大する。これはわれわれが SOC と呼ぶ自給自足共同体が複数集合したものである。これは、経済的な困難が加速し、困窮した人々が既存の社会システムを見限って形成した新しい社会領域である。

・ この「飛び地の文明」にも女性を中心とした共同体が多数出現する。

・ また「飛び地の文明」はヒッピー2.0と呼ばれることもあるが、内実はあまりヒッピーとは似ていない。「飛び地の文明」は、自主的に開発した新技術や禁止された科学に基づいたテクノロジーなどを駆使する高度なテクノロジー集団の集合体なのである。


これに関しても、どれもこれもその年には起きていないですので、未来予測としては「完全なハズレ」なんですが、「理想の方向」として、映画『美しき緑の星』の星の社会と通じるものがあります。

まあ、私なども 2009年頃は、まだ「未来の希望」の方が強かったんですけどね。

なんだかんだと、「そんなことはひとつも起きなかった」と。


しかし、最近は思うんですよ。


このように、何も「起きなかった」というような他力本願的な考え方では、いつまでも「何も起きない」とも思います。

やっぱり、自分自身のためだけにでもいいので、「自分で何かしてみる」ということが大切だという気が最近はします・・・けれど、具体的にはどうしていいのかよくわからない・・・というような。

それにしても、さきほど無意識に「他力本願」と、悪い意味で使いましたけれど、その意味でいいのかな、と、ふと思い、調べて見ると、「他力本願」の本当の意味は、1から分かる親鸞聖人というサイトによれば、このようなものでした。

仏教で他力とはどんな意味なのか。親鸞聖人は、「『他力』と言うは如来の本願力なり」(教行信証)と明示されています。如来とは、阿弥陀如来のことですから、阿弥陀如来の本願力のみを他力というのです。


つまり、「他力本願」というのは、「神/宇宙/自然の法則」に従うという意味なんですかねえ。

いずれにしても、私は、この映画を見て、

「やっぱり、自分も何か未来に対してしないとなあ」

と、再び思えたという部分もありまして、こういうのもひとつの「自然の流れ」だとすれば、私はそれに従えばいいのかなとも思います。

何だか、映画『美しき緑の星』の話だけで終わってしまいましたが、「ここまでの歴史では、地球はあまり良くない方向に進んできて、さらに良くない方向に進んでいるのかもしれない」ことも、また気づかせてくれる映画です。そして、もしかしたら、私たちが良い方向に行けることができる可能性もないわけではないかもしれないことも教えてくれたような気がします。

なぜなら、この映画を見て「感動した」のなら、見た人の心の中の理想と、この映画の理想が共鳴したわけですから、私たちの中にある「理想に近づきたい」という意志が表面に出てきたかもしれないと思うからです。

 
 
 
公衆トイレの神様 ……私の「切断」体験。
アサで「切断」して、「美しき緑のアサの星」地球を創ろう!
http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150517-1

コリーヌ・セロー作「美しき緑の星」の中に、日本語訳で「切断」という言葉が出てきます。

緑と水がきれいな星から白い球体のUFOに乗って飛び立った宇宙人の女性"ミラ"が、パリの雑踏の中に降り立ちます。彼女が地球人に対して切断のプログラムを実施すると、その相手は瞬間的に強い衝撃を感じて体が後ろに反り返ります。
するとたちまち人生観が変わり、ある人はそばにある木を抱きしめ、またある人は靴を脱いで裸足になります。とても頑固だったエリート医師は、生命の誕生という根源的な事に興味を持つようになり、さらに、つまらないことで腹を立てている人を見て「この地上では5人に4人が餓死しているんだ。空爆のために地下室で暮らす人たちも。だのにあんたは…木の葉を見上げたことがあるか?」と諭します。

切断とは、心の断捨離のこと。
すなわち、執着や思い込み、物質的な欲望といった心のゴミ屋敷から解放されると、人は命の創造とそれを育むことの素晴らしさに気づくのです。


今日は、切断現象は実際に起こることなのだという話です。
私はこの映画を観て、自分にこの映画と同じことが起きたことを思い出しました。30代前半だったあの日、自分が切断されたことを理解したのです。

私は切断体験の後、意識的なハイテンション状態が約2年間続きました。その期間は、自己のハートのチャクラに宇宙からビーム光線が送られてきて、昼間でも就寝中でも四六時中照射され続けているような感覚がありました。さらに、透視能力の発動がありました。目隠しをして、5色のビー玉を色分けすることが出来たのです。

ところが、その後に私の生活環境が一変した時から状況が変わりました。
情緒不安定な妻と結婚をしたことで、強制的に自分の意識が現実に戻されたことが原因で、再び「接続」が始まったような状態になってしまいました。それまで続いていたハイな意識も、ビーム光線も、透視能力も徐々に失われていきました。
しかし、最近、その生活環境から再び解放されました。これから元の感覚が戻ってくるのかどうかに注視しています。

以下は、私が切断を体験した日に起きたことです。


池袋

1994年1月12日、冬の夜のことでした。
そこは神社でもなければ、水や空気のきれいな森でもありません。いわゆるパワースポットなどと呼ぶには程遠い、奇跡など起こるはずもない無機質で雑然とした場所です。
東京・池袋の繁華街でした。私はネオンに照らされながら、意気消沈してそこを歩いていたのでした。
そして歩き疲れた私は、一人で引きこもろうと思い、駅北口の線路沿いにあった公衆便所に入ったのです。時間がかなり遅くなっていたので、中には誰も居ませんでした。

そこに入った時、私の脳裏に「この人生を諦めよう」という気持ちがふと横切りました。
……その瞬間でした。
太くて、暖かくて、柔らかくて、しかし強烈な、電気のようなものが私の後頭部のあたりから背骨を通り腰の方へ向かって“ズドン”と勢いよく入ってきて地面に抜けていったのです。
私は、その衝撃で一瞬体が傾き、倒れそうになりました。

それと同時に、自分の意識の中に何とも言えない歓喜の感情がこみ上げてきました。さらに、自分の体が今にも宙に浮くのではないかと思うほどに軽く感じました。
私は嘆きの涙を流すためにここに入ったはずなのに、それが反転して理由もない感動で涙が止まらなくなってしまったのです。

その涙も枯れないうちに、汚物で酷く汚れているひとつの便器が目に留まりました。
それを見た時、「これは自分だ!」と思い、また歓喜したのです。
「この便器は、不必要なものを流しもせずに大事にたくさん抱え込んで、こんなに汚れて醜くくなっている。これは今までの幼なかった自分だ!なんて可愛いんだろう!」
私は、汚物まみれの便器が自分自身であり、また幼子の我が子でもあるかのように愛おしく感じられ、しばらく釘付けになってそれをじっと見つめていたのでした。
次に、その便器を素手できれいに掃除してあげたいという願望がよぎりました。しかし、私にはまだ少しだけ冷静に考える思考が残っていて、それはやめることにしました。
チラシ

その代わり、この便所の壁をきれいにしようと思ったのです。壁一面には、ピンクチラシが隙間なくぎっしりと貼られていたのです。私はそれらを一枚、一枚、ゆっくりと剥がしはじめたのでした。
壁が少しずつきれいになっていくプロセスに感動しながら、私は黙々と続けました。全部で200枚ぐらいはあったでしょう。ついに壁のチラシがすっかり無くなったので、私はその場を出ることにしました。


再び深夜の寒い街の中へ出ましたが、私は歓喜が収まらずハイな状態。体の無重力感がまだ続いていたので、無性にスキップがしたくなりました。
そして、私はスキップをしながら街を駆け出しました。宇宙飛行士が月面でフワフワと歩いているような感覚でした。
スキップ

後ろから数人の笑い声が聞こえてきました。私の格好を見て可笑しくて笑ったのでしょう。そうしたら、その人たちが自分の後を付いて来るのを感じました。彼らはしばらく私と一緒に行進をしていたのです。
途中で、彼らが私のことを面白いと言っている会話が聞こえてきました。私は一度も後ろを振り返らなかったのですが、その会話が聞こえた時に彼らがゲイであることに気づきました。
ここは池袋のロマンス通りや風俗街が近くにある場所。ゲイバーもあるでしょう。

気がついたら、いつの間にか夜が明けていました。空は明るくなり、街は徐々に人通りも増えてきました。
その時、街角に座り込んで悲しそうに塞ぎ込んでいる、歳は30代ぐらいの一人の女性がいました。私は無意識にその女性に声を掛けていたのです。
「こんなに朝日がきれいなのに、どうしてそんな顔をしているんですか?」
ちょっとお説教口調になっていたと思います。そうしたら、彼女が黙って私のほうを向いて、涙を一粒流したのを覚えています。

パリ

その日から、長い間抱えていた私の持病は治っていました。
きっとあの時、私は、パリではなく東京の雑踏の中に降りた美しき緑の星の住人とすれ違い、切断のプログラムを施されたのだと思います。

この体験の後、冬の枯れ木、雪道、そして冷たい風など、私は何に対しても美しいと感じるようになりました。
また、金子みすゞの詩集を読んで感動しました。特に「はちと神さま」という詩には、歓喜しました。

これが、8年程前から私のプロフィールページの中で公表していた「自己の身体的な問題が一気に解決してしまう体験」の詳細です。


私には昔、童話を書く趣味がありました。しかし、この体験をしてから書けなくなったのです。それは、フィクションよりも実話のほうがずっと面白いと自分が感じるようになったからだと思います。
この体験がきっかけとなって、私の人生観は大きく変わりました。しかし、それが自己の人生哲学としてうまく整理されるまでには歳月を費やしました。
生活環境の変化の問題もありましたが、新しく入ってきた観念がそれまでの自分の生き方とはあまりにも違うものだったために、消化するのに時間を必要としたのだと思います。中山康直さんとの出会いがその整理に役立ちました。
時間を掛けてようやく私の中でまとまった人生観は、「人間は命を輝かせるために生きているのだ」という実にシンプルなものでした。それ以外の価値観は、すべて断捨離の対象にしてよいものだと考えています。

(やしろたかひろ)

 
 
 
 
http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/ed3f836afeddaacc053d8879723b384c
せっかくなので、禁断の?「切断!映画」観てみましたが…、一言でいえば“スピ系サヨクなプロパガンダ映画”?と云いたくなるくらい、現代文明を否定し、原発や電子機器やお金のいらない社会こそが、進化した理想社会と謳いあげた映画でした。(「自然に還れ」のルソーが現代に蘇って映画を作れば、多分こうなる」と思いました)

「原発」反対だった若かりし頃の自分なら、大いに共感しただろうと思いましたが、今は「フランス人が作った“小うるさい”映画としか思えませんでした。(やすひろさんの身に起こった「切断」体験の方がよっぽど感動的で、映画化すれば、この映画より、よっぽど美しく感動的な映画になると確信します。歓楽街を軽やかにスキップする男の後ろを、ゲイの男たちが楽しそうについていくシーンなど、美しい絵として目に浮かびます。)

我ながら、変われば変わったもんです。

人は変わるのです。いずれどこかで“前後裁断”して世界の素晴らしさに目覚める日がきたとしても、世界の見え方が変わるだけで、世界が突然変わるわけではないのです。世界は少しづづしか、変わりませんが、すべての人が変われば、世界は完全に変わります。

人も人類も、いつまで経っても“進化の途上”にいるのでしょう。

今、目の前にある困難は乗り越える為にあって、否定して昔に逆戻りする道は用意されていないと思った方が建設的な気がします。

勝手に「フランス人の感性より、日本人の感性の方が上だ」等と、ヘンな対抗意識を燃えあがらせて観てしまいました(笑)が、まだ観ていない方は、ぜひ御覧下さい! 

日仏の「切断」物語をとくと見比べて、ご判断頂きたいものです。


ネットですぐ観られる動画はこちら:美しき緑の星
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%98%9F&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja#q=%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%98%9F&safe=off&hl=ja&tbm=vid
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ