★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 891.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ピラミッドの解明(現時点での人類の英知w)
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/891.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2016 年 6 月 25 日 04:10:41: 8EItFG7yGzQIA gruCsYK_guWCwYLGgsKC8YLCgq0
 

ピラミッドとは、現英王室ら欧州王侯貴族たち(ブルーブラッド)の先祖で反乱して地球美女達と性交した地球監視火星基地職員達
=アヌンナキ下層爬虫類系であるイギギたちを統括し、火星やエジプト辺りを拠点にしていたエンキの宇宙基地。
アヌが、いにしえに地球深部に埋め込んだウラン鉱床からの放射で地球上のあらゆる生物の脳内まで監視できる。
だから彼らのシンボルマークがピラミッドに全てを見通す目。
エンキはエンリルと戦う際にさまざまな色の水晶をピラミッド内部に配置しエンリルも手出し出来なかったという。
バミューダ海域で発見されたピラミッド周辺情報からして、恐らく、シリウスアンテナ立方体を組み合わせのような、近付くエンリル軍は異時空に飛ばされ手出し出来なかったのでは。

で、動力は、恐らく土星の輪などに居る葉巻型UFOやガブリエルの聖櫃などに用いられているような天体の運動に関係ある電気エネルギー原理。ダイポールアンテナ的な?そう、そういうのです。
何故エイリアン達の天文学的スケールが正確なのか、
おそらくはその、点と線の端には、水晶球(水晶デバイス)が配された筈です。オリオン配置ならオリオンの天体運動エネルギーに、シリウスならシリウスの天体運動エネルギーに合わせた筈です。
その照準先の周波数に合わせるアンテナだとか周波数は、意外にフリーエネルギーやらUFOに関係あるでしょう。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月25日 15:23:49 : N5sEgV5Lys : gJDc90AKsFQ[86]
『人間の代わりに神々が
労働をし、重荷を背負った時、
神々の重荷は大き過ぎて、
その労働は過酷過ぎて、問題は多過ぎました。

『その大いなるアヌンナキはイギギに
「七倍」の労働量を運ばせました。

『彼等の父アヌは王で、
彼等の顧問は戦士エンリルで、
彼等の執事はニヌルタで、
彼等の運河管理人はエンヌギで、
彼等は[くじ引き]の箱を・・・、
くじを引きで;神々は分担を決めました。

『アヌは空へと昇り、
[そしてエンリル(?)]は彼の人々(?)のために地上を統治しました。

『彼等は重荷の年月を数えていました。

『3,600年間彼等は超過を保ち、
昼も夜も重労働でした。

『彼等は唸りお互いを責め合い、
掘り出された(採掘された)大量の土の上で不平を言いました;

『「私達は私達の執事に立ち向かおう、
そして彼に私達を私達の重労働から解放させよう!

『さあ、私達は[その主人を(?)]
その神々の顧問を、その戦士を彼の住処から運び・・・」』

これらの数行が鮮明にする様に、「神々(イギギ)」は彼等に与えられた途方もない重労働のために、反乱開始の寸前で、そして彼等は、その「顧問(chamberlain/エンリル)」に合う事を要求しました。

その文献の少々後に、その反乱、またはストライキは開戦に成る事を脅かしました:

『私達神々の一人一人が全員戦争を宣言します!

『私達は穴掘りを[停止]させました。

『その重荷は多大で、それは私達を殺しています!

『私達の労働は過酷過ぎて、問題は多過ぎます!

『ですから私達神々の一人一人全員は
エンリルに文句を言う事に同意しました。』

ザッカライア・シッチンが頻繁に指摘した様に、この状況に面して神々は、知性的な「労働者」である人類を創造する事によって、彼等の労働の重荷を軽減する事を決定しました:

『エア(エンキ)は彼の声を聞かせ
そして彼の兄弟達である神々に語りました・・・

『「子宮の女神であるベレット・イリがいます-

『彼女に創始的な人間を創造させましょう

『彼(人間)が首かせを着ける様に

『彼が[エンリルの労働である]、首かせを着ける様に、

『人間に神々の重荷を背負わせましょう!」』

人類の「生命における目的は、重労働から神々を解放する事で」、人は、端的に、奴隷に成るために創造されました。

少々後に、人類創造の正確で残酷な方法は詳細に描写されます:

『エンキは彼の声を聞かせ、
そして大いなる神々に語り、
「その月の1日目、7日目、そして15日目に
私は洗う事によって清めを行いましょう。

『「それから一人の神が殺されなければなりません。

『「そして神々は「浸す事」によって清められる事が出来るでしょう。

『「彼の肉と彼の血で
ニントゥは粘土を混ぜるでしょう。

『「そうすれば一人の神と一人の人間が
粘土において一緒に混ぜ合わされるでしょう。

『「私達はその後永遠に太鼓の音(パルス?鼓動?)を聞き、
その神の肉体から存在へとスピリット(霊)を降りさせ、
彼女にそれが彼の生きる証と宣言させ、
そして(殺された神を)忘れないためにスピリットを存在させましょう。」

『彼等はその集会において「そうだ!」と叫びました。

『大いなるアヌンナキは運命を決定しました。』

その決定が決まると、その「神々」は、彼等自身の一人を殺し、そして「創始的な人間」を創造する仕事に取り掛かりました。

『その月の1日目、7日目、そして15日目に
彼は洗う事によって清めをしました。

『知性を有していたイラウェラを
彼等は彼等の集会において殺しました。

『彼の肉と血で
ニントゥは粘土を混ぜました。

『彼等はその後永遠に太鼓の音を聞きました。』

これはアヌンナキの「道徳」への重要な洞察を与え、彼等は明らかに、全体の労働量を軽くするためなら、彼等自身の内の一人を殺す事もいとわないと言う事です。

ですがその行は更にもっと重要な事を明らかにはらんでいます。アッシリア学者のステファニー・デイリーが観測する様に:

「この人間の創造の説明は、創造のエピックの中のものと比較する事が可能で、その中においてマルドュックは、彼が殺した、敵の神々の邪悪な指導者、キングゥの血を使い、エア(エンキ)の助けと共に人類を創造しますが;粘土については記述されておらず、そして誕生の女神も登場しませんが、人間の創造の目的は再び、神々のために働く事です。

・・・

「(旧約聖書の)創世記の説明には、神が土(アダマ)を使い最初の人間(アダム)を創造し、生命の息吹(スピリット)と共に彼に命を与えた事が描写されます。」

(少々の加えられた修正と共に、)
- 宇宙戦争:第七章より

Songcatcher


2. 2016年6月25日 21:16:27 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[87]
あっ、そう言えば土星の輪って作られてるんだよね、宇宙船が何か撒いて。

マジで??【巨大UFO『EMV』】地球の3倍の大きさの巨大宇宙船が土星の輪の中にあるぞwwww

http://matome.naver.jp/odai/2144072430304969901

適当に引っ張って来たけどその他色々上がってるね。

ちゃかしで無くマジなお話。


3. 2016年6月27日 09:23:16 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[89]
簡単に要約すると

何かの物質(多分金でしょう)が必要な為有る星から地球に派遣された
者達(下層労働者=イギギ)あまりにも労働がきついので反乱寸前
地球穴掘り労働者達はボス(作業責任者=エンリル)

これらの文章のわかりづらいのは固有名称が頻繁に使われて聞き慣れない
名前なので理解しにくいがそれを整理するとなんて事はなく、又起こった
事象もありふれた重労働反乱に代替労働人(地球人類)の作成なだけで、
その作られた地球労働者達に対して派遣された者達が神となって独立しようと
したって、何かイギリスから重税嫌って起こしたアメリカ独立戦争を彷彿させる話でいいのかな?

時間無いので又後で    テラ面白しろいっす。


4. 2016年6月29日 21:39:09 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[91]
二ビルかな?その星は、そして今地球に接近しようとして
いるんだよね。
古代の核戦争は多分地球に派遣された重労働作業者、
それなりの機械を使って掘削って言うか金の採取していたんだろうね、
作業が余りにもきつく長いので反乱寸前、そこで本国からの技術移転
なんだろうけど人間を作ってその労働を代替させたんだよね。
そこでの人とイギギ達の関係は人に対して王又は神だったんだよ、
インドの神々やギリシャ神話など偏った精神の王や神が多いね。
それらの流れの中でそのイギギ達は人間に対して好き勝手な事をして
楽しんだんだろうね、道徳的にも堕落した都市など遊ぶには良いが
道徳的にはちょっとと言う状態になってたんじゃないのかな、
そしてその神々達は更に都市を広げ勢力を拡大して行った。
ところがである、そんな状況の中で本国と手を切ると言うか自分達で
独立して新しい国?帝国?を作ろうとし始めて本国である二ビル帝国と
もめ始めついには戦争状態に突入したって筋書きなんだが、
これが宇宙戦争。その結果着々と築き始めた都市郡は戦争の為廃墟に
されてしまった、また人類を片付ける為痕跡を消すため本国帝国が
洪水を起こした、勝ったのは本国二ビル星帝国。なんだが洪水を起こして
痕跡消したのは負けたイギギ帝国残党組みか?そこいら辺が判らない。
それが洪水以前の物語でイギギ達がすっげー美人作ってやりまくっていたり
巨人作ったり独立したがったりで本国帝国の王が起こるのも無理は無い。
戦争結果そのイギギ達の文明帝国郡は滅び勢力も数もずっと少数になったが
それらの戦争を地下にもぐって生き延びた者達がいた.
そして人間は生き延びた者達が子孫を増やし今にいたってる、勿論地下に潜った
者達イギギ族も数を増やし科学を持って又自分達と交配した人間を使って
人類を裏で操り今に至ってるが、ちゃんと二ビル帝国は地球を監視してますよ
ってのはどうですか? ちょっと監視その辺は解からんです。


5. 2016年6月30日 07:21:44 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[92]
>人間の創造の目的は再び、神々のために働く事です。

洪水以前の世界の復興(イギギ神)の為の地球一つの帝国を作り上げてってな事でしょうか、その流れがナチスでありアメリカで有り現在の人類の置かれた状況
で有るのかも。でも過去の帝国主義は潰されてるのは何か他の力の考えの違う
者達のブレーキが発動してるのではないでしょうか。
それは洪水以前の世界を潰した者達?イギギの本国?又はまったく違う者達?
又は人類の善意? 面白過ぎますぜ。



6. 2016年7月01日 22:11:04 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[100]
それはニビルかネメシスか・・・「惑星X」と呼ばれ続けた惑星の存在がカリフォルニア工科大学の研究で実在濃厚に

In Deep

http://indeep.jp/planet-x-may-exist-in-solar-system/

太陽系に9番目の惑星か 海王星の外側に

 日本経済新聞 2016/01/21

カリフォルニア工科大のチームは20日、海王星の外側に新たな惑星が存在する可能性があると発表した。実際に観測によって見つかると、太陽系の第9惑星になると期待される。

チームによると、惑星は地球の10倍程度の質量があり、太陽から約45億キロ離れた海王星よりも20倍離れた軌道を回っているとみられる。太陽の周りを1周するのに1万〜2万年かかるという。


7. 2016年7月05日 07:53:12 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[108]
人間が居るとうるさい(うるさい=要求? 又は戦争ばっかり揉め事起こして?
単純に騒音)   それが洪水を起こした理由て

なんのこっちゃ   

一番解明しなくてはいけないのは隠されている洪水以前の世界と人類の立場と行い
神と言われる者達と共にその敵対する者達と戦ったのは人類かそれとも単に人類の反乱か?

この辺面白いっす。 

でも遺跡が殆ど廃墟になって洪水以前の歴史が隠されて
いる所見ると負けたんでしょうね。


8. 2016年7月06日 22:06:11 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[112]
いや〜面白いっす。

シュメールの粘土版を翻訳したゼカリア・シッチン説

何か丸写しになってしまいそうなので興味のある方はこちら読んで下さい。

宇宙人と神々と シュメールとグノーシス

http://japan-spiritual.blogspot.jp/2013/01/blog-post_10.html

キリスト教のグノーシス派ってのは聞いた事有ったが何だっけって位で
良く理解出来たと同時に人類の過去と現在まで続く対立が理解でき得る。

所で見ている人居るのかな?とも思ったりもする。



9. 2016年7月07日 06:15:41 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[113]
>当時の人類はアヌンナキと猿人の交配種であり生殖機能を持たなかったのと、
>女性のアヌンナキが妊娠、出産を行った為、大変リスクが大きかった
>そこでエンキは生殖機能を持った人類を創りだします
>対するエンリルはエンキが勝手に人類に生殖機能を与えたことに怒り、
>エンリルの支配する農園から人類を追放しました

アヌンナキ(空から降りてきた者達=人間から見て神の総称)
アヌンナキのエンキとエンリル エンキは蛇?として表現され
エンリルは牛として表現される?

エンキとエンリルの対立。
人類に対しての接し方の違い、
地球に派遣された二ビル星から来た者達は同一種ではなく異種混成?

この辺り何故インドで牛が神の象徴で牛を食べないかが理解出来そうなのだが
ステーキやハンバーグを食べてる人類はエンキの策略でエンリルの冒涜なのか?
件=クダン(人偏に牛)のお話まで行くと長くなってしまうので。

エンキ      ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%AD


エンリル     ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%AB


10. 2016年7月07日 12:23:33 : N5sEgV5Lys : gJDc90AKsFQ[95]
I am who I am.
旧約聖書の出エジプト記3:14の中で、「神」は「私は私である(わたしは有る)」と言います。https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%87%BA%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E8%A8%98(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#3:14

ですが元々のヘブライ語だと、

אֶֽהְיֶ֖ה אֲשֶׁ֣ר אֶֽהְיֶ֖ה ['eh・yeh; ’ă·šer ’eh・yeh]「エア・アシェ・エア」http://biblehub.com/interlinear/exodus/3-14.htm

で、

「エアはエア」または「私はエアである」という古代の時代において一般的だった言葉遊び、もしくは単なる『翻訳ミス』かも知れず、バビロニアにおけるエアは、シュメールの万神殿における知神、エンキと同じです。

つまり、ユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教と言った、アブラハムに起因する一神教の聖典の登場人物は、エンキとの強い拘わりがあるのかも知れません。


Songcatcher


11. 2016年7月10日 03:06:55 : F4bwys6k4V : 5x0Vbhuak7E[11]
אֶֽהְיֶ֖ה אֲשֶׁ֣ר אֶֽהְיֶ֖ה ['eh・yeh; ’ă·šer ’eh・yeh] の音訳は「エフエ アシェル エフエ」で、自分に対する神自信の呼称としている。

リーサー訳は「わたしは自分がなるものになる」と訳し、ロザハム訳は「わたしは何であれ自分の望むものになる」と訳す。
この節、ギリシャ語では、エゴー エイミ ホ オーンと訳され「わたしは存在者である」、または「わたしは存在している者である」とする。
ラテン語では、エゴ スム クウィー スム、「わたしは自分のあるとおりの者である」。

ヘブライ語”エフエ”は「なる…であることを示す」を意味するする動詞ハーヤーに由来する。ここで、エフエは未完了態一人称単数形で、「わたしはなる」、または、「わたしは…であることを示す」という意味を持っている。これは神の自存に言及しているのではなく、神が他者に対してどのような者なることを意図しているかに言及している。


12. 2016年7月10日 05:55:30 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[117]
アヌンナキの父ヌア アヌは彼らの王 

(この部分の父とはこの事業の総責任者であり立案者の
意味で有るかもしれないとちょと思った)

戦士 エンリル は大法官  
アヌは天に上り その家臣は地に降りた  

彼らは不平を言って陰口を言う、その作業中に不平を言う

”我々の司令官に立ち向かおう、彼が我々から我々の重労働を
取り除いてくれる様に”
神々の王英雄エンリルを彼の住居の中で狼狽させよう。”

この騒乱の首謀者は分からないがエンリルの弟エンキだった可能性が
ある。

”今こそ戦争を宣言しよう、心を合わせ戦おう”

神々は彼の言葉に心をとめた
彼らは英雄エンリルの門に行った


アトラハンス バビロニアの洪水伝説 より


13. 2016年7月11日 09:37:42 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[118]
粘土場に記された当時の人々の思い。
アッシリアで発見された粘土板にも同様な記述。
アトラハンス粘土板。

アヌ(天)、エンリル(風)、エンキ(水)による宇宙の創造(創造神話 )


凄い、阿修羅にあった。


アトラ・ハシス粘土版( I )+余計なうんちく

http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/805.html


驚いたのは現場労働を昔は神自ら行っていたがやはり大変な作業のため
イギギと言う種を作って現場仕事に従事させたとの記載。
またそれらの展開が明確に記載されている事に驚愕してしまった。

一部抜粋 

彼らが立ちあがったのは私に対してか?
私は闘うべきか・・・?
我が目で私は何を見た?
反乱が私の門の周りで起こっている!

アヌは彼の声を聞かせました
そして戦士エンリルに話しました

ヌスクを外へ行かせ
そしてイギギの言い分を聞かせなさい
貴方の門を囲んだ者達の。
命令・・・
〜に・・・

エンリルは彼の声を聞かせました
そして高官ニスクに話しました、

ニスク、門を開き、
武器を取り私の前に立ちなさい!
総ての神々(イギギ)の集会で、
頭を下げ、そして立ち伝えなさい、
”貴方達の父アヌ、
貴方達の参謀、戦士エンリル、
貴方達の蔵人二ヌルタ、
そして貴方達の水路管理エンヌギが
云うために私を送った、
誰が首謀者だ?
誰が戦いの担任だ?
誰が宣戦布告した?
誰がエンリルの門へ走った?”


>上級神の役割分担はくじ引きで決めた  

にやりとしてしまう決め方なんだな。

エンリルは、意地悪い、気まぐれな性格に描かれ、エンキは優しく
助けになる性格と描かれる。


14. 2016年7月11日 12:09:03 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[119]
漠然とした疑問

イギギ達が労働に対して不満を募らせ反乱にまで発展、その代わりに
人を作らせ代わりに働かせた。

元々労働の為に作り出されたイギギ達は人の登場で職を失ったはず、
上級神々の中には入れられなかったのではないかと、
これが現代であれば現場労働者が仕事がきついので争議起こしたら
会社は別な労働者連れてきて今までの労働者は失業となってる筈。

イギギ達は捨てられた、そして空から降りて来た者達は金掘りが必要無くなり
去っていった。

地球に残るイギギ達、このイギギ達がひょっとすると”人が生まれる前から
居た者達で人間を心良く思わない勢力”の意味かもしれないと思ったりもする。
人類に対して善からぬ暗躍しているのはイギギ達かもかも? 

だから過去の痕跡を抹消したがってるのかもとも思う。 さてはて。


15. 2016年7月14日 00:07:28 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[122]
エンリルとエンキ 腹違いの兄弟との事、性格が異なるのはこの為?
しかし決定的な対立、殺しあうことはせず何か一線を守ってる、それは
兄弟と言う絆?
この二人の性格的な対立は実は現代の社会の中で脈々と生きている。

エンリルの性格を表しているのがユダヤのヘロデ大王、その時の人が
イエスキリスト。エンリルとエンキ、ヘロデ・アグリッパ1世とイエスキリスト。

エンリルはエンキを前にして話し始めた。

"わが弟エンキよ、お前との諍いは私の本望ではない、ここでとくと話をしよう、
お前が言う愛とは地球の人間が本当に欲している物なのか決着を
付けようではないか、人間の本心は愛なのか欲なのか、
それを見極めようではないか”

エンキは言った。

”いいでしょう、人間の本心を私も見極めたい”

エンリルは続けた

”人間社会が善に動くか悪に動くかと言う試みだ、地球の中に悪と善を置く
そして人間の社会がどちらに傾くかと言う試みだ”

エンキは言った。

”それでは私は愛を説く人をおきます、貴方は欲望の人を置いて下さい”

そしてそれは実行され2000年の期間が与えられた。


16. 2016年7月27日 05:53:27 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[141]
ロックフェラーのお手紙

国連総会宛
 
 終わりの時が近付いている。いやが応でもそれは私たちすべてが直面せざるを得ない運命なのである。2001年9月11日、世界は終わりの始まりの目撃証人となった。私たちが見そして経験したことは、これから明るみに出て起ころうとする大災害とは比べものにならないであろう。これまでに非常に多くの命が失われてきたにも関わらず、なおいっそう多くの命が今後も奪われることはとても悲しいことである。しかし、この古い事物の体制が崩壊し始めるにつれこれらのことは続いてゆくだろう。今存在している政府もあるいは古代のいかなる政府も完全な支配を維持することはできなかった。全ての政府が失敗し、これからも失敗し続けるであろう。
 
 政府はあなたを保護することはできない。人々が真の意味で自由な場所−隣人が家族のようであり、見知らぬ人が友あるという場所−を与えることはできない。今日のいかなる人間の政府も今後の政府もこれを達成することはできない。それゆえにこのアジェンダが示されたのである。この時は昔からハルマゲドンとして言及されてきた。しかし恐れることはない。これは核兵器によるホロコーストや、天から迷い落ちてきた小惑星によって文明が破壊されることではないだろう。実のところこれは地球そのものが災害によって一掃されるということではない。

 これは仲間の人間に対しての尊敬や優しい思いやりを全く持たない者に及ぶことがらである。次の年にかけて各人は非常に真剣に自身を吟味する必要がある。自分自身にこれらの質問を問いかけるべきだ。:私は仲間に対しての憎しみを乗り越えられるだろうか、もしくは互いの違いをわきに置いて一致して思いやることができるだろうか。彼らに親切に接するだろうか。もしくは引き続き自分に都合のよいように利用するだろうか。私が道端のホームレスに食べ物を差し出し、寝る場所を探す手助けを最後にしたのはいつだろうか。私が最後にショッピングセンターやバスや電車の中で隣に座った人に「こんにちは」とあいさつをしたのはいつだろうか。

 最愛の人を亡くした見知らぬ人に慰めを示したのはいつだったろうか。その人が持っている物や財産のためでなく、ただ単にその人に誠実な関心を抱くゆえに仲良くなったのはいつだったろうか。最後に私が人として真の精神と真心を仲間に示したのはいつだったか。これらの事柄はどれ一つとして容易なことではない。難しいことである。私たちは誰も完全ではない。私たちは誰も良い人生を送ってはいない。中にはある程度苦労して生きてきたゆえに、たとえ誰かを傷つけたとしても得られるものは何でも得る当然の権利があると考える人たちもいる。しかし、そうした否定的な生き方に立ち向かってゆく者達が生き残るのである。そしてそれらの人たちは現段階ではまだ夢に思えるかもしれない地上での命を享受する特権を得るのである。柔和な者のみが地を所有するのである。これは確かである。

 新たな事物の体制が訪れようとしている。ただ、ここで一つの質問が生じる。:あなたはそこにいることを望み選択するだろうか、もしくは自己破壊への道を歩み続けるだろうか。以下のアジェンダは避けられない。そして生き残り新たな事物の体制へとゆくためにはそれを耐え抜かなくてはならない。それゆえよく考えなさい。

それはあなたの未来である。そして皆が良い選択をするように。
 
あなたの兄弟
A・I・ロックフェラーより、


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ