★阿修羅♪ > 中国3 > 103.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ネットに出現した「給料比べ族」月給1万元の上海独身貴族の悲しい実態
http://www.asyura2.com/12/china3/msg/103.html
投稿者 ts 日時 2012 年 1 月 20 日 03:02:38: kUFLMxTYoFY0M
 


http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20120117/226217/?ST=print
アジア・国際>世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」
ネットに出現した「給料比べ族」月給1万元の上海独身貴族の悲しい実態

2012年1月20日 金曜日
北村 豊


 日本語に「暴走族」や「窓際族」、「蛍族」といった語尾に同類の仲間を意味する「族」が付く言葉があるが、中国語にも“飈車族(暴走族)”とか“蟻族”<注1>といった語尾に“族”が付く言葉がある。この中国語の“族”が付く言葉に近年“比薪族”が新たに加わった。中国語で「給料」のことを“薪水”と言うが、“比薪族”とはその“薪水”の比較をする人々を意味する。

<注1>“蟻族”とは「失業あるいは半失業の状態で蟻のように家賃や生活費の安い地域に集中して暮らす大学卒業生集団」を意味する。
給料を晒し、他人と比べる“比薪族”

 中国人には人と知り合いになると、それが初対面であっても「あんたの給料はいくら」とあっけらかんと質問する傾向がある。<注2>外国人である我々はこれにどう答えたらよいのか分からず、どぎまぎして言葉を濁すのが通例だが、中国人同士だと臆面も無く互いの給料を教え合う。従って、これが同じ会社の同僚の間柄だと、当たり前のように給料明細を相互に見せ合うので、支給額が少ない方がその直属上司や人事担当役員にその理由を明確にしろとねじ込んでくることになる。

 “比薪族”とはネットの掲示板に立ち上げられた“比薪(給料比べ)”のスレッドに、匿名で自分の年間の収入状況、即ち基本給、役職手当、各種補助手当、ボーナスなど書き込み、次々と書き込まれる他人の収入と比較する人たちである。「給料」を別の言葉で“工資”とも言うので、自分の給料をネットの掲示板に公表することを“晒工資(給料を晒す)”と言う。要するに、“晒工資”をして他人の給料と比べる人々を“比薪族”と呼ぶのである。

<注2>2007年4月13日付本リポート「中国人は『給与明細』を見せ合うのが好き」参照。

 中国は国土面積が広く、「沿海部、内陸部、辺境地区」あるいは「都市部と農村部」、さらには「大都市と中小都市」といった地域格差が大きいので、給与を比較するといっても、同じ地域に勤める者同志でないと厳密な比較にはならない。それでも給料の多い人は少ない人に対して優越感を持つだろうし、少ない人は多い人の地域への転出を考える参考とすることもあるだろう。また、もっと穿(うが)った見方をすれば、お互いに賃上げ交渉のための情報を交換していることになるのかもしれない。とにかく、給与を相互に公表することで、安月給に対する日頃の不満を解消していると考えれば、それなりに意味があるのかも知れない。

 さてそこで、その“比薪族”の1人の生活実態を見てみよう。これは2011年の年の瀬も押し詰まった12月28日に、上海紙「解放日報」傘下のニュースサイト“解放牛網(jfdaily.com)”が掲載した、「上海で月収1万元の“白領(ホワイトカラー)”の悲惨な生活、ケンタッキーフライドチキン(KFC)すらぜいたく」という記事である。この記事の主人公は遼寧省出身の青年で、上海の外資系企業に勤めていると思われる独身のサラリーマンであり、月収は1万元だという。

 その彼が中国一の繁栄を誇る大都会“上海”での月収1万元の暮らしがいかに惨めなものかを赤裸々に語っている。ちなみに、月収1万元は日本円に換算すると約12万5000円である。2011年3月に発表された上海市における労働者の平均年収は4万6757元で、これを12等分した平均月収は3896元(約4万9000円)であるから、月収1万元は平均水準を遥かに上回る額である。独身貴族と言ってよい身分に思えるのだが、彼は自分の生活の収支状況について次のように分析している。
平均の2倍以上、月収1万元は独身貴族か?

 自分の1万元の月収の収支を計算してみると下記の通りだが、これが上海における月収1万元の独身者の生活の実態である。

【手取り額の計算】

(1)収入(月給の支給額):1万元

(2)社会保険費(養老保険8%、医療保険2%、失業保険1%)の控除額:1086元
最新の2008年平均賃金の3倍に基づいて計算した基本給の上限は9876元なので、これをベースにして11%で控除額を計算
《計算:9876元×11%=1086元》

(3)“住房公積金(住宅積立金)”の控除額:607元
基本給の上限を8671.5元として7%で控除額を計算
《計算:8671.5元×7%=607元》

(4)税引き前収入:8307元
《計算:1万元−1086元−607元=8307元》

(5)個人所得税を控除:886元
上記(4)の金額をベースに基礎控除額を2000元として計算<注3>

<注3>個人所得税の基礎控除額は2011年9月1日から3500元に調整されたが、この記事は調整前の2000元で書かれている。基礎控除額を3500元として計算すると個人所得税は406元となり、今では従来より480元安くなっている。

(6)手取り額:7421元
《計算:8307元−886元=7421元》

【支出額】

(A)住居費:1500元
“一室一庁全配(1DK家具・家電付)”の借家、所在地は上海市の中心部から少し離れた徐匯区漕宝路。会社までの通勤は、地下鉄は不便だし、バスは時間が保障されないので、遠すぎてはだめ。友人との同居は自由がないし、キッチンやトイレを使うのにも気を使うので面倒ということで、今の住宅を選定して1人暮らし。自転車で通勤するので、朝は8時30分に家を出れば問題ない。家賃は最安値の1500元。

(B)水道、電気、ガス、ブロードバンド、ケーブルテレビ、衛生管理費:合計308元

《内訳》

・電気代:100元前後、生活水準を落としたくない。電気は生活上で肝心な部分だからケチらない。(エアコン、冷蔵庫、テレビ、湯沸かし器、洗濯機、電子レンジ、換気扇、コンピューター、カメラ、携帯電話、電気カーペット、飲水器、電気炊飯器などが主たる電気器具)
・水道代:50元、シャワー、洗濯、炊飯が主体。
・ガス代:頻繁に炊事をすれば20元になる。
・ブロードバンド料金:最も安い料金体系で月額120元。
・ケーブルテレビ料金:13元
・衛生管理費:5元

《計算:100元+50元+20元+120元+13元+5元=308元》

(C)交通費:合計210元
大部分は自転車なので、駐輪代が10元必要。ただし、週末や、雨天、あるいは残業で遅くなった時などに地下鉄やバスにも乗るので、1週間に50元必要と考えて1カ月で200元と計算。

(D)飲食費:合計1780元
平日の食事は、1カ月の労働日を22日として、近所の食堂で朝食5元、昼食15元。夕食は自分で作れば15元だが、外食すると20〜30元かかるので、間を取って20元。週末は外食となるが、ピザハットに行けば最低でも60元は必要なのにお腹は一杯にならないし、中華料理は客寄せの料理でさえも50元以上なので最低50元は必要だから、1日100元で計算。2日間は外出しない日があるので、これを除いて6日間で600元。さらに、果物、菓子類を1週間に1回買うとして少なくとも80元、1カ月合計で300元。

《計算:(5元+15元+20元)×22日+600元+300元=1780元》
親への仕送り600元、里帰りに420元

(E)日常品支出:100元
書籍、日用品、洗濯用洗剤、歯ブラシ、練り歯磨き、シャンプー、トイレットペーパー類。

(F)服装・靴:200元
男は身だしなみが大切だから、みっともない格好は恥ずかしいので、最低線として200元。

(G)携帯電話代:100元
最低ラインの費用。

(H)交友費:350元
自分はガールフレンドがいないので、学友や同僚と1カ月に2回ほど遊ぶ。これに少なくとも200元は必要だが、ガールフレンドがいれば最低でも500元は必要だから、中間を取って350元。

(I)交際費:200元
誕生日、バレンタインデー、クリスマス、友人の結婚や子供の出産などの度にプレゼントを準備しなければならない。結婚の場合は、普通の友人でも少なくとも300元、親しい関係や上司ならば少なくとも600元は覚悟しなければならない。これら費用の合計を1年間で2400元前後と計算すれば1カ月当たり200元となる。

(J)両親への仕送り:600元
実家のある遼寧省鞍山市の最低賃金基準は月額600元なので、両親には少なくて申し訳ないのだが、それと同額の600元を毎月仕送りしている。

(K)医療費:100元
今では風邪で注射を打つだけでも200元以上かかるので、平均して1カ月100元で計算。病気にならないことが肝要。

(L)旅行費:100元
1年に3回ほど近距離旅行をすると仮定して計算、1回の旅行費用(宿泊、交通、食事、買い物などの費用)は少なくとも500元はかかるので、平均して月100元で計算。

(M)“档案(身上書)”<注4>・“戸口(戸籍)”管理費:45元
本人は上海で働いているが、戸籍は遼寧省の大連市にあり、独立した戸籍にする条件を備えていないので暫定的に所属企業を戸主とする「集団戸籍」に入ることが義務付けられている。この管理費が毎年240元。一方、“档案”と“戸口”が1つの地域にない場合は、“档案”を居住地の人材交流センターに預かってもらうことになるが、この管理費が毎年300元。この合計を均(なら)して月45元として計算。

<注4>“档案”は正式には“人事档案”と言い、個人の中学以降の経歴、出身階級、本人の身分、政治的方向性、交友関係などが書かれている。一生ついて回り、入試、就職、昇進において重要な役割を果たす。所属する機関の人事部門が保管し、本人は中味を見ることはできない。なお、この青年が“档案”の管理費用を支払っていることから判断して、勤務先は恐らく外国企業であると思われる。中国企業ならば“档案”はその企業の人事部門が無料で保管するのが普通。

(N)里帰り費用:420元
遼寧省鞍山市の実家には飛行機と列車を乗り継ぐが、往復の飛行機代が2500元、さらに列車代、お年玉やお土産などを加えて、全部で5000元程度かかるので、これを均して月420元。

(O)その他費用:100元
個人的趣味の費用で、宝くじや収集品の購入、展覧会の参観など、月に100元として計算。

以上の総計:1500元+308元+210元+1780元+100元+200元+100元+350元+200元+600元+100元+100元+45元+420元+100元=6113元

【1カ月の収支】
(手取り額)7421元−(支出総額)6113元=(残額)1308元

 上記はあくまで概算であるが、これらには娯楽、フィットネス、学習といった関連の費用は含めていない。上海市に住んでいる人はこの生活ぶりが特別なものでなく、ごく普通の標準的なものであることを分かってくれると思うが、どう考えても自分の生活は中流の下に属すると思うのである。
味千ラーメンやケンタッキーフライドチキンはぜいたく

【補足説明】

(a)もし住宅を買えばローンの返済に少なくとも500元(約6300円)以上支出が増える。車を買えば維持費に1000元(約1万2500円)以上支出が増える。さらに子供ができれば支出が1000元以上増える。その他、投資、社交、旅行、大きな買い物などが増えれば支出は増大する。

(b)上海の住宅価格は高く、自分が住んでいる徐匯区漕宝路辺りの中古住宅でも1平方メートル当たり1万2000元(約15万円)が最低水準である。こうした住宅価格を前提として考えると、上海では月収2万元(約25万円)以内の人は貧乏人に属する。このため、ある人民代表が上海市では個人所得税の基礎控除を8000元(約10万円)とするようにと人民代表大会で提案したが、残念ながら成立しなかった。

(c)貧乏人は毎日退社したらまっすぐ家に帰るのが一番良い。外食も“味千拉麺(味千ラーメン)”<注5>やケンタッキーフライドチキンはぜいたくで、値段の安い“蓋澆飯(ご飯におかずをかけた丼)”や“蘭州拉麺(蘭州ラーメン)”が主体とならざるを得ない。

(d)1万元の収入でも月末に手元に残るのはわずか1300元前後だが、これは1日当たり45元程度に過ぎず、外食の時に1品多く注文すればすぐに消えてなくなってしまい、“月光族(月給を月末にはすべて使い果たしてしまう人々)”の仲間入りをすることになる。

<注5>味千ラーメンは熊本県を本拠とするラーメンチェーンだが、中国では経営権を譲り受けた香港企業が500店舗以上を運営していて非常に有名な存在。中国ではラーメンにとどまらずその他の日本食も提供している。

 以上が記事のすべてだが、中国では年末のボーナスが1カ月分支給されるのが一般的なので、この青年の年収は13万元(約162万5000円)ということになるだろう。上述したように上海市における労働者の平均年収は4万6757元(約58万5000円)であるから、この青年の年収は平均の約3倍ということになる。月給が1万元ということは、外資系企業の副科長(=副課長)クラスの役職で、年齢は恐らく30歳前後と思われる。これだけ恵まれた収入を得ているにもかかわらず、彼の生活は余裕があるようには見えないのである。年収13万元の彼でさえもこれだけ慎ましい生活をしているとすれば、平均年収4万6757元の人々がどれほど慎ましい生活を余儀なくされているか想像ができよう。

 この青年が上海市の生まれで上海戸籍を持ち、両親が住宅を所有していれば、恐らく今でも両親の家に住んで住宅費の1500元を節約できるだろうし、里帰り費用の月420元や“档案”・“戸口”管理費の45元も必要ないことになる。そうすれば毎月約2000元の支出が不要となる訳で、これを出来る限り貯金に回せば、将来住宅を購入する際の頭金を蓄えることも可能となるだろう。地方出身者が故郷を遠く離れた大都会に住むことによって、大都会の地元の人々に比べて大きなハンデを抱えるのは致し方ないことかもしれない。

 彼も昇進によって賃金が上昇するだろうし、結婚して夫婦共働きをすることにより妻の収入が加わって家庭全体の収入は増加するだろう。しかし、その後に待っているのは住宅購入による住宅ローンの返済であり、それに生まれてくる子供(一人子政策で1人だけかもしれないが)の養育費や教育費などが追加される。余裕のある生活が送れるようになるのは相当先のことになりそうである。それにしても毎月600元を両親に仕送りしているのは立派である。ただし、これは中国では当たり前のことなので、ほめる必要はないのだが、親不幸な筆者には偉いと思える。

 2010年に日本を抜いて世界第2位の経済大国となった中国は表面的には繁栄を謳歌しているように見える。2012年1年13日付の“人民網(人民ネット)”は、「2011年12月末時点で、中国ぜいたく品市場の年間消費額(自家用のジェット機、船舶、高級車の消費を除く)は126億ドルに上り、世界全体の28%を占め、中国はすでに世界最大のシェアを誇るぜいたく品消費国家となった」という世界ぜいたく品協会(World Luxury Association)の公式報告を報じた。しかし、ぜいたく品を購入できる階層が全国民に占める割合はそれほど多くはなく、大多数の庶民はぜいたく品とはほとんど無縁の生活をしているのが実態である。富裕階級と庶民との間にある大きな所得格差をすこしでも早く是正して、庶民が世界第2位の経済大国を実感できるようにすることが中国政府に求められている。

(北村豊=住友商事総合研究所 中国専任シニアアナリスト)

(註)本コラムの内容は筆者個人の見解に基づいており、住友商事株式会社 及び 株式会社住友商事総合研究所の見解を示すものではありません。
このコラムについて
世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」


⇒ 記事一覧
著者プロフィール

北村 豊(きたむら ゆたか)
北村 豊

住友商事総合研究所 中国専任シニアアナリスト
1949年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。住友商事入社後、アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、2004年より現職。中央大学政策文化総合研究所客員研究員。中国環境保護産業協会員、中国消防協会員
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-13316] koaQ7Jey 2018年10月16日 14:36:07 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-19225] 報告
「中国の臓器狩りの共犯者にならないでください」
https://www.change.org/p/%E5%9B%BD%E4%BC%9A-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%87%93%E5%99%A8%E7%8B%A9%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%85%B1%E7%8A%AF%E8%80%85%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84


2006年アニーと名乗る中国人女性が衝撃的な証言を行いました。彼女の元夫は中国遼寧省苏家屯の医師で3年間、生きた人から強制的に角膜を摘出する手術を2000件ほど行いました。アニーは「夫はとても大きな衝撃を受け、毎日悪夢にうなされ、パニック状態に陥っていました」と振り返りました。夫は日記で彼が一番ショックを受けたことをこう書きました。

「いつも通り手術室に入り、手術を行う準備をしていた。横たわって意識を失っていた女性の服を切ると『ママ、お誕生日おめでとう』と書いた紙が落ちてきた。これを見た瞬間、手の震えが止まらなかった。なぜなら、子供からもらったこの誕生日メッセージを大事にしていた母は、もうすぐ自分の手によって命を絶たれるから・・・」

聴くものの魂を戦慄させた生々しい体験談は、あまりにも衝撃的です。なぜ人の命を救うはずの医師が人を殺しているのだろうか?

これは中国で起きている臓器狩りの実態です。

中国は、アメリカに次いで世界第2位の臓器移植大国で、毎年日本からも、大勢の患者が臓器移植を求めて中国へ渡航しています。

しかし、臓器の出所が不透明で、元カナダ国務長官・人権擁護家、デービッド・キルガー氏と、カナダ人権弁護士デービッド・マタス氏の10年に渡る独立調査により、ドナーの多くは本人の意思に反して、生きたまま臓器を強制摘出され、殺害されていると結論づけられました。

デービッド氏らは、中国の146軒の移植認可病院を対象に、当局が設けた許認可基準に当たる病床数、利用率などを調査したところ、中国の年間移植件数は当局が公式にアナウンスしている1万件を大幅に上回る6〜10万件に達し、毎年6万人以上が臓器移植のために殺害されていると結論づけました。

その理由として下記の点があげられます。

1.驚異的に短い待ち時間

一般的にドナーを見つけるには数年かかります。世界第1位の移植大国、アメリカの平均待ち時間は1,825 日で、カナダは2,555日、イギリスは1,095日とそれほど大きな差はありません。しかし、中国は数日から2週間、長くても4週間と驚異的に短いです。

これは、中国にはレシピエントのニーズに随時応えられるドナーが十分存在し、臓器提供に困らないことを意味します。

デービッド氏らの報告書では、中国上海で臓器移植を受けた患者の証言がありました。一回目の中国渡航の時、入院している2週間の間に、彼のために、合計4個の腎臓が病院へ運び込まれました。抗体テストが行われましたが、いずれも彼の抗体反応のため適合しませんでした。 二回目の中国渡航の時は、また新たに4つの腎臓が適合テストの対象となり、8つ目が適合する事が分かると、移植手術は成功しました。

2.臓器の出所の謎

2000 年以降、中国の臓器移植件数が激増しています。

中国全土の肝臓移植件数を例にすると、1999 年までの 20 年間、中国の臓器移植件数は約 100 件で、年平均5件しかありませんでしたが、2000年以降は激増し、2005年には3,212 件と、それまでの約 650 倍となりました。

しかし、臓器の出所について、中国政府側の説明は不十分で、ドナーの9割は死刑囚からと公言していますが、中国の死刑囚は毎年2千人前後(アムネスティ)であり、当局自ら発表した年間1万件の臓器移植数を大きく下回ります。

伝統的な考え方から、中国人は臓器提供に抵抗があるため、自発的な臓器提供はほとんどありません。中国では効率的な臓器提供システムが未だに存在しないのです。

中国で移植手術を受けた患者やその家族の証言によると、ドナーの身元は知らされず、ドナーやその家族からの同意書も見せてもらえません。

デービッド氏らの調査で犠牲者の大半は国の政策で弾圧された法輪功学習者ら『良心の囚人』であると明らかにされています。1999年7月から中国当局は、全国範囲で法輪功への迫害運動を導入し、数十万人の法輪功修煉者が逮捕、拘禁されました。中国の臓器移植件数が激増した2000年は、この時期と一致しています。

3.監禁中の法輪功学習者への血液検査

拘禁されている法輪功学習者は系統的な血液検査と臓器検査を受けます。瀕死状態になるまで拷問を受けた法輪功学習者に、血液検査をするのは彼らの健康のためとは言えません。

4.証言

米国に脱出した中国人ジャーナリストは、中国瀋陽市蘇家屯地区の大型秘密刑務所で、数千人の法輪功学習者が監禁され、中の多くは臓器を摘出され、殺害され、死体は所内の焼却炉で焼却されたと暴露しました。その後、前出のアニーさんも外科医である元夫が生きた法輪功学者から角膜手術を行ったと証言しました。角膜ドナーとなった法輪功学習者は、その後他の臓器も摘出され、火葬されるので“生き残る人は誰もいない”といいます。

報告書では公安や軍病院を含む、国家と党の機関が違法な臓器狩りに関与していると示唆しました。臓器移植ビジネスにより、中国の病院、医療スタッフ、党幹部らが巨万の富を得ています。

独自のルートで調査を進めていたジャーナリストのイーサン・ガットマンは、2000年から2008年にかけて、およそ65,000人の法輪功修煉者たちが臓器のために殺害されており、ある程度の他の宗教や少数民族の人たちもターゲットになっていると推定しています。

デービッド・キルガー氏、デービッド・マタス氏の報告書(2007年)

http://organharvestinvestigation.net/

http://organharvestinvestigation.net/report0701/BloodyHarvest_Final_Edition9_A4rev.pdf

現在、世界各国で中国の「臓器狩り」に反対する決議案が次々と可決されています。

米国、欧州連合、豪 州、イタリア、カナダ、アイルランドといった各国の政府当局は、中国政府に対し、法輪功学習者ら「良心の囚人」に対し行われている臓器狩りを停止するよう求める決議案を続々と採択しており、中でもイスラエル、スペイン、台湾は、自国民が中国で臓器移植を受けることを実質的に禁止する法律を制定しました。

2015 年 6 月 12 日、台湾立法院は「人体臓器移植条例」修正案を可決し、台湾国民が臓器提供を受ける場合、国内外を問わず「無償贈与」方式とすることを明確に規定しました。違反者には最高で 5 年の実刑判決と 150 万元(約 480 万円)の罰金が科せられます。医師が臓器移植の仲介に関わった場合、医師免許がはく奪されます。

2012 年 4 月、イスラエル政府は、同国民が海外で提供者が不明な臓器や、違法なルートで入手した臓器を使った移植手術を受けること(移植ツーリズム)を禁止する法律を成立させたほか、国外で臓器移植手術を受ける同国民に対し、保険会社が保険金を支払うことも禁止しました。

スペインでは 2010 年に「スペイン臓器移植法」を改訂し、同国民が中国で移植手術を受けることを禁止しました。

では、日本の動きはどうでしょう。残念ながら、日本政府は中国の臓器狩りを止めさせるための具体的な措置は何も取っていません。しかし、日本が何も言わず、沈黙を保ったままだと、この非人間的な「臓器狩り」の共犯者となる恐れがあります。なぜなら、中国の臓器移植と日本は深い関わりがあるからです。

デービッド・キルガー氏、デービッド・マタス氏とイーサン・ガットマン氏3人による、最新報告書では、その関わりが指摘されています。

最新報告書によると、日本人向け移植ツーリズムの需要に応えた大規模な移植病院が中国にはいくつか存在します。また、中国の移植センターは日本の機関と共同しており、日本で移植技術を学んだ中国の移植外科医は数多いです。中国は日本から移植関連の薬剤を輸入し、日本政府が一部資金提供している中国の移植病院も一軒あります。

事情を知らない日本の患者が中国で移植手術を受けた時、知らないうちに臓器狩りの共犯者にならないだろうか?

日本から移植技術を学んだ中国の医師が、臓器移植の濫用にその技術を利用していないだろうか?

日本政府が中国の病院に融資する際に、臓器移植の濫用を支援することに資金が用いられないだろうか?

日本から輸出された薬剤が臓器移植の濫用に使われていないだろうか?

日本が何もせず、何の制限もかけない限り、その可能性は否定できないものです。言わば、沈黙、そのこと自体が「共犯」になるでしょう。

日本の患者が中国で移植を受けた場合、誰かがそのために、死んでいきます。1人の患者のために、罪のない人が1人、2人、もしくは、それよりも多く死んでいくかも知れません。間接的に人を殺したことにもなります。命が助かったとしても、そのような人生、不幸にならないでしょうか?

日本の移植技術、薬剤、そして資金がこのような非人道的な犯罪に利用されてはいけません。

そのため、政府にこのようなことを求めます。

1.日本の国民が国内外で移植ツーリズムに関与した場合、法的な責任を追及すること。

(中国で移植手術を受けた患者、臓器移植のブローカー、移植技術を提供した医療機関、医師、違法な臓器移植のための手配、宣伝、購入運搬普及をした者なども含む)

なお、海外で提供者が不明な臓器や、違法なルートで入手した臓器を使った移植手術を受けることを禁止すること。

2. 日本の国民が中国へ渡航する時、中国の「臓器狩り」に対し、周知させること。

3. 臓器移植に使われる薬剤を中国に輸出する際、臓器移植の濫用に利用されることを防ぐための、一連のプロセスを導入すること。

4. 「臓器狩り」に関与した外国人にビザを発給しないこと。

中国の「臓器狩り」はただ中国だけの問題ではありません。見て見ぬふりをする政府、事情を知らない国民、利益のために働く仲介業者、これらの諸要素により、中国国外の多くの人々が既にこの犯罪に関与させられています。日本は世界に情報を伝え、正義に立ち、共犯者になることを避けるための行動を起こすべきです。日本は世界をリードする能力を備えた国です。みんなの力が、日本の明るい未来を作り上げると信じます。

移植ツーリズムを考える会

http://www.stop-oh.org/

下記のサイトで、中国の「臓器狩り」に関する詳しい情報を見ることができます。

・デービッド・キルガー氏、デービッド・マタス氏とイーサン・ガットマン氏による最新報告書(英語)

http://jp.endorganpillaging.org/

・デービッド・キルガー氏、デービッド・マタス氏とイーサン・ガットマン氏最新報告書(日本語、抜萃したもの)

http://www.stop-oh.org/download/BoodyHarvest-theSlaughter2016.01017.pdf

・中国での臓器移植と日本との関わり

http://jp.endorganpillaging.org/2016/12/01/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%A6%E3%82%99%E3%81%AE%E8%87%93%E5%99%A8%E7%A7%BB%E6%A4%8D%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC/

・「法輪功迫害追跡調査国際組織」が行った調査ではさらに詳しいデータが紹介されています。

https://www.youtube.com/watch?v=8cAX24nhGJI

【海外メデイァの報道(映像)】

・CNNが中国政府の臓器狩り問題を報道、世界の注目を集める

http://jp.ntdtv.com/news/16020/CNNが中国政府の臓器狩り問題を報道、世界の注目を集める

・世界が注目する生体臓器摘出 中国に起きる変化とは?

http://jp.ntdtv.com/news/17615/世界が注目する生体臓器摘出%20中国に起きる変化とは

・死刑囚の臓器提供禁止、背後で加速化する国家犯罪による殺人

http://jp.ntdtv.com/news/15823/死刑囚の臓器提供禁止、背後で加速化する国家犯罪による殺人

・生死の間-中国 増え続ける臓器移植の謎

http://jp.ntdtv.com/news/1804/生死の間-中国%20増え続ける臓器移植の謎(上

http://jp.ntdtv.com/news/1813/生死の間-中国%20増え続ける臓器移植の謎(下


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 中国3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 中国3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧