★阿修羅♪ > カルト10 > 279.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
偽ユダヤの総本山英国で葬送曲にイマジン使用禁止、天国が存在しないという歌詞が聖職詐欺師の営業妨害になるのだろう。
http://www.asyura2.com/12/cult10/msg/279.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2012 年 10 月 17 日 18:29:29: /puxjEq49qRk6
 

米国の若者の3割が宗教離れと書いたが過半数がキリスト教詐欺を見抜いたとみていいだろう。
そして英国でも同様だろうしビートルズの故郷であればその傾向はもっと顕著で中高年では尚更だろう。
因みにビートルズはやはり偽ユダヤが若者を政治から遠ざけてアホにする為の人形だったようでジョンが
マイケルのように自立して茶番を暴露するのは想定外だったようでファンの仕業という事にしてケネディ
のように公開処刑をしたそうである。
レベルは違うがまともな政治評論家がテレビから退けられるのも同じ理屈で3S政策の一貫という事である。
日本は神社や仏閣や八百万の神を信じるような信じないようなまたーりとした存在として扱っているがそれが
ベストなのである。
神というのは存在するものではなく神の代理人詐欺をする者の営業ツールであり馬鹿を騙す為には天国と地獄
もオプションで用意しているという訳である。
そんな所へ天国がないと考えてみてごらんなどと言われたら神の代理人詐欺を働く者からすれば次には聖職者
なんかいらないんだと歌詞にされるのは時間の問題でありそれでイマジンを慌てて禁止した訳である。
報道の場でもイマジンが放送禁止になる事がよくあるが本当はお金なんかいらないんだなどと歌われてしまって
は金融詐欺を働いている偽ユダヤからすれば紙屑を売買できなくなり迷惑な訳である。
しかしもうジョンのイマジンを禁止しようがしまいが神などいない事は子供でも分かるし聖職者がただのカツアゲ
屋でスケベ親父なのは世界中に知れ渡っているのであり座布団みたいな帽子を被って白衣みたいな詰め襟でこけ脅し
してもアキバのコスプレ扱いであのじじいイケてるじゃんとしか思われない時代なのである。
親父ギャグだが法王とか名乗ってもへーとかほーとかしか思われず隠し芸扱いという事である。
創価もそうだが都議選の時は全国からうじゃうじゃ来るが311の被災地にはアリバイ程度しか動員せず法王とか
言うじいさんも戦争詐欺を止めた事など一度として止めた事もなく国連事務総長以上に使えない奴でありそれもその
筈で同じ穴のムジナというか指揮命令者の一人なのだから当然である。
宗教団体というのはガス抜き機関であり被害者に対して加害者を許しなさいと洗脳したりそういうおめでたい境地に
達する為に究極のお布施をしなさいとカツアゲする機関であり悪さをして稼いだ金とカツアゲした金をブレンド米に
して世に出す為のクリーニング屋であり法王というのは昔のAVの洗濯屋ケンちゃんという事である。
宗教が詐欺と分かった人類はそこから派生していった法体系や商慣習にも疑惑の目を向けるようになり悪法も法なり
という諦めから悪法は悪法という本来の考え方に立ち戻り悪法の集大成とも言えるTPP詐欺に対しても賛成反対という
次元ではなくそもそも契約内容自体が詐欺で公序良俗に反する条約など無効だろうという見方が大勢になるだろうという
事になり参加しないと殴るぞという暴力的根拠しかなくなるという事である。
その暴力もアメリカの正義だとかを聖書という教本詐欺に根拠を求めてもその条文の根拠である神がいるいる詐欺なの
だから根底から崩れており正当性も正統性もない暴力は世界から責められて仲間はずれにされるのがオチである。
ローマなんとか法という教会法が一夜にして詐欺マニュアルに変身してしまう訳だから連中も断末魔である。
宗教詐欺を根拠に我々の先祖から巻き上げた富を人類に返済を迫られるのは時間の問題である。
ご利用は計画的にという事だ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. アーナンダコーナンダ 2012年10月17日 21:29:35 : L0CGfdInOJN9Y : 42nGc6judU
 もちろん、啓示宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)のいう天国も地獄も存在しないといってよいだろう。
 ヒットラーは賢明にもチベットの密教を重視し、啓示宗教の撲滅を企てたようだ。ナチズムもチベットの密教もハーケンクロイツ(スワスチカ)をシンボルにしている。
 仏教のいう地獄や極楽はありそうですぞ。日本は偽宗教に染まらなくてよかった。

02. 2012年10月18日 10:10:06 : 6P3NonKtTY
ジョン・レノンは、アイルランド系ということで、偽キムチと同じで、偽ジャガイモということか…。
「芸能とマイノリティー」について、ビートルズからエイベックスから全部ひっくるめた包括的な研究が待たれる。
-------------------------
■ジョン・レノン
生まれたときには「ジョン・ウィストン・レノン」
ということでアイルランドからの移民がルーツのようです。

リバプールという町自体が、イギリスではアイルランド系の人の多い町として
知られているところだそうです。(アイルランドは独立するまで英国領土でしたから、
「移民」というのは妥当でない気がしますが。)現にリバプールにはカトリックの大聖堂が
ありますし(イングランド人は英国国教会)、また、レノンではありませんが、
マッカートニーの名に含まれるの「マック」もゲール系の名前で息子を意味するそうです。

■「バチカン株式会社」ジャンルイージ・ヌッツィ
著者のジャンルイージ・ヌッツィは、豊富な取材経験を持つベテラン記者である。彼はジャーナリズム的な手法を用いて、これまで明らかになることのなかった「宗教活動協会」にかかわる秘密文書を紹介した。
教皇庁とバチカン銀行がひた隠しにしてきた、不正取引にかんする詳細かつ克明な記録を含んだその内容は、あまりにも衝撃的なものであった。ヌッツィが紹介した秘密文書は、一九九〇年代までバチカン銀行の管理・運営に関与していた重要人物の一人、レナート・ダルドッツィ師によって収集されたものだった。二〇〇三年にダルドッツィ師が世を去ったとき、彼はみずからが知りえたバチカン銀行の真実の姿を、広く知らしめることを望んだ。

ダルドッツィ師が遺してくれた資料と、ヌッツィの丹念な取材と分析のおかげで、目を背けたくなるような最悪の事実が明らかになった。カトリック信仰の拠りどころとも言えるローーマのど真ん中に、あらゆる法規制を免れたオフショア銀行が存在し、政治家への賄賂やマフィア資金のような、汚れたカネの「洗浄」に使われていた。ミサを支援するために集められた信徒からの尊い寄付や、重い病気を患う子どもたちへの支援金が、いつの間にか個人のロ座に移されることもあったという。読めば読むほど、心が痛くなってくる。慈善事業や宗教儀式のための資金、あるいは聖職者たちの生活の蓄えを管理するために生まれた機関が、なぜそうした不正金融操作に手を染めるようになったのかP本書を読み進めていくうち、その理由はおのずと明らかになる。

本書ではじめて明らかにされた数々の事実について、バチカンはいったいどう説明するのだろうか。刊行から一年以上がすぎたが、バチカンはヌッツィが提示したいくつもの疑問に何か答えたのか。私の知る限りでは、驚くべきことにバチカンは何も答えていない。完全に無視されている。「ダ・ヴィンチ・コード』が出版されたときは、あれほど大騒ぎしたバチカンが、である。


03. 2012年10月19日 19:43:17 : iGxLtcvUr2
バチカンも悪の大本山のようです
ジョン・レノンを殺ったのは誰でしょうか、、?
いまさら「イマジン」なんてタタリが恐ろしくて使えないでしょうに

04. 2012年10月19日 22:03:52 : dQUYuOFcHU
バカチン ・・・ 博多弁

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト10掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト10掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧