★阿修羅♪ > 原発・フッ素21 > 107.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2号機342.2℃ 圧力容器底の温度計「そうであればどこかで壊れた。(他の温度計もアテにしては)もちろんいけない」小出 
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/107.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 2 月 14 日 10:11:16: igsppGRN/E9PQ
 

2号機342.2℃ 圧力容器底の温度計「そうであればどこかで壊れた。(他の温度計もアテにしては)もちろんいけない」小出裕章 2/13
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65790308.html
2012年02月14日07:53  ざまあみやがれい!


2012年2月13日(火)、小出裕章氏が、毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。2号機の圧力容器底の温度計が300度を越える数値を示したことについて、分析しています。また、東電と保安院のあり方を批判しています。


▼20120213 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://www.youtube.com/watch?v=GIy-vzbLM48&feature=player_embedded


=====(文字おこし、ここから)

水野「京都大学原子炉実験所助教、小出裕章先生です。小出さん、こんばんはー」

小出「はい。こんばんは」

水野「よろしくおねがいしますー」

平野「あ、こんばんは。よろしくおねがいします」

小出「はいよろしくおねがいします」

水野「え…今のニュースですね」

小出「はい」

水野「福島第一原発2号機の」

小出「はい」

水野「圧力容器、底の部分の温度計、342.2度。」

▼2号機温度上昇「400℃超」 計器の検査直後に 故障とほぼ断定:報道・資料まとめ
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65790272.html

http://livedoor.blogimg.jp/amenohimoharenohimo/imgs/3/0/307435af.jpg

水野「これは単に温度計が壊れていると、見るのがふさわしいと小出さんは思われますか」

小出「多分、そう思います。」

水野「ほいー。それはどうし…いうところからでしょう。」

小出「え…熱電対という…温度計を使っていたはずで」

水野「はい」

小出「え…かなり、その…うー……、壊れにくいものなの…です」

水野「へえー」

小出「え…それでそれが原子炉圧力容器のあちこちに貼りつけてあるわけですけれども。」

水野「はい」

小出「え…これまで、そのデータが、う…それなりに送れ…送り続けてきてくれていたわけですね。」

水野「ええ」

小出「結構それがまあ、重要な情報になっていたわけですが。」

水野「はい」

小出「今回の場合には、う……次々とおかしな…おかしいというか、どうしてかなあと思うようなデーターを送ってきたと」

水野「そうですよねえ」

小出「え……それが三百何十度というような、データーについになってしまったということで。もしそうであれば、その計測器がこ…どこかで壊れたと。」

水野「ほおー」

小出「推測することは、私は多分そうなるだろうなと思います」

水野「ええ、ええ」

小出「はい」

水野「ほー。ということは、再臨界ではないということも、ま、前からおっしゃっておりましたけれども」

小出「はい」

水野「これも、キセノンという物質が出るか出ないかっておっしゃいましたよねえ」

小出「はい。そうです」

水野「はあー。これが出ていなければ再臨界ではない…?」

小出「はい。あのー、東京電力がその…キセノンの分析をして、キセノンを検出していないというふうに言っていますので」

水野「はい」

小出「それが正しければ再臨界はないと。」

水野「ほおー」

小出「思います。で…温度計自身…」

水野「ええ」

小出「の、情報にしても」

水野「はい」

小出「巨大な圧力容器という、直径が5メートルもあるようなもの、高さが20メートルもあるような、構造物の、まあところどころにそれが設置されているだけであって」

水野「ええ」

小出「温度、それぞれの温度が違う、違ってしまうこと自身は私は全く不思議でないと思ってきた」

水野「はい」

小出「のですが」

水野「ええ」

小出「え……三百何十度も示すというようなことであれば、それは機械が故障してると思わざるを得ませんので。」

水野「へえー、はい」

小出「え…今回のものに関しては東京電力の発表でいいだろうと、私は思います」

水野「ほおー。でもそうしますとね」

小出「はい」

水野「その、計測する機会を元に、中がどうなってるのかを、こう考えるしかない、わけですけど」

小出「そうです」

水野「言ったらその、計測器が全くアテにならないってことでしょ」

小出「そうです。そういうことです」

水野「っていうことは、他の温度計もアテにしてもいいんですか?」

小出「えー、もちろんいけないのです」

水野「他の計測器…」

小出「いけないのです。」

水野「ほおー」

小出「え……もともとー、今回の事故が起きてからみなさんも気がついていただいたと思いますけれども」

水野「ええ」

小出「現場に行くことすらができないのですね。」

水野「はい」

小出「見ることもできない、触ることも、できない、どんなふうに壊れているかということは自分で確かめることができない」

水野「できない」

小出「んで……もともとあった計測器の情報を頼りにするしかない、わけですけれども。」

水野「ええ」

小出「こんな事故が起きるなんてことは、誰も思っていませんでしたので。計測器自身がろくに配置もされていなかった」

水野「ああー」

小出「そんなかで次々と計測器が…死んでいってしまうという」

水野「ええ」

小出「そういう状況が今、進行していると、いうことだと思います」

水野「今日、野田総理はですね」

小出「はい」

水野「え…国会で、冷温停止状態にかわりはないと」

小出「(苦笑)」

水野「おっしゃられたんですね」

小出「はい(苦笑)」

水野「あの……ま、確かに冷温停止という…本来の冷温停止は元々ありえないんだと」

小出「はい」

水野「小出さんおっしゃって…」

小出「そうです」

水野「来ました。だけど、まあ、あの、冷温停止状態、というね」

小出「はい」

水野「いわゆる、う…100度、以下に抑えられて安定してるってことですか?」

小出「いや…はい…ようするに、そういう言葉を勝手に彼らは作ったわけですけれども。はい」

水野「まあ、百歩譲ったとしても」

小出「はい」

水野「冷温停止状態にかわりはないと」

小出「はい」

水野「それを裏付ける、ことは、出来るんですか?」

小出「できません」

水野「っていうことなんですね」

小出「はいあの、原子炉圧力容器の中に、もうすでに炉心がないと、私はいっているし」

水野「はい」

小出「東京電力も政府も言っているわけですから。圧力容器の温度が100度以下になるかどうかなんてことは、もともと大したこととは違うのです」

水野「意味が、ないんですね、今や」

小出「はい、そうです」

水野「ああ……」

平野「先生あのー、まあ、一連のこの…温度の一喜一憂っていう状態なんですけど」

水野「ええ」

平野「そもそもですね、こうっやって壊れたその、計測器をそのまま東電が、こう、あの、その都度発表して。なにか僕らに、なんかこう一方的な情報を与えてるんですけど。これは事故処理を客観的にするチームをですね、つくって。評価を伴って、僕らに示してくれるような体制を取る必要があるんじゃないですか」

小出「はい」

平野「もうずうっと、もう東電のいいぱなしですよね」

水野「そうですねえ」

小出「はい。まあ私はそう思いますけれども。これまで原子力…というのは、東京電力、あるいは電力会社の、あん…安全保安院も含めた、そういう組織でずうっとやって来た、わけですね。で、それが事故を起こしたちょ…あとも、そのままの体制が続いてしまっている、のです。それを何とかしなければ私はいけないと思いますけれども。え…… 何も変わらないまま、従来のまま、進行してしまっているということに、私は大変な違和感を覚えています」

平野「そうですねえ。保安院も報告受けるだけで」

小出「はい」

平野「なんにも、自分たちで現場で使用としてませんものねえ」

小出「あはあ、もちろんです。え……現場は何よりもその東京電力の現場の人達が一番よく知ってるわけで。多分保安院にいる、官僚の人たちは、まずは力にならないというそういう状態、だと今は思います」

水野「うーん。現場の作業員の方の声でですね」

小出「はい」

水野「え……その、温度よりも、え……いれている水、冷却するための水がどんどん増えていることのほうが問題じゃないかという情報もあるんだそうです。」

小出「はい。」

水野「それはどうなんですか」

小出「そうですね。ですから今度、今回の場合には、温度があがったということで、みんなが心配をしたのですけれども。温度計なんてものは、その…全体の中の一部分の情報しか過ぎないのですから。そんなものだけに目を奪われて、え……大変だというふうに思って流量を増やしたりすればですね。そのことによって今度はまた汚染水が増えてしまったり、その汚染水を処理するための、ま、装置があるわけですけれども」

水野「ええ、ええ」

小出「それに負荷がかかったり、また、あちこちでトラブルが出てきてしまうということになるはずだと思います」

水野「あの、保安院の院長はですね」

小出「はい」

水野「今日、国会でこんなふうにいってますね。全体としては原子炉は比較的安定的に管理されている」

小出「(笑)。はい。え……」

水野「比較的、安定的に管理されている、っていう、その保安院の立場をどうご覧になりますか」

小出「え……事故の当初はですね。もう、本当に打つ手もない、まま、どうなってるかすらがわからない。手探りのまま、何とかしたいと思ったけれども、なにもできないまま次々と原子炉が爆発してし…いってしまったと。いう、事実がずうっと進行していたの、ですね」

水野「ええ、ええ」

小出「それでその時、そういう……あの…本当に破局的な、事故がドラスティックに進行した時期に比べると、現在は、え……う……かなりまあ安定してるという言葉を使いたくなるぐらいに、時間が過ぎている。のですね。それはそうだと私は思います。え…でもだからといって、これで安心していいのかといえば、そうでは私はないと思っています。う…溶けてしまった炉心が今、どこにあるかすらわからないという。温度が本当にどの測定器が正しいのかも実はわからなかったという。そういう状態で進行してるわけですし。え……先日も何度か聞いていただきましたけれども。4号機の使用済燃料プールなんていったこれからどうなるのかという大変な問題もまだ目の前にあるわけですから。」

水野「ええ」

小出「あん…安定的だとか、安心だとかいうような言い方をして欲しいとは私は思いません。」

平野「うむ」

水野「はい…。どうもありがとうございました」

平野「どうもありがとうございました」

小出「はい。ありがとうございました」

水野「京都大学原子炉実験所助教、小出裕章さんに伺いました」

=====(文字おこし、ここまで)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年2月14日 12:33:08 : TGZt5CSwG
形あるものはいつか壊れる。
複数個あるから問題無い。

02. 2012年2月14日 12:55:47 : e1EL1zXKKQ
計器など昨年爆発当初からガラクタなのはとうに判っている。散々そう言ってきたことを忘れたか?

計装器については昨年5月12日に1号機の水位計校正の建て屋に入ったのと、同6月22、23日に2号機の圧力計設置のため建て屋に入った2回だけだ。当時それ以外の各号機計器も滅茶苦茶な指示値を出していて再三発表訂正をしてる始末だった。
その当時以降、今日まで放射線のため建て屋にも入れず原子炉回りの計器類は今なおガラクタ状態なのである。

そんな計器状態のなかで発表された計器データなど信じる者はバカである。圧力釜はもぬけの殻で、燃料のわずかな残りカスがあるかないかといった程度だ。


03. 2012年2月14日 14:03:12 : mgGk0yxY9M
点検時に誤って壊れた、または意図的に壊した可能性がある。グラフからほぼ確実。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2634300.jpg

04. 2012年2月14日 15:25:46 : AtBwqXIZJs
◎総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会第11回会合 他(ビデオニュース・ドットコム)

http://www.videonews.com/press-club/0804/002218.php


05. 日高見連邦共和国 2012年2月14日 15:43:34 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A
“壊れてない所”を逆に教えてほしい。

06. 2012年2月14日 20:23:41 : swsf4Tw1P2
あくまで東京電力の発表が正しければ、という条件付きの話。

小出さんが、そうだと決めているわけではない。

東京電力の発表は必ずしも正しくない。というよりしょっちゅうウソがある。


07. 2012年2月14日 21:48:03 : AtBwqXIZJs
●20120214 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 他【録音】

http://www.youtube.com/watch?v=G8fnc3x7Epc&list=UUyGnzLqERNQPVq20FzaIU6Q&index=1&feature=plcp


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧