★阿修羅♪ > 原発・フッ素21 > 250.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第一原発と同型の原子炉格納容器に不安再燃 米国   
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/250.html
投稿者 びっくりカメラ 日時 2012 年 2 月 20 日 22:22:28: J0cB34o5BCnvo
 

福島第一原発と同型の原子炉格納容器に不安再燃 米国
2012.02.20
CNN http://www.cnn.co.jp/usa/30005673.html

30年ぶりに新規の原子力発電所建設が認可された米国で、東京電力福島第一原発と同じ型の格納容器を採用した原発に対する不安が再燃している。

問題にされているのは、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が設計した「マークT型」と呼ばれる原子炉格納容器。米国内の23の原子炉で使われており、このうちバーモント州のバーモント・ヤンキー原発では、稼働継続をめぐって州当局と米原子力規制委員会(NRC)の対立が続く。

GEでは、マークT型は40年以上にわたって安全に運用されてきたと強調し、規制変更に対応して定期的な変更も行ってきたと説明。どのような原発であっても、津波に襲われて冷却システムの電源が一定時間失われれば、メルトダウン(炉心溶融)は避けられなかったと主張している。

マークT型をめぐっては、原子力委員会(当時)の専門家、スティーブン・ハナウアー氏が1971年に危険性を指摘したのに対し、NRCは78年、この設計は安全だと認定。しかしその翌年に米スリーマイル島の原発事故が起きた。同原発の設計はマークT型とは異なっていたが、NRCは事故を受けて安全性を徹底検証し、マークT型も複数の変更が加えられた。

だが、バーモント・ヤンキー原発に反対している専門家のアーニー・ガンダーセン氏は、マークT型ではメルトダウンが起きた場合に放射性物質の放出を防げないことが福島第一原発の事故で実証されたと主張する。同氏の主導で同原発を監視する州の委員会も設置された。

反原発団体からは、マークT型の格納容器を使った全原子炉の即時稼働停止を求める嘆願書が提出された。NRCはこれを却下する一方で、福島第一原発の事故調査の一環として、嘆願書で指摘された問題についても検討すると表明している。


GEと日立製作所の原子力事業合弁会社、GE日立ニュークリア・エナジーの広報は、業界ではまだ福島第一原発の事故について調査している段階だと指摘、「業界全体およびマークT型を含むすべての種類の原発が学ぶべき教訓は間違いなくある」としながらも、「GEマークT型格納容器の構造設計は堅牢性が実証されている」と強調した。

米国ではスリーマイル島の事故以来、新規の原発建設が凍結されていたが、NRCは今月9日、ジョージア州の2基の原子炉の新設を認可した。この原子炉は、福島第一原発で使われていたGE製の原発とは違う設計が採用される。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 佐助 2012年2月21日 12:25:56 : YZ1JBFFO77mpI : gHqpcm4bVU
アーニー・ガンダーセン氏の云う通りです。放射性物質の放出を防げないことが福島第一原発の事故で実証されたのだから安全確認できるまで再稼働は認めてはならない。

そしてフクシマは
冷水で冷やせば、絶対破壊されることのない容器の中で、使用ズミ核燃料棒の自己溶解(メルトダウン)したではないか。

高い放射能と熱で、状況を測定把握することができないのは,メルトダウンした燃料棒は、絶対破壊されない容器の底に穴を開け地下の土台を数千度の高熱で破壊し、排水管や配線管は穴だらけだの証拠になる。

ウラニウムが自己崩壊して発生させる電子の放射線量は多いため発熱量は高くなる。自己崩壊しても、高い放射線量をもつセシウムやプルトニウムに分裂誕生する。原発の燃料棒は濃縮されたままのウラニウムは使用されず、自然崩壊を遅延させるため混ぜ物にしている。だから、混ぜ物を結合させる水素が発生するため、水素爆発や高温の熱での蒸気爆発が避けられない。ナゼもっと低い発熱量を放射する原子を燃料棒に採用しないのはなぜか。

平時なら大問題の放射能を、大気と海に垂れ流しているのに、基準以下に低下しないのは、高レベルの放射能と熱が続いている証拠と判断すべきである。そして放射能の拡散の処置や廃炉も考えてない原発は常識では考えられない。

冷却水をかけても、炉心の熱と放射能は人間が近づけぬ水準という事実は、炉の底が抜けて燃料棒は溶解しつづけている証拠になる。そして共鳴振動数の一致/不一致による動的応力によって、腐食・穿孔・発熱を発生させている証拠になる。原子炉容器や配管は共振振動応力が発生しない,材質や材料に変えなければならないのに無視続けるのはなぜか。話しにならない。


02. 2012年2月21日 20:47:46 : tny50VqoUA
Jim Stone/Did the Dimona Dozen murder the Fukushima 50 ?
http://www.jimstonefreelance.com/fukushima1.html

3.深刻な施設の破壊は核兵器でしか起こせない。音速以下の爆発を起こす水素は非現実的だ。コンクリートを粉砕することはできない。 封鎖された空間を高圧にすることはできるが、格納容器の金属の蓋には十分な強度があり、核によってのみ破壊することができる。 鉄筋からコンクリートを剥がすには、音速の何倍も速い爆風が必要なのだ。

フクシマで起きたことは爆風の性質に関しては公式発表と噛み合わない。 破壊された施設の高解像度の写真を見て欲しい、 残骸の中に3号炉から吹き飛ばされた壁の1つの上で横転している自動車がある。 壁が15フィートの厚さの支柱で支えられていたのは明白だ。 フクシマはMark1を上回る基準で格納容器が設計された。(写真を参照、これは明確) ガス爆発による破壊の可能性は大きいかもしれないが、 Mark1格納容器は基本性能でも最悪な水素爆発が何回起きても持ちこたえるだけの耐久性がある。

何が爆発の原因だったのか? 格納容器の壁の一番薄い部分は、GEの甘い設計でも最低4フィートの厚さの 鉄筋コンクリートだった。 平均8フィートの厚さだったが全体が吹き飛ばされた。すべてのコンクリートが鉄筋から剥がされ振らさがっていた。 機密扱いの写真 で破壊の様子が図解で比較されている3号炉は全く存在が消えている。 そして、別の写真 では4号炉は粉砕されている。 4号炉の頂上になければならない黄色のドームが格納容器のビルの間違った端に存在するのがはっきりと見える。 このような破壊は水素と空気の混合物ではできない、兵器が使用されたことを意図している。 原子炉はアルミホイルでできているのではない。4号炉は核燃料が外されていたため爆発の可能性はなかった。 これらの踏まえて、何が粉々に吹き飛ばしたのか? どうして起きたのか?ワザと誰も聞こうともしない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧