★阿修羅♪ > 原発・フッ素21 > 672.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
がれき、安全なら20%受け入れ アンケートで首長 (共同通信) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/672.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 09 日 00:43:20: igsppGRN/E9PQ
 

がれき、安全なら20%受け入れ アンケートで首長
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012030801001947.html
2012/03/08 21:42 共同通信


 日本青年会議所は8日、東日本大震災で発生したがれきの受け入れについての市町村長アンケートで、回答した590人の20%が、正式に要請された場合には「安全ながれきを受け入れてもよい」と答えたと公表した。「受け入れたくない」は27%、「検討中」が41%。

 一方、政府が進める広域処理の方針には首長の72%が「賛同できる」とした。受け入れの条件として「安全性の保証」や「住民や議会の理解」を挙げる首長も多かった。

 青年会議所は「政府は情報開示や丁寧な説明を通じて自治体との信頼を回復し、首長が受け入れに向けたリーダーシップを発揮できる環境を整えるべきだ」としている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月09日 09:00:35 : Fkh4WncjOM
>市町村長アンケートで、回答した590人の20%が、正式に要請された場合には「安全ながれきを受け入れてもよい」と答えたと公表した。

儲かるからねえ


02. 2012年3月09日 09:31:44 : 3hrUNRSPz2
 日本青年会議所

おいおい、経団連バシリだろ。

 嘘、大嘘、統計


03. 2012年3月09日 13:05:10 : Mnxczxr6Dw

http://www.kansascity.com/2012/03/03/3466929/disposal-sites-in-japan-refuse.html

Posted on Sat, Mar. 03, 2012

Disposal sites in Japan refuse to accept 140,000 tons of radioactive waste

The Yomiuri Shimbun

At least 140,000 tons of sewage sludge, ash and soil contaminated with radioactive materials has yet to be disposed of in Tokyo and six prefectures in the Kanto region of Japan following the crisis at the crippled Fukushima No. 1 nuclear power plant, a survey shows.

Under the central government-set criteria regarding radioactive materials, sewage sludge and ash with radiation levels up to 8,000 becquerels per kilogram can be put in landfills. But an increasing number of final disposal sites refuse to accept contaminated sludge and ash even if it meets the criteria, according to a survey by The Yomiuri Shimbun. In other situations, soil removed during decontamination work has been left at the original sites.

When The Yomiuri Shimbun asked local governments in Tokyo and six other prefectures with waste water processing facilities how they have handled sewage sludge, it found a total of 103,100 tons of sludge - including that which has been incinerated and reduced - was still at the facilities. Of that, about 52,700 tons was in Saitama Prefecture, the most among the seven prefectures.

The Yomiuri Shimbun surveyed 24 facilities in Tokyo and four other prefectures where radioactive cesium above 8,000 becquerels had been detected in ash.

The survey revealed about 6,500 tons of ash from general waste was still kept at the facilities. Of that, about 2,200 tons were in Ibaraki Prefecture and about 1,900 tons in Chiba Prefecture.

As for polluted soil removed in decontamination work, The Yomiuri Shimbun looked at 51 municipalities in five prefectures, which have been designated by the central government as areas for close contamination inspections, and found about 30,400 tons of polluted soil was temporarily stored there.

Many local governments in the Tokyo metropolitan area do not have their own final disposal sites for sewage sludge and ash.

The Nagareyama municipal government in Chiba Prefecture has about 750 tons of ash. The city previously sent ash to facilities outside the prefecture, such as one in Kosaka, Akita Prefecture, for final disposal.

However, since a maximum of 28,100 becquerels of radioactive materials per kilogram were detected in ash in July, such final disposal sites refused to accept ash from Nagareyama. Even ash en route to the disposal sites was returned to the city.

About 350 kilograms of the ash in the city meets the central government's standard, but the city is not hopeful of finding a final disposal site.

"The central government's criteria doesn't do anything to gain understanding from residents around final disposal sites. Unless something is done, we'll be forced to stop incinerating garbage," a city official said.

In Nasu and Nasu-Shiobara in Tochigi Prefecture, where decontamination work was carried out at primary and middle schools, about 11,800 tons of soil has been left in school compounds.


c 2012 Kansas City Star and wire service sources. All Rights Reserved. http://www.kansascity.com
-------------------------------------------------------------------------


04. 2012年3月09日 15:46:30 : mbLgoUxQsc
瓦礫問題の政府の本当の狙いは、
「瓦礫が処理できないから復興が進まない」
と思わせたい所である。

だから、反対派と賛成派がもめればもめるほど
政府にとっては好都合である。

目先が政府の失政に向かわせないからである。


瓦礫を受け入れれば、健康被害が全国に飛び火し、
福島近辺との優位な差がでなくなるので好都合。

瓦礫を受け入れが遅くなれば、復興が進まないのは
受け入れない自治体が悪い、となり好都合。


政府にとっては、どちらに転んでも好都合なのだ。
中国が、内政問題を解決する時に、反日感情を
高めるのと、なんら変わらない。


とにかく正しい認識が大事。

@発生した瓦礫2400万トンのうち、2000万トンは
 もともと被災地で処理するものである。

A政府は残り400万トンを他自治体で処理しようとしている。
 (東京都が50万トンを受け入れ承諾)

B残り350万トンが被災地にあるために、「復興できない」と
 政府は言っている。


この認識をすれば、政府の新聞紙面上の煽り広告や、
アホ丸出しの政治家(細野が筆頭)の発言がいかに
空虚か分かる。


05. Ryukyuan.isao-pw 2012年3月09日 21:37:33 : YrP2vZDuHZBQs : yNxQKmYZKI
東北の被災地復興の妨げとなっている瓦礫処理問題の解決に自然と​の共生で「命を守る森」の構想こそ生かされるべきだと思います。
★震災瓦礫で自然を再生して命を守る森を!
http://isao-pw.mo-blog.jp/​isaopw/2012/03/post_1ce0.html

06. 2012年3月10日 22:44:53 : FEC1zKK4NY
04さんの、@ABの数値がすべてを物語ると思う。

ところで、阪神大震災のガレキは2000万トンでたが、神戸のほうが東北
より空き地がまるで少なく処理が困ると思うが、絆とかいってあっちこっちに
ばらまく話は一切無かったと思う。
そのことを思うと今度のガレキバラマキは利権以外の目的は何かあるのか?。
あるとしたら、バラマキによる国民全体の放射能感性の毀損ぐらいか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧