★阿修羅♪ > 原発・フッ素21 > 733.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本では奇形児は生まれない 奇形と分かったご家庭には、保健師をはじめ次々と何人もで訪ねて堕胎をすすめ 伝聞引用
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/733.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2012 年 3 月 11 日 08:59:02: KqrEdYmDwf7cM
 

奇形と分かったご家庭には、保健師をはじめ次々と何人もで訪ねてくること。

妊娠中に突然、胎児の頭部が大きくなり、堕胎をすすめられた方。

口唇裂の赤ちゃんの診察のために病院に出かけた際、「ひとに見られたくない、聞か
れたくない」と
ひと目を気にする方には、病院の方から「お宅だけじゃないですよ。気にしなくても
大丈夫です」と声がかけられること。

実際、おなじ事情に苦悩する患者さんご家族どうしが、「ごろごろと」隣り合って病
院にいること…等々。

http://onodekita.sblo.jp/article/54350584.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月11日 10:48:29 : dy5bblmkRU
過去外科医をされていた教授の授業を受講していたのですが、先生曰く、
毎年、何例かの水頭症の赤ちゃんの手術をしていたのだが、終わりの頃になると
全く、水頭症を扱わなくなったと。
恐らく、事前検診が発達して、生まれる前にそれなりの処置がされている
可能性は否定できないと。

今回の原発の事故においても、放射線の影響が生まれてくる子供たちに
例え、影響が有ったとしても、決して、日本においては表面に出てくる
ことはないのでは。


02. 2012年3月11日 12:21:58 : dYBNeUTVss
「生まれない」ではなく「生まれさせない」だろ!
だいたい奇形になること事態が問題だろ!

03. 2012年3月11日 13:49:31 : a07oHrwtfw
>02さん
>「生まれない」ではなく「生まれさせない」だろ!

それを解っていて、こう表現されているのでしょう。

>だいたい奇形になること事態が問題だろ!

自然状態でも一定の率で確実に「奇形」は発生するのですよ。
それが、目に見える部分か、生活に支障が無い部分なのかは別にして。
もちろん、今後その発生確率が跳ね上がってしまう事は間違いないと思いますが。

人の命や人生を犠牲にする原発は、早期に全廃するべきだと思います。


04. 2012年3月11日 15:41:39 : pPJ5gJb78A
被曝の影響はなくてもまれに重度の奇形をもった赤ちゃんが生まれることがある。
目のない無眼児とかね。

親に見せてもビビって受け取ろうとしないし、どうやっても長生きはしないので、
放置しておくんだそうな。
ひどい先生になると、まだ生きているのに冷蔵庫に入れてしまうという話も聞いた。

今度の事故の影響で奇形児がたくさん生まれてきては都合が悪いから、
いろいろ理由をつけて無理やり中絶させたり、生まれてきた赤ちゃんを殺して
流産、死産扱いにするんだろうね。

人の命を何とも思っていない彼らだから平気でやるだろう。
下手に生かせば補償が面倒だからね。

ただ奇形児を闇に葬ることはできても、出生率はごまかせない。
新生児の数が激減するだろう。


05. 2012年3月11日 15:56:41 : kejlwA5Rsw
>人の命を何とも思っていない彼らだから平気でやるだろう。
ちょっと、ひどい言い草だな。
ある種割りきらねばならない因果な商売だと思うけどね。

06. 2012年3月11日 17:33:51 : pPJ5gJb78A
>>05
「人の命を何とも思っていない彼ら」とは、ダマ下の息のかかった医者のことだよ。

普通の先生はさすがにそんなことはしないだろう。そう信じている。


07. harahorehirehara 2012年3月11日 19:20:17 : UrfurLbtNaUVw : G3UdYLyhsI
私は、口唇裂なので三歳の頃、東京医科歯科大学病院で手術を受けました。その当時、はっきり覚えている事は、上あごを固定するための器具を頭にはめていたのですが、大部屋だったので同年代の子供に鉄人28号になったような気分で自慢していたことです。私の場合、親から口唇裂だと知らされたのは高校卒業時で、父に同病院に連れて行かれました。状態は亡くなった中川元大臣ていどで、医者は追加の形成手術を勧めなかったのと、私も慣れてしまっていたので強い希望はありませんでしたし、私自身、口唇裂だと気づいたのは、小学生のとき手塚漫画のブラックジャックを見たときで、そのときは全身の血がたぎるような思いを感じましたが、今では口唇裂などより自分の生き方を後悔し、これからの人生をどう生きるかを考えている最中です。

08. 2012年3月11日 19:43:08 : wX31f4N5KY
フランスでは検査でダウン症とわかると生ませません
何ヶ月だろうと。
確かそうゆう法律があるってきいたよ。
だからフランスでダウン症の方を見かけることは皆無に近いそうです。
ダウン症は社会にマイナスになるというのがその理由だそうです。
フランスでは普通のことのようです。
個人的意見はありません。


09. 2012年3月11日 20:25:37 : ouu2HccwzY
>日本では奇形児は生まれない
確実に存在していますよ。世間から遠ざけられているだけでしょう。
偶然目にしたのはキリスト系のホスピス病院最上階。
急患で訪れた病院でカーテン越しに絶句しました。
ベッド数や形体は言えませんが。子供向けのTV番組のような印象でショックでした。
もしスレ主の言う通り堕胎を勧められているのなら政権交代で方針でも変わったのでしょうか?

10. アホ山 2012年3月12日 05:04:42 : 4YEyEL9tSve8Q : TyfI93iz66
周囲にダウン症、知恵遅れ、自閉症、口蓋裂、消化器の異常・奇形、喘息は3〜4人、普通にいますよ。原発事故とは関係なくね。

ダウン症や二分脊椎は出生前診断でわかるので今はあまり見かけなくなりました。もちろん生んでもいいのですよ。確率の問題なので健常児の場合もありますから。

形態的に受け入れがたいものは超音波でわかります。

ま、この世に生まれたのならどんな子でも社会で面倒見てあげようよ。


11. 2012年3月12日 06:29:23 : N21eP3Rcx0
”ひと目を気にする方には、病院の方から「お宅だけじゃないですよ。気にしなくても
大丈夫です」と声がかけられること。”

この「お宅だけじゃないですよ」というのは、これからいろいろな局面で聞かされる
だろう。「今はふつうのことですよ」もだましの文句として使われるだろう。

もともと核実験と原発の放射能を主たる原因として奇形児は増えてきた。出生率の
現象の一つの理由は、女性が奇形児の出産をおそれたからだといわれる。
さらに、これからは以前よりも強く妊婦は検査を薦められるだろう。この費用で
医療界はもうけられるが、出生はいっそう減少することになる。

検査で奇形が発見されれば、当然堕胎が半強制され、検査で発見できなかった奇形児
の誕生は、一般の目のつかない特別学校での教育などで隔離するだろう。

さらに、この数が大きくなれば、出生後の殺人(間引き)に進むだろう。


12. 2012年3月12日 07:25:32 : FxEbJ6ltqM
 


それだけじゃないと思うよ

奇形かどうかなんて超音波診断機素人が見てもわかんないよね


人口削減計画の一環じゃね

 


13. 2012年3月12日 16:49:26 : SgkCt8hsGE
今に限った事じゃなくて、大昔から日本ではそうしてきたんだよ。生まれて来てしまった子でも、重い障害
のある子はすぐに処理されてたらしい。確かに生まれた子を殺してしまうのは残酷かもしれないけど、人として生きられない人間が長い人生を生きて行きて行くのは、親族にとっても死ぬほど大変なことだよ。たとえ実際に子供も殺してしまう事になっても、それが正しい事だと思う。変なヒューマニズムで真実をごまかす方がよっぽどおかしい。

14. 2012年3月12日 17:20:46 : XJL2YLIhEs
こないだ途中でテレビを消した、野田聖子の『育児奮闘』番組を思いだした。

私は、生れる前や、生れたばかりなら、仕方ないかな、と思う。キレイゴトじゃないですよ。若いうちの育児でも放棄しちゃう奴がいるのに、ぼちぼち自分が介護されるような年齢で、自分より大きく成長した子供のオムツ替えたり車椅子押したりしなきゃいけないとしたら。
今までは、生物的に弱い子は、生れる前に自然に流れちゃってたから、生れたってことは生きられるってコトだって母の世代以前は思って来たようですが。尊厳死と同じ?で、今って生かせられちゃうんですよね。両掌に乗るような大きさに生れた超未熟児でも。
私には2人の弟がいるのですが、2人の間は11ヶ月しか離れていなくて、下の弟を生んだ時、母は36歳でした。約30年前の話です。祖父母は大反対したみたいです。反対を押し切って生れた下の弟は、ダウン症ではありませんでした。検査は受けなかったようです。検査の結果が怖かった。知らない方が生める、と。


15. 2012年3月12日 20:19:05 : NZEhTewhTk
センシティブな情報が嘘だった場合発信者はヤバいだろう

16. 2012年3月13日 03:07:11 : EIaZKCQ836
>>13
>人として生きられない人間が…
>>14
>今までは、生物的に弱い子は、生れる前に自然に流れちゃってたから…

きちんとした議論と合意のもとで行われない限り、悪夢のような社会を生むこと
になるのでは。どこまで殺していいのかはっきりと線を引けないし、どの時期まで
殺していいのかもわからない。

それと、奇形児といっても本当に自力で生きられない子は、やはり大半は死産で
しょう。充分自力で生きられる子も、殺すようになるのではないかな。法律で
決められなければ、現場の判断となります。こういう風潮は殺人の正当化をまねき
社会全体を危機に頻させることになるとおもいます。


17. 2012年3月14日 01:23:44 : jNhLiHGQnc
目につく奇形ばかり騒ぐけれど、それは全体としてはそう多くはならないのでは?
むしろ、生まれながらの虚弱体質とか免疫不全とか、内科的な問題を抱えた子が多くなりそうで心配だ。

18. 2012年4月01日 01:46:50 : MgwkFeIFnU
ここのコメント読んでて、あまりにも一方的、いや違う、自分と障害は関係ない
から、あまりにもお気楽で傷つける内容や言葉多すぎでは。
障害を持った人だって原発など真実知ろうとして、この掲示板にきっと訪問して
いるはず。ほんの少しの想像力、原発以外にも必要です。

19. 2012年4月04日 09:07:28 : HRiL3vUy1Y
この一年間だけですでに、通常の3〜4倍の奇形児が生まれていますよ。
福島の産婦人科です。
これからもずっと内部被曝・外部被曝により、
確実にDNAの破壊が行われて行くのでしょう。

20. 2012年7月31日 18:58:06 : m63BwE6M2B
福島だけと思うことが問題
東京や関東でも20年後は福島と同じ被害が出る
遺伝情報に激しいダメージの出るウラニウムが東京でも大量に検出とバズビーが言ってる
放射能の濃度が濃いとすぐ症状が出る
薄いと子供にでる、さらに薄いと孫に出るという具合に放射能の被害から関東以北日本人は逃げられない宿命を負った。

ベラルーシの例を挙げれば、放射能による遺伝的障害は男子の子供精原細胞に影響を受けて栄光を受けた男の子の遺伝子マップは穴だらけになるがその子供には症状が発現しないと考えられる。女子は生まれたときから卵子を持っていて放射能の害は男の子に比べ受けにくい。そのため男子の駄目駄目ゲノムをカバーして遺伝し障害が表面化しないと考えられる。でも孫の代になると駄目駄目ゲノムの遺伝子しか持たない親から生まれた孫は遺伝障害は発現するのではと考えられる
放射能障害は25年後の大きく表面化してベラルーシのような社会問題になるのかなと考える
早くしないと放射能の障害は7代たたるぞ もうイスカンダルにしか希望がない


21. 2012年7月31日 21:30:10 : LcRFDbLlZA
最近見たものだから、時季外れの質問になってしまうんだけど、08のコメントを書いた方、まだ見てますか? フランスではダウン症の赤ちゃんは産めないとかって話しは本当でしょうか? フランスって国は良きにつけ悪しきにつけ自由と自己判断を重視するって思ってたんです。だから、「障害」児(奇形児という外形的な違いを有する子どもも含めた概念として使います)を生む自由も担保してるって思っていたのですが、違うのでしょうか? 宗教的にも(かなり少数でしょうが)カソリックですから、年配層には堕胎に抵抗感のある人々も多いと思うし、強制的に堕胎させるような法が在るって事が、不思議なんですが???。よかったら、もう少し具体的に教えて下さい。

22. 2012年7月31日 22:26:54 : m63BwE6M2B
なぜ遺伝子異常の子供が生まれるか教えてやろう
福島はこどもに影響がすぐ出るかもしれない 非常に線量が高いから ちなみにチェルノブイリでは0.4マイクロシーメルトの地域は6年後に子供が白内障などで目が見えなくなって廃村になった地域があるそうだ
遺伝子異常は0.1から0.3マイクロくらいのところは二十年後に孫に影響が出るそうだなぜなら
以下のような仮説が成り立つからだ

ベラルーシの例を挙げれば、放射能による遺伝的障害は男子の子供精原細胞に影響を受けた男の子の遺伝子マップは穴だらけになるがその子供には症状が発現しないと考えられる。女子は生まれたときから卵子を持っていて放射能の害は男の子に比べ受けにくい。そのため男子の駄目駄目ゲノムをカバーして遺伝し障害が表面化しないと考えられる。でも孫の代になると駄目駄目ゲノムの遺伝子しか持たない親から生まれた孫は遺伝障害は発現するのではと考えられる
放射能障害は25年後の大きく表面化してベラルーシのような社会問題になるのかなと考える この仮説本当ぽいぞ
放射能の障害は7代たたるぞ愚か者めと思いました


23. 2012年8月10日 23:47:10 : wUWETJwf5o
こういう記事を目にすることはなかなか無いので、
正直深く考えてしまいましたが・・・

私ならどうするだろう。
自分が奇形であると分かったとき、
奇形の子を身ごもってしまったとき。
想像はできても実感することなど到底出来ないですよね・・
その苦しみは、きっと完全には理解してあげられない。

しかし救ってあげたいです。
命は平等だと、思いたい。
皆で助けてあげられないのでしょうか・・・

母親としては人目が気になるのかもしれませんが、
理解をしようとしてくれる人を増やすのは、必ず心の助けになります。
福島が大変なのは皆、分かってることだから
協力してあげたいです。


24. 2012年8月12日 09:29:07 : NDZvjM4HqQ
この子達・・・足はどこ?・・・鼻はどこ?・・・顔はどこ?・・・
○チェルノブイリ奇形写真
http://portirland.blogspot.jp/2012/08/shashin-houshanou-genpatsu.html#
○劣化ウラン弾による内部被ばくでガン、奇形児がつぎつぎ
http://homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/ExtremeBirthDeformities.htm
http://20070110.at.webry.info/201104/article_36.html
がれき拡散は日本中を奇形児にして補償を逃れるため
○ http://takumiuna.makusta.jp/e189642.html

◎「保守」でもなんでもない「単なる一部電力会社のための利権メディア」『S経新聞』の不買運動を開始しよう!!
◎「韓流」で日本文化を殺し、「原発」で日本人を殺す「反日利権メディア」『S経新聞』の不買運動を開始しよう!!


25. 妊娠二ヶ月 2012年10月12日 05:56:07 : /gPTGyw5DWqng : VpcuumBJss
夫がフランス人です。
ダウン症のテストはやらなくてはいけませんが、
降ろさなきゃいけないなんて法律はないとの事です。
産むか産まないかは自分で判断できるとの事です。

26. 2012年11月06日 19:19:46 : 2sYTZ5DPGg
<21
在仏30年です。
フランスはカトリック信者が大多数の国です。カトリック教会はいかなる理由があろうとも、中絶を罪だとしています。しかし革命の国なので、親が人権を主張する国でもあります。
現在障害児が出産前判断でわかるようになるシステムは、ほとんどできあがっています。そのあとの決断は、親次第です。
女の人権が尊重される国ですから、親がいやだと判断すれば中絶するし、障害児でも生みたければもちろん生みます。ダウン症の子供なんて、フランスにもいくらでもいますよ。もともと堕胎自体がはわりに最近まで禁止されていたカトリックの国です。

障害児の堕胎を法律で強制するなんて、ナチスじゃあるまいし、ありえるわけないじゃないですか。そういう質問がおきることが、非常に不可解です。


27. 2013年3月15日 00:49:55 : 0uakbCRtKo
>>04 pPJ5gJb78A さん
>ただ奇形児を闇に葬ることはできても、出生率はごまかせない。
>新生児の数が激減するだろう。

そのための布石はちゃんと打ったのでしょ。
今年は風疹が去年の50倍だってよっ!
正に風疹はもってこいのかくれみの。
しばらくはこの手で行くのでしょうかね〜?
次はインフルエンザが50倍とか
その次は何にするんだろ?



28. 2013年4月10日 07:56:07 : zd8x9g3lXE
>>08は、工作員のコメントです。

フランスの話を捏造することによって、日本の出来事も当たり前だと思わせようとしています。

フランスの文化人、俳優の中には、ダウン症の方が少なくからず、います。
http://fr.wikipedia.org/wiki/Syndrome_de_Down#C.C3.A9l.C3.A9brit.C3.A9s


29. 2013年4月10日 08:04:30 : zd8x9g3lXE
2013年度の福島県と宮城県の医学統計は、隠蔽しましたが、長くは続けられない。
放射線による影響は、死亡率の増加、出生率の減少によって、人口増減率が、マイナイになることで分かります。

日本の人口増減率は、すでにマイナス0.6%にありますので、これに放射線による影響が加わると、チェルノブイリ(マイナス0.5%、最悪の地域では、マイナス2%台)でも経験しなかった史上最悪の人口減少が起きるでしょう。


30. 2013年4月10日 14:28:35 : zBYc960RaI
昔はちょくちょく見た小人も見なくなったろ。
成長ホルモンを投与して治療されるようになった。
人知れずいろいろやってるわけよ。
しかし表には出て来ないから、あたかも存在しないかのように思われている。
平常時でもこうだから、福島などどうなっているのか皆目検討もつかない。

31. 2013年4月10日 16:16:18 : TF2VRObiwY
事前に分かる外見奇形ならともかく、内臓とかの奇形は判断できそうにもないな。
生まれた後に「処分」したら殺人ですよね。

32. 2013年4月10日 16:45:46 : txKoq6KBVw
戦後広島でたくさんの奇形児の首の骨を折って死なせた産婆さんの話を思い出した。


33. 2013年4月10日 18:24:45 : Mv0OwFO8Zs
>>32
中国人や朝鮮人の産婆なら平気でやりそうだな。

34. 2013年4月10日 18:56:46 : D50XFRvzjk
最終的に生む生まないを判断するのは親なのだから問題ないと思いますが
というか人間の子供に対して平気で「奇形」などという言葉を使うヤツはろくでもないね

35. おっさんZ 2013年4月10日 19:13:30 : vf1pLsPn/FgHY : ugAGzSEjAY
>>33
彼らは骨の髄まで資本主義だから、そんな金にならないことは余りやりたがらないはずだが?w。

36. 2013年4月10日 22:27:29 : q4AKLRV9ww
>>22
全然違います。卵子は新たに体で作られることがないためダメージを受けても回復しない上に細胞分裂を行うため放射線に対して敏感であるのに対し、精子は毎日製造分解が繰り返され、細胞分裂を行わず、ダメージを負ったものは受精までたどり着ける確率が減少するため、男性より女性のほうが放射線に対して敏感となります。

37. 2013年4月10日 22:30:45 : DdITTUW0UQ
日本政府は知っているのです。

何故ならば、原爆の影響によって、胎児に先天性奇形が見られたからです。

無脳症、体外内臓、生殖器欠損、無脊椎症など。

>the birth defects that followed the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki in WWII. They have numerous photos of infants born without brains, with their internal organs outside their bodies, without sexual organs, without spines, and the list of deformities goes on an on.


38. 2013年4月10日 22:51:16 : DdITTUW0UQ
先天性奇形、発育異常は、被曝した父親を持つ子どもに、より多かった。

>There are more congenital malformations
and developmental anomalies among children
born to irradiated fathers (National Ukrainian
Report, 2006).


39. 2013年4月11日 02:46:57 : YFm58BV5m5
出生前尊厳死 という言葉 が 独り歩きしそうです。

40. 2013年4月11日 12:19:53 : Q1AShcAlNU
アメリカには精神薄弱児や過度な身体障害者が沢山いる。
親戚に障害者がいないアメリカ人はいないと思わせるほど多い。

精神障害者同士の結婚や出産も多い。
そのことに反対意見をのべた施設のボランティア(友人)は、
「自分たちの仕事を奪う気か」と施設の従業員たちに反撃されたそうだ。

アメリカは堕胎を難しくしており、その傾向がますす強くなっている。
産婦人医者が殺された例も珍しくない。
これは卵子と精子が交わった瞬間から人間として扱うべきだという信条に元づいている。
又、傷害者を「神の子」と崇める思想から、政府は、あらゆる面で彼らを手厚く保護している。


41. おじゃま一郎 2013年4月11日 13:18:01 : Oo1MUxFRAsqXk : 0FutOJpvIU
こういうセンシテイブなテーマの投稿は、こんなところにすべきでない!

42. 山下 2013年4月11日 14:13:37 : jSfJjDOkfj6nE : voiUEacBeU
1963年当時の東京は、現在の約1000倍の放射性降下物があったそうです。
つまりセシウム137だらけ。
根拠
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/etc/qanda01/#q01-01

放射線被曝で奇形児が生まれる可能性があると言うのは私もそう思います。
しかし、今回の福島原発爆発事件での放射能汚染で東日本の汚染が、
過去より酷いという嘘は、目が覚めてから言えばと言いたい。

原発間近の汚染はそうかもしれませんが、具体的な実測数値を観て判断すべきだと思います。
私はサーモサイエンティフィック社製の線量計をもって被災地を回ってましたが
私の計測した実測値は、TVで言っているものより高かったことはありません。
態々、排水溝を計測すれば高いのでしょうね?

放射線の被害は大した事ないと私は思います。
それよりも、ストロンチウムやプロトニウム、PCBの発癌性の方が問題だと思います。


43. 2013年4月11日 14:16:51 : ZO3mf2YxFs
そういえば最近新生児に問題があることを早期に調べられるようになっているが、もしかすると被爆した子供を間引くためにやり始めたのかもしれない。

44. 2013年4月11日 16:47:48 : rRzNJYtzaY
>>42
嘘つきは、放射脳の始まり。

ダマ下、速やかに去りたまえ!

降下物 月間降下物  1963/06/01  中野区  Cs-137  547.6MBq/km2.月
降下物 月間降下物  2011/03/01 新宿区 Cs-137 11000MBq/km2.月

上記の検索結果は、以下の検索条件で検索されたものです。
 調査対象 大気
 調査年度 1958年度〜2012年度
 調査地域 東京 
 調査試料 降下物  全て
 調査核種 Cs-137 
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.SelectMain?paraSelectKind=1


45. 2013年4月11日 18:16:41 : 99RuMirqCI
戦前までは、間引きというのがあって、産婆さんが生まれるとすぐに赤ん坊を口をふさぐなどして殺していたそうだ。
貧しい農家で10人も子供が生まれると育てられないからと産婆さんに頼んだそうだ。
戦前はゴム製品などないし、自然にしていれば、10人以上の元気な子供がぞくぞく産まれる。
今は子供が少ないから、障害児でも大事に育てる仕組みになっている。
夫婦のセックスレスが半分だというから、これからもますます子供はいなくなり、
日本人の多くの割合を障碍者と老人が占めることになるだろう。
昔の妊娠中絶も本で読んだが、ひどい乱暴で、産婆さんが棒か何かでかき回すだけだから、出血が止まらず死んだ人やら、大変だったらしい。

今も昔も悲惨だね。


46. 2013年4月11日 18:41:44 : rWn9PLlcps
>>24○劣化ウラン弾による内部被ばくでガン、奇形児がつぎつぎ
http://homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/ExtremeBirthDeformities.htm
http://20070110.at.webry.info/201104/article_36.html

の続報。ヒロシマやチェルノブイリと同様の奇形児が多く生まれたイラクの放射能発生源は原爆でも原発でもなく「劣化ウラン弾」だけである。これが推理の出発点であり帰着点である。

劣化ウランの特性
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/uran/tokushu/index2.html

α線内部被曝---bing検索結果第1ページ
---------------------------------------------------------
被曝についての考察http://www.cadu-jp.org/data/yagasaki-file01.pdf
ウランの場合はα線放射です。この場合、イオン化は り合う原子すべてを イオン化する密度です。ものすごく W密度のイオン化がなされます。図2の右 図に示すように、もしこの10万個を例えば1キログラムの臓器全体にばらま

「喫煙によるα線内部被ばく、タバコ会社は40年以上前から ...
http://sustainablejapan.net/?p=585
喫煙者がタバコに含まれる放射性核種ポロニウム210を吸入してα線内部被ばくすることにより、肺癌の発症率が高まる…。タバコ会社はこの問題について40年以上前から詳細な調査を行っていたにもかかわらず、事実の周知を意図 ...

α線内部被曝線量の評価方法についてのメモ
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No99/koide041215a.pdf
1 第99回原子力安全問題ゼミ 2004年12月15日(水) α線内部被曝線量の評価方法についてのメモ 特に吸入によって肺に取り込んだ場合 小出 裕章 T.基本的な事項 α線を放出する核種を体内に摂取した時の内部被曝線量を ...

内部被曝について考える
http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~kameyama/JSAOKleaflet2.pdf
となりα線内部被爆の場合と比較すると、質 量当たりの吸収エネルギーでは10の9乗(10 億)倍もの差があります。 国際放射線防御委員会の規準は、図2の左 図に示されるような被曝状況が右図に示され る被曝状況に ...

被曝 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E6%9B%9D
表記 · 概要(放射線 ... · 放射能と崩壊系列 · 被曝の分類
18.3 100mSV以下の被ばくでも白血病リスク増大を証明 (2012年11月) 18.4 リスクを ... 吸い込んだりして体内に取り込んだ放射性物質によって被曝する内部被曝(体内 ... α線は紙1枚で遮蔽できる。放射性同位元素から放出 ...

内部被曝を計る|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり
http://www.taro.org/2011/06/post-1018.php
立位型WBCで内部被曝を測定するには、被曝量が少ないほど測定時間がかかり、極めて低線量の内部被曝を測定するのに約20分を要するそうだ。 それならば、ある一定の内部被曝量を検出限界に設定し、1時間あたりに ...

内部被ばく(internal exposure) - 緊急被ばく医療研修
http://www.remnet.jp/lecture/words2003/05002.html
内部被ばくは、摂取した 放射性物質 の 実効半減期 で減少してゆくが、管理上は摂取後50年間の預託 線量 で評価を行う。外部被ばく とは異なり、プルトニウム やアメリシウム等の 電離 効果の高いα線を放出する 核種 の内部 ...

プルトニウム -- α線核種による内部被曝の重篤性 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=F-5LSckLEQ0
2011/06/11 · プルトニウム -- α線核種による内部被曝の重篤性 ... オリジナルは、神保さんの質問、テーマ設定の流れに添うかたちで、内部被曝がもたらす 人体への深刻な影響 ...

内部被ばく (09-01-05-02) - ATOMICA -
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-01-05-02
また、内部被ばくではα線やβ線のように透過性の小さい放射線も含め全ての放射線が臓器・組織の照射に寄与する点で、透過性の大きいX線、γ線あるいは中性子線のみが照射に寄与する外部被ばくと様子が異なっている。

ラドンによる外部被曝と内部被曝の慢性的影響: 200mGy以下 ...
http://www.iips.co.jp/rah/spotlight/kassei/radone.html
ラドンによる長期的な影響は、肺上皮細胞でのα線内部被ばくとウラニウム、トリウムとその崩壊核種によるγ線外部被ばくの両方の作用による。被ばく規制値4WLM/年は年被ばく線量20mSvに相当する。多くのウラン鉱山ではこれ ...
-------------------------------------------------------------


47. 2013年4月11日 19:56:08 : rWn9PLlcps
劣化ウランの保存先リストとされるもの。

http://matome.naver.jp/odai/2133503183505258201/2133503346205340403


48. 2013年4月11日 20:38:11 : NyFXAf2tjY
>>03


>もちろん、今後その発生確率が跳ね上がってしまう事は間違いないと思いますが。人の命や人生を犠牲にする原発は、早期に全廃するべきだと思います。

自然界で福島周辺で明確に観測されだした 動植物の異常 人間に現れないはずがない。

http://toyokeizai.net/articles/-/13516

http://toyokeizai.net/articles/-/13516?page=2

http://toyokeizai.net/articles/-/13516?page=3

http://toyokeizai.net/articles/-/13516?page=4

http://toyokeizai.net/articles/-/13516?page=5

出世前の診断で。人として生まれないか生まれるかの選択が、半ば親にゆだねられる鬼の時代の到来を原発が促しているのですね。福島だけの問題ではないでしょう。六ヶ所村や福井だって駄々漏れの放射能の恐怖にいつさらされるかわからないわけですからね。原子力の因果なのですから。


49. 2013年4月11日 23:03:43 : 4aLTCwV1kM
ブログ主が引籠ってるから知らないだけで、奇形は以前からいるよ。
パッ見てわかるほどの奇形が極少数なだけ。

50. 2013年4月12日 01:32:19 : KyQWvFfzDk
うちの祖父の世代から聞いた話だが、昔は産院でなくお産婆さんが赤ちゃんを取り上げていたので、奇形児が生まれると首絞めて「死産でした。」と告げたそうです。お化けの一つ目小僧とかは、そういう奇形児の一つだったとも言っていました。犬でも出産時に子供を食べて始末することがありますから、まあ自然の摂理とも言えると思います。

51. アロエ 2013年4月12日 07:11:57 : JWI/5evnrnJrw : ec7Sy4gBLo
フランス在住者です。 二人をこちらで出産し、現在三人目を妊娠中です。

まず、福島、近辺に住む妊婦さんのお気持ちを考えると胸が痛みます。
新しい命を楽しみに待つ権利。人間としての権利を侵されたのです。
東電、政府、原子力村、御用学者・・犯罪者としての罪を償うべきだと思います。


次に、フランスではダウン症の検査をするかしないかは個人の自由で選べます。
羊水検査を5か月になる前に無料で受けられます。
受けない選択をした場合は、書類にサインをさせられます。
ダウン症をフランスでは見かけないという情報は嘘です。

羊水検査、エコグラフィ検査は日本と同様で、その後の選択は個人の自由です。

幸せであれと願い、名を授け、産みの苦しみに耐えてきた母の母の母の母…のおかげで私たちはここに存在しています。

今、この時代の母に絶望を与えた罪を反省し、行動して欲しいです。


52. 2013年4月12日 09:17:34 : sJkUN0iqpw
しかし、>20の回答は的を射ている。阿修羅とは
全く無関係に、俺が独自に調べたデータと粗同じ
だからな。

ここまで知ってる人間なら、当に知りえている
と思うが、国際原子力機関は遺伝障害について
【チェルノブイリの影響ではない】と断定した。
すなわち「遺伝障害が出ているにも関わらず
誰も補償する必要が無い」ということになる。

国際機関の意見は、今後の遺伝障害問題において
多大な影響が予想されるだろう。
電力会社と結託した議員が増えれば、こうした
障害が20年後に発生しても「完全に隠蔽」する
事も十分予想される。


原発の即時撤廃は、技術・費用の面で物理的に
不可能であるとしても、東電幹部は今後増える
であろう遺伝障害に対する賠償金の捻出だけは
考えなくてならない。さらなる給料引下げを検討
すべきだろうし、国民に誠意を尽くすべきだろう。


それを可能にするためにも、維新や自民を初めと
した【原発推進派の議員】どもには、この夏絶対
勝たせてならぬ。
彼らと電力会社との癒着を潰さない限り、被爆した
東北・関東の民は救われまい。


53. 2013年4月12日 13:40:23 : rWn9PLlcps
>>47続き

http://www16.plala.or.jp/chemicaldays/jishin/110823rekkauran.html


■週刊朝日9月2日号(8月23日発売) スクープ!「新しい放射能危機」放置された劣化ウラン 全国195カ所に1545万6600リットル分の放射性物質

これは、イラクなど戦火が絶えない地域の話ではない。私たちの身の回りに、ウランなどの核物質がゴロゴロと転がっている。放置されているといったほうがいいだろう。私たちは、深刻な放射能汚染と隣り合わせで、生きている。危機が現実化する前に、対策を急がなクてはならない。ジャーナリスト形山昌由+本誌田中裕康

 見出しを見て、「週刊朝日よ、大げさだ」と眉をひそめる方もいるだろう。だが、これは誇張表現ではない。私たちは3月11日の夜、"重大危機"の瀬戸際にいた。
 その詳細は後述するとして、私たちの間近に迫る"放射能汚染危機"の話から始めたい。
 机のひきだしの中から謎のガラス瓶、産業廃棄物の倉庫内からは正体不明のポリ容器が見つかった。場所は、東京農業大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区)。昨年初めのことだった。瓶に貼られたラベルに「酢酸ウラニル」と書いてあった。
 酢酸ウラニルはウラン化合物の一種で、かつて、電子顕微鏡で核質観察をする際などの染色剤として使われていた。
「約1千人の全教員に聞いたが、いちばん古い1973年からいる先生も使ったことがないということで、詳しいことはわかりませんでした。試薬としていまは酢酸ウラニルを使わないので……」(長谷場秀道・施設部長)
 謎のガラス瓶は他の研究室のキャビネットや、試薬棚からも見つかった。
「瓶は16本ありました。ポリ容器はビニール袋に包まれていて、産業廃棄物倉庫の中に無造作に置かれていました。中身がなんだかわからず、学内のアイソトープセンターに確認を依頼しました」(長谷場部長)
 中身は、ウランだった。
 結局、キャンパス内からは、合計で325グラムの天然ウランと9グラムの劣化ウランが見つかった。かなり以前から放置されていたものだという。キャンパスは、小田急線の経堂−千歳船橋間にある。周囲には私立高校や公立小・中学校、保育園が並んでいる。危険性はないのか。
 矢ケ崎克馬・琉球大学名誉教授は、
「ウラン化合物から出るアルファ線はごく短い距離しか届かないので、外部被曝を心配する必要はほとんどありません」
 と語る一方で、内部被曝の危険性をこう指摘する。
「瓶の中の液体がガス化して粒子が空気中に放出されると、それを吸い込んで被曝する可能性があります。ウランの粒子は体内に入るとアルファ線を出し続け、遺伝子の変成や、細胞破壊をするのです」
 東京農業大学の例は、レアケースではない。
 市営住宅やマンションが立ち並ぶ一角にある大阪市立大学(大阪市住吉区)でも、05年に、試薬瓶入りの酢酸ウラニル一(10本)と硝酸ウラニル(9本)の計650グラムのウランのほか、核原料物質であるウラン鉱石2個(約270グラム)などが見つかった。
 大阪市立大学で放射性物質の管理を担っている平澤栄次教授はこう話す。
「過去に研究で使っていたウランを捨てるに捨てられず、学内のあちこちに試薬瓶で残していました。一つひとつは微量でしたが、かき集めるとかなりの量になってしまった。現在は『核燃料物質貯蔵施設管理委員会』という組織も作り、厳重に管理しています」
 核燃料物質を管理する文部科学省は05年と09年、放射性物質の使用許可を受けた事業者に対して、届け出漏れがないかを調べるために一斉点検を実施した。
 すると、所在不明になったものを合わせて、08年から現在までに20件以上も、新たに放射性物質が見つかっている。物質は、ウラン、セシウム、ストロンチウム、ラジウム、コバルトなどのおどろおどろしい名前が並ぶ。
 場所は、企業、大学、病院が多いが、東京都港区の個人宅からはポリ容器に入ったトリチウム、プロメチウムが見つかったケースもあった。前述のように、中には、保管段階で密閉などされていない"放置"状態のものも多かった。
 文科省担当者によると、放射線障害防止法ができたのは1957(昭和32)年で、それ以前に購入された放射性物質は届け出されていないことがある。また、長い間に保管場所が移動して、所在不明になることもあるという。
「我々の間では、事業所からウランなどが突然見つかることを、どこからともなく水が湧いてくる様子に似せて『湧き出し』と呼んでいます」(文科省担当者) 
 新たに見つかる放射性物質を、ふんだんにある水に例えること自体、管理が行き届いていない現状を認めているようなものだ。

約半世紀も放置された放射能汚染
 全国に「湧き出し」の例は後を絶たない。放置されていた放射性物質が原因で、敷地内が"放射能汚染"されたケースもある。
 07年6月、住友軽金属工業の名古屋製造所(名古屋市港区)から、
@硝酸・酢酸ウラニル(ウラン量で144グラム)
A塩化・硝酸トリウム(トリウム量で26グラム)
B棒状の天然金属ウラン(6.2キログラム)
Cペレット状の天然金属ウラン(3・95キログラム)
 などが見つかった。
 同社の安全衛生室長によると、硝酸ウラニルや塩化トリウムなどの薬品(@とA)は試薬瓶入りで、毒劇物等の保管庫にあった。天然金属ウラン(BとC)は、実験室の片隅でプラスチックケースや鉄缶に収められた状態だったという。
「人の目に触れないところにひっそりと置かれていました。弊社の敷地では、昭和30年代に当時親会社の住友金属工業が核燃料に関する研究をしていたことがあり、そのときに研究で使っていたものが一部残っていたと推測しています」(前出の安全衛生室長)
 とりわけ、トリウムは、
「ガンマ線を放出するので、保管状態が悪いと、外部被曝する可能性がある」(前出の矢ケ崎氏)
 というから危険だ。
 さらに、会社が調査すると、放射能汚染された場所が見つかった。驚きなのは、汚染場所は、ウランが見つかった場所とは、まったく別の建物だったことだ。
 汚染濃度は、建物内の床面で最大16マイクロシーベルト毎時、建物外も最大1・1マイクロシーベルト毎時。早ければ、昭和30年代から約半世紀もの間、放射能汚染が放置されていたことになる。
 会社側は慌てて建物を立ち入り禁止にしたが、それまでずっと研修などでこの建物を使っていた。汚染された建物に出入りしていた従業員を特定し、健康診断をしたところ、異常はなく、外部被曝の線量は、最大でも年間約21Oマイクロシーベルトで、健康上問題なしと判断したという。
 今回、現場を取材すると、担当者が口をそろえるフレーズがある。これだ。
「国が『直ちに影響はない』と言っているから大丈夫」
 だが、低線量の放射線を長期間にわたって浴びる危険性の研究を続けてきた肥田舜太郎氏(元全日本民医運理事)はこう言う。
「微量の放射線を浴びても、人体の防衛機能が働くから大丈夫というのは間違いです。広島、長崎の被爆地で、多数の内部被曝者を診てきましたが、数カ月後から数十年後に発症した『ぶらぶら病』は、低線量放射線の影響と考えるのが最もよく説明できます。検診で異常は見つかりませんが、疲れやすい、根気がないなどの症状が続くのです」
 東日本大震災後、「国の楽観的見通しはウソだ」とわかった。そのことは、福島原発の爆発後の汚染実態を見れば明らかだ。

首都圏には住めなくなる「重大危機」
 いよいよ、冒頭に述べた"重大危機"の語である。
 ご存じのとおり、3月11日の東日本大震災の直後、千葉県市原市のチッソ石油化学五井製造所と隣接するコスモ石油干葉製油所で、液化石油ガスタンクが燃える大火災があった。
 コスモ石油で火災が起きた直後、「有害物質が雨などとともに降るので注意」という内容のチェーンメールがインターネット上に出回つた。これに対し、会祉側は「LPガスの燃焼によって発生した大気が人体へ及ぽす影響は非常に少ない。有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降るという事実はありません」と打ち消した。結局、このチェーンメールは流言飛語として扱われた。
 しかし、である。
 鎮火に10日を要する大火事の炎は隣のチッソ石油化学へ延焼し、保管倉庫を焼いた。その倉庫に保管されていたドラム缶33本は辛うじて難を逃れたが、ドラム缶の中には総量765キログラムの金属が入っていた。
 その金属とは。
 劣化ウランだった。
 消火にあたった消防署員はこう話す。
「ガス濃度が高く、現場に人れたのは鎮火後でした。保管倉庫はほぽ全焼で、ドラム缶を囲う鉄板は変形し、コンクリートは変色していました。ドラム缶の上には、焼け落ちた倉庫の屋根の破片が落ちていました」
 もし、劣化ウランが燃えたら、どうなったのか。
「劣化ウランは燃えやすく、粉塵になる。吸い込むと粒子が気道に沈着し、アルファ線が細胞を破壊する。もし免疫細胞が破壊されると、人体に重大な影響を与える」(劣化ウラン研究会の山崎久隆代表)
「劣化ウラン弾が燃えた後には、直径1マイクロメートルの微粒子に1兆個の原子がある」(矢ケ崎氏)
 ドラム缶に火が燃え移るか、焼け落ちた屋根がドラム缶を突き刺していたら、燃焼でウランの微粒子が飛び散り、風に乗る。首都圏を中心に、取り返しのつかない放射能汚染をひき起こしていたことは間違いない。
 そもそもこの劣化ウランは、チッソ石油化学が工業用ガス製造用の触媒として過去に使用していた。しかし、文科省には保管している事実を報告しないまま、2005年6月に「湧き出し」の扱いで、急遽届け出ていたものだった。
 チッソ石油化学の担当者は、こう説明する。
「劣化ウランは放射線量も低く抑えられている」
 だが、そんな危険な核物質が、ひとたび燃えだせば消し止めることさえ困難な石油タンクのそばに置いてあった事実は重い。

「十分な情報公開」と言えるのか
 本誌の取材で、ウラン化合物などの核燃料物質を含む低レベル放射性廃棄物を保管している研究施設は全国に195カ所あることがわかった。
 文科省は、全事業者から報告を受けているが、事業者が提出する報告書には物質名を記入する義務がない。そのため、どんな核物質が保管されているのかわからないケースが多い。つまり、A事業所は放射性廃棄物を持っている。だが、何の物質かは知らない――これが、この国の放射性廃棄物の管理実態なのだ。
 今回、本誌は、研究施設で1トン以上の放射性廃棄物を持つ首都圏の26事業所に対し、所持する放射性物質の種類や使用目的などを取材した。中には、
「カメラに使う光学ガラスにかつてトリウムを混ぜていた」(住田光学ガラス)
「タングステンを製造する過程でトリウムを添加している」(東芝マテリアル)
 と回答する企業もあったが、多くの事業所からは明確な答えはなかった。
 文科省担当者はこう話す。
「いろいろな汚染物質が混ざり合っているケースが多く、それが何の物質なのか特定できない。実際、ウラン、劣化ウラン、トリウムのうちのどれかでしょう」
 あまりに不十分な管理体制を、文科省に問いただすと、担当者はこう答えた。
「廃棄物を保管する管理区域内で3ヵ月間の上限が1.3ミリシーベルト、周辺監視区域で年間1ミリシーベルトという放射線量の上限を各事業所は守っている」
 これは、答えになっていない。放射線量を管理しているとはいえ、これは地震や災害のない平穏時の話。保管庫の建屋についての耐火基準や耐震基準などはないのだ。
 前述のチッソ石油化学の保管倉庫も特に耐火設計されていなかった。07年の新潟県中越沖地震では、東京電カ柏崎刈羽原発に保管されていた放射性廃棄物入りのドラム缶400本が倒れ、うち39本のふたが開いた。報じられてはいないが、被曝の危機は、私たちの間近に迫ってきている。
 さらに、疑問点がある。
 東京都内で廃棄物の量が多かったのは、東京工業大学の原子炉工学研究所(目黒区大岡山)の11トンと東京大学大学院工学系研究科にある原子力国際専攻共同施設(文京区弥生)の3トン。ともに、廃棄物の中身は、研究用のウランとトリウムだった。
 奇妙なのは、放射性廃棄物の放射線量だ。東工大は文科省に対し、「Oメガベクレル」と報告している。メガの千分の一に相当するキロベクレルに換算すれば線量の数値は表示されるはずだが、どの単位を使うかは事業者側に任されている。
 東工大の有冨正憲所長は、
「線量はほとんどゼロに近いためメガを使った報告を毎年踏襲している」
 というが、東大は「液体40キロベクレル」などと、キロベクレル単位で届けている。大学の施設は、私たちの生活の身近な場所にある。もっと丁寧な惰報公開の必要があるだろう。

引き取り手がない「核のゴミ」
  放射性物質を扱う事業者は、研究や事業に使っているため、その結果として、次々と"核のゴミ"を生み出すというスパイラルに人っている。核物質は永遠に消えないわけだ。
 さいたま市にある三菱マテリアル大宮総合整備センターでは、200リットルのドラム缶換算で3万910本の放射性廃棄物を抱えている。放射線量にすると38ギガベクレル。1秒間に380億本の放射線が出ている計算になる。同社の清水正夫所長補佐が説明する。
「以前、研究開発用に使用したもので、廃棄物の中身は、ウランやトリウムで汚染された土壌が7割で、残り3割は解体撤去した際の設備や作業服、靴などいずれも放射性物質で汚染されているものです。捨て場所がないので、03年に地下2階建ての保管庫を造り、厚さ4ミリの鉄板でできたコンテナ状の容器に詰めた上で保存しています」
 同社は安全性をPRするため、保管状態を公開する見学会を実施している。
 なぜ、これほどまでに、放射性物質が私たちの身近な場所に"放置"され続けているのか。答えは、捨て場所がないから、だ。病院などから出る「RI」と呼ばれる放射性同位元素のゴミ以外は、引き受け手がいない。放射性廃棄物を保管する事業者は、
「こんなもの持っていたくないが、どうすることもできない」
 と悲鳴を上げている。
 08年に原子力機構法を改正し、日本原子力研究開発機構が低レベル放射性物質の埋設処分をすることになった。日本原子力研究開発機構埋設事業推進センターはこう説明する。
「埋設処分の方法には、鉄筋コンクリート製の施設の中に埋めるピット型と、浅地中に埋めるトレンチ方式がある。これからドラム缶53万本の埋設処分場を造る計画ですが、場所がまだ決まっていない」
 稼働は早くても2020年。まだまだ、核のゴミの増殖スパイラルは終わりそうにない。

ウランは全国にばらまかれた?
 20〜21ページの表を見て、「自分の身近には放射性物質はない」と安心した読者の方もいるだろう。しかし、安心するのは、まだ早い。
 本誌は新潟を訪ねた。
 06年8月に県立柏崎高校の化学準備室から天然ウラン336グラムを含む硝酸ウラニルが見つかった経緯を取材するためだった。
 柏崎高校の担当教員はこう語す。
「定期的に不要な薬品を処分していますが、廃棄業者から『処理できない薬品がある』と連絡があって、ウランだとわかりました。授業で使ったこともないし、それ自体が放射性物質であるとは知りませんでした」
 廃棄業者が気づかないまま、焼却していたら……。廃棄方法によっては、放射能汚染を広げる可能性もあった。
 さらに、県教育庁保健体育課に話を聞いていると、担当者はこんなことを口にし始めた。
「柏崎高校で放射性物質が見つかったのを受けて、県内の全校を調査したところ、最終的に高田高校、村上高佼、柏崎総合高校、加茂農林高校、新潟高校、三条商業高校、松代高校の7校で次々に放射性物質が見つかったんです。どうしてこれらの学校に保管されていたのかはわかりません」
 柏崎高校を含め、放射性物質が見つかった8校のう ち7校に、共通点がある。いずれも100年程度の歴史を持つ高校ということだ。
 8校は、核物質を含む薬品を一度も使うことのないまま、薬品棚などに保管していたという。
 関係者はこう話す。
「詳しい経緯はわかりませんが、こうした薬品類は第2次大戦中に、東京の大学から地方の高校に疎開してきたらしいのです」
 空襲による放射能汚染を避けるための"薬品疎開"の疎開先が新潟だけだったはずもない。大戦中に、全国各地に放射性物質がばらまかれた可能性もある。
 ということは、全国各地の高校の教室の片隅に、ウランがあるという可能性もあるのだ。
 福島第一原発の爆発で、私たちは放射能汚染の恐ろしさを実感している。しかし、"危険の発生源"は原発だけではない。これまで楽観視してきた放射性物質の管理体制を、大きく見直すべき時期にきている。


図表があるが転載できないので元ページを保存して閲覧のこと。


54. 2013年4月12日 20:51:24 : kqOubQzltM

奇形として生まれる子
被害者の可能性があるが
まだ出産をしていない女性
自身も含め、被害者でしょう
要らぬ不安と実際に体調に変化があった私からすれば
慰謝料貰ってもおかしくない
腹立たしい

55. 2013年4月13日 00:19:39 : rWn9PLlcps
>>54
>私からすれば
>慰謝料貰ってもおかしくない

しかるべき事由があるならしかるべき場所へしかるべき相手をしかるべき手順で告訴せよ。

日本国憲法は日本国民に「誰でも裁判を起こす権利」を保障している。


56. 2013年4月13日 02:54:21 : xEBOc6ttRg

>妊娠中に突然、胎児の頭部が大きくなり、堕胎をすすめられた方。

放射性障害によるものより、ダウンや自閉など高齢出産(精子)による障害も多いから、
遺伝子診断などを公費で行い、コストのかかる奇形の場合は、できるだけ早い段階で処理するのが合理的だろう


57. 2013年4月13日 06:53:20 : rWn9PLlcps
>>56

君のように公衆の面前で医療関係者や公務員の専従者守秘義務に関する内容の提言を行う者へは風説の流布罪が適用される可能性が高いぞ。


58. 2013年4月13日 10:22:39 : mvurMTJIK2
ここのコメントはほとんど真摯な内容で考えさせられます。

原発利権のために事実データが隠され、あるいは捏造されるのはたまりませんね。

少なくともネットで事実の情報を共有し、さらにメディアも巻き込んで正しい情報を広めたいものです。事実情報に基づいて各自が判断できるようにしたい。
それはフランスでのダウン症の胎児に対する対応と同じです。

話は変わりますが、ずいぶんと以前の話を思い出しました。
科学的裏付けのある話でもありません。
しかし、妙に気になってずっと記憶に残っています。

仕事である地方に行き、地元のタクシーで移動中のタクシー運転手の話です。
原発のある地域を通ったとき
「地元の人は地元でとれた魚はあんまりたべませんよ。
原発から海に出てる排水が心配なんですよ。」
と。


59. 2013年4月13日 10:28:12 : 27rlyKHdms
闇権周辺の人たちは本当に秘密がお好きですね?w
私たちが知りたいのは真実、事実だけです。

個人のプライバシーとは別のものですよ。
そもそも疚しい所がないのなら隠す必要などないでしょうに。
日本及び世界の隠蔽体質にほとほと嫌気がさしております。


60. デミトリー 2013年4月13日 12:02:49 : 2kYVIsTHbi0XM : WgsApetlXY
僕とあなたの違い。
一卵性の双子でもない限り、どう見ても同じではない。
背が違う、体重が違う、髪の色が違う、目の色が違う・・・。
それらが、いったいどれほどの遺伝子の違いで引き起こされているのか。
普段僕たちは、人間だという事で、外見がこれほどにも違うのに、
体の内側がどれほど他の人と異なっているのかなんて考えることはない。
外見の違い程度には、異なる可能性は否定できない。
内側の微妙な違いで、あの病気になりやすい、なりにくい、そういうことが起こっている。
でも悲観するには及ばない。
僕たちは、先祖から受け継いだものによって、大多数は生存可能な範囲内での変異に抑えられて生まれてくる。

だけど、放射線による遺伝子の破壊は、ある日突然、サイコロを振るようにランダム性を持って行われ、その形質が生存に適するかどうかは、これから僕たち、僕たちの子孫が身をもって実証して行くことになる。
祖先が長い年月を掛けて作り上げてきた人間というこの体は今の世代で断絶し、僕たちは開拓者の労苦を知ることになる。
ランダムで破壊される遺伝子をどう防護するのか、先の見えない荒野が目の前に広がっている。


61. 2013年4月14日 00:37:16 : kmRrTQnpHg
現在まで、現在も、多種多様の化学物質が生産されており、結果、最後には環境中に拡散していく、中には遺伝子を傷つける物質も存在する、
放射性物質も遺伝子を傷つける、放射性物質の環境中拡散は、アメリカ、ロシア、中国等の大気圏核実験から始まった、日本における、二発の原爆投下も関係する、以後の原発稼働における放射性物質汚染、再処理における環境中漏洩汚染、どうにも、防げないトリチウム放出汚染、そして、今回の原発事故による放射性物質の拡散、戦場での、劣化ウラン弾の使用もある、
人間の遺伝子は危機にさらされ続ける、
傷ついた遺伝情報は、末代まで引き継がれる、
そして、傷ついた遺伝子はペアとなったとき、異常形質は発現する、人間の愚かな行ないの結果であり、そして報い、因果応報・・どうにもならない。

62. 2013年4月14日 04:47:24 : avqbdo9FY6
>フランスはカトリック信者が大多数の国です。カトリック教会はいかなる理由があろうとも、中絶を罪だとしています。しかし革命の国なので、親が人権を主張する国でもあります。

違う。カトリック要理集によれば、例外中絶は認められる。
「経済的理由による中絶」を禁止しているだけである。


63. 2013年4月14日 07:13:06 : RQpv2rjbfs
出生前のトリソミー(ダウン症)検査が義務ということ自体、なんか違和感をおぼえる、フランスの話だろうが、どこが悪いかと聞かれると明確に答えられない。

死刑囚の臓器を使用するのは悪いことのような気がする、そういう意味でトリソミー検査には鳥肌がたつ、義務というのがいやだ。


64. 2013年6月18日 21:51:28 : MXt3TLOCxo
覚悟が必要。劣化ウラン弾放射能影響 Children of Fallujah. Impact depleted uranium
http://youtu.be/ZwWaQ0_c8wI

覚悟が必要です。 チェルノブイリ・レガシー (Chernobyl-Legacy) futures Japan!
http://youtu.be/Bkznw_BkEyA


65. 2013年7月05日 20:52:34 : gkVx56u3gQ
生まれてから処分したらその医者は殺人罪に問われかねない。そんなことを個人的な責任でする医者が居るとは思えないのだが。生まれた子の親に頼まれても多分医者は拒否するだろう。

66. スッポン 2014年5月28日 22:01:20 : QbLBTHcMo95l. : 438UtSH8h6
私も奇形の肉体を持って生まれたので、他人事ではない!
奇形なので生涯童貞ですよ。
風呂屋にも温泉にも入れてもらえません。
友人は一人もおりません。
天涯孤独の人生です。
口が裂けても自分の人生が良かったなどとは思いません。
社会生活上多くの支障をきたしています!
修学旅行も僕だけいつも不参加です。
同窓会にも呼ばれもしません!
生まれてきたのが間違いだったことは明白ですね!

67. 2014年8月12日 14:29:50 : UMB826762E

高齢出産の友人がいますが、一昔のダウン症の検査は子宮で検査して、流産のリスクもあったようですが、友人は不妊治療でやっとできた子供でも一生面倒は見られない、キレイごとだと話していました。

数年前から、ダウン症の検査の仕方が医学が発達して流産しなくなったようです。

費用は10万円以上かかるようですが、一生のリスクを考えたら、福島の人も堕胎するんじゃないかなと友人は話していました。

別の友人は、マスコミの影響か会うたびに「 福島の農産物を食べない人は、自分勝手だ 」と言われるので、阿修羅を何度も紹介したら、やっと分かってくれたようで最近は言われなくなりました。

マスコミ&政府の洗脳は、恐ろしい。

原発を安全だと思っている人がいるのだから。

東電管内は震災後節電が根付き、1000万kwの節電で原発はいらないっていうのに、自民党&東電の騙しは凄い。

もはや、日本は北朝鮮ですよね。


68. lll 2014年8月25日 22:56:58 : uW2PQwiN0KcgQ : YLPfjq3UhA
>>67

放射能とダウン症と何の関係があるの?
妄想こじらせるのも勝手だけど
書いてることは滅茶苦茶だよ。
それに原発が安全なんて誰も言ってないでしょ?
電気云々よりも今までの培ってきた技術や輸出などの
経済の面を重視してるだけでしょ。
ちなみに電気代は明らかに高くなてるのも事実ね


69. 2015年4月20日 18:25:48 : B28PZCh8C6
>8 >21
フランス在住です。
ダウン症を産ませない、という法律はフランスにはないですよ。確か、妊娠初期のエコー検査で胎児のダウン症検査をするのですが、義務付けられてるわけではありません。うちはこの第二回のエコー検査、諸事情でできませんでしたが、特に問題なしでした。ダウン症の人も時々見かけますし。

70. 2018年5月22日 22:31:03 : 4Xb9LpmyA2 : FHkm9i5voPs[9]
>>67.

自分で言ってて可笑しいとは思いませんか?

ダウン症の約95%は「標準型21トリソミー型」と呼ばれるもので、
これは通常であれば22本あるはずの常染色体が23本と1本多くなることで起こるものです。
3%以下が21番目の染色体が、通常の2本の細胞と3本の細胞の両方によって構成されることにより起こります。
残りは21番目の染色体のうちの1本が他の染色体(13番、14番、15番、21番、22番)
にくっついたことによって起こるダウン症
これは、遺伝性です。

さて、放射線は遺伝子を傷つけますが、選択的に特定遺伝子を傷をつけて
放射線や放射性物質が意図的にその症状や変化を引き起こすことが出来るとしたら、
大変な偉業ですよ、もし証明できたらね、だから誰も相手にしない訳です
だから、解ったような事を言ってる奴は嘘つきですよ
このゲノム解析の進んでる世界で時代遅れの物の怪の様な事を言いう事が正しい
なんて考えてるとしたら、明らかに時代遅れですよ。

妊婦が20歳の時に、1667分の1の割合で染色体異常が起こります。
30歳では952分の1、35歳では378分の1、40歳では106分の1、45歳では30分の1の割合

放射線関係なしに、高齢出産が増えると当然増えるね、事故前から同じです。


71. 2018年7月13日 04:14:18 : qW5770aSac : k9XcZ01CpGM[644]
広島の助産婦の証言が重い。投下後10年でも先天性異常が続々。

助産婦としての被爆後 岡村ヒサ子さん(全文書き出し)ピカに灼かれて
(みんな楽しくHappyがいい♪) 閲覧注意
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/356.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧