★阿修羅♪ > 原発・フッ素21 > 782.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
バンダジェフスキー博士が沖縄避難者に「避難は、危険をさけるためにとても良い選択だ」と語る。- 放射能防御プロジェクト
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/782.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2012 年 3 月 13 日 00:37:41: PzFaFdozock6I
 

2012-03-12 03:26:20 | 福島第一原発
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

沖縄避難者のみなさんに先ほど会食の際にバンダジェフスキー博士が、数人の沖縄避難者のみなさんと話していて、こう語りました。

「あなたたちが、(関東や東北から)避難をしてきたのは、危険をさけるためには、良い選択をしました。当然です。すばらしい。」ということです。

会食の席で、博士は今回の講演について、いろんなことを興奮して語られていました。

「日本人は、今後、放射性物質による内部被曝からの防護が、大切なテーマになる。最も必要なことは安全な食べ物を食べること。」と話していて、さらに危険をさけるために、移住すべきと強調されたのです。

もともとバンダジェフスキー博士は、今回の福島第一原発事故の与える影響が、チェルノブイリと比べてどのようになるのかも、話されています。「福島第一原発事故は、チェルノブイリを上回る危機になることを日本の皆さんは覚悟して欲しい。私は、皆さんの健康を守るために少しでも役に立ちたいと思って、日本にやってきた。一人一人の健康を守ることがまず大切だ。」

僕が「当初から、妊婦、子供、妊娠可能な若い女性は、関東や東北の被曝地から避難すべきと訴えていました。」と話すと、顔を横に振って「その人達ばかりでなく、年齢や性別に関係なく、すべての人々は、被曝されたエリアから避難すべきなのです。」とさらに強く語られました。日本国内で、最も強く避難を呼びかけている僕のレベルよりも、さらに避難をするべきだと述べる博士の見解は、僕の心をさらに強く奮い立たせるものになっています。

僕も時々、年配の方から「木下さんは、私達は逃げなくて良いと言うのですか。私は逃げたい」と相談されることがあります。それについて、「避難したい方は、避難すべきです。子供や生殖に影響が大きい若い女性を優先して、主張しているだけです」と説明はしています。これは、講演でも話しますが、高齢者のほうが放射性物質の被害が少ないわけではなく、高齢のため、不慮の事故がおきた場合が、ばれにくいというだけなのです。高齢者は、乳幼児についで、影響が大きい可能性があります。勿論、そこまではわかっていても、高齢者の方が住みなれた環境を最も変化させられないという現実も理解できるため、僕は強くは言っていませんでした。その点を、さらに博士は一歩すすめて話をされています。

また博士は講演でも、子供で、10Bq/kg以上のセシウム蓄積がありうる場合、六割の子供に心電図に異常が出るという研究の内容もあきらかにしています。これも、改めて聞くと深刻な情報です。

講演で博士が強調した中で、特に気になったのは、μシーベルトとBq/kgの話です。μシーベルトは外部線量の数値で意味がなく、内部被曝、特に体の健康を害しないように注意して防御する観点では、外部線量しか見ない、μシーベルトの話をすることは意味がなく、政治的にごまかしで誘導している話にすぎないと断言しています。

本質的に必要なのは、内部被曝がどの程度になるのかということだけであって、大切なのは、食べ物にしろ、土壌にしろ、人体にしろ、その放射性物質がどのくらいあるのか、蓄積をしているのかを示すBqというものであって、これを調べるしかないと何回も話し続けました。μシーベルトで話すことなど、医学的に見て何の意味もないし、ごまかしだと言います。僕が、皆さんに何回も説明して話していたことが、彼がさらに強調する状況でした。

このバンダジェフスキー博士の全国の講演会は、東京・品川・大井町の講演会も1000席を数時間で完売するなど、外国の専門家講演会のチケットとは思えない状態になっています。東京のどのテレビ局も新聞社もいまだに彼の取材をおこなわない中で(頭が悪すぎます)、この状態はありえないことと思います。

 天皇陛下が、放射能に関して、被曝地での安全な居住について、「放射能の問題を克服しなければ」という認識を示し、さらにそれが、「困難な問題」という認識も発言されていますが、この趣旨の発言を放送しなかったテレビ局があるくらいですから、どうにもこうにもといった感じです。国家の象徴たる陛下の発言カットは、戦前日本軍部を礼賛した大政翼賛報道機関より下な感じがしますね。

沖縄の地元紙の琉球新報にバンダジェフスキー博士来日の記事がきのう掲載されています。本日のNHK地元ニュースでも取り上げられる予定と聞いています。http://t.co/Etp4ZEzj

放射能ガレキ問題についても彼の発言は明確です。沖縄講演でも同趣旨の発言をなさいました。

「ガレキが日本政府の言うとおり、100Bq/kg以下のものかどうかをまず疑うべき。放射性物質があるものを拡散させてはならないのは当然の事」と明言しています。ガレキ問題に、彼の見解は研究に基づいて、きわめてクリアです。

僕から、震災から一年が過ぎた日に、もう一度強く述べておきます。

「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、避難するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して避難すべきです。他の皆さんも極力避難してください。被曝から一年が経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く避難してください。」

===========================

札幌は、会場が三倍の広さに変更の為、座席はまだ大丈夫ですが、申込みもさらに増えています。開催会場は共済ホールに変更です。ご確認を。
(以下、略)

★gataroさんのように、文字の色を変える方法を私は知らないので
バンダジェフスキー博士のおっしゃったことを木下さんが青色にしているものだけ
太字に変えました。木下さんの弁で赤くなっているところはそのまま(普通のフォント)です。

講演なさるため、はるばる来日してくださった博士のお心とおっしゃる内容、
事実をしっかり聞き取って、より多くの人が避難等々の対処をなさることを祈ります。
(投稿者)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 千早@オーストラリア 2012年3月13日 00:43:41 : PzFaFdozock6I : x5dvGSZT3g
失礼!
今、トップページを開けて転載していたので、木下氏のブログURLを入れてしまいましたね。

この記事の個別URLは
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b823b99e660ca1ecb1e5a29c1e10f60f
でした。


02. 2012年3月13日 04:53:35 : FMlcXOpl7s
沖縄避難者は、一部マスコミに放射能ノイローゼのような扱いをされましたが、
強力な援軍を得てよかったですね。

日本社会が理知的な判断を優先できるようになってほしいものです。


03. 2012年3月13日 09:50:22 : 0OiQvGPC72
もう避難した人に話す必要はない。
なんで那覇、福島でやるべきでしょう。
博士はバカンスで来たのか?

04. 2012年3月13日 11:13:19 : O3qRq2B05g
μSvは医学的に意味がないと言っているのはこの人だけでは?
逆に医学的にしか意味がない数値ですね。
Bqは原子核分裂の回数です。つまりどの程度の量の放射性物質が存在しているかを示します。高校生ならこの値からその核種の質量が求められますね。
一方Svはある核種の人体への影響を示す数値ですから、核種によって影響度は違います。(多分これを言いたかったのかも?)
プルトニウム、ヨウ素などはベクレル数は少なくともSv換算の数値は大きいですよね。まあこの方医学者のようですから真ん中に入ったジャーナリストの不勉強かもしれませんけど。

05. 2012年3月13日 11:15:08 : dEJbhPRYvE
福島ではWBCや尿検査や個人積算線量計よりも、子どもの心電図をとるべきではないでしょうか?

06. 2012年3月13日 15:17:58 : E0M2daCzcY
この木下という人は「生殖は女性だけでやると思ってるんだろうか?」と常々思っていた。「若い男性」も当然候補に入れるべき。この人は、若い男性の生殖能力など駄目になってもどうでもいい、男性不妊で子供が作れなくなってもどうでもいいと思っているのだろう。
それか、放射能は男性の生殖機能には影響がないと信じている馬鹿なのか。
本当は性別年齢関係なく「全員」が避難すべきなのは当然だが。

07. 2012年3月13日 19:29:09 : hBY7UzSDpg
博士は木下氏に利用されている。木下氏は選民思想のあるカルト志向。非難、反対は全て聞かず排除。やっていることは意義があるかもしれないが人間としては最低。

08. 2012年3月13日 19:48:17 : p3tyeUXQrU
木下はまぎれもなく煽り屋だが、管理人さんも手を焼く千早@オーストラリアもそう。かつて千早@はバズビー、バズビーと喚いていたが、バズビーはものすごく怪しい人間だと判明した。そしてバズビーは消えた。

今度は千早@オーストラリアはバンダジェフスキー!バンダジェフスキー!と喚いている。それだけでも、バンダジェフスキーはかなり怪しい。からだの臭い人間は、自分と同じ体臭の臭い人間を呼び込むからだ。
どっかにあったリンク。
http://togetter.com/li/258315


09. 2012年3月14日 03:29:43 : V4ZNSHwbbE
>>04
>μSvは医学的に意味がないと言っているのはこの人だけでは?

μSvの話しがでるときは、内部被曝ではICRPの基準で計算して、外部被曝と
足し合わせます。このICRPの基準が、内部被曝の影響を見るのになんの価値も
ないものだと指摘しているのです。

実際原発村の連中が、安全デマを流すときに使うのが、この現在では意味のない
ICRPの内部被曝の影響を計算するときのμSvだからです。


10. 千早@オーストラリア 2012年3月15日 14:53:10 : PzFaFdozock6I : FFg9T031Oo
08のコメント、

>管理人さんも手を焼く

は、
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/885.html#c36
↑ここで私が触れている、飯山一郎氏のサイトにあった話に沿った裏があるように見受けます。
あの話は本当なのかな?

>バズビーはものすごく怪しい人間だと判明

全然そんなではありませんでしたけど。
クリス・バズビーはまだ彼に出来ることを続けているだろうし、
「すごく怪しい人間」などではありません。

多少は「寄付が入ればありがたい」という程度の思いを持っているかもしれないけれど、
確信犯で善意の寄付から1,000万円以上を横領した詐欺師「きくちゆみ」等とは大違いです。
バズビー教授より講演などで稼いでいる人は他にもいるんじゃないですか?
多分、田中優さんとかね。

>バンダジェフスキー!と喚いて

権力者たちから叩かれても真実を伝えようとする勇気ある人々の主張を紹介することは
非常に大事なことです。それが見えないから、こんな下らぬ個人攻撃をしてるってことですね。

というか、上の
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/885.html
に似たようなコメントをつけている人(複数かもしれないが一人芝居かもしれない)
と同じで、誹謗・中傷・個人攻撃で馬鹿にして、他の人々が見聞きしないようにと誤誘導
しようとしているだけってことです。

07さんの木下氏への批判はわからないでもないですが、物言いが強すぎるのも
同氏がそれほどみんなに避難してほしいと願うあまりのことなんだろうと思っています。
でも、「カルト志向」ってのは、違うと思いますよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素21掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧