★阿修羅♪ > 原発・フッ素22 > 192.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「僕たちは、そんなに騙しやすい国民でしょうか」大江健三郎インタビュー/ルモンド紙(3月16日)
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/192.html
投稿者 mainau 日時 2012 年 3 月 20 日 22:26:08: GgaPs4QXWLwO2
 

「僕たちは、そんなに騙しやすい国民でしょうか。」パリ・ブックフェアー特別招待作家・大江健三郎へのインタビュー/ルモンド紙(3月16日)


3月16日金曜日、今年で第32回目となるパリ恒例ブック・フェアー(本の見本市)が開幕しました。明日19日までの4日間で、世界40カ国から20万人の市民、2千人の作家、40の出版社が一堂に会します。フランスでの日本文学や漫画への関心は高く、今年は『フクシマから一年』と題して過去二回目の日本特集が組まれています。

福島原発事故の発生以来、精力的に原発廃止に向けた市民活動を盛り上げている大江健三郎氏。他の19人の日本人作家とともにパリに特別招待されたノーベル文学賞作家へのインタビューを、一部を抜粋して御紹介します。

「僕たちは、そんなに騙しやすい国民でしょうか。」福島原発事故の発生から1年。原発の廃止に向けてたたかうノーベル文学賞受賞作家、語る

                                フィリップ・ポンス特派員

日本の著名人たちが自分の考えを述べることをやめ口を閉ざす中、1994年のノーベル文学賞受賞者である大江健三郎は、日本が1945年の敗戦翌日に自ら宣言したヒューマニズムの価値を、ひるまず私たちに思い出させ続ける稀な存在だ。こうしたヒューマニズムの中で最も重視されるのが、平和主義である。大江健三郎は、原子力エネルギーの使用を含めた現代社会における全ての問題において、良心の問題を最も重視している。福島原発で起きた惨事は、大江氏が現在「サヨナラ原発」運動を盛り上げる傍ら書き続ける小説の主要なテーマとなっている。

今回、2回にわたる面会とファックスによる作家からの手書きの追記に基づいて構成されたインタビューの中で、大江氏は2つの懸念を挙げている。一つは2011年3月11日以来、彼の祖国である日本が感じている懸念、そして「根本的なモラル」のために闘い続ける、人生のたそがれ時にある作家自身が持つ懸念である。


● あなたは広島と長崎への原爆投下をきっかけに政治への意識を持つようになりました。福島で起きた大惨事は、あなたにとって広島や長崎と同様に重要ですか?

ある日、広島から来た新聞記者が私にこう尋ねたことがありました。

「広島への原爆投下の後に起きた人間の悲劇を、世界は記憶し続けるでしょうか?」

彼の問いは、ずっと私の心に刻まれています。福島での事故が起きて最初に思い浮かんだのが、原爆投下の後で亡くなった何万人もの人々の姿、そして生き延びた被爆者たちの際限ない苦しみのことでした。日本を占領していたアメリカ軍は原爆被害者たちの検査はしましたが、治療はしませんでした。彼等はただ、核兵器の破壊的な威力を知りたかっただけなのです。私たちは後に放射能被ばくの影響を、個々の民間団体が行った調査の結果から初めて知りました。被ばく者に癌が生じていること、そして病気が時に遺伝する性質のものであることを知ったのです。

福島での原発事故が起きた後、広島で被ばく者を治療した医師たちが、事故で汚染された地域の住民たちを放射能の危険から守るべく先頭に立っています。これから何年もの間、私たちは福島原発事故の後遺症に直面することになるでしょう。現在に至るまで、核兵器の廃絶は私にとって重要な関心事でした。でも(今の私は)原発を止めることが、一人の市民として、そして作家としての自分にとって最も重要なことの一つだと考えています。


● 今回の原発事故は自然災害によって引き起こされた面もありますが、それ以上に備えが十分でなかったことが主な原因と考えられています。日本人は、民主主義よりお金もうけを優先させる経済発展モデルの悪弊に気づくでしょうか?

今回の事故で明らかになったのは、日本社会の民主主義が脆弱なものであったということです。ぼくたちは問題に声を挙げることができるでしょうか。それとも、このまま黙ったままでいるのか。今から10年たてば、日本が「民主国家」の名前にふさわしい国であったのかどうかが分かるでしょう。こんなに深く日本の民主主義が未熟であったことを感じたことはありませんでした。今起きている危機は、福島原発事故についてだけのことではないのです。私が最も絶望させられたのは、電力会社、政府の役人、政治家、メディア関係者が結託して放射能の危険を隠すために行った「沈黙による陰謀」とも呼ぶべき行為です。去年の3月11日以来、たくさんの嘘が明らかになりました。そしておそらくは、まだこれからも明らかになってゆくでしょう。これらのエリートたちが真実を隠すため陰謀を巡らせていたことが明らかになって、私は動揺しています。ぼくたちは、そんなに騙しやすい国民なのでしょうか?

● 日本人は世界で初めて被ばくを経験した国民です。それなのに、なぜこんなにたやすく原子力エネルギーが安全だと言う言葉を信じたのでしょうか。

広島と長崎に原爆が落とされた時、僕は10歳でした。終戦の後、安心した気持になったのを覚えています。戦争が終わったからこれで学校に行ける、と。でも年齢を重ねる過程で私は、日本が戦争を放棄する憲法を持っているにもかかわらず、沖縄をアメリカに渡してしまったことに気づきました。こうして(米軍の)核兵器を沖縄に設置し、「原子力の平和利用」に向け突き進んで行ったのです。私は当時、こうした流れを批判すべく、『広島ノート』と『沖縄ノート』を書きました。1947年にできた憲法のもう一つの重要な柱である「民主主義」は、福島での大惨事の発生によって明らかに揺らぎました。私は、市民社会が目を覚まして代替エネルギーの開発を求め、地震学者たちの警告に耳を傾けるよう求めることを望んでいます。

福島で事故が起きて以来、何事も良心に照らして考えなければならなくなりました。原子力エネルギーを単なる経済生産性の観点からのみ評価することはできなくなったのです。原爆による被ばく者たち自身が、この原爆投下を道徳的な観点から批判し、もう二度と誰も同じ苦しみを味わうことが無いように、と声をあげて来ました。政治家たちは彼等の声を無視したのです。裏切りは、1956年に「平和のための」原子力利用についての法律が成立したときに遡ります。あの時、私たちは後に福島原発事故の元になる果実を木の枝からもぎとって自分のものにしたのです。


● ヒューマニズムが破壊されてゆく中で、文学はどのような役割を果たすのでしょうか。

私が(『群像』に執筆中の)『晩年のスタイル』の中でずっと心に留めているミラン・クンデラの言葉にこんなものがあります。

「小説家というものは皆、自分から行動を始める時、一番大切な物以外は全て切り捨てなければなりません。自分自身と自分以外の人に対して、根本的なモラルの重要性を強く説かなければなりません。」

日本人の作家としての私の役割は、原発をなくすためにたたかうことです。日本の市民社会が(原発をなくすという)この「大仕事」を完成することに成功する日、私の仕事にはやっと意味が与えられるのです。これは国民の意志が、おそらく歴史上初めて勝利するということに他なりません。「大惨事」という言葉には、私にとって二つの隠れた意味があります。一つは、今日日本が経験している(原発事故による)大惨事。そしてもう一つは、人生の黄昏時にさしかかった全ての作家が経験する大惨事(注)です。

(注)個人としてやがて来る死を目前にしながら、揺らぐ民主主義という「惨事」の渦中にいる危機感をさしていると解釈できる。

(抜粋、一部編集)

(Philippe Pons, « Kenzaburô ôe, « Sommes-nous un peuple aussi facile à berner ? », Le Monde, 2012.03.17)
http://www.lemonde.fr/livres/article/2012/03/15/kenzaburo-oe-sommes-nous-un-peuple-aussi-facile-a-berner_1669357_3260.html


(copy from: http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/1316-4c14.html)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月20日 22:39:53 : bvaI0lv90E
大江ハンもボケたなぁ。
原爆は破壊の為に作られた。それを無辜の殺傷目的でアメリカが日本に使った。
使われた国はなぜか使った国と仲良くなった。
他国が真似をするのを止める為に平和利用の名目で監視を厳しくした。
日本には国際監視団がほとんど常駐し監視を受けている。

今回の事故は官僚/東電の手抜き。しかし育成した応援団が手に余るほど大きくなり過ぎ、かえって官僚の手足を縛るぐらい成長した。

と言うことではないかな?

それから福島の事故以来、何事も良心にてらして考える云々と言うのは変ですね。
福島と関係なく普通の人は良心で行動してますが、作家だけに嘘虚構の世界の人だったのかなぁ。



[削除理由]:アラシかも
02. 2012年3月21日 00:06:20 : IiKTelVENM
少なくとも大江に騙されている人は多いと思われる。
ちゃんと「ノーベル」の肩書も用意しているし。

[削除理由]:アラシかも
03. 2012年3月21日 01:21:00 : FxrykU5pyU
>>01
仲良くはナッテなかったと思うよ。
賠償金は何処が払ったんだろうね。

恐らく国民の年金システムローンかもwww
彼らは良く知ってる、トップを誑かせば簡単な事を。
その後は、彼らのルールを刷り込めばもっと継続する事を・・
悪魔め、あの世はお前らには無いから。
楽しみにしとけ。


04. 2012年3月21日 05:10:19 : 5eadB5s6TE
”私が最も絶望させられたのは、電力会社、政府の役人、政治家、メディア関係者が結託して放射能の危険を隠すために行った「沈黙による陰謀」とも呼ぶべき行為です。去年の3月11日以来、たくさんの嘘が明らかになりました。”

このことを、ノーベル賞作家の大江さんが言う意義は限りなく大きい。阿修羅の
人間が東電、御用学者、官僚、マスコミなどをウソつきといっても一般の人への
影響力はほとんどない。残念なことだが、事実だ。


05. 2012年3月21日 09:05:29 : WDXVTlrXQw
騙され易い、と言うより「忘れ易い」或いは「嫌な事を意識して忘れたい」国民性じゃないのか? と思う。
よく物事を一年単位で分ける、災害から一年、事故から一年といった具合に。
目新しいセンセーショナルなニュースには、皆「ワッ」と飛びつくが冷めるのも早い。
重要な問題が次のショッキングな話題にかき消される、 政治の話しが芸能人の不倫騒動に負ける…。
とにかく緊張感が持続しない、十年単位、百年単位で物事を考え、計画を立て、実行に移せない(利権絡みの公共事業工事とかはゾンビのようにしぶといが)。
これは豊かな四季の変化を体感してきた農耕民族DNAに刻まれた感覚的なものなのか? お上に従う教育的、歴史的なものなのか? 新しいネタを追い続けなければ生き残れないマスコミに煽られたものなのか…?
コントロールする側からすれば、「つつき所」を押さえれば「騙し易い」国民性なのだろう。
皆、今の暮らしや仕事に固執し過ぎている、危機感や冒険心が不足している、正しい怒りのぶつけ方を知らない、声を上げる事に照れがある、他人の揚げ足取り、足を引っ張る者、金の事しか考えない者…が多すぎる。

06. 2012年3月21日 16:57:21 : wumGoSUhJ2
>01>02が工作員であるということについては確定だな。

07. 2012年3月23日 19:29:33 : oDZLjorBrU
大江健三郎氏の言われている「僕達」って、「日本人」って言う意味なのかどうか私には分らないけど、世界は「民主主義国家」だろうと、「社会主義国家だろうと、「共産主義国家」だろうと、等しくみんな一部の人間によって支配された「奴隷と支配者の国家」だったのだと、今は思い知ったよ。
ただその国がお金儲けが上手いか下手かで、その奴隷の生活がいくらかましとか、いくらか貧しいとか、そういう違いだったと今は思う。
貧しいよりは、少しでも豊かな方がそりゃぁましだとは思うけど、私達から血税をむさぼって豪華に暮らしてきた吸血鬼は確かに存在したって事でしょ。
そしていつの時代にもその吸血鬼は存在したし、これからも存在し続ける。
一時国民が決起してその吸血鬼をほとんど全部退治しても、1匹でも生き残れば又吸血鬼は子孫を増やし、仲間を増やし、蚊みたいに、ゴキブリみたいに、ドンドン増えて又いつか私達善良な国民を奴隷にして、生き血を吸って太り始める。
地球が放射能で住めなくなろうとも、どんなに放射能にまみれたジュースだろうとも、その全てを吸い尽くすまでその欲はとどまるところを知らない。



08. glasscatfish 2012年3月29日 07:06:59 : 2em3FMNROMa0E : a2v81WBOVE
原発を止めても大丈夫な経済を作るために活動して欲しい。
反原発運動が経済の縮小を容認するなら、現実は、支配階層の固定にしかならない。

09. 2012年3月29日 15:35:24 : Eh3wQJmddo
未来永劫猛毒をまき散らしている原発が科学技術だ、経済発展には必要だ、核のゴミは地層処分だ、などと政治家・御用学者・財界人等は、のたまっておられるが、福島原発の現状は少しも改善されていない。猛毒の放射能をまき散らしている。はたまた、できもしない(不可能な)除染などをやって、安全になったとごまかそうとしている。独占企業の電力会社は、原発管理の不手際で莫大な損害をあたえても、天災のせいにして、まともに補償しないどころか、電気代を値上げしましょうなどと逆ギレしている。とどめは、震災復興に名を借りて、消費税の値上げを不退転の決意でやります。と真逆な政策を本気でやろうとしている政府。国民は皆馬鹿だと思っているようだ。こんなことは、小学生でも理解できるだろうに、マスコミも本気で取り上げない。そうかと思えば、大阪の橋本一派のようなはねっ返りはさもたいしたもののようにおだてあげる。腹立たしい限りである。今の日本はどうなっているのだろう。人ごとでは済まされない。もうごまかしはきかないと思い知らせたいものである。

10. 2012年3月29日 21:06:49 : TEoGUDf1Xs
誰が、そんなに信じているんでしょうか

直ちに影響ありません・・まったく、わかりました。
収束しました・・やっと、ほっとしました(涙、涙・・)

そんな奴、いるか


11. 2012年3月30日 15:45:48 : gRPEP97xKM
>今から10年たてば、日本が「民主国家」の名前にふさわしい国であったのかどうかが分かるでしょう。

既に「民主国家」でなかったのは、あの戦争を「軍部が悪かった。天皇は騙されたのだ」として、騙されたことの責任を問わなかったことで「民主国家」の名に値しない無責任国家であった。

大江さん、がんばっているけど10年後「賢明な独裁者」が現れない限りは日本は滅びているだろう。


12. 2012年3月31日 01:17:26 : 0NoNsnit2Y
>>11
>>大江さん、がんばっているけど10年後「賢明な独裁者」が現れない限りは日本は滅びているだろう。

賢明なのに独裁者??
懸命な独裁者の間違いだろ。



13. 2012年3月31日 03:06:33 : MgwkFeIFnU
>07さん

>07さんほぼ同意です。

原発事故で悲しいかな目が覚めた。散々悩んだ結論は如何なる体制に身を於こうと
選挙はただのガス抜きイベント、メディアは愚民製造及び集金マシーン、この
世界は巨大な資本家の書いたストーリーの中で生きている。

ただ少し違うのは、吸血鬼は全部退治したと仮定しても、家畜化された人間から
新たに吸血鬼と変異する人間が出現すると。何故ならば人間そのものが不完全で
林檎を食べるの大好きだからです。些細な違いで、本質的には無くならないで
一致ですね。但し人工地震の類は却下です。 

超悲観的それでも、脱原発で頑張ると誓う!!!


14. 2012年4月01日 03:58:45 : i37fD8kRRc
原子力既得権益集団に憚り、ダンマリを決め込むインテリたち。

まるで戦前の大賛翼賛体制下の知識階級のようだ。

アンガージュマンとは参加という意味で、サルトルの言葉だったと記憶するが、実際、サルトルは戦う知識人だった。

東大仏文科を出た大江さんも、同じDNAが組み込まれているのだろう。

実存主義などという鯱張ったものではなく、自らの存在を賭した知のあり方がこういう時に試される。

サルトルの言を待つまでもなく、自らの意志による選択の中にしか、人間は自由を持ち得ない。

原子力を巡る選択は、人類の未来の根幹に関わる、巨大で究極的な選択の一つである。

逆に考えれば、人間が、最も高度に自由であるべき時機にあるということでもある。

権威に媚びへつらう、従順だけが取り柄の「良識ある善良な市民」という薄暗い見識しか持ち合わせぬ羊を刮眼させ得ぬなら、いずれは、この国、ひいては人類そのものが、存亡の危機に立つことになる。

大江さんは、このことを語りたくて、こう言ったのだろう。
「僕たちは、そんなに騙しやすい国民でしょうか」

世界に冠たる原発王国にして、市民革命発祥の地であるフランスから、「反原発・脱原発」が逆輸入されるかもしれない。

元来、フクシマは、それだけのインパクトを持っているはずなのだ。が...

頭狂大学のどこが名誉教授?の肩書きも、ノーベル賞受賞!!という権威の前には、屁みたいなものである。

サルトルは、ノーベル賞という虚妄の権威を蹴って、それはそれで天晴れだった。

しかし、大江さんにはノーベル賞という嗅がせ薬を逆手にとって、とことん活用して欲しいものである。

「彼ら」は、権威という呪縛に弱いのだから...


15. 2012年4月01日 04:17:39 : i37fD8kRRc
>大賛翼賛体制下の...
    ↓
>大政翼賛体制下の...

16. 2016年5月26日 22:19:27 : Gcljpq8HHd : m8byY7yILvc[2]

戦後最大の馬鹿サヨである 大江健三郎迷言を集めてみれば・・・w(不定期更新-河童工房('◇')の憤懣本舗)
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/522.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 10 月 27 日 18:36:57: 8rnauVNerwl2s Tweet

______


中韓を知りすぎた男

醜悪な大江健三郎   4月25日
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-719.html(抜粋)

(略)

この幼稚で稚拙な大江健三郎という男、若いときは、一党独裁の共産
国家である中国や北朝鮮を賛美し、日本だけを限りなく侮蔑し卑しめ
貶め罵り、ノーベル賞は貰うが日本の文化勲章は辞退するという、
まさに頭が完全に腐っています。

そんなに日本が嫌いならどこか外国に住めばいいものを、国家の恩恵
は全て当然のこととして享受し、日本経済の繁栄の余沢に充分に預か
り、公共施設を利用し、若い時には奨学金まで受け、その恩を忘れ
自国を罵倒するなど、人間のクズです。

自分の国を愛さない大江健三郎は卑しい最低の人間です。

こういう人間が日本の代表的な作家であると、世界から見れている事
は大迷惑です。

(略)

______


幽霊っているんでしょうか


2012年10月13日

《再び》日本人を洗脳する方法?!〜日本人は救いようのないバカなのか。国防とは、危機管理2 (動画「隣国のトラップに注意せよ」より)
http://kuri-ma.seesaa.net/article/297235943.html(抜粋)

(略)

最近、若い子たちに共産党員が増えているらしい。「共産党」だから、共産党から来ている。
60年代の安保抗争などの動きになってくる可能性がある。その頃は日本はまんまとやられていた。時代は巡るのか。
当時はソ連がスポンサーだった。今は間違いなく中国がスポンサーで、日本の国内が荒れる危険があるな、と思う。
「ネットカフェ難民に月15万あげます」というレベルではなく、金に困った人たちが、それを職業にするようになる。
http://www.nc-kyo.com/
2008.08.26 隣国のトラップに注意せよ


中国に浸食された日本の防衛 2/2 中国がサヨク運動に資金援助 反日運動が激化する
https://www.youtube.com/watch?v=8eiqv-Q_Du8&feature=related(★エラー発生で視聴不可)

(略)

________


愛媛のうわさ話


宮崎駿・大江健三郎・村上春樹三氏に申し上げる

カテゴリー メディア(本・映画・音楽・TVなど) 2014年11月04日
http://www.uwabana.jp/ehime/?p=10018(全文)


宮崎駿が本性を吐露した作品「風たちぬ」は『日本人嫌い』をむき出しにした作品。
どうやらご本人は、自分の心の奥底の苦悩に気づいていないようですが、
あれほど悲壮に日本人を醜く描いたアニメは初めてみました。



ノーベル文学賞作家・大江健三郎氏の日本人蔑視こそノーベル賞ものです。
日本国民と日本軍人を、想像だけで虐殺者と貶めた『沖縄ノート』は、
『私の戦争犯罪』というフィクションをノンフィクション(事実)として出版し、
従軍慰安婦問題を引き起こした、あの吉田清治と肩を並べる、
「反省する日本人を装う」偽善者の邪悪な作品です。

そして、毎回ノーベル文学賞候補に挙げられる村上春樹氏!
今回こそ絶対本命と言われた今年のノーベル文学賞落選。
実を言うと私は彼の作品を理解できないのでほっとしています。

「1945年の敗戦にしても、2011年の福島第1原発事故にしても誰も心から責任を負わずにいるという気がする」
私には、こう主張する彼は大江健三郎氏や吉田清治とイメージがダブってしまうのです。

「ねえ、自分だけいい子になってないで、責任があるなら皆で一緒に責任取ろうよ。」「でもその前にもう一度、日本の歴史を見直しませんか?」

これが宮崎さんや大江さんや村上さんに言いたい言葉です。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素22掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素22掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧