★阿修羅♪ > 原発・フッ素22 > 253.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[大飯原発再稼働] 原子力安全委員会、わずか5分で「一次評価は妥当」(田中龍作ジャーナル) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/253.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 23 日 18:22:30: igsppGRN/E9PQ
 

【大飯原発再稼働】 原子力安全委員会、わずか5分で「一次評価は妥当」
2012年3月23日 15:22 田中龍作ジャーナル


http://tanakaryusaku.jp/2012/03/0003933

 「……(ストレステストの)一次評価により緊急安全対策等の一定の効果が示されたことは一つの重要なステップと考える……」。

 きょう午後1時から開かれた原子力安全委員会で、班目春樹委員長が大飯原発3・4号機についてのストレステストの一次評価を『妥当』であると結論付けた。開会からわずか5分である。

 同評価は原発再稼働の条件となっていた。野田政権は3月中にゴーサインを出すものと見られているが、大前提は整ったことになる。

 傍聴席は騒然となった。「福島の事故を何だと思ってるんだ」「プライドはあるのか」「世界の恥だ」…激しい怒号が飛び交う。2人の脱原発運動家がバリケードを飛び越えて班目委員長に詰め寄ろうとしたが、委員長はいち早く扉の向こうに消えた。

 原子力安全・保安院が関西電力の提出した一次評価を妥当と認めてわずか45日後に、今度は原子力安全委員がお墨つきを与えたのである。

 筆者はこの間、保安院と安全委員会で集中的に開かれたストレステストをめぐる会議を取材してきた。分かったのは――保安院が電力会社の言うことを追認し、安全委員会が保安院の見解を妥当とする、ということだ。畢竟、日本の原子力安全行政は電力会社の言いなりなのである。

 新しい安全基準も定まらないまま、なし崩し的に再稼働を認めれば原発事故はまた起きる。


       ◇

大飯原発 再開までに課題山積
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120323/t10013927831000.html
3月23日 18時7分 NHK

関西電力が運転再開を目指す大飯原発の3号機と4号機の再開に向けて残された課題をまとめました。

地元の了解

まず、政府が、運転再開の是非を最終的に判断する前に、地元の福井県とおおい町の了解を得る必要があります。
このうち、福井県は、運転再開を判断するためには、「ストレステスト」の結果だけでは不十分で、国が福島第一原発の事故の知見を反映した暫定的な安全基準を示し、これを基に個々の原発の安全性を厳しく確認することが前提であると主張しています。
また、福井県おおい町は「国のエネルギー政策として原発が必要だとする明確な姿勢を示し、安全を担保することが重要だ」と主張していて、政府が地元自治体にいかに説明をしていくかが課題です。

周辺自治体の存在

福島第一原発の事故を受けて、国は原発事故に備えた防災対策を重点的に整備する範囲をこれまでの10キロから30キロに拡大する方針で、対象となる市町村の数は、これまでの3倍の130余りに増えます。
これまで原子力防災に無縁だったいわゆる「周辺自治体」は、防災計画を一から作らなければならず、リスクを負うことを理由に原発の運転に関わることを希望するケースが各地で増えています。
これまでの原発の立地自治体に加え、周辺自治体の意見を原発の運転再開にどのように取り入れていくのかも大きな課題です。

30項目の安全基準

国が導入を進める新たな安全基準もその行方が注目されています。
国の原子力安全・保安院は、福井県などの意見を踏まえ、専門家の会議での議論を基に、先月、福島第一原発の事故の教訓から得られた安全強化策として、30項目をまとめました。
この中には、地震と津波ですべての電源を失い原子炉などを冷やせなくなった教訓から、複数の電源を確保する多重化や津波による浸水対策、それに、電気設備の分散や非常用のバッテリーを長時間もたせることなどが盛り込まれています。
しかし、関西電力によりますと、30項目のうち大飯原発で達成できている項目は、使用済み燃料プールの冷却などの機能向上や格納容器の除熱機能の多様化などの3項目にとどまっています。

原子力規制庁

ほかにも、政府が原子力の安全規制の業務を一元的に行う「原子力規制庁」を来月1日に発足させる予定でしたが、設置法案の取り扱いを巡って与野党の調整が難航し、来月1日の発足は難しい情勢です。
福井県敦賀市の河瀬一治市長は「原子力規制庁が発足しないと原発の運転再開の議論はできない」と発言するなど、原発の安全規制には規制庁の発足が欠かせないという指摘も出ています。
また、政府の事故調査・検証委員会は、去年12月に中間報告を公表しましたが、最終報告はことし7月になる見通しで、今は事故の検証が十分な状況ではないという意見も出ています。
大飯原発の運転再開に向けた動きがある一方で、課題は山積した状態が続いていて、政府の説明責任が問われています。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月23日 19:57:57 : Mt7KRdBLws
内閣総理大臣    野田 佳彦  様
内閣官房長官    藤村  修  様
経済産業大臣    枝野 幸男  様
原発事故担当大臣  細野 豪志  様

社会民主党
党首 福島みずほ

原発再稼働に関する政治的決断を行うべきではない(要請)

 大飯原発3・4号機の再稼働について、政治判断がなされようとしている。原発の再稼働はあまりに時期尚早である。福島第一原発事故は原子力規制の内容と仕組みの両面で根本的な見直しを迫っており、「不断の見直し」と言って議論をすり替えてはならない。

 原子力安全委員会の斑目委員長は、「ストレステスト1次評価では不十分」との発言をしながら、大飯原発3、4号機の保安院審査書を了承し、再稼働について政治判断に委ねようとしている。そもそも、福島第一原発事故の背景には原子力規制体制の不全があり、信頼を根本的に喪失した原子力安全・保安院と原子力安全委員会が、再稼働判断の前提となる安全性評価を行う任にないことは誰の目にも明らかである。

 また、福島原発事故の原因究明も終わっておらず、原発安全審査指針類の見直し及び適合(バックフィット)も完了していない段階で、再稼働を認めることは決して許されない。

 加えて、耐震バックチェックが未了である中で、活断層の連動の可能性をはじめとして、地震・津波の想定について、調査、検証を要する課題が数々挙がっており、安全性評価の前提条件が整っているとは到底言い難い。

 さらに、「地元の同意」について、その範囲とプロセスが明確にされておらず、「住民」への説明が尽くされず、その意見が反映されないままに再稼働判断がなされる懸念がある。同時に、SPEEDIによる放射性物質の拡散状況を福島原発事故と同じレベルで試算した結果を各原発立地周辺の自治体に提供し、その想定される被害を受ける自治体の意見を聞くべきである。

 そもそも、福島原発事故を踏まえた防災指針の見直しは中間とりまとめ段階であって、地域防災体制の整備はまだまだ途上であるどころか、各所で混乱、困惑が生じている。この状態で原発にトラブルが生じた場合に一体どうなるのか。福島原発事故時の混乱や被害拡大を繰り返すことは断じて許されない。

 以上のような課題について、明確に方針を出さないままに再稼働への決断をすることのないよう、下記のとおり対応を要請する。

1.大飯原発3、4号機のストレステスト1次評価については、保安院意見聴取会委員より重大な指摘がいくつもなされていたにも関わらず、強引に審議が打ち切られ、原子力安全委員会検討会においても、本質的問題が多く提起されたままに検討が終結している。これらの結論を撤回し、同様に伊方原発3号機については保安院審査書のとりまとめを保留すること。

2.福島原発事故を防ぐことができなかった、現原子力安全・保安院及び原子力安全委員会に、再稼働判断の前提となる安全性評価を行わせないこと。独立性が十分に確保された新たな原子力規制機関(政府案では「原子力規制庁」)が発足し、関係法令が完全に施行されることが最低条件であり、新たな体制の下で安全審査指針類等、再稼働に係る諸条件をゼロベースで検討すること。

3.国会に設置された事故調査委員会の最終報告がまとまるまで、原発の再稼働についての手続きを進めないこと。安全審査指針類の見直しにおいては、事故調の最終報告を必ず反映させ、福島原発事故の教訓を踏まえた安全対策を完了し、防災指針の抜本的見直しと新たな防災体制の整備が完了するまでは、再稼働判断を行わないこと。

4.耐震バックチェックが未了の段階で安全性評価の結論を出さず、いわんや再稼働判断は行わないこと。東日本大震災の知見を踏まえた調査、検証をはじめ、地震・津波の想定に係り、予断を持たずに検討を尽くすこと。

5.「地元の理解と合意」と言う場合の「地元」には、少なくとも30キロメートルを目安とした緊急防護措置区域(UPZ)に入る自治体を含めること。SPEEDIの試算を参照しつつ、50〜60キロ圏あるいはそれを超える範囲も対象とし、影響の及ぶ自治体を手続きから排除しないこと。

6.安全性に係る説明の対象を首長、議会に限定せず、広く住民に説明し、その意見を聴取する場を設けること。なお、保安院及び原子力安全委員会の検討プロセスにおいては、市民や外部専門家からの意見聴取手段が限定的であり、別室傍聴など公開性も一部制約されており、改めて、開かれた検証プロセスを設けるべきである。

7.ストレステストについては、事故調最終報告書を反映し再実施すること。なお、原発は運転停止中であっても危険であるため、既に指示済みの緊急安全対策等はもちろん、追加安全対策を適宜実施していくことは当然であり、そのためにストレステストを活用することは認められる。


以上

http://www5.sdp.or.jp/comment/2012/yousei120322.htm


02. 2012年3月23日 21:40:49 : GItF1BS1lw
今日(3.23)のNHKニュースウオッチの解説。 まとも。 さて、これで政府はどう判断するつもりか?  マダラメ氏、また立場を見失ってる。 それとも逃げた?

03. 佐助 2012年3月23日 22:24:11 : YZ1JBFFO77mpI : gHqpcm4bVU
そもそも,福島原発事故の問題点は何時洗い出したのでしょうか,そして原発54基への横ニラミ対策はどのようになされたのでしようか。そして実機テストもしないで,何がストレステストなんだ。容器から配管まで応力ゲヘージを張り付けた振動加速度テストはしないのか。耐久テストもしないで,海水の影響も調べないし,イオン化で腐食・穿孔・発熱が進むと接続箇所やパイプ部分がやられ容器に亀裂が入るのはなぜか,国民に品質結果内容を公表すべきである。

04. 2012年3月23日 22:50:58 : WharH60eII
原子力安全委員会ガ其ノ任務ヲ怠リタルトキハ其ノ原子力安全委員会役ハ電力会社ニ対シ連帯シテ損害賠償ノ責ニ任ズ

原子力安全委員会役ガ電力会社又ハ第三者ニ対シテ損害賠償ノ責ニ任ズベキ場合ニ於テ取締役モ亦其ノ責ニ任ズベキトキハ其ノ原子力安全委員会役及取締役ハ之ヲ連帯債務者トス


05. 2012年3月24日 09:11:17 : BIgfJMRMNE
原子力ムラに負けるな!!!

06. 2012年3月24日 09:34:53 : aQq0UGoaxY
班目春樹委員長は、相変わらずデタラメでした。
まあ、原子力マフィアから金を貰っている委員がいる委員会の結論は、こんなもんでしょう。

311以降、福島の事実があるので、法律で決められた政府の委員会でデタラメをやることは犯罪ですからね。
もはや想定外という言い訳は通用しないことを、委員長も委員たちも、こころしておいてください。


07. 恵也 2012年3月24日 11:45:22 : cdRlA.6W79UEw : x8uTgoC03M
>>02  原子力安全委員会役ハ電力会社ニ対シ連帯シテ損害賠償

俺もこれが必要だと思う。
斑目委員長なんて「爆発はない」とか「長期電源喪失は考えなくていい」という
希望的観測をいって赤恥をかいたけど、それで高給を貰ってる。

これだけの大損害を国民にあたえ、莫大な税金を使わせていながらこの人間は
取調べも受けず刑務所にも行かない。
江戸時代なら死刑にされ、首をさらされ、全財産没収が当たり前だろう。

事後法は原則禁止が日本の法体系ではあるけど、今回だけは止めてもらいたい。
サラ金の武富士でさえ事後法で膨大な利息を返させたのだから、こんな犯罪行為
なら事後法もあるべきだ。

斑目委員長が本当に反省してるのなら、原子炉の使用済み燃料プールの廃止
とか非常用電源の完全防水化くらいは置き土産にしてくれたろうが、今回の妥当
判定を見ると、こいつは完全に電力会社の下僕だ。事後法を作れ!


08. 2012年3月24日 16:44:52 : uscS7odhHo
安全神話が崩れたといっても原発の廃止には程遠い状況です、福島の大災害は原発の恐ろしさを蘇えらせた。広島・長崎の体験が生かされず世界に類を見ない凄惨な情景に憤りを覚えます。
 危険な原発を全国に配置する異常さと、内部構造の危険さを改めて知った。暴走すればコントロールが効かなくなる恐ろしい設備を、強行に推進人達の精神構造を疑いたくなリます。原発が無ければ電気の需要が賄えないと、訊いていたが嘘でした。石油は自国で生産が可能となります、又、メタンハイドレートが日本の近海で見つかっています。
 原発に頼らなくてもエネルギーはあります、人を犠牲に追い込み人権侵害を有耶無耶にする原発は廃止すべきです、使用済み放射能廃棄物や使用済み核燃料の処理設備は先延ばしを繰り返し破綻状態です。放射能廃棄物を増やさない為にも原発を止める以外に方法はありません、一人ひとりが目覚めなければ明日の日本はありません。

09. 2012年3月24日 19:26:06 : S9g8Lm6XK6
もう遅い! この国の命運は完全にキチガイどもに握られています。とうに死刑になっているはずのマダルメとかが原発稼働を許可し、またまた発狂官僚党政権がゴーサインを出すなど、もう破滅寸前。ノダは、完全に狂っています! 世界を守るため、地球を破滅から救うため、どこかの国が永田町と霞ヶ関に◯◯を落として、地上から全員消し去ってください!

10. 2012年3月25日 04:21:13 : VfXr9Y4Oig
ことが起こっても責任取れないんだから。無責任なことはするな。
斑目、文科系の保安院。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素22掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素22掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧