★阿修羅♪ > 原発・フッ素22 > 564.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県民1万5000人超が内部被曝 (新井哉の危機管理・国民保護ブログ) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/564.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 4 月 05 日 00:23:39: igsppGRN/E9PQ
 

福島県民1万5000人超が内部被曝
http://ameblo.jp/kikikanri-h-arai/entry-11209891126.html
2012-04-01 10:17:48 新井哉の危機管理・国民保護ブログ


 東京電力福島第1原発事故で多数の被曝者が出た問題で、今年1月にホールボディーカウンタ検査を受けた福島県民3592人が内部被曝していたことがわかった。昨年6月から今年1月までの約7カ月間に内部被曝が判明した福島県民は計1万5408人と深刻な事態に直面している。
 預託実効線量が1ミリシーベルト超が25人に上ることや、わずか1カ月間で3500人超の内部被曝が判明した事実は重く受け止めるべきだ。原発事故発生時に適切な避難や被曝対策がとられなかったことへの不信感から検査を受けた人が増えたとみられる。放射性物質の拡散予測など住民に伝えていれば、内部被曝を最小限に抑えられた可能性が高く、住民の被曝対策を怠った政府と福島県の責任問題にも発展しそうだ。
 福島県が公表している昨年6月27日から今年1月31日までの内部被曝検査の結果によると、浪江町の3050人を筆頭に、大熊町1963人、富岡町1815人、飯舘村1425人、伊達市1211人、双葉町1161人、楢葉町1070人、いわき市799人、須賀川市490人、福島市430人など内部被曝者の分布は県内18市町村に及んでいる。
 このうち預託実効線量が3ミリシーベルトは2人、2ミリシーベルトは10人、1ミリシーベルトは13人、1ミリシーベルト未満は1万5383人と報告されている。低線量被曝の影響について政府内でも検討されているにも関わらず、福島県は「全員が健康に影響が及ぶ数値ではない」としている。
 福島第1原発事故の発生直後には、多数の市民が被曝したと考えられる。福島県では昨年3月13日までに住民22人の被曝が確認された。さらに被曝者がいるとみられたことから、同県内の避難所で被災者の被曝状況を調べるため、全身の放射線量を測るスクリーニングを約12万人の避難者のうち希望者に実施する方針を表明。しかし、実際には被曝者を出さないように、巧妙な測定基準値の引き上げが行われた疑いが拭えない。
 最初の22人の被曝者を測定した際には、放射線測定器で1万3000カウント(CPM)以上だった場合、シャワーで体を洗い流す全身の除染が必要としていたが、3月14日に福島県は急遽、除染が必要となる基準を10倍近く引き上げた。同14日以降は10万CPM以上の人を全身除染の対象としたところ、同 17日までに測定された4万2000人全員が、この数値を下回ったため、全身除染が行われなかった。このスクリーニングで3月13日から今年2月22日まで除染が必要とされたのは24万49802人中、わずか102人。
 行政による「被曝隠し」と受け止められられる可能性があるにもかかわらず、なぜ10倍近い基準値引き上げが必要だったのかについての明確な説明は未だない。例え、被曝者が多数出たとの状況を知った市民にパニックが広がることを考慮したとしても、基準値の引き上げで、当初の基準では全身除染が必要となるレベルの避難者が、除染を受けられなくなった点は見逃せない。除染で減らせたはずの避難者の被曝リスクを高めた側面もあり、今後の被曝対策では、全身除染の数値を元の1万3000CPMに戻し、この数値以上だった場合、ヨウ素剤の服用や内部被曝検査の徹底が求められるよう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月05日 00:30:56 : WharH60eII
食料で全国民被曝してるけどね。

02. 2012年4月05日 00:32:10 : G6QFsDxkhw
>ホールボディーカウンタ検査

これだって相当いいかげんだろ。実際は、周辺住民のきなみ内部被曝だと思うよ。無事なわけないじゃ。すでに遍満してるんだから。いつまでごまかす気なのかね?


03. 2012年4月05日 05:22:37 : I8DFjf54MU
やらないよりはいいけれど、ホールボディカウンタではガンマ線しか測れない。
政府は、アルファ線、ベータ線は、測りたくないようだ。福一事故ではチェルノブイリ
より、アルファ線、ベータ線を出す物質が多いといわれる。これは、空間線量を
見るモニタリングポストでも測っていない。これらはすべて積算されなければならない。

04. 2012年4月05日 13:57:46 : Uzzt27smXI
今直ちに放射能汚染の影響はありませんと言い続け、

日本全国が大飯原発の地元なのだから皆さまからのご理解を戴き、
さらに放射線よりDNAに刻み付けられた歴史を共有する福井の地元から同意をもらい、

再稼働に突き進み、

毎度毎度のウソで我々をあざむき、女性や子どもの被曝に何の疑問も感情も抱かず、

日本経済と富を護るのに不可欠の原発を愛する原子力マフィアの手先であり、

ニッポンいちのゲス野郎の枝野が、

また今日も苦しむ人々のことなど忘却の彼方に置いたまま、死んだ眼で笑顔を器用に作っているよ


05. 2012年4月05日 14:45:14 : Py5Z7phwaA
>01 さんが正解 プラス 空気中に含まれる放射性物質でも全員被曝しています。

自分だけは大丈夫って思いたい○○が多すぎる。


06. 2012年4月05日 17:01:30 : oDZLjorBrU
>>04さん
>今直ちに放射能汚染の影響はありませんと言い続け

枝野はこう言ってます。

「私は健康に直ちには被害は無いと言ったのは39回のうち7回だけです、そのうちの5回は食べ物飲み物の話でございまして、

一般論として直ちに健康に被害が無いという事を申し上げたのでは無くてー、今の原発の事故の状況が直ちに健康に被害が無いと申し上げたのではなくてー、放射能物質が観測されて、最初牛乳だったかと思いますがそれを1年間飲み続けても体には影響が無いという意味ではなくてー、1度か2度そういったものを体内摂取したとしても直ちには健康に影響を及ぼすものでは無い、という事を繰り返し申し上げたものです。」

あの時枝野はそう言ったんだって!
本当に枝野はあの時そんな風に言ってましたか?


07. 2012年4月05日 18:07:14 : Uzzt27smXI
>>06

ストレス太り気味の枝野のコメントの信憑性の無さは、
去年以来、放射能漏れのように静かに濃厚に巷間に露呈し続け、
結果、大きな不信感が多くの人の中でつのっています。

政治屋の彼は、コトバの意味を“核分裂”させ、
犬の小便みたくあっちこっちに拡散させ、
けれど長々と口を開けて物申せども、
要するに何が言いたいのか判りかねる、
そんな印象をコトバから持たせる人物であり、
私たち京阪神の人間の怒りを誘います。
それを私は言いたかったのです。

地震の活動期に原発の再稼働は殺人行為です。
原子力マフィアという要するにけがれた金の亡者の片棒をかつぐ枝野という人物の器の小ささに怒っています。
あるいは私は間違っているのでしょうか?


08. 2012年4月05日 20:43:22 : pKTNAZnvpQ
問題のある被曝者は1人も居ないんだな。
不幸中の幸いとはこのことだな。

09. 2012年4月05日 21:33:30 : GlFYp2sWpQ
08 体調が崩れれば、放射能の影響です。沢山の人々が、問題を抱えた被爆者です。残念ながら、貴方も、脳が問題です。ここは、看板にあるように、嘘はいけません。

10. 2012年4月06日 00:26:14 : EWOUlAjlH7
言っていることが分からない。
生きている人は皆空気吸っていて、空気中には漏れなく放射能が付いているんだから、生きている人全員が内部被曝したんじゃないのか。

11. 2012年4月06日 02:41:51 : WklHojbJLg
>>07
>原子力マフィアという要するにけがれた金の亡者の片棒をかつぐ枝野という人物の器の小ささに怒っています。

でも主要閣僚のなか、枝野氏だけは慎重な姿勢でしょ。野田も官房長官も再稼動
推進。たたくなら野田をたたいたら。それに、「ただちに影響はない」は、斑目の
解釈によると、「晩発性のがんになる」ということだそうだから、まったくのウソ
ではないということになる。

「年100ミリシーベルトでも安心」と言った、山下教授こそ悪の根源でしょう。


12. 2012年4月06日 21:23:04 : oHYQLGp4OY
ヨウ素は測ってないんだよなー。

当てにならない数字だ。


13. 2012年4月07日 02:56:39 : XZvVix6X7s
↑ そう、いちばん被爆量が大きいとみられるのに。

14. 2012年6月01日 02:15:37 : dJgIcVcCbc
>>12
同感です。
放射性ヨウ素はすぐ減衰しますが、その損傷は身体に残ります。
たしか、双葉町町長が、ヨウ素の原水のことがあるので、すぐ計測するよう政府に言ったが動かなかったと話していました。他からも同種の話を聞いています。
原子炉からの放出量は、SPEEDIを利用した逆算でおおよそ把握できているというものの、ヨウ素が大量に出ていた初期の量は、とくに当てになりません。
放射性ヨウ素の内外被曝は、測れなかったというより測れないようにした(計測時期を意識的に遅らせた)としか思えません。
また、残念ながら、α線、β線の内部被曝は測定不可能で、環境中のものも計測は容易でありません。
そのため、原子力安全委、科技庁などは、「安全側に立って」(と連中はいつも言いますが)γ線の計測線量に対して一定比率で非常に多めに見積もっているので心配ないと繰り返しています。
しかし、かりにγ線に対して非常に小さい比率でしか放出されていないことが事実であったとしてさえも、吸い込む場合など均一な比率で吸い込むわけではありません。
α線、γ線のホットスポットなどから集中して吸い込んだ人がいないのかどうか、本当に心配です。
南相馬などの「黒い物質」の報告を見ても、この不安が強まります。
内部被曝への一貫した軽視・無視とα線、β線の軽視のなかで発表される政府などの数字や判断を真に受けていたら大変なことになりそうです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素22掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素22掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧