★阿修羅♪ > 原発・フッ素23 > 520.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[CML 016876]ニューヨーク・タイムズ 「福島の低線量被曝はそれほど安全じゃないらしいぞ」(2012年5月3日)
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/520.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 5 月 07 日 09:14:40: KbIx4LOvH6Ccw
 

The Low-Level Radiation Puzzle - NYTimes.com

================================================

http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-May/016704.html

[CML 016876] ◆ニューヨーク・タイムズ 「福島の低線量被曝はそれほど安全じゃないらしいぞ」( 2012年05月03)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 5月 7日 (月) 03:13:52 JST

nakata です。重複おゆるしください。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。
 
(以下転送拡散歓迎)
■______________________________■
  ニューヨーク・タイムズ 「福島の低線量被曝はそれほど安全じゃないらしいぞ」
  http://bit.ly/IvZI8H twitterから拾った海外の情報です。
■______________________________■
 海外から見た日本政府の姿はどう映っているのか、、、
 放射能を注意をせず、暮らしている日本人の生活は、政府のことばをうのみにし、
 戦争に傾れ込んだ戦前の国民の姿に重なるように感じています。

   (下記貼り付け)
*****************************************************************
< twitter >

バジル?@basilsauce
要するに無知と書かれてるも同然。「日本の政府は放射能は塩のようなもので薄まれば薄まるほど効果が薄くなるという考えを吹聴…」@taromtber @megpcafe ニューヨーク・タイムズ 「福島の低線量被曝はそれほど安全じゃないらしいぞ」 http://bit.ly/IvZI8H

________________________________

http://seetell.jp/27015 2012年05月03

◆ニューヨーク・タイムズ 「福島の低線量被曝はそれほど安全じゃないらしいぞ」

●日本の政府は、放射能は塩のようなもので、薄まれば薄まるほど ー たとえば水などに溶けることを考えて欲しい ー 効果(塩の場合は塩味)が薄くなる、という考えを吹聴し続けている。塩の場合は、水で薄め続ければいずれ塩の味がしなくなる。●福島のがれきを日本中で処理しようというやり方は、こういう考えが元になっている。放射能を福島に集中させるのではなく、日本中に広めて、●それぞれが低線量だけ引き受ける、という考えだ。また、●がれきを日本中に運び出すほうが、福島を完全に除染するより安上がりだという考えもあるようだ。

●だが、これはちょっとばかり近視眼的すぎるようだ(日本の支配者層にはよくあることだが)。 ニューヨーク・タイムズのこの記事によれば、長期的に低線量の放射線を浴びるほうが、●短期的に高濃度の放射線を浴びるよりも、より危険である可能性があるという。もしこの研究を真に受けるなら(原発産業は信じないだろうが)、●日本政府は放射能を広め、薄めることで、より多くの人をガンなどの健康被害を受ける危険に晒していることになる。

科学雑誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」が、低線量被曝の危険性について新たに光を ー または、ただ疑念を ー 投げかけています。

●同誌の 5−6月号 では低線量被曝について7記事と社説を割いている。●低線量被曝は昨年3月に日本で起こった福島第一原発のメルトダウン以来、●安全だという科学的合意に異を唱え、改めて重要性を主張している。

…………

●環境学者の Jan Beyea 博士は、過去何十年も原子力発電に反対してきた 、スリーマイル島の疫学調査に関わる科学者だ 電力産業についても綿密に調べている。「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」のウェブサイトでは通常、会員のみ記事を閲覧できるが、今回の記事は無料で公開された。

●Beyea 博士は、低線量被曝に関するアメリカの安全基準に対して反対する意見を表明した。これまでは、被曝量とその影響の関係は直線的 ー つまり、被曝量が大きいほど影響も大きいということ。被曝量が半分になれば影響も半分、4分の1なら影響も4分の1、被曝量が100万分の1なら影響も100万分の1、という風に ー だった。影響のないレベルというのはなかったのである。

これはLNT仮説 (linear no-threshold hypothesis)と呼ばれ、ほとんどの科学者によれば非常に低い放射線量は測り様がなく、そのため、●低線量放射線による一般の健康被害に関しては慎重な姿勢で臨むことになっている。

だがこのやり方に異を唱える放射能専門家もいる。放射線量が測れないからといって、健康被害がないとはいえないないからだ。だが ●Beyea 博士によれば、低線量被曝はさらに悪影響を及ぼす可能性があるという。

 放射能の専門家たちは、ある短期間での被曝量による影響は、その被曝量がより薄くなった場合、影響も小さくなる、という共通意見を持っている。この不正確な類推をもってすれば、アスピリン一瓶を一度に飲めば死に至る可能性があるが、数日に分けて飲めば気持ちが悪くなるだけだ、ということになる。

放射能の研究では、これは 線量率効果因子 と呼ばれる。一般的には、ある量の放射線が薄まった状態で被曝すると、元の 量のままで一度に被曝する場合よりも、影響が半分ほどになるとされる。

科学者らは、低量の「呼び水的な」量の被曝は、ウイルス感染を防ぐための予防接種のような働きがあるとすら主張する。 先に修復機能を鍛えておいて、より多量の放射線に被曝した時に影響を小さくするというのだ。

●だが Beyea 博士は、散逸して薄まった放射能に長期間被曝することは、短期間に多量に被曝するよりも危険性が高いと いう説を提示している。これには2つの理由があるという。まず、被曝の影響は細胞が数世代にわたって被曝した後にしか わからない遺伝子的なものである可能性があること。もうひとつは「バイスタンダー効果」、つまり、細胞は放射能を吸収 し、一見ダメージを受けていないように見えても、隣接する細胞に放射能による影響を受け渡し、結果としてガン化する、 というものだ。

----------

問題は、誰も確かなことを知らず、●低線量被曝は安全だという仮説のもとに世界中の政府が安全基準を作っている、ということだ。

●日本政府や原発産業は、そのやり方に疑義を投げかけるこのような情報すべてを否定するだろう。政府はすでにこの問題について合意を得たのだし、それが一番の問題なのだから。

****************************************************************
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月07日 09:35:17 : uz4zqg3c5L
解からんから断定は出来んが、全てわかってやってる可能性も考えられないか。間引きと金儲けかもしれん。

勿論無知も大きい。県知事などの地方の首長などは何にも知らんかもしれんだろ。

あと、社会の欠陥。

総合的にみたら無知と事なかれ主義と金儲けの愚民化か。


02. 2012年5月07日 12:13:14 : yrjsZSR1Z6

「閾値はみとめられていない」とか「1年100ミリ以下はデータが無い」というのはハッキリとした間違いです。

日本の厚生労働省(厚労省)ならびに米国のエネルギー省(DOE)により資金提供を受けている公益法人、放射線影響研究所(放影研)発表の最新の論文の「要覧」

http://www.rerf.jp/shared/briefdescript/briefdescript.pdf

の表16には白血病の方が5ミリグレイないし100ミリグレイ(約6ミリシーベルトないし120ミリシーベルト)に相当する被爆低線量での発症の因果関係は明瞭である。


03. 2012年5月07日 13:50:46 : adn3QwNHlE
事故が起きてもないのに、がん死亡率の高い泊村。
事故が起きれば安全じゃ無いのは当たり前。
低線量もくそもない。

04. 2012年5月07日 16:27:54 : gGECPqUyvU
第5福竜丸の乗組員の被曝を「ビキニ水爆実験の被曝でないです」と公式見解のアメリカに言われたくない!

05. 2012年5月07日 18:21:47 : XPID18EPRU
低線量被爆では、DNAが損傷した細胞が死滅しないで生き残るため癌のリスクが高くなる。
「ペトカウ効果」と言われている学説!

「安全安心」ホルミシス効果VS「低線量がより危ない」ペトカウ効果
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/2a1e8d6e694b122e61212ba259f79b27



06. 2012年5月07日 19:42:11 : txKoq6KBVw
wikiのペトカウ効果を
書き変えたおまえら福島に行って放射能浴びて何でもないことを自ら人体実験してきてください。

07. 2012年5月08日 05:59:57 : MahlUWvjZ5
発癌機構そのものが放射線障害であると考えてしまうと解りやすい。
例えば、放射線の到達距離が1cmくらいしかないような微弱な放射線は測定できない。ところが、その放射性物質が体内に取り込まれると、その物質の周りには数万もの細胞があって連続して放射線を浴び続ける。これは、体外被曝では絶対に起きない現象である。なぜなら、体外被曝では同一細胞が放射線を浴び続けるという現象は起こりえないからだ。
この作用と、ベトカウ効果が相乗して発癌の危険を更に増大させる。
微弱な放射線は細胞を破壊しない。遺伝子を書き換えるだけだ。強い放射線は、細胞を破壊してしまうから遺伝子は壊れてしまい、変異が残ることはない。
連続して照射されて生き残った遺伝子のみが、増殖して変異を繰り返して、やがて巨大ながん細胞を作り出していく。この過程に、2、30年かかるから晩発性の癌が発生する。それが低被爆、微弱放射線の危険である。

08. 2012年5月08日 06:32:39 : O9CSrXFc3o
----日本の政府は、放射能は塩のようなもので、薄まれば薄まるほど

いくらなんでも、ここまで日本政府は馬鹿ではないでしょう。ウソつきではあっても、非道ではあっても。

拡散すると、放射能の封じ込めがほとんど不可能になる。さらに上の説によると(目
新たしいものではないが)、全体としての放射能による障害が大きくなると言える
わけです。この可能性を政府は馬鹿ではないから、知っているでしょう。

では、なんでそうした政策をとるのか?馬鹿ではなくとも、狂っているのではないか
とは思います。


09. 2012年5月08日 09:01:18 : FpVPO6YryM
命より金を選ぶ日本政府は そう!狂ってるとしか……

10. 2012年5月08日 09:44:01 : VmrM5pfMOQ
結局今やってるこ事は薄めて薄めて先延ばしにして出来るだけ目に見えないような形にして…って無責任にやってるだけだと思う。


昔、原発誘致の時に生活が豊かになるなら多少のカタワは覚悟しようじゃないかといっていた推進派の考え方は全く変わっていない。


子孫がそうなってしまっても今の様に責任は全く取らない。


=瓦礫拡散は長期的に見れば日本人根絶やし作戦であると言う事が言える。


全国に強制的に要請している時点でこれは確実であると皆が受け止めるべきである。


11. 2012年5月08日 12:16:01 : FMYVrJZdJc
う〜ん。>>10さんに同意。
 厳しいけど、本当かも。

12. 千早@オーストラリア 2012年5月08日 13:51:52 : PzFaFdozock6I : jrMq6fHz5o
>長期的に見れば日本人根絶やし作戦

その途上でまたゾロ医療と製薬業界が儲けつつ ね。
いつものイルミナティのやり方です。


13. 2012年5月08日 13:57:02 : npansWPdOA
経団連、カス倉の会社、住友化学の子会社は、放射能排出剤を売って大儲け出来る。瓦礫拡散は市場開拓。利益倍増。

14. 2012年5月08日 15:14:57 : FC5OBmnz9g
ニューヨークタイムスであるが、極めてまともな記事である。1985年8月12日のJAL123便の際には、「離陸3分後の件」も報道したのは記憶に新しい。
欧米配下だとまともであるが、中国(ソ連中国台湾イラン)配下に入ると、とたんにおかしくなる傾向を各種教訓から学ぶべきである。


例えば、創価学会や統一教会といった宗教も、元々は、欧米派だったころはまともであったが、現在は、中国の下請けをする部署が多くなったようでまともではなくなってきている。

テク犯等を見ても、「被害者」は例えばカトリックの欧米系キリスト教信者であったりと、必ず、日米欧に関わる組織及び血筋の人たちが集ストに遭っている。

根本的には、台湾の日本神道系が人類をミラリング(真逆)に統治しようという動きである。


http://www.youtube.com/watch?v=kBu6dccKIj4
のような、中国エリア51狼が来たときに、熊が狼をこらしめるという表現で「中国かぶれ」の危険性について、暗にロシアからも開示されているということである。


15. 2012年5月08日 15:42:21 : FC5OBmnz9g
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-621.html
に「水谷建設」が出ています。

16. 2012年5月08日 18:40:39 : EsBI1rrtGk
「1年100ミリ以下はデータが無い」なんて誰も言っていない。バックグラウンドの影響で分からないと言っているだけですよ。
もうこの手の話は終わりにするべきです。現在認められている論文に100ミリ以下の影響があるというデーターはないんですから。ただ放射線防御という観点から影響はあると考えるということなんですからね。だから自然界にないほどの量を浴びている地域では定期的に健診が必要なわけです。解っていれば検診は不要ですよ。

18. 2012年5月08日 22:19:22 : txKoq6KBVw
放射汚染がれきを多摩で焼却してしまっても大丈夫?

http://img.ly/hZJm

その2
http://img.ly/hZJo


19. 2012年5月09日 06:34:13 : 1laTubqZew

@tokaiama アマさんこんばんは。福島市渡利の花見山公園近くの雨どい下のTA100Uによるスペクトルデータです。セシウムは当然ですが、ウラン235?のピークが明瞭に出ました。とんでもないことだと実感。twitpic.com/9iqwhz
( http://twitter.com/#!/kunihiko_suzuki/status/199840202208968705 )

 ↓

GWに福島市中心から車で10分の渡利地区の「花見山公園」駐車場近くの雨どい下のスペクトルデータ(TA100U)。線量率は地表面で軽く10μSv/h超え。線形グラフでセシウムは当然、ウラン235と思われるピークが明瞭に見える。
( http://twitpic.com/9iqueg )

続き。ここは春の花まつりの会場で、若い人や子供も行き交う。犬の散歩の方もいる。超高線量スポットがそこここにある大地の上で人々は子供も含めて生活している。セシウムやウランが撒き散らされた中で。本当にここは法治国家なのか。
( http://twitpic.com/9iqwhz )


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素23掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素23掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧