★阿修羅♪ > 原発・フッ素24 > 632.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
フクイチ最高幹部「東電・清水元社長はウソを言っていいのか」と怒りに震える (週刊朝日) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/632.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 13 日 01:39:48: igsppGRN/E9PQ
 

フクイチ最高幹部「東電・清水元社長はウソを言っていいのか」と怒りに震える
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120612-00000005-sasahi-soci
週刊朝日 2012年6月22日号


 2012年6月8日。この日は、原発史上においてどう評価され、後世に語り継がれることになるのか。世界最大の原発事故を起こした国のトップが、原発再稼働に舵を切った。そして、事故当時の電力会社社長があいまいな証言を繰り返した。

 この日、国会の原発事故調査委員会に東京電力の清水正孝前社長が現れた。

 焦点の一つは、海水注入中止の指示をしたのは誰か。事故調の質問に対し、清水氏は、こう述べた。

「原子炉を冷やすことが最優先だと考えていた。(廃炉につながる)海水注入をためらってはいない」

「官邸に詰めていた武黒(一郎・東電フェロー=当時)から国の了解がないままに進めることはいかがと連絡が来た。それ(一時中断)を是認した」

 週刊朝日は、『福島原発の真実最高幹部の独白』(朝日新聞出版)でおなじみの福島第一原発(フクイチ)最高幹部に話を聞いた。清水氏の発言を聞いていた最高幹部は、強く握った拳が震えていた。

 廃炉をためらっていないって、そんなウソを言っていいのか。これを見てくださいよ。ここですよ

 そう言った最高幹部は、ファイルから数枚のペーパーを取り出した。指さした先には、こう書いてあった。

「海水・廃炉、損失大、回避が最善」「(海水の)注水、判断苦し 現場はまったナシ。時間ない」

 これは、本店(東電本社)の幹部が書いた事故当時のメモで、私にコピーをくれた。そのとき、この幹部は私にこう言いました。

「海水を入れると廃炉になるので、トップが海水注入の決断を渋っていた。必死で闘う現場と本店の温度差を感じた」

 その後、私もいろいろと本店で情報収集しました。

「清水氏ら本店幹部が海水注入をすぐに決断できなかったのは間違いない」というのが私の結論です。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月13日 02:53:36 : ejAALptNgw
菅が止めた。官邸の意向 とか書いてた新聞 

日経-http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2100P_R20C11A5MM8000/?dg=1&n_cid=TW001

どないなっとんねん まったく話が違うではないか。

「海水を入れると廃炉になるので、トップが海水注入の決断を渋っていた。必死で闘う現場と本店の温度差を感じた」

 その後、私もいろいろと本店で情報収集しました。

「清水氏ら本店幹部が海水注入をすぐに決断できなかったのは間違いない」というのが私の結論です。<<福島第一原発(フクイチ)最高幹部>>

完全にいかれた新聞(機関紙)は菅前総理を証人喚問と叫んでいるが喚問しないといけないのは、

東電・元清水社長


02. 2012年6月13日 05:43:16 : 691AYwvONb

01様

まったくもってその通りです。私は菅直人は大嫌いですが、海水注入をためらっていたのは東京電力であって菅直人ではありません。

私の場合福島第一原発から40Kmのところに住んでいるので一連の報道は細かく見ていて覚えています。

また、菅直人が福島第一原発に来たのも東京電力がベントするベントすると言っても全然ベントしないので直接吉田所長にベントの指示に来たと思われる。

東電本社ではベントすれば東京電力は倒産すると思っていたし、現場では電源喪失時のマニュアルがなく手動ベントの方法がわからず、

方法が分かった時には線量が殺人的な高線量になってしまいなかなかベントすることがむずかしくなっていた。

問題なことはこれらの重大なことを国民に知らせず、国民を生命の危険にさらした菅直人の罪は殺人罪に相当する。

現に病院に入院している患者が避難する際にその車両の中や避難所、及び病院にそのまま放置されて合計100人以上が死んでいる。

菅直人一味も東京電力の一味も、また福島県知事、原子力関係の役人ども犯罪者でありこれらのものは裁判にかけなければならない。

今の日本はたいしたことのないことを犯罪だ犯罪だと大騒ぎして大政治家の政治生命を断つことを平気でしているが

本物の人殺したちはお咎めなしで仕事も満足にできないくせに高給をもらっている。

こういう間違った、曲がったことを誘導しているのが大新聞であり、テレビ局だ。

こやつらも原子力村のプロパガンダ機関で日本を腐敗させている汚物だ。


03. 2012年6月13日 06:34:14 : rjpmaLs936
ためらっていようがいなかろうが、海水注入をさせなければならなかったのにさせなかった首相がいたせいで2,3号機が爆発、そのせいで汚染が桁外れになった。
という事実がある以上、最大の責任は当時の首相であった菅にある。

と思ったら今度は首相の指揮権を剥奪ですか、一層首相がお飾りになるんですね。
もう重大責任負いたくないって、もうそれなら猫でも代わりに置いとけっての。


04. 2012年6月13日 09:41:18 : FQoVAuwbKg
>>03
管たたきの工作員さん毎日ごくろうさん。

05. 2012年6月13日 11:39:00 : TXrfobTOlk
嘘つきでなければ偉い人になれません。

06. 2012年6月13日 11:44:21 : a9GzL2pA5I
海水注入をためらったのは、東電の上層部です。
菅さんは関係ないですね。

07. 2012年6月13日 12:47:59 : VU2KZhbRUI
菅の責任は、福一現場より、避難指示が遅れたこと。

東電も悪だが、菅も悪。


08. 2012年6月13日 14:49:54 : Mhi0eYDopU
>>04
> 管たたきの工作員さん毎日ごくろうさん。

「菅たたきの工作員」なんて、実在するのか?
今やただのチンピラ議員と化した菅を叩くメリットってなに?

あんたこそ、菅の介護、毎日ご苦労さんだね。

とりあえず菅はまだ、
東電幹部連中や安全保安院の幹部とは違って
刑事告発はされてないんだから、そんなにピリピリするなよ。


それから、皆さん
「海水注入を開始するのをためらった」と
「一旦始めた海水注入を中断させた」をごっちゃにしてない?

2つは、あくまでも別の出来事。

後者に関しては
「中断させなかった」と吉田所長が言ったとの報道もあったが
そのあたりのことを、この原発事故調査委員会はちゃんと調べたのか。
吉田所長を証人に呼んだのか。


09. 大阪府民 2012年6月13日 15:28:35 : 2fc9REJTmRlzM : LGtLUVFW1w
「菅たたきの工作員」
はいなくても、「脱原発つぶし工作員」
はいますね

最近の「原発推進派」のまきかえし工作の激しいこと


10. 2012年6月13日 16:58:14 : FEC1zKK4NY
「菅たたきの工作員」はいると思う。

菅氏はベントも海水注入も進まないので怒った、さらに東電トンヅラを乗り込んで
いって止めたというのは、づーっと事実として報道されていたのに、調査委員会
たるものができて片っ端からひっくりかえしはじめているのが今の状況だ。
それに、吹けばとぶようではあるが「菅たたきの工作員」もいる。
今、原子力村軍団の指揮統制下のもと、ごり押しの結論にもっていかれている。


11. 2012年6月13日 19:24:39 : kejlwA5Rsw
>>02
地震直後の混乱期に避難させるってのもなかなか難しいよ。
たとえ地震がなくても万単位の避難ってのはかなりの困難が伴う。

それにあの分だと原子力村が動かなきゃならないが、
動いたのかなってきがする。


12. 2012年6月13日 22:40:26 : Cu8gN0OcBg

2011年3月12日の12時54分に防火水槽の淡水がなくなったとを受けて、吉田所長は1号機への海水注入を指示し、消防車を3台直列につなぎ注水ラインを作った。しかし、15時36分に1号機建屋で水素爆発が発生した。夕方に官邸内で海水注入について議論が行われ、17時55分に海江田経産相から海水注入の措置命令が出されたが、これを聞いた菅首相は再臨界の可能性を疑い、すぐには納得しなかった。一方、現場では19時04分に消防ホースを引き直し海水注入を再開していた。間もなくして、官邸にいた武黒フェローから吉田所長に電話連絡があり、吉田所長がすでに注水を再開している旨を告げると官邸の決定まで中断するよう武黒フェローから要請された。吉田所長は、この要請を受けて東京電力本店に相談すると、本店は中断すべきとの意見であった。しかし、原子炉の状態悪化を懸念した吉田所長はそれを無視して注水を継続した。官邸の議論は結果的に影響を及ぼさなかったが、官邸の中断要請に従っていれば、作業が遅延していた可能性がある危険な状況であった。


13. アホ山 2012年6月14日 02:50:31 : 6ZHZPeF/7Ggwo : iS8OrupHTG
NHKのニュースで海水注入を始めた。これで原子炉はもう使えなくなる、とあくまで電力会社よりの伝え方をしていたのを覚えている。

危険な芽は最初に全部摘み取って後のことは安全確保してから悩むべきだ、と私自身が激高したのでよく覚えている。東電は責任逃れをするな。


14. 2012年6月14日 05:50:32 : nFAytaCC5U
あんなドデカイ原子炉に電源がない状態で、どうやって海水を入れていたのか?
消防車のあんな細い径のホースでどこに、どうやったら水を注入できるのか?
そもそも、いろいろ試してみたが、原子炉に海水、消防車からの原子炉への注入は不可能だったのでは?

15. 2012年6月14日 06:03:32 : 691AYwvONb

11さんよ、あの時避難させるのは難しいとか、よく意味がわかりません。

あの時にみんなあわてて住民は逃げ出しました。もっとも一番最初に逃げ出したのは東電社員とその家族でしたがね。

原子力関係の役人たちも住民に情報も知らせず逃げ出しました。

情報のない町役場・住民は線量の猛烈に高い方向へ逃げてしまいました。それは国とか福島県が情報を隠ぺいしたからに他なりません。

原子力村は原発推進の時に動くものです。事故時の対応など全然していません。キチガイの山下が飯舘村にやってきて

100mSvでも健康に影響がないと言ったり、ニコニコしている人には放射能が来ないとか福島県中を馬鹿にして歩いたぐらいですね。

あなたのような情報を隠ぺいすることに同調する人がいることが世の中が広いというか不思議に思う。

うそつき細野ですら情報を隠ぺいしたことを謝罪している。・・・が、謝って済む問題ではない。

この避難の不手際で100人以上の人間が死んでいることをマスコミはきちんと国民に伝えるべきだ。

こんなだらしのない狡猾な政治家、官僚、電力会社たちの言うことをきいて原発再稼働なんてあり得ない。


16. 2012年6月14日 20:20:17 : ozXhBf6KGs

2011年3月13日午前2時42分、高圧注水システム(HPIC)の故障を懸念した3、4号機の当直は同システムを手動で停止した。午前3時55分に初めてHPICの停止を知らされた吉田所長は海水注水を指示し、午前7時頃までにはラインの接続が完了した。その頃、官邸で海水よりも淡水を優先する意見が出され、東京電力の部長から吉田所長にその旨が伝えられた。吉田所長は淡水注入を決断し、消防ホースの敷設をやり直し午前9時25分に淡水注入が開始された。しかし、淡水は約3時間後に枯渇し、その後海水注入に変えられた。淡水への変更は、結局ほとんど状況改善につながらず、経路変更で無駄な作業員の被曝を生んだ可能性があり、官邸の指示が作業を遅延させたばかりでなく、原子炉注水操作失敗の危険性を高めた疑いがある。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素24掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素24掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧