★阿修羅♪ > 原発・フッ素25 > 246.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
食品の放射線規制値について
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/246.html
投稿者 原発再稼動禁止 日時 2012 年 6 月 29 日 14:53:15: 92yCYGb.P.yrk
 

食品の放射線規制値は、まず、摂取した食物がそのまますべて吸収し、体の中に蓄積せず、そのまま排出する場合を考えればよい。
体内には自然に摂取されるカリウム40の放射線が、70KGの人で4400ベクレルの一定量存在するので、食品の放射線が4400/70=62ベクレル毎KGを超えてはならないことがわかる。
次に、増加分の放射線はセシウム137が大部分なので、セシウム137の放射線を規制するのが良いことがわかる。
セシウム137は、細胞に共生しているミトコンドリアに選択的に蓄積する。

摂取してしまって、体の放射線量を調べたときに、通常よりも多少増えたベクレルは、細胞の一部のミトコンドリアから発せられるセシウム137なので、ホットスポット的に、ミトコンドリア内は高濃度の放射線にさらされており、結果、ミトコンドリアのDNA、および、ミトコンドリアの器官が破壊される。
ミトコンドリアは、生体活動のエネルギーを生み出す元であるので、エネルギーが得られなくなったミトコンドリアの宿主の細胞は元気が無くなる。
細胞内の全てのミトコンドリアが破壊されると、その細胞は死滅する。
特に活発に活動している心臓などに影響がでやすい。


《結論》
先の62ベクレル毎KGでは、細胞の一部品のミトコンドリアに蓄積し、検査のばらつきなどもあるので8倍ほどの掛け率をみて、8ベクレル毎KGとする。
子供の場合は、感受性が強いので、4ベクレル毎KGとする。
これは、ドイツの食品の放射線規制値である。
これはセシウム137がミトコンドリアに濃縮されるということなので、本来なら、ほんの少しでもとってはならないのだが、生物学的半減期等を考慮して許されるぎりぎりの限度である。

《対策》
日本の100ベクレル毎KGでは、心臓病、および、心臓疾患に由来する突然死が多発、元気の無くなるぶらぶら病が蔓延し、経済活動にも抜き差しならぬ影響がでてくる。
直ちに、ドイツの食品の放射線規制値8ベクレル毎KGに変更すること。

以上。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧