★阿修羅♪ > 原発・フッ素25 > 520.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
甲状腺被曝の実態は未解明、福島県の意向で調査中止も (東洋経済オンライン) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/520.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 7 月 11 日 01:08:46: igsppGRN/E9PQ
 

甲状腺被曝の実態は未解明、福島県の意向で調査中止も
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/dcf336cf6c6c6293e72d5d07a66aee80/
12/07/11 | 00:05 東洋経済オンライン


 福島県が進めている「県民健康管理調査」。その中で202万人の全県民を対象に実施されているのが、原発事故直後からの行動記録を基に外部被曝線量を推計する「基本調査」だ。

 ところが、同調査の回答率は2割強にとどまる。事故当日の2011年3月11日から4カ月間にどこに何時間滞在したかを細かく記入してもらう反面、「問診票」と題しながらも既往歴や体調の変化を記入する欄がない。そのため、「健康への配慮が乏しい」と感じて提出しない人が少なくない。

 その一方で、小児甲状腺検査や県民健康管理調査とは別に県が実施している、放射性セシウムによる内部被曝レベルを把握するホールボディカウンター(WBC)検査への関心は高い。

 しかし、県によるWBC検査は人員や機器の不足でいつ順番が回ってくるかわからないのが実情。南相馬市立総合病院や一部民間病院は独自に機器を導入し検査を進めている(写真)。こうした動きは甲状腺検査でも起こりつつある。

 南相馬市立病院は、今年に入って東京都内の伊藤病院に甲状腺検査の技能習得を目的に3人の検査技師を派遣。わが国で最も多くの甲状腺疾患患者を診療している同病院は、いわき市内のときわ会グループからも1人の技師を研修で受け入れている。

 「行政の動きを待っていられないので子どもの甲状腺を診てほしいという保護者が被災地から大勢訪れている。福島県の取り組みに協力する一方、当院でも小児患者の増加に対応すべく、医師や看護師の確保など検査体制の充実に努めている」(伊藤公一院長)

■謎に包まれる甲状腺被曝

 子どもを持つ親が不安を抱くのは、放射性ヨウ素による甲状腺被曝の実態がつかめていないからでもある。

 政府は昨年3月下旬、いわき市、川俣町、飯舘村で1000人強の子どもを対象に甲状腺被曝状況の調査を実施。1歳児の甲状腺等価線量100ミリシーベルトに相当する毎時0.2マイクロシーベルトを超えた子どもはいなかったと発表した。ただ、簡易検査だったため、放射性ヨウ素による被曝線量を直接測ることはできていない。

 精密な機器を用いて放射性ヨウ素による甲状腺の被曝状況を測定したのが、弘前大学被ばく医療総合研究所の床次眞司教授らのグループだった。

 床次教授らは昨年4月12〜16日に、南相馬市からの避難者45人および浪江町津島地区の住民17人、計62人の甲状腺中の放射性ヨウ素を測定。46人から放射性ヨウ素が検出されたものの、呼吸による摂取時期を3月15日と仮定した最新の分析結果では、「乳幼児を含む全員で(IAEA〈国際原子力機関〉が定めた安定ヨウ素剤服用の基準である)50ミリシーベルトを超えていなかったと考えられる」(床次教授)という。

 そのうえで床次教授は、「当時、津島地区に多くの乳幼児が避難で滞在していたと仮定すると、50ミリシーベルトを超える子どもがいた可能性は否定できない」とも指摘。「ハイリスクの子どもを特定したうえで、継続的な健康支援が必要だ」と強調する。

 惜しまれるのは、被災者への個別調査を嫌う県の意向を受けて同調査が5日間で中止を余儀なくされたことだ。

 国は事故直後の初期被曝の実態解明に取り組もうとしているが、放射性ヨウ素が減衰した現在では新たなデータ取得は不可能。初期に集められたあらゆる手掛かりを用いて当時の被曝線量を推計するしかないのが実情だ。

(週刊東洋経済2012年6月30日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月11日 03:03:31 : jkfN5tkhYs
未解明ではないでしょう。

経過観察中ということで、治療せず住民を同じ場所に貼り付け、人体モルモット検体としていると一部でささやかれていますが、当たらずと言えど遠からずでしょう。


02. 2012年7月11日 03:44:30 : vl4Ea20TRI
福島の当局者には今回の件に関してまじめさがない証でしょう。
森まさ子が国会で一生懸命取り組んでも。

03. 2012年7月11日 03:49:55 : R3EofNIoSg
バカは死ねという政策が日本では正当化される。

ホームレスには生きる価値がない。
働かない者は飢え死にしてもしょうがない。
能力の低い者は死んでもしょうがない。
被爆を理解できないバカは死んでもしょうがない。

すべて同じ原則に従っている。
働かざる者くうべからず。その様な考え方は正しいのか? 

正しいというのであれば、資源の枯渇が囁かれるこの時代にバカは死んでもしょうがない。


04. 2012年7月11日 22:43:23 : sklrFwt1PU
今朝7月11日、朝日が一面でスクープよろしく報じた「甲状線被曝 ゼロ 通知の子 詳細計算で被曝の可能性」はすぐ横の見出しにちゃんと「健康影響低いレベル」と逃げが打ってある。
その上、最大42ミリシーベルトなどという低い値は、今年になって発見された放射性ヨウ素131の事故直後のデータも考慮に入れていないようである。

またこの週刊東洋経済2012年6月30日号の記事
「国は事故直後の初期被曝の実態解明に取り組もうとしているが、放射性ヨウ素が減衰した現在では新たなデータ取得は不可能。初期に集められたあらゆる手掛かりを用いて当時の被曝線量を推計するしかないのが実情だ。」
は明らかに後から発見された事故初期の放射性ヨウ素131のデータの存在を隠蔽する目的で書かれているように思われる。

こう述べる根拠はNHKがETV特集で、原発近くの数か所の観測ステーションの電源が生きていたのでデータが保存されていることが発見され、ヨウ素131による汚染マップまで作成されていることを今年3月11日に報じているからだ。
中国系サイトのせいか、珍しく消されずにいる貴重な NHK・ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図5 〜埋もれた初期被ばくを追え〜」の動画を添付しておくので、消されないうちに見ていただきたい。
http://www.at-douga.com/?p=4999


05. 2012年7月12日 02:09:14 : UEP6JpXgMc
>>03
>>働かざる者くうべからず。その様な考え方は正しいのか? 

リタイアして年金を食いつぶすジジイやババアにも死んでもらうのか?
それとも日本人のふりした奴らと、ナマポ等はもっと死んでもらうのか?

国策とは悲しいもんよのう。
真面目なモノがバカを見る世は何時までも続かん。


06. youtarou 2012年9月23日 08:25:54 : 1dKYI1TqoeNps : gsgzkL9W3M
上記にもあるように、当初津波と停電により全滅とされていた原発近くの相当数の
モリタリングポストが、バッテリーにより稼動しており、詳細な気象及び放射性各種のデーターが保存されていることがわかっている。また、3月15日午前8時から、1時間おきの福島市保健所駐車場に於ける手運ぶ型モリタリングポストによる
継続的なデータが存在する。もちろん、このデータは、放射線各種まではわからないのですが、原発近くの詳細なデータと、福島市に於ける2号機爆破以前からの継続的な観測データ、そしてその後県内各地に於ける観測網の整備データを組み合わせれば、相当正確な、ヨウ素被爆の実相が浮かび上がるものと考えていたのですが、それらのデータをリンクさせる福島市、健保句保健所駐車場に於ける移動型モニタリングポストによる継続的なデータに注目するマスコミ、研究者がなぜいなかったのか不思議でなりません。唯一、例外として福島大学の自主的グループのHPに
このデータを使って累積被爆量をグラフ化したものがありますが。

07. youtarou 2012年9月23日 22:00:40 : 1dKYI1TqoeNps : gsgzkL9W3M
06. youtarouです。福島市、健保句保健所駐車場の部分に一部に訂正があります。
誤「健保句保健所駐車場」 正「県北保健所駐車場」です。福島県のHPに詳細なデータがあります。事故当初、PCにかじりついて情報を探していたところ、ユーストリームにおいて、崎山先生が「福島県のデータがもっともリアルタイムで信頼できる」とおっしゃっていたのをお聞きしてから、福島県のデータを文科省のデータと
比較しつつおっかけてきました。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧